カテゴリー

« 2020年9月22日 (火) | トップページ | 2020年9月24日 (木) »

2020年9月23日 (水)

2020年9月23日 (水)

速報 ガス点検装う強盗事件(23日)

 23日午後3時30分ごろ、東京都足立区花畑5丁目の民家に2人組の男が押し入り、家人を粘着テープで縛り現金を奪って逃走する強盗事件があった。

 警視庁によると男は2人とも黒い色のマスクを着用。ガス点検を装って侵入しており、注意を呼び掛けている。

 

奥多摩殺人事件、南ア逃亡の容疑者を殺人容疑で再逮捕へ 警視庁(23日)毎日

東京都奥多摩町の山中で2003年、切断された男性の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は24日にも逮捕監禁容疑で逮捕した紙谷惣(そう)容疑者(46)を殺人と死体損壊・遺棄容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で判明した。紙谷容疑者はこれまでの調べに対し「殺害現場にはいなかった」と供述しているという。
 紙谷容疑者は03年9月19日、仲間と共謀し、山梨県丹波山村のキャンプ場に駐車した乗用車内で元飲食店従業員の古川(こがわ)信也さん(当時26歳)の首をベルトなどで絞めて殺害し、遺体をのこぎりなどで切断して同県や奥多摩町に遺棄した疑いがある。
 紙谷容疑者は同年10月ごろに南アフリカに逃亡し国際手配されていたが、今年8月下旬に「新型コロナウイルスの感染拡大で仕事も金もなくなった」と現地の日本大使館に出頭。警視庁は9月3日に帰国させ、古川さんを乗用車に閉じ込めるなどしたとして逮捕監禁容疑で逮捕していた。
 捜査関係者によると、紙谷容疑者は死体損壊・遺棄容疑については認めているという。南アでは中古車販売などで生活費を稼いでいたとみられるが、逃亡中の生活はあまり話したがらないという。【土江洋範、最上和喜、鈴木拓也】
https://mainichi.jp/articles/20200923/k00/00m/040/209000c

高級車窃盗疑い4人逮捕 静岡、被害数億円か(23日)産経

静岡県富士市の住宅から高級車を盗んだとして、県警富士署などは窃盗の疑いで、浜松市浜北区、自称中古自動車販売業、オオイシ・ファビオ・アキラ容疑者(39)らブラジル国籍の男3人と、名古屋市守山区、無職、宮下俊容疑者(35)を逮捕した。
 富士署によると、県内では昨秋以降、高級車の盗難が約50件あり、被害総額は数億円に上る。県警は関連を調べる。
 逮捕容疑は令和元年7月~2年4月、富士市の住宅3軒から高級車計3台(時価計約1900万円相当)を盗んだとしている。署によると、深夜に民家の駐車場に忍び込み、施錠されていた車を盗み出したとみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230029-n1.html

サルのおり切断疑いで逮捕 千葉の16歳少年、70匹逃走(23日)産経

千葉県警は23日、6月に富津市の高宕山自然動物園でニホンザルを飼育するおりの金網を切断したとして、器物損壊の疑いで千葉市花見川区の自称高校生の少年(16)を逮捕した。当時、切断されたおりからサル約70匹が逃げ出した。
 逮捕容疑は6月9日夕方~10日朝、動物園内に設置されたおりの金網フェンスを工具のような物で切断したとしている。10日朝に管理人が訪れ、直径約30センチの穴が開き、サルが逃げ出しているのを見つけた。
 県警によると、少年は友人の運転する車で動物園に向かったとみられ、近くの防犯カメラに車が写っていた。切断に使った工具のような物は「行く途中で拾った」と話しているという。県警は友人らの関与を調べている。
 動物園は昨年9月の台風15号でフェンスが倒壊した際にもサルが逃げ出し、捕獲して仮設のおりを設置していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230030-n1.html

都民の警察官に5氏 長年の献身に光(23日)産経

東京都民の安全を守るため職務に励む警察官を表彰する第90回「都民の警察官」の受章者が決定した。今年の受章者には、蒲田署生活安全課の佐藤博警部補(58)▽中央署地域課の●(=さんずいにウかんむりに眉の目が貝)田修警部補(55)▽警護課の谷中透警部補(51)▽西新井署刑事組織犯罪対策課の菅原初美警部補(51)▽玉川署尾山台駐在の永江正明警部補(56)-の5人が選ばれた。
 選考では、警視庁が受章候補者8人を推薦。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選考委員会を開かず、委員らがこれまでの優れた実績や人柄などの推薦理由を基に、書類選考で最終的に5人を選出した。委員らは生活安全部門での経験が豊富な佐藤警部補について、「都民の安全に密着し、功績を残した」などと高く評価した。
 女性で唯一の受章となった菅原警部補については「女性の社会進出に寄与した」とした。ほかの3人についても「都民の心情を察した活動を心がけており、他の警察官の範となるものだ」などと賛辞を贈った。
 表彰式は、10月14日午後1時から千代田区大手町の大手町サンケイプラザで行われる。
■蒲田署生活安全課・佐藤博警部補(58)
 警察官人生の大半を生活安全部門で過ごし、12年間をささげた少年事件捜査では、警視総監賞を複数回受賞してきた。
 高島平署勤務だった平成13年、交際トラブルから少年が別の少年をナイフで刺す殺人未遂事件が発生した。調べに正直に答えない少年だったが、証拠品の収集に奔走し、地道な捜査で自供を引き出した。
 事件で触れ合う少年らには長い人生が待ち受けている。「これからは健全に育ち、正しい大人になってほしい」。そう願いながら捜査に正面から向き合ってきた。現在は、ストーカーといった人身安全事案を担当するが、判断を誤れば、重大事案に発展する恐れもあり、少しの不安でも芽を摘み取ることに神経をとがらせている。
 受章の報に、家族は驚きを隠せないが「父の背中を追おう」と警察官になる勉強を続ける長男の励みになったのではないかとも思う。定年までは、あと1年。「(長男の)見本にならなきゃなぁ」と、まだまだ意欲を燃やしている。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230028-n1.html

