カテゴリー

« 2020年10月24日 (土) | トップページ | 2020年10月26日 (月) »

2020年10月25日 (日)

2020年10月25日 (日)

道職員 交際相手脅迫容疑で逮捕(25日)NHK

北海道に勤務する34歳の主任の男が、交際していた女性に携帯電話のアプリで「殺す」などというメッセージを送ったとして、脅迫の疑いで警察に逮捕されました。
逮捕されたのは道経済部・中小企業課主任の小林和哉容疑者(34)です。
警察によりますと小林主任は24日午後11時すぎ、交際していた30歳の女性に対し、携帯電話のアプリで「殺す」などというメッセージを送ったとして、脅迫の疑いが持たれています。
女性から通報を受けた警察が調べを進め、25日午前、小林主任を逮捕しました。
警察の調べに対し「メッセージを送ったことに間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察は動機などを詳しく調べています。
【道経済部長コメント】
職員の逮捕について道の山岡庸邦 経済部長は「先月以降、道職員の逮捕という不祥事が相次ぎ、倫理研修の実施などに取り組んでいる中で、こうした事態が発生したことを深くおわび申し上げます。厳正に対処するとともに、信頼回復に向け取り組んで参ります」とコメントしています。
【道特別支援学校教諭 逮捕】
釧路市にある道の特別支援学校に勤める24歳の男性教諭が、当時16歳の少女にいかがわしい行為をしたとして、25日、道の青少年健全育成条例違反の疑いで警察に逮捕されました。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20201025/7000026056.html

少女に淫行疑い、教諭逮捕 北海道釧路市(25日)産経

北海道警釧路署は25日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った当時16歳の少女といかがわしい行為をしたとして、北海道青少年健全育成条例違反の疑いで、釧路市富士見、公立学校教諭、野崎誠也容疑者(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は今年3月27日、同市内のホテルで少女といかがわしい行為をしたとしている。
 釧路署によると、容疑を認めている。署は、補導活動の際に容疑者と少女に関し情報があったため捜査していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/201025/afr2010250008-n1.html

千葉の男性死亡、滑落か 埼玉・両神山(25日)産経

25日午前6時45分ごろ、埼玉県小鹿野町両神薄の両神山で、千葉市中央区大巌寺町、無職、井上普勝さん(77)が登山道から約2メートル下った沢で亡くなっているのを消防隊員が見つけた。県警小鹿野署によると、1人で下山中に滑落したとみられる。
 井上さんは23日に埼玉に入り、24日に日帰りで登る予定だった。家族が24日、千葉県警に行方不明届を出し、連絡を受けた小鹿野署と消防が捜索した。
https://www.sankei.com/affairs/news/201025/afr2010250009-n1.html

東京本社記者、コロナ感染(25日)日経 

日本経済新聞社は25日、東京本社編集局の男性記者1人が新型コロナウイルスのPCR検査の結果、陽性と判明したと発表した。
男性記者は21日に発熱し、22日に医療機関で受診した。23日にPCR検査を受け、25日に陽性と確認された。
普段はマスクを着けて取材をしていた。保健所と連携をとりながら濃厚接触者がいないか調査を進める。取材先には連絡し注意喚起した。仕事場である日経本社ビルの関係フロアは消毒する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65436830V21C20A0CZ8000/

行方不明者を捜索中、警察犬が「逃走」 兵庫県警が捜索(25日)朝日

兵庫県警は25日、同県福崎町の山中で行方不明者を捜していた警察犬が逃げ出した、と発表した。県警は35人態勢で捜索している。
 鑑識課によると、同課警察犬係に所属するシェパード「クレバ・フォム・フンデ・シューレ」(2歳、オス)。黒茶色で体長約120センチ、高さ約70センチ、体重約31キロ。おとなしい性格だという。昨年7月から所属していた。
 福崎町の七種山(なぐさやま)で25日午前から、福崎署員と鑑識課員の計12人がクレバを含む警察犬2頭を連れ、50代女性の行方を捜索していた。クレバは午後1時半ごろ、突然走り出し、鑑識課員の手からリードが離れたという。女性はその直前、別の1頭が見つけ、その後死亡が確認されたという。
 鑑識課の横山貴行次席は「訓練されており、人には襲いかからないと思うが、見つけたら110番してほしい」と話した。
https://www.asahi.com/articles/ASNBT6TSVNBTPIHB00D.html

