カテゴリー

« 2020年9月17日 (木) | トップページ | 2020年9月19日 (土) »

2020年9月18日 (金)

2020年9月18日 (金)

大麻摘発2261人で最多 上半期、覚醒剤密輸は減少(18日)産経

全国の警察が今年上半期(1~6月)に大麻の密売や所持で摘発したのは前年同期より183人多い2261人で、過去最多となったことが18日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。一方、新型コロナウイルス感染拡大で外国との往来が制限された影響で、覚醒剤密輸事件の摘発は61件少ない51件だった。
 警察庁によると、摘発された2261人を年代別でみると若年層の増加が顕著で、20代が220人増の1129人、20歳未満は150人増の428人で、全体の68・9%を占めた。中学生は4人、高校生87人、大学生116人だった。
 大麻摘発の増加傾向について、同庁は「覚醒剤に比べ抵抗感が希薄で、会員制交流サイト(SNS)を通じて入手する動きも広がっている」と分析した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200918/afr2009180021-n1.html

交通安全見守るシュン君に新制服 黄色地、小さな帽子も(18日)朝日

秋の交通安全県民運動を前に、佐賀県神埼市で「交通安全見守り犬」として活躍する「シュン君」に17日、新しい制服が贈られた。
 シュン君はミニチュアシュナウザーのオスで8歳。毎日、大好きな子どもたちの登下校を自宅近くの通学路などで見守っている。この日、神埼署に「出勤」したシュン君は、早速新しい制服を試着。黄色の生地に名前が入った制服を気に入った様子で、帽子を頭にちょこんと載せ、うれしそ

写真・図版

うに見えた。
拡大するシュン君がこれまで着ていた制服=2020年4月13日、佐賀県神埼市神埼町枝ケ里

 作ったのは県警本部警務課の江口若奈警部補。3年前にもシュン君に制服を贈っている。江口警部補は「どんどん街頭に立っていただいて、登下校中の子どもの見守りをつづけてほしい」と話していた。 飼い主の大坪都子さん(69)は「とってもかわいく作ってもらい、ありがたい。新しい制服を着たシュン君を見た子どもたちが、よろこぶ様子を想像すると楽しい」と話していた。(大村久)
https://www.asahi.com/articles/ASN9L3CGSN9KTTHB00K.html

上皇さま健康診断 上皇后さま術後の2回目の検査、宮内庁病院で(18日)TBS

上皇ご夫妻は18日、宮内庁病院で検査や健康診断を受けられました。
 上皇ご夫妻は、午前10時過ぎに皇居に入られました。乾門の前では、散歩に訪れていた保育園児がご夫妻を待ち受け、上皇さまは車の窓から身を乗り出すように手を振られていました。
 上皇后さまは、乳がんや白内障の手術後の経過をみるため、宮内庁病院で2回目の検査を受けられました。また、上皇さまは、午前中は生物学研究所でハゼの研究を行い、午後から宮内庁病院で健康診断を受けられました。
 上皇さまが健康診断を受けられるのは、3月に高輪に転居して以来、初めてです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4081330.html

「私立恵比寿中学」に「殺す」 逮捕の男「振り向いてほしく・・・」(18日)TBS

 アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバーに対して、SNS上に「殺す」などと書き込んだとして、55歳の男が警視庁に逮捕されました。
 脅迫の疑いで逮捕された埼玉県川口市の無職・高津辰明容疑者(55)は、今年8月、アイドルグループ「私立恵比寿中学」の星名美怜さんのインスタグラムに、「星名美怜を殺そう」などと書き込んだ疑いがもたれています。
 高津容疑者は取り調べに対し、「過激な投稿をして振り向いてほしかった」などと容疑を認めているということです。
 警視庁によりますと、高津容疑者は以前から“星名さんに危害を加える”といったメッセージをSNS上で1日に何百通も送っていたということで、星名さんが警視庁に被害届を出していました。また、高津容疑者は、所属事務所からコンサート会場への出入りを禁止されていたということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4081568.html