群馬・桐生市の小中学校などが爆破予告で休校(23日)産経

群馬県桐生市は23日、市立小中学校と商業高校を臨時休校した。学校爆破や児童・生徒誘拐などの予告が市のホームページに送られたことを受けた措置だが、予告された犯行開始時刻の午後0時半ごろを過ぎても異常は確認されなかった。
 市によると、犯行予告が送られたのは20日午前7時40分ごろ。爆破の対象には市役所と群馬大学桐生キャンパスも含まれていた。犯行を回避したければ、22日午後11時59分までにビットコインを指定先に入金するよう求めてきたという。
 市は23日、市役所の巡回や構内点検を行うとともに午後1時から2時の窓口利用を控えるよう市民に呼びかけた。群馬大学桐生キャンパスも正午前から約2時間、立ち入りを禁止した。
 荒木恵司市長は「こうした悪質な行為は断じて許せない。警察や関係機関と連携し、厳正なる対処をしていきたい」とコメントした。
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230027-n1.html

あおり運転疑いで男を書類送検 動画物語る1分半の恐怖(23日)朝日

あおり運転をしたとして、群馬県警は23日、同県安中市のトラック運転手の男(66)を道路交通法違反(妨害運転)の疑いで前橋地検に書類送検したと発表した。男は「あおり運転をしたことは間違いない。道を譲っていないのに割り込まれて腹が立った」と容疑を認めているという。県警によると、あおり運転での検挙は県内初という。
 交通指導課によると、男は安中市原市の国道18号で7月15日午後3時15分ごろ、大型トラック(最大積載13・5トン)を運転。信号が赤から青に変わって車列が動き出した際、市内の男性(70)の軽ワゴン車が脇道から前方に入ったことに腹を立て、通行を妨害しようと後方から急接近して対向車線にはみ出して幅寄せをしたり、男性に急ハンドルなどの衝突回避行動をさせたり、著しい交通の危険を生じさせた疑いがある。
 現場は片側1車線の直線。男の追跡は約1キロ、1分半にわたり、男はクラクションを何度も鳴らしたとされる。恐怖を感じた男性は道路沿いの安中署に避難した。男は県内の運送会社勤務で当時は業務中だったという。県警は、男のトラックのドライブレコーダーの映像などから容疑を固めたとしている。

被害者語る「怖くて長い時間」

 被害に遭った男性は「幅寄せな…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。残り:347文字/全文:856文字
https://www.asahi.com/articles/ASN9R647VN9RUHNB00M.html

旅館予約一斉無断キャンセル、総額280万円賠償命じる判決(23日)TBS

 今年の正月、栃木県内の8つの旅館が一斉に宿泊予約を無断キャンセルされた問題で、宇都宮地裁大田原支部は、予約していた男性2人に総額およそ280万円の賠償を命じました。
 この裁判は、栃木県の那須塩原市や日光市などの旅館8軒が、今年の正月に宿泊予約を無断でキャンセルされたとして、スナックの女性経営者(30代)と元従業員の男性2人に対し、およそ280万円の損害賠償を求めたものです。女性は全額の支払いを認め、原告側と和解交渉に入ることになりましたが、元従業員2人は答弁書を提出せず、出廷もしませんでした。
 23日の判決で宇都宮地裁大田原支部は元従業員2人に対し、「争う姿勢を示していない」として、およそ280万円全額の賠償を命じました。原告の温泉旅館は判決について、「無断キャンセルの抑止につながってほしい」とコメントしています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4085237.html

駅の無人化めぐり 車いす利用者「移動の自由侵害」JRを提訴(23日)NHK

JR九州が大分市で進めている駅の無人化をめぐって、車いすで生活する市内の3人が「移動の自由を侵害されている」などとして、JR九州に賠償を求める訴えを起こしました。
JR九州は、鉄道事業の効率化の一環としてこの3年間で大分市内の3つの駅を無人化しました。
これについて、車いすで生活する大分市内の30代から60代の男女3人が、「憲法が保障する移動の自由が侵害されているうえ、障害者差別解消法にも違反する」などとして、JR九州に1人当たり11万円の賠償を求める訴えを大分地方裁判所に起こしました。
この中で3人は、駅の利用には駅員の介助が必要だが、無人化されると事前の予約が必要となり、健常者にはない条件が課せられ不利益を受けているなどと訴えています。
JR九州は、これまで、駅の無人化について、利用客の問い合わせにモニター越しに対応する遠隔サポートシステムを新たに導入するなどしていて、安全性や利便性は以前よりも高まると説明してきました。
駅の無人化は各地で進んでいてその是非が、司法の場で問われることになります。
会見で原告の1人の吉田春美さん(67)は「JRに駅の無人化計画を取りやめる約束をしてもらえるよう訴えていきたい」と話していました。
一方、JR九州は「現時点で、訴状が届いていないのでコメントできない」としています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012631381000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

「ヒスブル」元メンバーを逮捕 埼玉で強制わいせつ致傷容疑(23日)共同

帰宅途中の20代女性にわいせつ行為をしようとして負傷させたとして、埼玉県警朝霞署は23日、強制わいせつ致傷の疑いで、解散した人気バンド「Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)」の元ギタリストで自営業、二階堂直樹容疑者(41)を逮捕した。
 逮捕容疑は7月6日午前2時15分ごろ、同県朝霞市内の路上で背後から女性の口をふさいで押し倒し、右肘に1週間のけがをさせた疑い。署によると、女性とは面識がなく「体を触りたかった」と供述している。
 ヒステリック・ブルーは1997年に結成、99年にはNHK紅白歌合戦に出場。バンドは03年9月に活動を休止後解散した。
https://www.47news.jp/national/5291545.html

