カテゴリー

« 佳子さま “手話甲子園”ことしはオンラインで出席(27日)NHK | トップページ | 気象庁HP広告、10月にも再開 「運用型」やめ広告主絞り込み検討(27日)産経 »

2020年9月27日 (日)

続く著名人の自殺、精神科医「安易な推測、連鎖を助長」(27日)朝日

多くのテレビドラマや映画などで活躍していた俳優の竹内結子さん(40)が27日、死亡した。現場の状況から、警視庁は自殺とみて調べている。
俳優の竹内結子さん死去、40歳 「ランチの女王」主演

 7月には俳優の三浦春馬さん(30)が亡くなり、一線で活躍する芸能人の自殺とみられる事例が続く。
 精神科医で日本自殺予防学会の張(ちょう)賢徳(よしのり)理事長は「著名人の自殺を知った人が『あの人でもつらいことがあれば自殺するんだ』という心境になり、自殺を選ばせてしまう可能性がある」と指摘する。一般的に自殺に至るケースの多くは精神医学的に何らかの病名の診断ができるという。「治療を受ければ防げる例は多い。少しでも不安を感じたら、医療機関や自治体の窓口など専門家に相談してほしい」
 周囲に悩む人がいる場合は「調子はどう?」などと連絡をとり、悩みを聞き出してあげることが有効だという。SNS上では著名人の死やその原因をめぐる書き込みも多いが、「安易な原因の推測は悩んでいる人を刺激して連鎖を助長するリスクがあり、控えるべきだ」と張氏は呼びかける。
 大阪を拠点に電話相談を受ける「関西いのちの電話」の担当者によると、過去には著名人の自殺報道後、相談者がその話題を持ち出す事例が増えたことがあった。今春以降はコロナ禍でさらに苦しい状況になったとの相談も増えた。担当者は「傾聴が私たちの役割で、話して楽になった人たちもいるから電話してきてほしい」と話す。
 厚生労働省によると、2019年の自殺者は過去最少の2万169人。最も多かった03年の3万4427人から約4割減った。ただ、警察庁の統計では、今年8月の自殺者は1849人で、前年同月比で246人増えている。
◇主な相談先は以下の通り。○自殺予防いのちの電話
フリーダイヤル0120・783・556(毎日午後4時~午後9時、毎月10日は午前8時~翌午前8時)
○よりそいホットライン
フリーダイヤル0120・279・338(24時間、IP電話などからは050・3655・0279)
○こころのほっとチャット
LINE、ツイッターフェイスブック@kokorohotchat(毎日正午~午後4時、午後5時~9時※受付は1時間前まで)
https://www.asahi.com/articles/ASN9W6KJWN9WUTIL02D.html

« 佳子さま “手話甲子園”ことしはオンラインで出席(27日)NHK | トップページ | 気象庁HP広告、10月にも再開 「運用型」やめ広告主絞り込み検討(27日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佳子さま “手話甲子園”ことしはオンラインで出席(27日)NHK | トップページ | 気象庁HP広告、10月にも再開 「運用型」やめ広告主絞り込み検討(27日)産経 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