天皇皇后両陛下 活動終え帰国の青年海外協力隊の元隊員と懇談(18日)NHK

天皇皇后両陛下は、活動を終えて帰国した青年海外協力隊の元隊員らと懇談されました。

青年海外協力隊は、教育や農業といったさまざまな分野の技能を持った人たちを、発展途上国に派遣するボランティア事業です。
両陛下は18日午後、お住まいの赤坂御所で、この事業を行っているJICA=国際協力機構の北岡伸一理事長や元隊員ら、合わせて4人と1時間近くにわたって懇談されました。
元隊員の29歳の女性が、南太平洋のソロモン諸島でウミガメ保護のための啓発活動に取り組んだことを説明すると、両陛下は、うなずきながら熱心に話を聞かれていたということです。
また、ことし3月までブラジルの小学校で日本の文化や伝統を教えていた30歳の女性に対して「子どもたちは、どういうきっかけで日本に関心を持つのですか」と尋ねられたということです。
両陛下は、平成8年に上皇ご夫妻から受け継いで、派遣前の隊員をお住まいで激励するなど、隊員らと懇談する機会を繰り返し設けられています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012625791000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

外資系ネット証券会社 3万8000人余の個人情報流出 金融庁発表(18日)NHK

金融庁は、外資系のネット証券会社の「サクソバンク証券」の顧客、合わせて3万8000人余りの個人情報が、ことし7月、不正アクセスによって外部に漏れていたと発表しました。
漏えいしていたのは、顧客の氏名や生年月日、それに住所などで、会社が個人情報の管理を委託していた業者が不正アクセスの被害に遭ったということです。
サクソバンク証券によりますと、運転免許証やマイナンバーカードなど、本人確認書類の画像データの一部も流出したということで、このうち、マイナンバーが漏れた顧客は378人に上るということです。
このため金融庁は、サクソバンク証券に業務改善命令を出し、再発防止に加え、顧客への万全の対応を命じました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012625991000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

中3女子生徒行方不明 写真公開(18日)NHK

千葉県習志野市の中学3年の女子生徒が、今月10日に自宅を出たあと行方が分からなくなっていて、警察は情報提供を呼びかけるため女子生徒の写真などを公開し、行方を捜しています。
行方が分からなくなっているのは習志野市に住む中学3年の、齊田悠紀恵さん(14歳)です。
警察によりますと、今月10日の午後5時ごろ1人で自宅を出たあと午後10時になっても戻らず、母親が警察に届け出ました。
警察が防犯カメラの映像などを調べた結果、齊田さんは午後6時すぎに自宅の最寄り駅で電車に乗り、午後7時20分ごろに京成電鉄の日暮里駅で下車して、東口付近を1人で歩く様子が確認されたということです。
しかしその後、居場所の特定にはいたっておらず、警察は18日、情報提供を呼びかけるため写真などを公開しました。
齊田さんは身長が1メートル50センチほどでやせ形だということです。
また、外出した当時は黄色と茶色のボーダーの長そでのTシャツ、紺色のジーンズを着て、薄紫色のスニーカーをはいて、腰には灰色のパーカーを巻き、灰色のポーチを持っていたということです。
警察は齊田さんの行方を捜すとともに情報の提供を求めています。
情報の提供は習志野警察署「047ー474−1578」です。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20200918/1080012276.html

茨城家族殺傷犯は黒っぽいマスク 事件から1年で新証言、県警公開(18日)共同

茨城県境町の住宅で昨年9月23日未明、会社員小林光則さん=当時(48)=と妻のパート従業員美和さん=同(50)=が殺害された未解決事件から1年となるのを前に、県警は重軽傷を負った子ども2人の証言として、犯人は黒っぽいマスクと帽子を着用していたという情報を公開した。