元小学校臨時講師を再逮捕へ 香川、市教委業務妨害疑い(23日)共同

香川県さぬき市教育委員会に不安をあおる手紙を送り付け業務を妨げたとして、同県警が威力業務妨害の疑いで高知県の元小学校臨時講師近森公和被告(42)=脅迫罪などで起訴=を24日に再逮捕する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。
 近森被告は、大阪教育大付属池田小の校内児童殺傷事件の遺族や、東日本大震災で児童が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の遺族を脅したとして6月以降、4度逮捕され、脅迫罪などで起訴されている。
 再逮捕容疑は今年2月と4月、さぬき市教委に「おまえら10人は〇ぬで」などと記した死を想起させるような手紙を送り、業務を妨げた疑い。
https://www.47news.jp/national/5291679.html

遺体置き去り、2人を再逮捕へ 逮捕監禁致傷容疑、千葉県警(23日)共同

千葉市の病院で男性の遺体が置き去りにされ、死体遺棄容疑で男2人が逮捕された事件で、千葉県警が25日にも、2人を逮捕監禁致傷容疑で再逮捕する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。男性の死因は鈍器で強く殴られたことによる頭部損傷で、県警は、引き続き殺人容疑でも捜査を続ける。
 2人は、いずれも住所不定、自称建設業田中大樹容疑者(36)と自称無職渡部俊文容疑者(42)。県警は今月、埼玉県越谷市の無職島村智広さん(32)の遺体を千葉市若葉区内の病院に遺棄した疑いで2人を相次いで逮捕。25日が田中容疑者の勾留期限となっている。
https://www.47news.jp/national/5291884.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)
いやな世の中ですね
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200923204701 Img_20200914_113111  犯罪そのものは減っているのだが、以下の報道の見出しを見てください。9月に入ってからの事件で、それでも一部です。
★72歳の母親殴るなどの容疑で38歳の息子を逮捕 母親は死亡 埼玉(21日)NHK
★息子の首絞めた父親を殺人未遂容疑で逮捕 栃木(18日)産経
★茨城で夫刺され死亡、妻を逮捕 土浦市、殺人未遂容疑(17日)共同
★刃物で父刺したか、少年を現行犯逮捕 青森・つがる市(14日)産経
★孫の女子高生(16)刺殺、逮捕の祖父 鋭利な刃物で複数回刺したか(11日)TBS
★福井の住宅で女子高生死亡 殺人容疑で祖父逮捕(11日)共同
★母親が息子を刺し車中で自分も刺す(9日)TBS
 実の父母から子供そして親兄弟や配偶者―最も深い絆で結ばれているはずなのに平気で殺害してしまうなんて、人間関係がおかしくなってきているのかなぁ。平成30年の数字になるが殺人事件の被疑者と被害者の関係別でみると、最も多かったのが知人友人で166件。ところが2番目が配偶者で153件、実父母が109件、実子が85件と家族親族間が多いのだ。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年8月現在の殺人や強盗など重要犯罪の検挙者数は4562人で前年同期に比べて7人の増加。
 最も増えたのが強盗で前年より38人増えて1040人。これに強制性交等が同27人増の729人、放火が22人増の367人、略取誘拐・人身売買が20人増の157人と続いている。ところが、強制わいせつが72人も減って1721人になったほか殺人も28人減の548人だった。
 特筆すべきは強盗で少年の検挙者が多く78人増の218人だった。
 検挙者数のランキングは東京の773人、大阪の558人、愛知の322人、埼玉の312人、神奈川の292人と続く。
 重要犯罪は、犯罪情勢を観察するうえで指標となる犯罪。家族、親族間の犯罪同様に人間社会全体の関係にも影響しかねない。勿論、犯行動機をみないと分からないが…意外に多いのは憤慨なんです。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20200923205601





★女性に詐欺電話…見破った同居のおい、カードを取りに来た韓国人を取り押さえ、警察に引き渡す/浦和署(23日)共同
https://www.47news.jp/localnews/5288656.html

★詐欺電話“無視”に“蒸しまんじゅう” (22日)TBS
★偽訴訟詐欺、愛知で封書相次ぐ 注意喚起進み、はがきから変更? (21日)共同
★詐欺電話“無視”に“蒸しまんじゅう”(21日)TBS
★「不正利用のカードを回収」とうそ、キャッシュカードをだまし取り男逮捕(20日)TBS
★アジト急襲、百貨店従業員かたる特殊詐欺グループ摘発(19日)TBS
★国勢調査装う詐欺に注意呼び掛け 預貯金や口座、教えないで (19日)共同
★「ドコモ口座」不正引き出し“便乗詐欺” 新潟・上越市 (18日)TBS
★市役所職員かたり・・・特殊詐欺グループの主犯格逮捕(17日)TBS
★持続化給付金詐取の疑い 千葉、24歳大学生を逮捕(16日)産経
★池田泉州銀の元行員逮捕 顧客預金500万円詐取容疑―大阪府警(16日)時事
★70代の女性からキャッシュカード詐取、特殊詐欺の受け子の男逮捕(17日)TBS
★「コロナで仕事なくなり」特殊詐欺未遂容疑で受け子逮捕(17日)産経
★持続化給付金詐欺被害は4億円か 名古屋の男ら3人再逮捕(17日)TBS

