カテゴリー

« 16歳の娘を殴りけがさせた疑い 中学校の教頭を逮捕(20日)朝日 | トップページ | 家族4人殺傷 犯人情報に懸賞金(20日)NHK »

2020年9月20日 (日)

復権した特捜部、課題は是正されたのか 押収資料改竄事件10年(20日)産経

法務検察史上最悪の不祥事とされる大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)事件が発覚してから、21日で10年。政官財に巣くう巨悪を摘発してきた「最強の捜査機関」の威信は地に落ち、東京、大阪、名古屋の3つの特捜部は独自捜査体制の縮小を余儀なくされた。「もうロッキードやリクルートのような事件はできない」。そんな悲観論もあった特捜部が今、再び存在感を放ち始めた。背景に何があるのか。改竄事件で露呈した特捜部の体質や捜査手法に潜む課題は是正されたのか。
■「冬の時代」経てエース就任、次々と大型事件
 「議員会館で現金300万円を先生に渡した」
 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)をめぐる汚職事件で、贈賄側の供述を得た東京地検特捜部は昨年12月、収賄容疑で秋元司衆院議員(48)の逮捕に踏み切った。現職国会議員の逮捕は約10年ぶり。長らく司直の手が伸びていなかった永田町に緊張が走った。
 平成22年9月に発覚した大阪地検特捜部の押収資料改竄事件。衝撃は大きく、検事総長が辞任するに至った。検察当局は組織的な問題があったとして改革に着手し、東京、名古屋を含む特捜部の独自捜査体制を縮小。供述依存の捜査への反省から、取り調べの録音・録画(可視化)の義務付けも拡大した。特捜部は捜査に及び腰になり、「冬の時代」とささやかれた。
 だが29年9月、「特捜検察エース中のエース」で知られた森本宏氏が東京地検特捜部長に就任すると、状況は一変する。ゼネコン大手4社によるリニア中央新幹線をめぐる談合や文部科学省幹部の汚職、日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(66)や秋元議員、河井克行元法相夫妻の逮捕-と次々に大型事件を手掛け、特捜部の“復権”を印象づけた。
 特捜部が息を吹き返した背景について、ある検察OBは森本氏の捜査に対する並々ならぬ意気込みを挙げる。「多くの検事が(立証の難しい)争われやすい事件ではできない理由を探すが、森本氏はできる方法を考える」と指摘。「供述に頼らず、固い証拠を懸命に集めている」と評する。休日を返上して指揮する森本氏のリーダーシップによって組織の士気が上がった、とみる現職検事も多い。
 特捜部の在籍が長かった検察OBは「事件を多く手掛けることで次につながる資料が集まり、現場の経験値も上がった」とし、森本氏の積極姿勢が好循環を生んだと分析する。
 30年6月に導入された司法取引(協議・合意制度)も新たな武器として積極的に活用した。同11月、ゴーン元会長を最初に逮捕した役員報酬の過少記載事件では、日本人元秘書室長と外国人執行役員に司法取引を適用し、側近しか知り得ない供述や資料を入手。本丸の会社法違反(特別背任)の事件化へ結びつけた。
 約2年10カ月の長期にわたって特捜部を指揮した森本氏は今年7月末、津地検検事正に転出した。特捜部は今後も大型事件を摘発するのか。後任の新河隆志氏の手腕に注目が集まる。

続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200919/afr2009190009-n1.html

« 16歳の娘を殴りけがさせた疑い 中学校の教頭を逮捕(20日)朝日 | トップページ | 家族4人殺傷 犯人情報に懸賞金(20日)NHK »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16歳の娘を殴りけがさせた疑い 中学校の教頭を逮捕(20日)朝日 | トップページ | 家族4人殺傷 犯人情報に懸賞金(20日)NHK »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