 犯人は夫婦を2階の部屋で襲った後、2階の子ども部屋で長男(14)の手足を刺し、次女(12)にスプレーのようなものをかけた。子ども2人は、犯人は男で体格は中肉、黒っぽい長袖長ズボン姿、包丁様の鋭利な刃物1本を持っていたと証言。部屋の明かりがついた状態で襲われ、県警は犯人が電気をつけたとみている。
https://www.47news.jp/national/5274126.html

関西みらい銀行、偽造書類で融資 住宅ローン251億円(18日)共同

関西みらい銀行は18日、和歌山支店の一部行員が取引先の住宅販売会社の持ち込んだ住宅ローンの審査書類の偽造を知りながら融資を続けていたと発表した。2005年2月から19年10月までの間で、融資額は計251億円に上る可能性がある。住宅ローンの利用者に被害は生じていないとしている。
 住宅販売会社は住宅ローンを通りやすくするため顧客の勤務先を偽った資料や、収入を上乗せした書類などを持ち込んだ。一部の住宅ローン利用者は虚偽記載を認識していた。
 関西みらい銀は行員1人を8月末に懲戒解雇した。住宅販売会社に対する民事と刑事の法的措置を検討する。
https://www.47news.jp/national/5274118.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日 単位・レベル)
少年の強盗検挙者が増えている
 【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200918204001 Img_20200825_063527   とんでもない理由があるもんだ。東京・大田区で50代の女性からバッグをひったくったとして17歳の高校2年生と18歳のアルバイト少年の2人が警視庁に逮捕された。
 18歳の少年は「万引きした物を売って稼いでいたが、コロナの影響で店が閉店するなどして、やりづらくなった」と言い、さらに「金のためなら何でもやろうと思った」と供述して余罪もほのめかしているという。
 こうした刑法犯少年の検挙者が全体的に減っているが、なぜか強盗の検挙者が増えている。
 … … … … …                                     
 警察庁によると令和2年8月現在の刑法犯で検挙された少年は1万1677人で前年に比べて812人の減少。
 最も多い窃盗犯は6248人で同645人の減。ところが凶悪犯になると350人で同81人の増加。大きな要因は強盗が前年より78人も増えたことだ。
 その他では粗暴犯が2010人で同201人の減。知能犯が450人で同113人の減。風俗犯が245人で同62人の減とほとんどの罪種で減らしているのに強盗、つまり凶悪犯が増えるとは…
 それだけでも驚きだが、万引がやりづらくなったからひったくった―何を考えて生きているのか分からなくなってしまう。やはり、罰則の強化が必要のようだ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 
201912031_20200918204401  





【警報】「警視庁メール」によると、昼の時間帯に、ガス点検や消防点検を装って個別に訪問。玄関ドアを開けさせ、家の中に入り、現金などを奪う事犯
が発生しており注意を呼び掛けている。犯人は、事前に「これから点検に行きます。」と電話をしていることもあるという。

「ドコモ口座」不正引き出し“便乗詐欺” 新潟・上越市 (18日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080239.html

★市役所職員かたり・・・特殊詐欺グループの主犯格逮捕(17日)TBS
★持続化給付金詐取の疑い 千葉、24歳大学生を逮捕(16日)産経
★池田泉州銀の元行員逮捕 顧客預金500万円詐取容疑―大阪府警(16日)時事
★70代の女性からキャッシュカード詐取、特殊詐欺の受け子の男逮捕(17日)TBS
★「コロナで仕事なくなり」特殊詐欺未遂容疑で受け子逮捕(17日)産経
★持続化給付金詐欺被害は4億円か 名古屋の男ら3人再逮捕(17日)TBS
★コロナ貸付金詐取で元暴力団組員逮捕、チェック甘く不正受給相次ぐ(15日)TBS
★「コロナ対策で税金変わる」 詐欺未遂容疑で男逮捕 群馬 (15日)産経
★オレオレ詐欺で3000万円だまし取られる 神奈川 (15日)NHK
★給付金詐取疑い、3人を再逮捕へ 20代女性の申請代行か、愛知 (15日)共同
★捜査員の目の前で金受け取る、20歳の男逮捕(12日)TBS
★詐欺Gのアジト急襲で3人逮捕、80代女性から150万円詐取の直前 (11日)TBS
★【独自】「キャリアアップ助成金」詐欺、警視庁が元代表理事逮捕(10日)TBS
★旭琉会トップに賠償命令 那覇地裁、特殊詐欺で使用者責任 (10日)共同