居場所がないと感じる少女へ カフェのような支援拠点開設 横浜(25日)NHK

新型コロナウイルスの影響で生活環境が悪化する中、居場所がないと感じる少女たちが自由に立ち寄れるカフェのような場が横浜市でオープンしました。
これは、居場所のない10代・20代の若い女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」が25日、横浜市中区曙町に開設した支援拠点です。
カフェのような雰囲気で少女たちが自由に立ち寄って過ごすことができるほか、抱えている悩みを団体スタッフに直接相談することもできます。
初日に訪れた19歳の女性は1歳の子どもがいて、現在2人目の子どもも妊娠していますが、夫や家族から暴言を受け、子育てに必要なお金も渡してもらえず、困窮しているということです。
スタッフは「家を出るのであればサポートする」と伝え、今後の生活について話し合っていました。
また、別の26歳の女性は「死にたい」という気持ちを長く抱えていたものの、半年前に仕事を始めたことで社会の一員になったという実感を得られ、少しずつ精神的に安定してきたという近況をスタッフに話していました。
訪れた女性たちからは「話を聞いてもらえて息抜きができる場所があるとほっとする」とか、「これからも利用したい」という声が聞かれました。
団体によりますと、深刻な虐待など緊急性の高いケースにも迅速に対応するため、保護した少女や若い女性が一時的に生活できるシェルターも別の場所に準備しているということです。
「BONDプロジェクト」の橘ジュン代表は「コロナの影響で、家がしんどくてもなかなか声をあげられない子や、居場所がないという子も多くいたので、助けになれるよう新たな受け皿を作りたいと思っていた。ひとりで抱え込まず、ここに立ち寄ってもらい、話を聞かせてほしい」と呼びかけています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012680471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

クマの目撃情報 新潟県 25日だけで15件 村上市では車と衝突も(25日)NHK

新潟県内ではクマの目撃情報が25日だけで15件に上り、このうち村上市では国道で車とクマが衝突しました。けが人はいませんでした。新潟県内で警察などに寄せられたクマの目撃情報は、25日だけで▽五泉市で4件、▽阿賀町で4件、▽村上市と南魚沼市でそれぞれ2件、▽長岡市、上越市、三条市でそれぞれ1件と、合わせて15件に上っています。
このうち、村上市では午前8時半前、国道345号線で車とクマが衝突しました。
 けが人はいませんでした。
新潟県は引き続き、「クマ出没特別警報」を出して、クマの出没が確認された場所には近づかず、山に入る際には音の鳴るものを持ち歩くなど厳重な警戒を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012680491000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