契約担当した女性の部屋侵入 容疑で不動産会社の男逮捕(23日)産経

自分がアパートの賃貸契約の手続きを担当した女性(24)の部屋に侵入したとして、宮城県警若林署は23日、住居侵入容疑で、仙台市太白区若葉町、不動産会社員、島貫智次容疑者(23)を逮捕した。署によると、会社にあった合鍵で侵入したという。「下着が見たかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は8月28日午後1時半ごろ、仙台市若林区のアパート一室に侵入したとしている。
 署によると、在宅していた女性が呼び鈴に応じずにいると、玄関から入ってきた島貫容疑者と鉢合わせした。島貫容疑者は「確認しに来た」などと意味不明なことを話し、そのまま出て行ったという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230017-n1.html

小池都知事と菅首相 コロナ対策 オリ・パラ開催 連携で一致(23日)NHK

東京都の小池知事は、菅総理大臣と会談し、新型コロナウイルス対策やオリンピック・パラリンピックの開催について連携していくことで一致しました。
東京都の小池知事は、23日午後、総理大臣官邸を訪れ、菅総理大臣と会談しました。
この中で、小池知事は、「東京都として、新型コロナウイルス対策、東京オリンピック・パラリンピックの開催が大きな課題になっている。国と連携して進めていきたい」と述べました。
これに対して、菅総理大臣は、「私もまったく一緒です」と応じました。
そして、菅総理大臣が力を入れる行政のデジタル化の推進を含めて、国と都が連携していくことで一致しました。
会談のあと、小池知事は記者団に対し、「国と都が連携していくことで国益、都民の利便性などに資するという点では考え方は一致している」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012630851000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

帰宅途中の女性にわいせつ行為、中華料理店従業員逮捕(23日)TBS

 帰宅途中の女性の後をつけ、体を無理やり触るなどしたとして、中華料理店の従業員の男が逮捕されました。周辺では同様の事件が相次いでいて、警視庁が関連を調べています。
 強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕されたのは、中国籍で中華料理店従業員の薛斌容疑者(35)で、今年7月の深夜、北区赤羽台の路上で帰宅途中の20代の女性に突然後ろから近づいて口をふさぎ、無理やり体を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、女性と薛容疑者は面識はなく、近くの駅から女性の後をつけていて、防犯カメラの捜査から薛容疑者が浮上したということです。
 取り調べに対し「女性の肩に手を回しただけです」と容疑を否認しているということですが、現場周辺では、若い女性を狙った同様のわいせつ事件が数件相次いでいて、警視庁は余罪があるとみて調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4084943.htmlTBS

路上で女性にわいせつ行為、キャバクラ店従業員の男逮捕(23日)TBS

 東京・豊島区の路上で「遊ぼうよ」と30代の女性に声をかけ、性的暴行を加えようとしたとして、キャバクラ店従業員の男が警視庁に逮捕されました。
 強制性交未遂の疑いで逮捕されたのは、豊島区に住むキャバクラ店従業員、渋谷大稀容疑者(29)です。渋谷容疑者は今年7月3日の午前3時すぎ、豊島区内の路上で、30代の女性に対し性的暴行を加えようとした疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、渋谷容疑者は、買い物を終え歩いて帰宅途中だった女性に「遊ぼうよ」などと声をかけ、わいせつな行為をし、女性が抵抗すると、その場から逃げたということです。渋谷容疑者と女性に面識はなかったということです。
 渋谷容疑者は容疑を認めた上で、「仕事でストレスがたまっていた」と供述しているということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4084944.html

東京都 新型コロナ 59人の感染確認 100人下回るのは3日連続(23日)NHK

東京都は、23日、午後3時時点の速報値で都内で新たに59人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が100人を下回るのは3日連続です。また、60人を下回るのはことし6月30日以来です。これで都内で感染が確認されたのはあわせて2万4453人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012630821000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

兵庫 新型コロナ 1人感染確認 県内計2616人に14時36分

広島市 新型コロナ 新たに4人の感染確認 県内延べ491人に14時15分

三重 新型コロナ 四日市で3人の感染確認 県内延べ483人に13時51分

福島 新型コロナ いわきと広野町で2人感染確認 県内計228人に11時22分

富士山「初雪化粧宣言」去年より約1か月早く 山梨 富士吉田(23日)NHK

富士山は21日朝、山頂付近で雪が積もっているのが確認され、ふもとの山梨県富士吉田市は去年よりおよそ1か月早く「初雪化粧宣言」を発表しました。

富士山の「初雪化粧宣言」は、甲府地方気象台が発表する「初冠雪」とは別に、ふもとの富士吉田市が観光PRなどを目的に平成18年から独自に発表しています。
気象台はまだ、初冠雪を発表していませんが、ふもとの富士吉田市では21日朝、富士山の山頂付近に雪が積もっているのが確認され、市は21日午前「初雪化粧宣言」を発表しました。
富士山と田畑の風景を同時に楽しめることで人気の農村公園には、朝早くから写真愛好家などが訪れ、雪化粧した富士山を写真に収めていました。
地元の70代の男性は「富士山に雪が積もるとますます写真が映えるので、写真家にとってはこれから忙しくなります」と話していました。
ことしの「初雪化粧宣言」は去年より32日早く、富士山はこれから本格的な雪化粧の時期を迎えます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200921/k10012628561000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_001

ボーガン所持、法規制も含め方議論 警察庁が有識者検討会 (23日)産経

兵庫県宝塚市で今年6月に、男が親族4人をボーガン(洋弓銃)で殺傷した事件を受け、警察庁は在り方を検討する有識者検討会を立ち上げ、23日、東京都内で初会合を開いた。操作が容易で強い殺傷能力を有しながらも、簡単に入手できる「武器」となっているボーガンについて法規制を含めた議論を展開する。