 

あすから4連休 帰省前に自費でPCR検査受診する人相次ぐ 東京(18日)NHK

19日から4連休が始まりますが、都内のクリニックでは、帰省を前に自費でPCR検査を受診する人が相次いで訪れています。 東京 中央区にあるクリニックでは、ことし7月から希望する人には自費によるPCR検査を行っています。
費用はおよそ3万円で、検査件数は感染者数が増加した8月は1日当たり数十件まで増えたということですが、9月には数件程度まで減少していたということです。
一方、今週に入って帰省や旅行を控えた人からの申し込みが増え、1日に40件前後の検査を行っているということです。
17日も高齢者がいる実家に帰省するなどといった人が相次いで訪れ、医師が3割程度の見落としが発生しうる可能性を伝えたうえで検査を行っていました。
埼玉県へ帰省する予定だという30代の女性は「母が肺の病気を患っていることもあり、念のため受けに来ました。無症状で家族にうつしてしまったら悔やんでも悔やみきれません。偽陰性と言うこともあるので、陰性といわれたとしても感染対策はしっかりやっていきたい」と話していました。
クリニックの井内裕之院長は「旅行前に検査して陰性だったとしても、旅行先で感染してしまうことも考えられる。検査の限界もあり、陰性だったからといっても決して油断せず、感染対策を続けてほしい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624931000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

女子高校生を盗撮 我孫子市立中教諭を逮捕(18日)産経

商業施設内で女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、千葉県警流山署は18日、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで、同県我孫子市立中学校教諭の松下昂祐容疑者(26)=同県流山市野々下=を逮捕した。「スカートの中を撮りたかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、17日午後6時15分ごろ、流山市おおたかの森南の商業施設内で県内在住の女子高校生(17)の背後からスマートフォンを下に差し向けて、スカート内を撮影したとしている。
 同署によると、買い物客から「不審者がいる」と報告を受けた商業施設が110番通報。駆け付けた署員が松下容疑者のスマートフォンを調べたところ、撮影した画像が見つかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200918/afr2009180014-n1.html

息子の首絞めた父親を殺人未遂容疑で逮捕 栃木(18日)産経

息子の首を手で絞めて殺害しようとしたとして、栃木県警栃木署は18日、殺人未遂の疑いで、同県壬生町北小林の会社員、細井宏美容疑者(48)を逮捕した。細井容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は同日午前9時15分ごろ、自宅で同居する中学生の長男(13)の首を手で絞め、殺害しようとしたとしている。長男は命に別条なく軽傷。自宅から逃げ出した長男に頼まれた近所の住民が110番通報した。
 同署や県警捜査1課によると、細井容疑者は妻と長男との3人暮らし。同課によると、細井容疑者は「息子に障害があり、面倒を見るのに疲れていた」という趣旨の供述をしているといい、県警は詳しい経緯を調べている。