「実験」重ね香港へウナギ密輸出 運び屋失敗後も指示役の男(25日)共同

絶滅危惧種のニホンウナギの稚魚を関西空港から香港に持ち出そうとしたとして、7月に運び屋や指示役が逮捕された事件で、大阪税関に運び屋が見つかり失敗した1月以降も、指示役の男は摘発されない方法を探る「実験」を重ね韓国人とみられる男と共謀し、複数回、密輸出していたことが25日、関係者への取材で分かった。
 指示役の男は、大阪府泉大津市の無職坪田利昭被告(59)=関税法違反(無許可輸出未遂)罪で公判中。
 関係者などによると、坪田被告は税関による摘発を直後に知ったが密輸をやめなかった。2月初めには、スーツケースに細工を施し、運び屋に持って行かせる実験を重ねていた。
https://www.47news.jp/national/5417246.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル)
父子で泥棒なんて…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20201025205001Img_20201013_153910-1  昭和の時代、自分の子供に当たり屋をさせて、その場で治療代として示談。それを生活費として親子4人が車で全国を転々としていた犯人がいたが、今度はなんと、空き巣を繰り返していた親子が静岡県警に逮捕された。
 逮捕されたのは54歳のトラック運転手の父親と15歳の中学生の少年。24日昼ごろ沼津市内の高齢の女性宅に侵入して現金約3万円や計約20万円相当の貴金属を盗んだ疑いだが、付近では空き巣が連続して発生しており、県警は関連を調べているという。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年9月現在の侵入盗の認知件数は3万4102件で前年同期より8305件の減少。このうち今回の事件のような住宅対象の侵入盗は1万6078件で同5094件の減。
 ランキングは埼玉の1280件、千葉の1220件、東京の1124件、福岡の1111件、神奈川の1110件と続くなど1都3県に集中している。なお全体的に減少しているのに東北、中でも福島は前年より128件も増加して633件だった。
 検挙率は69.6㌫で前年より8.3ポイントもアップした。ランキングは石川の152.8㌫、東京の138.9㌫、大分の135.3㌫、青森の127.9㌫、長崎の116.2㌫などと続く。注目すべきは、なんとトップの石川は前年より98.7ポイント、2位の東京も同73.6ポイントもアップしている。
 低かったのは福井と三重の各27.9㌫、千葉の32.5㌫、和歌山の34.1㌫、熊本の35.2㌫など。
 窃盗―被害額が問題ではないが、なんと105円のイチゴジャムを万引したとして市議会議員が逮捕された。岐阜県高山市の市議で72歳にもなっての犯行。どんな考えで人生を送っているのか? こんなのが市民の代表でいいの?
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20201025205901





電話詐欺は「だメェ~」 ヤギのポニョ、大使に任命(26日)共同
https://www.47news.jp/national/5421353.html 

スマホ気にする女性…詐欺かも? 郵便局員が被害防ぐ (25日)朝日
https://www.asahi.com/articles/ASNBT368LNBPULOB011.html

★特殊詐欺で高齢女性2億2000万円余だまし取られる 大阪 (23日)NHK
★特殊詐欺防止で人気漫画家3人がタッグ 警視庁ポスター(23日)朝日
★特殊詐欺犯罪を打ち返そう!温泉にバットで呼びかけ 愛知 豊川(23日)NHK
★福井の高齢女性2500万円詐欺被害 同居家族に「言うな」と犯人指示(23日)共同
★女子学生ら5人逮捕 山梨県警、持続化給付金詐取の指南役か(22日)産経
★また持続化給付金詐取疑い 神奈川の土木作業員逮捕(22日)産経
★高齢者が偽電話詐欺の被害 銀行員名乗る男らに通帳とカードをだまし取られる 福岡市西区(22日)西日本
★給付金詐取容疑で同志社大生ら2人逮捕(21日)産経
★80代女性から現金詐取などの疑い 23歳の男再逮捕 神奈川県警  (21日)産経
★「週刊少年ジャンプ」人気漫画家が特殊詐欺被害防止訴え (21日)TBS
★高齢夫婦から約2000万円詐取、特殊詐欺Gの少年4人逮捕 (20日)TBS

茨城・取手の路上で男性死亡、ひき逃げか(25日)TBS

 25日未明、茨城県取手市の路上で男性が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。警察は、ひき逃げ事件とみて調べを進めています。
 25日午前0時半ごろ、茨城県取手市で、「音がしたので振り返ったら人が倒れていた」と、通行人の男性から通報がありました。警察が駆けつけたところ、30代から50代くらいの男性が車道上に血を流して倒れていて、その場で死亡が確認されました。
 警察によりますと、通報した男性は、現場付近を黒い乗用車が西の方向に走り去っていったと話しているということです。警察は、ひき逃げ事件とみて、遺体の身元の確認を急ぐとともに、付近の防犯カメラを解析するなど調べを進めています。
 現場は、JR取手駅からおよそ300メートル離れた見通しの良い直線道路です。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4110490.html