 警察庁によると、ボーガンは古くから武器として用いられ、今は競技や趣味で普及。操作が容易で約30メートル離れた的に初心者が矢を当てるのに、アーチェリーや弓道は数カ月を要するといわれるが、ボーガンは初日でも可能だとされる。所持を規制する法令はなく、担当者は「流通量も明確ではない」と話す。
 こうした中、宝塚の事件が発生。警察庁が過去のボーガン使用事件を調べたところ、平成22年から今年6月までの10年半の間に全国の警察が摘発した事件だけでも32件あった。このうち殺人や殺人未遂といった生命や身体に関わる刑法犯は13件に上っていた。
 また一般的なタイプの威力を調べたところ、約5メートル離れた地点から発射した際にヘルメットなどを貫通するほどの威力があった。銃刀法上で規制対象の空気銃や拳銃に匹敵する貫通能力も確認された。
 22年1月から今年6月の間に「撃っている男性を見かけた」などとする計135件の相談が全国の警察にあったことも判明。こうした状況から、警察庁は競技団体の関係者や法律の専門家らを交えた有識者検討会を立ち上げた。年末までに報告書をまとめる予定。
 警察庁によると、青少年育成条例などで18歳未満の所持を認めない自治体も増え、今年8月末時点で茨城や栃木など23県が規制に踏み切っている。うち奈良など10県は宝塚事件以降に規制した。この日の会合で警察庁の小田部耕治・生活安全局長は「喫緊の課題として専門家のみなさまに在り方について検討をたまわりたい」と話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230012-n1.html

山口容疑者追突車両は警察官運転 逮捕のきっかけの事故(23日)共同

人気グループ「TOKIO」元メンバーの山口達也容疑者(48)が酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕された事件で、逮捕のきっかけとなった追突事故の相手車両は警視庁の警察官が運転していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、山口容疑者は22日午前9時半ごろ、東京都練馬区桜台2丁目の区道で、信号待ちをしていた男性警察官の乗用車にバイクで追突。警察官が110番した。呼気検査の結果、基準値の1リットル当たり0.15ミリグラムを大幅に上回る約0.7ミリグラムのアルコールが検出されたため、現行犯逮捕された。警察官は私用で運転していた。
https://www.47news.jp/national/5290304.html

千葉の遺体は愛知の男女と確認 長生村と茂原市で相次ぎ発見(23日)共同

千葉県内で男女の遺体が相次いで見つかった事件で、県警は23日、男性を愛知県愛西市早尾町、梅田慎二さん(41)、女性を愛知県蟹江町、金正枝さん(61)と確認したと明らかにした。
 県警によると、2人は22日未明から早朝にかけ、千葉県長生村のJR外房線の踏切内に止めた乗用車内と、同県茂原市の農道でそれぞれ遺体で見つかった。いずれも頭に拳銃で撃たれたような傷があり、乗用車内に拳銃のようなものがあったことから、県警が事件の経緯を調べている。
 2人は面識があったとみられ、それぞれの遺体の見つかった場所は約7キロ離れていた。発見時金さんは路上に倒れた状態だったという。
https://www.47news.jp/national/5290426.html

ゆうちょ銀行 デビットカードで不正送金などの被害と発表(23日)NHK

ゆうちょ銀行は、運営するデビットカード・プリペイドカードの「mijica」で、何者かに貯金を不正に引き出され送金されるなどの被害が、これまでに332万円確認されたと発表しました。
貯金の不正な引き出しが新たに見つかったのは、ゆうちょ銀行が3年前から発行しているデビットカード・プリペイドカードの「mijica」です。
先月8日から今月15日にかけて何者かがゆうちょ銀行に口座を持つ人になりすまして、mijicaの専用のサイトに不正にアクセスし、口座の貯金やカードにチャージされているお金を別の名義のカードに送金していたということです。
これまでのところ、被害にあったのは54人で、被害額は合わせて332万2000円に上るということです。
このカードは会員がおよそ20万人にのぼるということで、ゆうちょ銀行は今月16日からこのカードの送金機能を停止していて、被害の全額を補償するとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012630531000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

酒気帯び疑いで地方公務員逮捕 栃木・下野(23日)産経

栃木県警下野署は23日までに、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、栃木県上三川町多功、地方公務員、矢口広貴容疑者(29)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は22日夜、下野市薬師寺の県道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転したとしている。署によると、信号待ちをしていた対向車と衝突し、駆け付けた警察官の呼気検査で、基準値を超えるアルコールが検出された。相手にけがはなかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200923/afr2009230003-n1.html

東京五輪開催に自信 IOCのバッハ会長(23日)日経

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日に公開した書簡で、「(新型コロナウイルスの)現在進行中の制限下でも大会を安全に組織できることが分かってきた」と述べ、2021年に延期になった東京五輪の開催に自信を示した。
「オリンピズム(五輪の精神)とコロナ」と題した書簡で、五輪を含めたスポーツの大会について言及。各国で感染防止対策を徹底しながら開催されていることを念頭に「このことは東京五輪を含む将来のイベントの準備に自信を与えてくれるはずだ」と強調した。「選手や団体だけでなく、一般の人々が生活に不可欠な要素としてスポーツの復活を切望している」とも述べた。
世界各地で加速しているワクチン開発については年末までに利用可能になるとの見通しを受け、「ワクチンの発展は安全な開催をおおいに促進するだろう」と歓迎した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64120000S0A920C2CZ8000/

タレントのえなこさんが一日署長に 交通安全を呼びかけ(23日)朝日

アニメやゲームのキャラクターに扮する「コスプレイヤー」として人気のタレント、えなこさんが22日、秋の全国交通安全運動(21~30日)に合わせて、成田署の一日署長に就任した。
 この日は、成田市イオンモール成田であった交通安全運動出動式で、買い物客らに「思いやりの心を持って交通事故を減らそう」と呼びかけた。
 えなこさんのツイッターのフォロワーは120万以上。同ツイッター上で一日署長のイベントも事前告知しており、200人近いファンが、えなこさんの署長姿を撮ろうと詰めかけた。(小木雄太)
https://www.asahi.com/articles/ASN9Q73F2N9QUDCB005.html