DV被害女性の情報を加害者の夫に送る 東京 世田谷区(18日)NHK

東京 世田谷区が3年前にDV=ドメスティックバイオレンスの被害を受けて別の自治体に引っ越した女性の住所が類推される書類を誤って加害者の夫に送っていたことが分かりました。今月は、目黒区でも同様の事案が明らかになっていて、DV被害者の情報管理の在り方が問われそうです。
世田谷区によりますと、3年前に夫からDVの被害を受けて区に相談を続けていた女性が、別の自治体に引っ越したあと、世田谷区が女性の国民健康保険の脱退手続きを行っていたところ、誤って医療費の返還を求める通知を加害者の夫の住所に送ってしまったということです。
この通知には、女性が引っ越したあとに受診した医療機関名が記されていて、その医療機関の名前の中に女性の住所が類推される駅名が入っていたということです。
女性のもとに夫から連絡が来たことから、女性が区に問い合わせて情報漏えいが発覚したということで、女性は住所が特定されるのを恐れて再び引っ越しをしたということです。
世田谷区は、通知を担当した部署が女性の状況を把握しておらず、確認も不十分だったとして女性に謝罪したということです。
また、この件を受けて担当部署では情報共有のためのマニュアルを作るなど再発防止に努めているとしています。
今月は、目黒区でもDVの被害を受けていた女性の住所が記載された書類が誤って加害者の男性に漏れていたことが明らかになっていて、相次ぐ加害者への情報漏えいに、DVの被害者の情報管理の在り方が問われそうです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624711000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

“偽りの自己都合退職” 行き場失う外国人技能実習生(18日)NHK

3時間にわたって会社の担当者に囲まれ書面にサインせざるを得なかった」。
ベトナム人の技能実習生のことばです。いま、支援団体には「自分から希望して退職したことにされ、行き場を失った」と助けを求める実習生が相次いでいます。新型コロナウイルスの影響でこれまで多くの問題が指摘されてきた制度のひずみが吹き出していると感じます。(社会部記者・大西由夏)

「意思確認書」迫られたサイン

ベトナム人の技能実習生、カオ・バン・ソンさん(27)は「ビルクリーニング」の技能を身につけるために、去年10月に来日し、東京都内の会社で働いていました。
会社の寮に住み、主にホテルでの業務を担当。ベトナムにいる高齢の両親に仕送りをしながら、仕事の合間に日本語の勉強に励む生活を送っていました。
しかし、ことし3月、新型コロナウイルスの影響でホテルでの仕事が激減。会社の寮で待機する日々が続き、5月には退職して寮を出るよう、会社に迫られたと言います。 
退職する際に会社にサインを求められたのが、「意思確認書」という書面です。
「実習を途中で中止して帰国すること」、「意思に反して帰国するものではないこと」などと記され、ソンさんがみずから希望して仕事を辞めることを念押しする内容です。
来日する手続きの費用などとしておよそ100万円の借金があったソンさんは、会社に働き続けたいと訴えました。しかし、3時間にわたって会社の担当者に囲まれ書面にサインせざるを得なかったと話します。
カオ・バン・ソンさん「本当に絶望しました。こんなにどうすればいいかわからないようなことは経験したことがありません。私の仕事が無くなったら、ベトナムの家族はどうやって生活していけばいいのかわかりません」

実習生の解雇実態 把握しきれず

続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

東京都 新型コロナ 新たに220人感染確認 200人超は9月12日以来(18日)NHK

東京都は、18日午後3時時点の速報値で、都内で新たに220人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が200人を超えるのは9月12日以来です。都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女あわせて220人です。
年代別では▽10歳未満が7人、▽10代が8人、▽20代が49人、▽30代が53人、▽40代が35人、▽50代が32人、▽60代が11人、▽70代が12人、▽80代が9人、▽90代が4人です。
1日の感染の確認が200人を超えるのは9月12日以来です。また、100人を超えるのは4日連続です。
これで都内で感染が確認されたのは合わせて2万3828人になりました。
一方、都の基準で集計した18日時点の重症の患者は17日より1人減って26人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624781000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

兵庫県 新型コロナ 新たに12人の感染確認 県内計2549人に15時43分

広島 福山市 新型コロナ 新たに1人感染 県内延べ475人に15時38分

沖縄県 新型コロナ 新たに12人の感染確認 県内計2322人に15時33分

新潟 新型コロナ 新たに1人の感染確認 県内計159人に14時11分

 