中野警察署 新庁舎公開、ソーラーパネルや授乳室も(25日)TBS

東京・中野区にある警視庁中野警察署の新庁舎が完成し、報道陣に公開されました。新たに太陽光発電のパネルや授乳室も設置されています。
 「警察署の屋上にはソーラーパネルが設置されています。一般家庭3軒分の発電ができるということです」(記者)
 24日に公開された中野警察署の新庁舎には、新たに太陽光発電を行うソーラーパネルが設置されたほか、地下には射撃場などが設けられています。
 また館内に入る際は、出入口から階段や坂が一切無いバリアフリーの設計となっているほか、授乳室も新設されるなど、さまざまな来庁者に対応した施設となっています。
 新庁舎は地上4階、地下2階建てで、延べ床面積は旧庁舎のおよそ3倍となる1万1800平方メートルあまり、総事業費は70億円だということです。新庁舎での業務は来月7日・土曜日の正午から始められます。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4110359.html

東京 新型コロナ 新たに124人感染確認 都内で計3万人超える(25日)NHK

東京都は、25日午後3時時点の速報値で、都内で新たに124人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が100人を超えるのは6日連続です。
これで都内で感染が確認されたのは、合わせて3万人を超えて3万33人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012680081000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

北海道 新型コロナ 1人死亡 新たに41人感染確認15時41分

高知県 新型コロナ 新たに2人感染確認 県内で計142人に15時37分

長野県 新型コロナ 3人感染確認 茅野と軽井沢町 未就学児含む15時21分

広島市 新型コロナ 新たに1人感染確認 県内延べ656人に13時24分

岡山県 新型コロナ 新たに5人感染確認 県内延べ203人に12時53分

警官突き飛ばし疑いで逮捕 沖縄、自称米兵の男(25日)産経

沖縄県警沖縄署は25日、職務質問した警察官を突き飛ばしたとして公務執行妨害の疑いで、自称米軍キャンプ瑞慶覧(北谷町など)所属の米海軍3等兵曹、ヘスス・ロドリゲス容疑者(25)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は午前1時半ごろ、北谷町北谷2丁目の駐車場で、職務質問した警官の胸を両手で突き飛ばした疑い。容疑者は当時、酒に酔って騒いでいた。
https://www.sankei.com/affairs/news/201025/afr2010250005-n1.html

万引の疑いで誤認逮捕 警視庁、防犯カメラの画像裏付け不十分(25日)産経

警視庁は25日、東京都新宿区で発生した万引事件の捜査をめぐり、ベトナム人の20代の男性を窃盗容疑で誤認逮捕したと明らかにした。男性を釈放後、同僚のベトナム人の20代の男が関与した疑いが強まり同容疑で逮捕。男は容疑を認めている。警視庁は、容疑者が映った防犯カメラの画像の裏付け捜査などが不十分だったとしている。
 警視庁によると、8月22日、同区内のドラッグストアで医薬品5点(約3万円相当)が万引される事件が発生。被害届を受けた新宿署が防犯カメラの画像を解析した結果、容疑者が店から約400メートル離れたホテルに入る姿が確認された。
 同署の捜査員がこのホテルの関係者に画像を見せたところ、誤認逮捕された男性と似ていることが判明。10月20日に男性を逮捕したが、一貫して否認したため、複数のホテル関係者に改めて画像を見せるなど捜査した結果、同僚の男が浮上した。同署は21日、男性を釈放後、男を逮捕した。
 刑事総務課の池田義典課長は「誠に申し訳なく心からおわびする。指導を徹底する」とコメントした。
https://www.sankei.com/affairs/news/201025/afr2010250006-n1.html

女子高生に「駅まで案内して」、車でホテル駐車場に連れ込んだ男逮捕(25日)読売

 道案内を装って女子高校生を車で連れ回したとして、札幌厚別署は24日、札幌市白石区南郷通12南、自称アルバイト従業員の男(30)をわいせつ目的誘拐容疑で逮捕した。男は容疑を認めている。
 発表によると、男は18日午後7時半〜同55分頃、北広島市内の路上で、徒歩で帰宅途中だった女子生徒(16)に「北広島駅まで案内してほしい」などと話しかけ、運転する乗用車の助手席に乗せると、同市内のホテルの駐車場まで連れ込むなどした疑い。女子生徒は隙を見て逃げ、無事だった。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1025/ym_201025_4344830452.html

