カテゴリー

« 電力会社の下請け装い高齢者宅侵入 現金盗んだ疑いで男5人再逮捕(29日)産経 | トップページ | 元NHKディレクターを逮捕 指定薬物密輸の疑い、神奈川(29日)共同 »

2020年9月29日 (火)

「国立大病院の医師」かたる偽名で診断書 逮捕の2医師(29日)産経

難病患者が海外の自殺幇助(ほうじょ)団体に提出するための診断書を偽名で作成したとして、有印公文書偽造の疑いで呼吸器内科医の大久保愉一(よしかず)(42)=仙台市=と泌尿器科医の山本直樹(43)=東京都港区=の両被告が京都府警に再逮捕された事件で、2人は国立大学病院の医師として偽名を記載し、公文書を偽造していたことが29日、府警への取材で分かった。
 逮捕容疑は共謀して昨年9月28日、福岡市博多区の福岡空港のターミナルビル内で、難病患者である九州地方の20代女性の病状などを記載した英文の診断書2点に、国立大学病院の医師として偽名を記載し、公文書を偽造したとしている。
 捜査関係者によると、この診断書は、自殺幇助が認められているスイスの団体に依頼するための書類。ただ、女性は実際には渡航しなかったという。
 女性は会員制交流サイト(SNS)を通じて2人と知り合い、診断書の作成を依頼。2人は女性の病状などをメールで聞き取って診断書の文案を作成し、同空港で偽名をアルファベットで署名したという。同じ読み方をする医師は実在するが、署名に使った病院には在籍していないという。
 2人は、SNSで知り合った京都市中京区のALS患者の女性=当時(51)=から依頼を受けて昨年11月30日、同区のマンションを訪れて女性に薬物を注入し、急性薬物中毒で死亡させたとして、今年8月、京都地検に嘱託殺人罪で起訴されている。この事件で2人を逮捕した後の捜査で、今回の容疑が発覚。府警は今年7月下旬に関係先を家宅捜索していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200929/afr2009290041-n1.html

« 電力会社の下請け装い高齢者宅侵入 現金盗んだ疑いで男5人再逮捕(29日)産経 | トップページ | 元NHKディレクターを逮捕 指定薬物密輸の疑い、神奈川(29日)共同 »

偽札・偽造・模造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電力会社の下請け装い高齢者宅侵入 現金盗んだ疑いで男5人再逮捕(29日)産経 | トップページ | 元NHKディレクターを逮捕 指定薬物密輸の疑い、神奈川(29日)共同 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