SNS「闇バイト」で強盗の21歳男逮捕 背後に犯罪集団か(18日)させて

大阪府藤井寺市の民家に押し入って住人女性(85)を粘着テープで縛り、現金や通帳などを奪ったとして、大阪府警が強盗容疑で堺市の無職の男(21)を逮捕したことが18日、捜査関係者への取材で分かった。女性の口座からは数百万円が引き出されていた。男はSNS(会員制交流サイト)で、違法行為の実行役をする「闇バイト」の募集に応じて犯行に及んだといい、府警は背後に犯罪集団がいるとみて調べている。
 捜査関係者などによると、10日午後4時ごろ、2人組の男が防火設備の点検と称して女性宅を訪問。家に上がり込むと「金を出せ」と女性を脅し、現金約2万円や通帳、キャッシュカードなどを奪った上、女性の手足を粘着テープで縛って逃走した。
 男らは女性から暗証番号を聞き出しており、口座からは数百万円が引き出されていた。女性は長男(51)と2人暮らしだが、事件当時は長男は不在。女性は自力でテープをほどき、大きなけがなどはなかった。府警が2人組の行方を追っていたところ、堺市の男が逃走先の沖縄の警察に出頭し、逮捕された。続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200918/afr2009180009-n1.html

官房長官「桜を見る会」再調査せず ジャパンライフ元会長逮捕(18日)NHK

加藤官房長官は、18日午前の記者会見で「警察において、全容の解明に向けた所要の捜査が進められると承知しており、それを見ていく。『ジャパンライフ』については、消費者庁が4回にわたり行政処分を行うなど、悪質商法に対する厳正な対処が行われてきた。制度面でも、消費者庁で消費者被害防止のための実効的な対策を検討している」と述べました。
そのうえで、記者団が、逮捕された元会長が顧客を勧誘する際に総理大臣主催の「桜を見る会」の招待状を示していたとされることが被害を拡大させたのではないかと指摘したの対し、「『桜を見る会』の特定の個人の参加の有無について、名簿が保存されていない。招待者、推薦元は個人情報であり、回答は控えている」と述べました。
また、再調査するかどうかについては、「名簿が保存されておらず、文書はもとより、電子ファイルも廃棄済みだ。個々の招待者について今から改めて調べても確たることを申し上げることはできない」と述べ、再調査は行わない考えを示しました。
また、加藤官房長官は、「ジャパンライフ」の宣伝にみずからの顔写真が使われていたことについて、「私の事務所から、同社に対して厳重な抗議をした」と述べました。

立民 安住国対委員長「菅首相は再調査を」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「『ジャパンライフ』の商法では、客を勧誘する時に『桜を見る会』の招待状が使われていた。私たち野党は、安倍前総理大臣の推薦枠で招待されたものではなかったかと追及してきている。その招待状が詐欺を生む大きなきっかけになったのであれば政府の責任は非常に大きく、菅総理大臣には再調査をお願いしたい」と述べました。

公明 斉藤幹事長「桜を見る会に元会長が招待は不適切」
公明党の斉藤幹事長は、記者会見で「ジャパンライフについては、昭和40年代からいわゆるマルチ商法との指摘を受けていたと聞いている。山口元会長が『桜を見る会』に招待されていたことは決して適切なことではない」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624561000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

二審も男性に無罪 覚せい剤事件「違法捜査疑い」―大阪高裁(18日)時事

覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反罪に問われた男性(58)の控訴審判決で、大阪高裁(長井秀典裁判長)は18日、無罪とした一審大阪地裁判決を支持し、検察側控訴を棄却した。