スマホ気にする女性…詐欺かも? 郵便局員が被害防ぐ(25日)朝日

特殊詐欺の被害を防いだとして、港南署は、横浜市港南区の港南台駅前郵便局に感謝状を贈った。
 署によると10月6日午後4時ごろ、「ATMからの振り込みができない」という女性(74)の相談に、同局主任の高沢健太郎さん(34)が応対。高沢さんは、女性がスマートフォンの着信を気にしている様子から「詐欺ではないか」と感じ、目的を尋ねた。
 「動画サイトに登録され、今日中に35万円を払わないと裁判になる」などと女性は説明。高沢さんが署に通報し、署員が事情を聴いて詐欺だと判断したという。
 多い日で約2千人が訪れるという同局。高沢さんは「訪れたお客様ひとりひとりに目を配り、安心して郵便局を利用してもらえたら」。菅野重和署長は「特殊詐欺の受け子をどれだけ捕まえてもお金は戻ってこない。いかに被害を発生させないかが大事。地域と連携し抑止すべく、協力をお願いしていきたい」と話した。
 県警によると、1~9月末の特殊詐欺被害の認知件数は1370件で、被害額は約25億8800万円にのぼっている。(林知聡)
https://www.asahi.com/articles/ASNBT368LNBPULOB011.html

ブラジル コロナ後に凶悪犯罪増加 10分間に1人が殺される状況(25日)NHK

ブラジルでは新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、凶悪犯罪が増えていて今年1月から6月までの殺人事件の犠牲者の数は、前の年の同じ期間に比べて7.1%上昇し、計算上、10分間に1人が殺されている状況となっています。
ブラジル政府などによりますと、今年1月から6月までのブラジルの殺人事件の犠牲者は2万5712人で前の年の同じ期間と比べて、7.1%増加しました。
殺人事件で犠牲になる確率は日本のおよそ100倍で計算上は、10分間に1人が殺されている状況となっています。
このうち、警察官に殺された人は前の年に比べて6%増えて、3181人にのぼるほか、殺された警察官も19.6%増えて、110人となっています。
殺人事件が増加している理由について専門家は、新型コロナの感染拡大で、移動が制限されたことで、麻薬の流通や販売をめぐる犯罪組織の抗争が増えているためだと指摘しています。
一方で軽犯罪は前の年に比べて、ひったくりの件数が34%減ったほか、自動車泥棒も22.5%減っていて凶悪犯罪の増加が際立っています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012679821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

コロナ感染者らの差別ダメ 全国の20地方議会で条例(25日)共同

 新型コロナウイルスに感染した人や医療従事者を差別や誹謗中傷から守るため、差別禁止を盛り込んだ条例を制定する自治体が増えている。本紙の調べでは、24日までに少なくとも20都県市で条例が成立した。今冬には感染再拡大も予想され、年内の制定を目指して準備する自治体もある。(太田理英子)
 感染が急拡大した4月、東京都で新型コロナ対策の条例が成立した。感染拡大防止が主な内容だったが、条文に「(感染者や医療従事者に対し)不当な差別的取扱いをしてはならない」と盛り込んだ。7、8月には、長野と岐阜、沖縄、鳥取の4県でも同様の条例が成立した。
 その後、全国的に感染者が増え、水戸市内
で医療従事者の子どもが保育施設への登園自粛を求められたり、栃木県那須塩原市内で他県ナンバーの車に乗る人が罵声を浴びせられたりする問題が相次いだ。
 9月以降に成立した条例は、差別禁止に特化したものが目立ってくる。今月、福島県白河市議会は「思いやり条例」案を可決した。新型コロナを含めた全ての差別を禁じる内容で、市担当者は「コロナを契機に、性別や障害も含めた差別を取り除けるよう目指したい」と話す。
 今月、県単位で条例案を可決したのは茨城と愛知、徳島の3県。三重県も年内の条例制定を目指す。
 いずれも理念条例で罰則はないが、高崎経済大の岩崎忠教授(地方自治論)は「住民を代表する議会で守るべき規範として決定した意義は大きい」と話す。その上で、条例に合わせて「新型コロナに関する正しい知識の普及啓発、被害者への心のケアなどの支援が重要だ。刑事・民事などの法的措置の可能性をしっかり周知することで、抑止にもつながる」と指摘した。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/64003

