カテゴリー

« コロナで収入激減…住宅ローン滞納の困窮者に相談窓口 蕨の不動産会社が開設 住宅を手放さず救済を(6日)共同 | トップページ | 沖縄で民家の屋根や空港のシャッター損壊か 台風10号(6日)朝日 »

2020年9月 6日 (日)

気象庁「最大限の警戒を続け 早めの避難を」台風10号(6日)NHK

台風10号の今後の見通しについて、気象庁は6日午前9時半から記者会見を開き、「非常に強い勢力を維持して九州南部や奄美地方に接近するため、最大限の警戒を続けて、早めに避難してほしい」と呼びかけました。
気象庁予報課の中本能久課長は「沖縄・奄美地方では猛烈な風やしけとなっていて、非常に強い勢力を維持したまま、九州南部や奄美地方に接近、または上陸するおそれがある。台風が接近する地域では記録的な暴風・高波、高潮、大雨となるおそれがある」と述べました。

「特別警報 出る出ないにかかわらず 最大級の警戒を」

また、中心気圧の予想がやや下回ったため、鹿児島県で台風の特別警報を発表する可能性は低くなったと説明しました。
そのうえで「予想した最大風速や最大瞬間風速などに大きな変化はない。特別警報が出るか出ないかにかかわらず、最大級の警戒を続けてほしい」と呼びかけました。
中本課長は、さらに「避難のタイミングは地域によって異なるが、周囲にどんな危険性があるかをよく確認して、早めに行動するようにしてほしい」と述べました。

政府「官邸対策室」台風対応を強化

政府は台風10号への対応を強化するため、総理大臣官邸の危機管理センターに設置していた「情報連絡室」を午前9時40分に「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒にあたっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200906/k10012603191000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

« コロナで収入激減…住宅ローン滞納の困窮者に相談窓口 蕨の不動産会社が開設 住宅を手放さず救済を(6日)共同 | トップページ | 沖縄で民家の屋根や空港のシャッター損壊か 台風10号(6日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナで収入激減…住宅ローン滞納の困窮者に相談窓口 蕨の不動産会社が開設 住宅を手放さず救済を(6日)共同 | トップページ | 沖縄で民家の屋根や空港のシャッター損壊か 台風10号(6日)朝日 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