カテゴリー

« 県警の鑑定官が歯型取り違え 母親の傷害罪起訴取り消し(19日)共同 | トップページ | 東京発着旅行、販売スタート GoTo、需要回復に期待(19日)時事 »

2020年9月19日 (土)

かかしが願う交通安全 京都・南丹の住民が手作り(19日)共同

稲刈りの時期を迎え、着物からカジュアルな服装までさまざまな装いのかかし6体が、京都府南丹市日吉町四ツ谷の府道園部平屋線沿いにお目見えした。住民が初めて手作りし、交通安全への願いを込めている。
 60~80代の地元住民約20人でつくる「ふれあい会」が手掛けた。茶話会などの活動を続ける中で、かかし作りを発案。マネキンや木材、わらで体を完成させ、古着を着せた。頭にはバレーボールを用い、巻いた布にペンで顔を描いた。衣装に合う表情を考え、かわいらしく仕上げた。
 保津川下りの船頭が使うかさをかぶった着物姿のかかしや、サングラスに長髪のかかしなどが、「交通安全」と書いた看板と一緒に道行く人にアピールしている。「朝から晩まで ただ立ちどおし」という童謡「案山子(かかし)」の一節も掲げた。
 同会の磯部廣美さん(78)は「みんなでわいわい楽しく作った。多くの人に見てもらえたらうれしい」と話す。9月末まで設置する予定。
https://www.47news.jp/localnews/5275440.html (写真あり)

« 県警の鑑定官が歯型取り違え 母親の傷害罪起訴取り消し(19日)共同 | トップページ | 東京発着旅行、販売スタート GoTo、需要回復に期待(19日)時事 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県警の鑑定官が歯型取り違え 母親の傷害罪起訴取り消し(19日)共同 | トップページ | 東京発着旅行、販売スタート GoTo、需要回復に期待(19日)時事 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