民家から出火 1人死亡、男性を搬送 京都・宇治市(25日)産経

24日午後8時5分ごろ、京都府宇治市南陵町の北山進一さん(81)方から出火。2階建て民家延べ約110平方メートルを全焼し、約3時間後に鎮火した。1階部分から女性とみられる遺体が見つかり、京都府警宇治署は連絡の取れていない北山さんの妻、日佐子さん(80)とみて確認を進めている。北山さんも喉をやけどし病院に搬送された。
 同署によると、北山さんは妻と2人暮らし。1階で就寝中の北山さんが、台所から炎が上がっているのに気づき110番した。同署は出火原因を詳しく調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/201025/afr2010250004-n1.html

顔認証技術悪用「ディープフェイク」がアジアで増加傾向 一般人にもリスク(25日)産経

人工知能(AI)の顔認証技術を悪用した精巧な偽動画「ディープフェイク」が深刻な社会問題となりつつある。警視庁などは有名人のわいせつな偽動画を作成した男らを摘発したが、海外では要人らの架空の動画が政治問題化する事態も起きている。個人への名誉毀損にとどまらず、大規模な情報操作に悪用される危険性をはらむディープフェイクへの対策が急がれている。(吉沢智美)
一般人にもリスク
 「大学生レベルの知識や技術があれば、偽動画は作成できる」。ディープフェイクの実情に詳しい国立情報学研究所の山岸順一教授は、こう説明する。
 山岸教授によると、世に出回る偽動画の完成度は精巧なものから稚拙なものまで多種多様。素材さえあれば作成できるため「一般人がSNSにあげた画像などで偽動画が作られるリスクもある」と警鐘を鳴らす。
 ディープフェイクは「ディープラーニング(深層学習)」と「フェイク(偽物)」を組み合わせた造語だ。警視庁によると、顔のデータ3万枚を100万回AIに学習させれば、1週間ほどで10分程度の偽動画ができるという。
 女性芸能人のわいせつな偽動画を作成したとして、警視庁が名誉毀損容疑などで逮捕した男も、約3年間に1千本の動画を作成していたとみられる。
政局に影響も
 ディープフェイクは2017年ごろ、海外で流行し始めたとされる。オランダのIT企業の調査では、今年6月時点で確認されただけでも約4万9千件の偽動画が存在。2018年12月時点の約8千件と比較すると約6倍にまで膨れ上がっている。偽動画のターゲットとなった人たちの半数は米国人だが、日本人の割合も4%を占めた。同社はアジアで偽動画が増え続けているとしている。
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/201024/afr2010240007-n1.html

男性首刺され出血、殺人未遂で捜査 仙台(25日)産経

24日午後10時15分ごろ、仙台市青葉区小松島付近の会社事務所から「刺されたと駆け込んできた人がいる」と110番通報があった。警察官が駆け付けると、40代ぐらいの男性が首付近から出血しており、病院に搬送された。仙台北署が殺人未遂事件として捜査している。
 地元消防によると、男性の容体は不明という。
https://www.sankei.com/affairs/news/201025/afr2010250001-n1.html