【独自】福岡 女性殺害、15歳少年立ち会わせ実況見分(23日)TBS

 福岡市の大型商業施設で先月、女性客が殺害された事件について、警察は23日朝、殺人容疑で逮捕した15歳の少年を現場に立ち会わせ、当時の状況を確認しました。
 「今、警察の車両が商業施設の敷地内に入っていきます」(記者)
 殺人の疑いで逮捕された中学3年の少年は午前7時ごろ、事件現場の商業施設に入り、実況見分に立ち会いました。この少年は先月28日、1階の女子トイレにいた21歳の女性客を刃物で刺すなどして殺害した疑いが持たれています。
 捜査関係者によりますと、少年は女性を刺したことを認めているものの、一時、つじつまの合わない説明をしたり、供述の一部が変遷したりしたということです。
 こうした状況などから福岡地検は、少年の刑事責任能力を調べるため、近く裁判所に鑑定留置を請求する方針です。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4084932.html

HKT48メンバー 新型コロナ感染で活動中止や延期に(23日)NHK

福岡を中心に活動するアイドルグループ、HKT48のメンバーの村重杏奈さんが、新型コロナウイルスに感染したと所属事務所などが発表しました。メンバー全員が検査を受け、当面、活動は中止や延期にするということです。
福岡を中心に活動するアイドルグループ、HKT48の運営会社や村重杏奈さんの所属事務所の発表によりますと、村重さんは、今月20日の早朝に発熱やのどの痛みなどの症状が出たため、医療機関で検査を受けたところ、21日、新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。
運営会社は、すべてのメンバーと従業員を対象に順次、検査を行い、結果が出るまで自宅待機にするとしています。
また、オンラインでファンと交流するなどの「HKT48」の活動は、当面、中止や延期の対応を取るということです。
運営会社は、「ご心配とご迷惑をおかけしますが、引き続き保健所などの指導を仰ぎながら迅速な対応を講じるとともに、検査の結果については改めて報告させていただきます」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012630251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

社員自殺訴訟、トヨタは争う姿勢 遺族、過労やパワハラ訴え(23日)共同

東京地検は23日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職に絡む証人買収事件で、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪で追起訴した衆院議員秋元司被告(48)について、汚職事件で認められていた保釈の取り消しを東京地裁に請求した。
 秋元議員は収賄罪で起訴された後、保釈中に支援者らを介して贈賄側に偽証を依頼したとされる。地検は、保釈条件違反や証拠隠滅の疑いがあったと判断したもようだ。
 地裁が保釈を取り消した場合、秋元議員が納付した保釈保証金3千万円も没取される見通し。秋元議員は証人買収事件での勾留が続いている。
https://www.47news.jp/national/5289690.html

コロナで中止の訪問税務調査、国税が10月から再開(23日)日経

全国の税務署や国税局が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月から中止していた新規の訪問税務調査を再開させることが、関係者への取材で分かった。国税側は連休明けの23日から納税者に電話で調査を受けてもらえるかどうか確認し、10月から再開する見通し。

【関連記事】

中止が続くと税逃れの放置につながることに加え、来年2月に始まる所得税の確定申告受け付けに備え、10月中の再開が欠かせないと判断したとみられる。一方、調査は屋内で長時間実施することが多く、高齢の納税者が断る可能性もあり、引き続き難しい対応を迫られそうだ。
日本税理士会連合会などの関係者によると、国税庁は12ある国税局・事務所のトップを集めた会議で再開を通知し、18日に日税連に連絡した。
国税庁は訪問調査時の感染防止策について「職員の人数や滞在する時間を可能な限り最小限にする」などとしている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64115140S0A920C2000000/

洪水危険度表示を統合へ 国交省と気象庁、縦割り解消し一体運用(23日)産経

国土交通省と気象庁が別々に運用している河川の洪水危険度を示すためインターネット上で公開している情報について、統合して一体運用することが22日、分かった。河川の防災情報をめぐっては、気象庁の流量予測が国交省を中心に発表される指定河川洪水予報に全く反映されず、「100年に1度」規模の水位上昇が予測されても生かされないことが縦割り行政の弊害として問題視されていた。
 河川の洪水危険度を示す地図情報は現在、国交省と気象庁がそれぞれネット上で運用している。国交省は大河川の水位情報を基にした「水害リスクライン」を公表している一方、気象庁は流量予測である「流域雨量指数」に基づき全国約2万の中小河川を対象にした「洪水警報の危険度分布」を運用している。
 大河川と中小河川で役割分担をしているが、洪水危険度をレベル別に色分けして表示する点は同じで、気象庁の情報では大河川は国交省の指定河川洪水予報に応じた色付けがされていた。このため専門家からも「分かりにくい」との指摘があった。これらの情報について、両省庁は今後、発表段階では同一画面で統合して表示されるようなシステム変更を行う。時期は決まっておらず、早い段階での整備を目指す。
 7月の豪雨では、気象庁の流域雨量指数が氾濫発生の最大9時間前に「100年に1度」規模の水位上昇を予測したが、指定河川洪水予報には反映されなかった。双方が別々に予測を行う運用自体は現在のところ、変更の予定はない。
https://www.sankei.com/affairs/news/200922/afr2009220015-n1.html

