カテゴリー

« 新東名でトラックが軽乗用車に追突、高校生が死亡(20日)TBS | トップページ | 国内初、公道カートレース大会(20日)西日本 »

2020年9月20日 (日)

「消えたい」母は嘆きトイレで叫んだ 詐欺が残す深い傷(20日)朝日

「私は消えたい」「死にたくなる」――。今年7月、ある老夫婦が次男をかたる男らに300万円をだまし取られました。2人は事件後、後悔にさいなまれ続けています。21日は敬老の日オレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害者の8割を占める高齢者が、同様の被害に遭わないでほしいと、被害者家族が事件の一部始終と被害者が負う心の傷を語ってくれました。(高橋健次郎

以前は相手にしなかった電話に

 「皆、後悔だけが残っています。が、この経験をこのままにしてはならないと思うようになりました」。取材の始まりは、夫婦の長女から記者に寄せられたメールだった。
 長女は福祉専門職で、高齢者の詐欺被害の相談に乗ったこともあり、両親にも強く注意を促していたが、防げなかったことを後悔していた。同時に、専門職として被害を減らすことにつなげたいと連絡してくれた。以下、長女を通じて聞いた夫婦や家族の話から、事件を再現してみる。
  ◇     ◇
 始まりは1本の電話だった。
 「明日、届け物をするよ。午前10時に電話をするから」
 7月、首都圏で2人暮らしをする80代の父親、70代の母親が「次男」からの電話をとった。偽物だったことは、後にわかる。
 夫婦のもとには10年ほど前、次男をかたる人物から「痴漢で捕まった。示談金が必要」という電話がかかってきたことがある。その時は相手にせず、むしろ詐欺事件への警戒を強めた。テレビの啓発番組も見ていた。
 それでも信じてしまったのはなぜか。
 次男は、日ごろからお土産を手に実家を訪れている。母親は、次男から同じような電話を受けたこともあり、信じてしまったという。
続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASN9L5RHQN9LUCLV00L.html

« 新東名でトラックが軽乗用車に追突、高校生が死亡(20日)TBS | トップページ | 国内初、公道カートレース大会(20日)西日本 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新東名でトラックが軽乗用車に追突、高校生が死亡(20日)TBS | トップページ | 国内初、公道カートレース大会(20日)西日本 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