市議がジャム1個を万引き容疑、現行犯逮捕 岐阜・高山(25日)朝日

食料品店で万引きをしたとして岐阜県警高山署は24日、同県高山市議の谷沢政司容疑者(72)=同市大新町=を窃盗の疑いで現行犯逮捕し、発表した。署は「捜査に支障がある」として認否を明らかにしていない。
 署によると、谷沢容疑者は同日午後6時35分ごろ、市内の食料品店でイチゴジャム1個(販売価格105円)を盗んだ疑いがある。店から「以前から万引きをしている疑いがある男が来ている」と署に通報があり、駆けつけた警察官の前で谷沢容疑者がジャンパーの左ポケットにジャムを入れて店の外に出たという。現金2万円ほどを持っていたという。
 谷沢容疑者は1999年、市議に初当選し、現在6期目。
https://www.asahi.com/articles/ASNBS758GNBSOIPE00R.html

群馬 大泉警察署で6人新型コロナ感染確認 クラスター発生か(25日)NHK

群馬県警察本部は大泉警察署に勤務する警察官と団体職員の合わせて6人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。大泉警察署の感染者は9人となり、県は感染者の集団=クラスターの可能性もあるとみて調べています。
感染が確認されたのは、大泉警察署に勤務するいずれも男性の、40代の警部補3人、30代の巡査部長、20代の巡査長、それに60代の団体職員の女性の合わせて6人です。
6人は22日感染が確認された40代の男性警部の濃厚接触者にあたるということです。
大泉警察署ではこれまでに3人の警察官の感染が確認されていて、これで感染者は9人となり、県はクラスターが発生した可能性があるとみて調べています。
大泉警察署では107人が勤務していますが、県警察本部は署長と副署長を含む警察官74人を自宅待機にしています。
代わりに本部から監察課長を署長代行として派遣するなど応援要員で対応しているため、業務に支障は出ていないと説明しています。
このほか、署に出入りしていた、本部と別の警察署の警察官39人も自宅待機にしているということです。
県警察本部警務課は「これ以上感染を拡大しないよう署員に感染予防を徹底していくとともに、一丸となってバックアップ態勢をとって全力で治安維持にあたっていく」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201024/k10012679691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

不法投棄の産廃を撤去する基金 来年度にも枯渇のおそれ(25日)NHK

不法投棄された産業廃棄物を撤去する費用として積み立てられている国の基金について、環境省の有識者会議は「来年度にも枯渇する可能性がある」とする報告書をまとめました。自治体への支援額が想定を大幅に上回ったことなどが背景にあり、環境省は改善を図ることにしています。
不法投棄された産業廃棄物について、自治体は、事業者が撤去の命令に従わない場合、「行政代執行」という仕組みで代わりに撤去することができます。
自治体の費用負担を軽減するため基金を設け、国や廃棄物の業界団体などが資金を拠出していますが、環境省の有識者会議はこのほどこの基金が「来年度にも枯渇する可能性がある」とする報告書をまとめました。
昨年度までの5年間で見ると、自治体への支援金が当初の想定を5億円余り上回ったうえ、業界からの拠出金が見込みより1億円ほど少なくなり、こうしたことが背景にあるということです。報告書は、基金が枯渇すれば、撤去が速やかに行われなくなる可能性があるとして、廃棄物の業界団体に限らず、幅広く拠出金への協力を依頼することや、支援額を決める際に、不法投棄を防ぐための対策が十分だったかなどを考慮し、支援を絞り込むことの必要性を指摘しています。
環境省は報告書の内容を踏まえ、改善を図ることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012679631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

東京都 臨時交付金約2億5000万円過大受け取り 会計検査院調査(25日)NHK

国の景気対策の一環として公共事業などを行う自治体に交付された臨時交付金をめぐり、東京都が、対象とならない事業についても交付金を申請し、およそ2億5000万円を過大に受け取っていたことが会計検査院の調査で分かりました。
「地域の元気臨時交付金事業」は、地域経済の活性化や雇用の創出を目的に平成25年に国が創設したもので、公共事業などを行う全国の自治体に交付金が支給されました。
このうち「工事」を伴う事業については平成25年度中に終了したものが対象となっていましたが、会計検査院が調べたところ、東京都が、それ以前に終わったものについても交付金を申請していたことが分かったということです。都が過大に受け取った交付金はおよそ2億5000万円に上り、主に老人ホームの整備費などに充てられていたということです。
会計検査院の指摘について、東京都は「現時点ではコメントできない」としています。
この交付金をめぐっては、これまでにも各地の自治体で誤って過大に受け取っていたケースが相次いで明らかになっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012679551000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