国内過去最多に達した「ウタトリ」 事件の摘発に活用も(23日)朝日

マネーロンダリング資金洗浄)などの疑いがあるとして、米国に本店や支店がある金融機関から米財務省に報告された資金のやりとりの中に、日本の企業や個人からの海外送金も含まれていた。朝日新聞などが提携する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が分析した2100件超の報告書「フィンセン文書」で確認された。
 分析したのは、米財務省の金融犯罪取締ネットワーク局(フィンセン)に届け出があった「疑わしい取引」の報告書のうち、米バズフィードニュースが確認したもの。ICIJと提携する朝日新聞など88カ国の109の報道機関、400人超のジャーナリストが調べた。その中に、日本の約40の企業・個人の取引があった。

国内の「疑わしい取引」、2019年は44万件

 国内の金融機関や貸金業者らが「疑わしい取引」として行政側に届けて受理された件数は、この15年で4倍に増え、2019年は44万件を超えて過去最多となっている。資金洗浄マネーロンダリング)など不正な資金移動に自社のサービスが悪用されてしまうことへの危機感が高まり、監視の目が強められていることがその背景にある。
 日本で「疑わしい取引」のとりまとめや分析を担当する警察庁の統計によると、04年に約9万5千件だった受理件数は06年に初めて10万件を突破し、08年に23万件余、11年に33万件余と増加。16年に40万件を超え、昨年は44万件に達した。44万件のうち37万件弱は銀行など預金取り扱い金融機関からの届けで、クレジットカード事業者(約2万5千件)、貸金業者(1万7千件)からも近年は増えている。
記事の後半では「疑わしい取引」の情報を活用する捜査当局について紹介します。
 背景には事業者側の監視態勢の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。残り:1006文字/全文:1684文字
https://www.asahi.com/articles/ASN9Q6V9SN9JUUPI006.html

元TOKIO 山口達也容疑者(48)ドラレコに事故直前の“異様な運転”(23日)TBS

 酒を飲んでバイクを運転したとして22日に現行犯逮捕された元TOKIOメンバーの山口達也容疑者が、事故の直前、“異様な運転”をしている様子を、JNNが入手したドライブレコーダーが捉えていました。
 これは、JNNが入手した、山口容疑者が事故の直前、バイクで走行する姿を捉えたドライブレコーダーの映像です。
 何度も前の車にスレスレまで接近して止まる様子や、反対車線ギリギリのところを走って、危うく対向車と衝突しそうになったり、逆に、大きく左側に蛇行したりする様子が映っています。そして、車に追突した直後とみられる姿も捉えられていました。
 「ソファにふんぞり返ったような感じで、ふらふらふらふらしているような感じだった。酒か薬かなんかやっているのかもしれないけども、格好もちょっと、近寄るとこれはやばいなって感じ」(後続車両の男性)
 警視庁によりますと、山口容疑者からは、基準値を大幅に上回る1リットルあたり0.7ミリグラム以上のアルコールが検出されたということで、山口容疑者の身柄を警視庁本部に移して、本格的に調べを進めています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4084775.html

ガス点検装った強盗、22日も世田谷区で(23日)TBS

 東京・世田谷区で、80代の夫婦が住む住宅に、ガスの点検を装った2人組の男が押し入り、両手足を粘着テープで縛った上、現金6万5千円などを奪い逃走しました。
 22日午後5時ごろ、世田谷区上用賀の住宅に2人組の男が「ガス点検です」などと嘘を言って押し入り、この家に住む80代の女性の両手足を粘着テープで縛りました。2人は、女性の夫も縛ろうとした上、「騒ぐな、殺すぞ」と言って現金6万5000円などを奪って逃走しました。
 逃げた2人の男は、20代ぐらいと50代ぐらいで、警視庁が行方を捜査しています。都内では、今月20日にも、東村山市の住宅に2人組の男が「ガス点検」を装って押し入り、高齢の夫婦の首を絞めるなどの暴行を加え、逃走する事件が起きています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4084785.html

ミサイル防衛装備の洋上配備「合理的でない」 米側が指摘(23日)NHK

「イージス・アショア」に代わるミサイル防衛のための新たな装備について、防衛省はイージス・アショアのために製造中のものを改修し、洋上に配備する方向で検討していますが、改修作業を行うアメリカ側から「コストが膨大になるため、合理的ではない」という趣旨の指摘を受けていたことが、関係者への取材で分かりました。
イージス・アショアの配備断念に伴う代替策について、防衛省は、レーダーなど、イージス・アショアのために製造中のシステムを改修して、洋上に配備する方向で検討しています。
具体策が決まっていないため、来年度予算案の概算要求には金額は明示しない方針ですが、艦艇の建造など、多額の費用が必要になることが懸念されています。
この洋上配備の方針について、防衛省が実際の改修作業を行う製造元のアメリカ側に説明したところ、技術的には可能なものの、システムの大規模な改修が必要になり、「コストが膨大になるため、合理的ではない」という趣旨の指摘を受けていたことが政府関係者への取材で分かりました。
イージス・アショアのシステムは陸上配備を前提に設計されているため、波の影響に耐えられるよう設計を大幅に見直すといった対応が必要になることを念頭に置いた指摘とみられます。
ただ、防衛省は、イージス・アショアの配備断念の経緯を踏まえ、陸上への配備に地元の理解を得るのは極めて困難だとしていて、今後の代替策の検討をめぐっては費用面が大きな論点になる見通しです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012630141000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

検察庁法改正案、来年再提出 政府検討、特例規定の扱い焦点(23日)時事

政府は、検察官の定年規定を改める検察庁法改正案について、来年1月召集の通常国会に再提出する方向で検討に入った。安倍政権下の先の通常国会で廃案となったが、改めて成立を目指す。SNSなどで批判の上がった「幹部の定年延長」を特例で認める規定の扱いが焦点となる。

