カテゴリー

« マスク転売で罰金20万円 タピオカ店元経営者(4日)産経 | トップページ | 逃走男を追跡した警備員に感謝状 名古屋・栄の郵便局強盗事件(4日)共同 »

2020年9月 4日 (金)

工藤会2トップ関与否定 市民襲撃4事件の審理終了【工藤会トップ裁判】(4日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会が関与したとされる市民襲撃4事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(73)の被告人質問が3日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。野村被告は歯科医師刺傷事件(2014年)への関与を否定した。会の解散については「私にそういう権限はない。会長に意見することもできない」と主張した。
 野村被告と同会ナンバー2で会長の田上不美夫被告(64)を巡る実質的な審理は、この日で終了した。初公判の罪状認否に続き計8回の被告人質問でも、両被告は4事件全ての関与を明確に否定した。検察側の論告は来年1月14日、弁護側の最終弁論は同3月11日を予定する。両被告の指示や共謀の有無が最大の争点となった公判は、最終局面を迎える。
 3日の被告人質問で、野村被告は歯科医師刺傷事件について「(指示や命令は)ありません」と否定。被害者と面識はないとし、事件の発生は「新聞の報道で見ただけで(組関係者に)聞いたこともない。隠居の身なので、立ち入らないようにしていた」と述べた。
 検察側は、被害者の父親らが影響力を持つ漁協利権への介入を野村被告らが狙い、父親を屈服させるために息子を襲撃したとの構図を描く。証人尋問では、田上被告が事件前に「会の方針やけの」などと、事件の発生をうかがわせる発言をしたと被害者の親族が証言している。野村被告は「うそごとです。田上会長がそんなことを言うはずがない、と思いながら聞いていた」と反論した。
 総裁を辞任する考えがあるか問われたが「しよっても、しよらんでも一緒ですわ」と発言。4事件では組幹部らが実行犯などとして有罪判決が確定しているが、一連の事件の被害者に対して「気の毒に思う」と述べた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/641601/

« マスク転売で罰金20万円 タピオカ店元経営者(4日)産経 | トップページ | 逃走男を追跡した警備員に感謝状 名古屋・栄の郵便局強盗事件(4日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク転売で罰金20万円 タピオカ店元経営者(4日)産経 | トップページ | 逃走男を追跡した警備員に感謝状 名古屋・栄の郵便局強盗事件(4日)共同 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

留置所

無料ブログはココログ