国内新たに731人感染 東京1週間ぶり200人超―新型コロナ(25日)時事

 国内では24日、新たに731人の新型コロナウイルス感染が確認された。死者は神奈川県などで計4人増え、累計で1727人となった。

【新型コロナウイルス 東京都の状況・ニュース】

 東京都では新たに203人の感染が判明した。都内の新規感染者が200人を超えたのは1週間ぶり。都によると、20代が最多の61人。次いで30代が40人と多く、比較的若い世代で100人を超えた。65歳以上は26人。重症者は25人で、前日から2人増えた。
 都や大学によると、法政大のサッカー部では24日、部員17人とスタッフ1人の感染が判明。同部関係者の感染は計20人となった。早稲田大のスケート部でも部員5人の感染が新たに確認され、累計で6人となった。
 北海道では、札幌・ススキノにある接待を伴う飲食店2店舗でクラスター(感染者集団)が発生するなどし、1日当たりで過去最多となる60人の感染が確認された。道内では23日にも51人が確認されており、2日連続で最多を更新した。
 神戸市須磨区の野村海浜病院では、入院患者と職員計38人の感染が新たに判明。同病院の感染者総数は51人となった。
 群馬県では、県警大泉署の警察官5人と団体職員1人が新たに陽性と確認され、同署関係の感染者は計9人となった。県警は署員74人と出入りのあった本部員ら39人を自宅待機とし、本部から応援を送って対応している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102400399&g=soc

スマホで視覚障害者へ信号色伝達 警察庁、21年度に2千基(25日)共同

目が不自由な人向けにスマートフォンで信号の色を音声や振動で伝え道路横断を支援する機器を、警察庁が21年度に約2千基の信号機に設置する方針を決めた。視覚障害者の横断支援システムは音響式が主流で、スマホによる支援機器は本格的な運用が始まる直前の今年3月現在、宮城など3県の74カ所しかない。警察庁は約25億円を21年度予算の概算要求に計上。東京都や政令指定都市から整備し、その後、全国に普及させたい考えだ。
 警察庁によると、17~19年に起きた視覚障害者の歩行中の交通事故死者は8人、重軽傷者は66人で、うち信号機のある横断歩道での死者は2人、重軽傷者は19人。
https://www.47news.jp/national/5414533.html

「殺人未遂」実は自作自演 仙台、40代男性が虚偽申告(25日)共同

仙台市で24日夜、40代男性が首を刺されたと110番通報があった。仙台北署が殺人未遂容疑で捜査していたが、25日未明に男性の自作自演だったことが判明。同署は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いもあるとみて、男性から動機など詳しい事情を聴いている。
 同署によると、男性は24日午後10時15分ごろ、仙台市青葉区小松島新堤の会社事務所に首付近から出血した姿で現れ「刺された」と話した。市内の病院に搬送され、一時意識不明となったが、命に別条はない。
 現場付近に血痕がないなど不審な点があることから、同署が追及すると「自分で刺した」と認めたという。
https://www.47news.jp/national/5414887.html

早大・法政大、部活でクラスター(25日)TBS

東京都は24日、早稲田大学と法政大学の運動部でクラスターが発生したと発表しました。
 クラスターが発生したのは、早稲田大学のアイスホッケー部と法政大学のサッカー部です。早稲田大学のアイスホッケー部ではこれまで6人の感染が確認されていて、6人はいずれも同じ寮に住んでいて感染したものとみられています。
 また、法政大学のサッカー部では部員やスタッフなど合わせて20人が感染。都内にある合宿所から感染が広がったとみられています。
 全国では24日、これまでに731人の感染を新たに確認。このうち東京都は203人で、1週間ぶりに200人を上回っています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4110250.html

« 2020年10月24日 (土) | トップページ | 2020年10月26日 (月) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