検察庁法改正、今国会断念 世論が反発、求心力低下必至―政府・与党

 上川陽子法相は16日の就任後初の記者会見で、改正案に関し「さまざまな意見を踏まえながら、関係省庁とも十分に協議した上で、再提出に向けて検討を進めたい」と述べた。
 改正案は検事総長を除く検察官の定年を現行の63歳から65歳に段階的に引き上げる内容。検事総長の定年は65歳のまま据え置く。一方、63歳に達すれば幹部から退く「役職定年」を設けた。
 問題となったのはこの役職定年。内閣が認めれば引き続き幹部ポストにとどまれるとする特例規定が盛り込まれていたからだ。特例を適用すれば時の政権が検察幹部を恣意(しい)的に登用し続けることも可能となる。
 安倍政権では黒川弘務東京高検検事長(当時)の定年が閣議決定により唐突に半年延長された。黒川氏は官房長官だった菅義偉首相に近く、延長は黒川氏を検事総長に昇格させる布石との見方も出ていた。
 こうした中、黒川氏の定年延長を事後的に特例で認めるかのような検察庁法改正案が提出され、SNSを含め反対の世論が拡大。最終的に安倍政権は成立を断念し、改正案は廃案となった経緯がある。
 法務省関係者は「再提出の中身が全く同じ内容では同じ結果になる」と語り、特例の削除は避けられないとの考えをにじませる。ただ、与党との調整はこれから。野党は次期衆院選をにらみ対決姿勢を示しており、政府・与党は世論の風向きを見極めながら慎重に検討を進めるとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092200394&g=soc

女性に詐欺電話…見破った同居のおい、カードを取りに来た韓国人を取り押さえ、警察に引き渡す/浦和署(23日)共同

埼玉県の浦和署は21日、詐欺未遂の疑いで、所沢市並木8丁目、韓国籍で無職の男(45)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、氏名不詳の者と共謀し、21日午後4時50分ごろ、さいたま市の女性(86)方においを名乗り「事業に失敗した」「お金が必要」「キャッシュカードを取りに行くから暗証番号を教えて」などと数回にわたり電話をかけ、女性からキャッシュカードをだまし取ろうとした疑い。
 同署によると、同居する女性のおい(46)が詐欺に気付いて110番、自宅にキャッシュカードを取りに来た男を取り押さえ、警察官に引き渡した。
 同署は男の認否を明らかにしていない。
https://www.47news.jp/localnews/5288656.html

小6男児流され意識不明、岐阜 木曽川で遊び中に(23日)共同

22日午後3時50分ごろ、岐阜県笠松町田代の木曽川で、川遊びをしていた小学6年の高島翔君(12)=同町長池=が流された。高島君は約25分後、流された地点からすぐ近くの川底に沈んでいるところを救助され、病院に搬送されたが意識不明の重体となった。
 岐阜羽島署や地元消防によると、高島君は友人の中学1年の男子生徒(13)と2人で川遊びに来ていた。高島君が先に川に入り、直後に流されたという。気付いた男子生徒が、付近を散歩していた男性に助けを求め、男性が119番した。当時、現場周辺の水深は約3.5メートルだった。
https://www.47news.jp/national/5287876.html

新型コロナ罰則付き、都民ファ条例案で物議 「感染させたら過料」条文粗く他会派冷ややか(23日)共同

新型コロナウイルス感染症対策として、東京都議会(定数127)の最大会派・都民ファーストの会(50人)が検討する罰則付き条例案が、物議を醸している。国会で強制力を持った法改正の議論が進まない中、感染者の行動制限や店舗への休業要請などに実効性を持たせることを狙うが、人権や営業の自由を制約することになり、異論は少なくない。年内の議員提案を目指すが、条文に粗さが目立つこともあって成立への道は視界不良だ。(松尾博史、岡本太、小倉貞俊、小野沢健太)
 「法では強制力や権限が十分ではない。条例で精いっぱいできることを書き込んだ」
 都民ファの伊藤悠政調会長代理は9日、記者会見を開き、条例案の内容を力説した。ポイントは、行政罰(5万円以下の過料)を科す項目だ。
(1)感染の疑いがある人が検査を拒否した場合
(2)療養中などの感染者が就業制限、外出自粛要請に反して他人に感染させた場合
(3)店舗などの事業者が、休業要請などに従わずに一定人数以上の感染者を出した場合―が対象で、いずれも全国初とうたう。
 背景には、基本的に要請ベースの感染症法や新型コロナ特措法への問題意識がある。「保健所が感染者の濃厚接触者に検査をお願いしても、受けてもらえない」「愛知県蒲郡市のパブで感染者男性が『ウイルスをばらまいてやる』と訪れた」などを例に挙げ、感染拡大で緊急事態宣言下だった4~5月の休業要請中に、営業していた飲食店などがあったことも理由とした。
 他会派や都側は冷ややかにみる。罰則を科すほどの危険性が明らかでないことや、(2)と(3)は「他人に感染させたことをどうやって証明するのか」といった、条例を適用する上で根本的な問題があるからだ。
 「強制力のない休業要請に罰則を科すなんてあり得ない」(自民都議)、「実効性という視点は分かるが、何でもやってよいわけではない」(立憲民主幹部)。協力関係にある公明からさえ、「乱暴。パフォーマンスだ」と厳しい指摘が上がる。複数の都幹部は「構成要件があいまいで、罰則は無理がある」「コメントのしようがない」と漏らした。
 こうした中、都は18日、現行の新型コロナ対策条例改正案を同日開会した都議会定例会に提出した。療養中の感染者が「みだりに外出しない」ことなどを、努力義務とするにとどめた。感染症法は感染者の人権尊重を基礎としており、特措法も「制限は必要最小限」と規定。厳しくするには都内だけの特殊事情があるかなどを慎重に判断する必要があり、「都はあくまで罰則は国に法改正を求める立場」(都幹部)をとっている。続きを読む

« 2020年9月22日 (火) | トップページ | 2020年9月24日 (木) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