槇原敬之被告に有罪 「薬物への抵抗乏しい」―覚せい剤所持・東京地裁

 長井裁判長は、麻薬取締官が覚せい剤を現場に置いた可能性が払拭(ふっしょく)できず、「違法捜査の疑いが残る」とした一審判決に「不合理なところはない」と判断した。
 男性は2017年10月に大阪府内などで覚せい剤を使用したとして起訴された。
 公判で男性側は自宅から押収された覚せい剤入りの袋について、近畿厚生局麻薬取締部の麻薬取締官が持ち込んだと主張。大阪地裁は19年9月、陽性反応を示した尿鑑定結果を証拠から排除し、無罪を言い渡した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091800428&g=soc

ジャパンライフ14人逮捕 詐欺容疑、被害2100億円(18日)共同

磁気ネックレスなどの預託商法を展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京)が、債務超過の事実を隠して顧客から資金をだまし取ったとして、警視庁などの合同捜査本部は18日、詐欺の疑いで元会長山口隆祥容疑者(78)=東京都文京区、娘の元社長ひろみ容疑者(48)=群馬県太田市、元幹部ら計14人を逮捕した。

 合同捜査本部は、44都道府県の高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円を違法に集めたとみている。預託商法の被害としては2011年に破綻した安愚楽牧場の約4300億円に次ぐ規模。実態は自転車操業だったとみて全容解明を進める。
https://www.47news.jp/national/5271271.html

中学生にも SNSで出会った男逮捕…記憶あいまいで分からない(18日)共同

埼玉県の所沢署は17日、児童買春・ポルノ禁止法違反や大阪府青少年健全育成条例違反の容疑で、千葉県印西市原山1丁目、会社員の男(25)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は、4月12~13日、大阪市のホテルで、同市の女子中学生が18歳未満と知りながらわいせつな行為をした上、動画を撮影した疑い。
 同署によると、男は今月1日、東京都豊島区のホテルで県内の10代の少女にわいせつな行為をしたとして東京都青少年健全育成条例違反の容疑で逮捕され、持っていたスマートフォンから、大阪市の女子中学生の動画や会員制交流サイト(SNS)のやりとりが残されていた。男は少女たちといずれもSNSで知り合っていた。男は少女の事件は認めているが、大阪の事件は「記憶があいまいで分からない」と供述しているという。
https://www.47news.jp/localnews/5271189.html

運転免許証デジタル化 警察庁、年内に工程表作成(18日)日経

警察庁は運転免許証のデジタル化に向け、運用開始時期を含む工程表を年内にまとめる。小此木八郎国家公安委員長が17日の就任記者会見で「菅義偉首相から強い指示があった」と述べた。マイナンバーカードと一体化し、スマートフォンのアプリに保存することで偽造防止や利用者の利便性向上につなげる。個人情報の管理などが課題になる。
運転免許証のデジタル化は今年6月、当時官房長官だった菅首相が中心となって開催した政府のワーキンググループの初会合で検討課題に上った。
行政のデジタル化を推進するため、普及が遅れているマイナンバーカードの利便性向上が課題だ。その一環で運転免許証など様々な免許証や国家資格証をデジタル化し、マイナンバーカードと一本化することを関係省庁が検討している。
警察庁によると、運転免許証は2019年末時点で8215万人が保有する。マイナンバーカードは22年度までにほぼ全ての国民に交付するとの政府目標があるが、8月1日時点で普及率は2割弱にとどまる。免許証とマイナンバーカードをひも付けることができれば、カードの普及促進も期待できる。
警察庁は免許証をデジタル化してスマホなどのアプリに保存する形式を想定している。現状よりも免許証を偽造するのが難しくなり、悪用の防止につながる。スマホなどで住所変更手続きができるようになれば、引っ越し後に警察署に出向く必要がなくなる。警察庁は、警察の窓口業務の負担軽減にも寄与するとみている。
実現には、交通取り締まりの際に有効期限などを読み取るための端末を全国に配備したり、免許証発行に使用するシステムを更新したりする必要がある。免許証とマイナンバーのシステムをどう連結するかや、個人情報の漏洩を防ぐセキュリティー面の強化も課題になる。
マイナンバーカードの所持は義務付けられていない。マイナンバーカードの交付を望まない人やスマホを持っていない人もおり、警察庁はデジタル化の検討を進める一方、従来の免許証の発行は継続する考えだ。
小此木氏は会見で「サイバー空間は国民の生活に不可欠な基盤となっており、デジタル化の推進は、この内閣の重要政策だ」と強調した。
警察庁の担当者は「免許証のデジタル化は模索の初期段階」としたうえで、関係省庁と連携して行政手続きの効率化につなげるとしている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63991500X10C20A9CR8000/

「終生罪を償わせる」被告に無期懲役判決 粕屋町女性殺害で福岡地裁(18日)西日本

福岡県粕屋町で昨年7月、会社員の女性=当時(38)=を殺害したとして、殺人や死体遺棄、窃盗などの罪に問われた住所不定、無職古賀哲也被告(36)の裁判員裁判で、福岡地裁は17日、「再犯が強く懸念され、終生その罪を償わせるのが相当」とし、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決理由で岡崎忠之裁判長は、被告は乱暴目的で女性を物色し、現場を通りかかった被害者を狙ったと説明。逃げようとした被害者の首を2度絞めたなどとして「執拗(しつよう)に攻撃し、残忍で危険性が高く、身勝手極まりない犯行」と非難した。
 弁護側は被告が性依存症で、治療の継続で更生が可能と主張していた。岡崎裁判長は、被告が性犯罪事件での出所後約2年で今回の事件を起こしたことから常習性を認め、「治療に強制力はなく本人の意欲だけが頼り。家族などの支援が続くか疑問」と指摘した。
 岡崎裁判長は「被害者に思いを致し、どうすればよいのか真剣に考えてほしい」と説諭した。
 判決によると、古賀被告は昨年7月6日夜、粕屋町仲原で、殺意を持って、自転車で帰宅中だった女性の首を絞めて窒息死させ、川に投げて遺棄、財布などを持ち去った。(木村知寛)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/646018/

「ドコモ口座」不正引き出し“便乗詐欺” 新潟・上越市(18日)TBS

 新潟県上越市では、ドコモ口座を通じて預金が引き出されている問題に便乗した特殊詐欺事件が起きました。
 15日、上越市に住む80代の女性のもとに、「ドコモ口座の被害が出ている。あなたの口座も被害に遭っているので、キャッシュカードを受け取りに行く」などと電話がありました。その後、警察官をかたる男が自宅を訪れ、女性が目を離したすきにキャッシュカード2枚が盗まれたということです。女性は男に口座の暗証番号を伝えていて、口座からは28万7000円が引き出されていました。
 新潟県内ではこうしたドコモ口座の不正引き出し問題に便乗した特殊詐欺の予兆電話が相次いでいて、これまでに同じような電話が3件確認されているということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080239.html

知り合いや取引先を装った巧妙な偽メール「Emotet」の被害急増(18日)NHK

知り合いや取引先を装った巧妙な偽のメールを送りつけ、添付ファイルを開くと感染するコンピューターウイルス「Emotet」の被害が急増していて、今月4日には日本医師会の事務局のパソコンの感染も確認され、情報セキュリティーの専門機関が注意を呼びかけています。
「Emotet」は、メールの添付ファイルを開くなどして感染すると、連絡先などが盗み取られ、過去に知り合いや取引先などとやり取りした文書を引用してさらに偽のメールを広げるコンピューターウイルスで、去年からことしの初めにかけて猛威を振るいました。
情報セキュリティーの専門機関、「JPCERTコーディネーションセンター」によりますと、ウイルスはいったん収束を見せていましたが、ことし7月ごろから再び感染が確認されるようになり、今月は15日までに感染した国内のメールアドレスは5610件に上り、1か月間の件数としてはすでに過去最高となっています。
今月4日には日本医師会の事務局のパソコンの感染が確認され、医師会の職員が過去にやり取りした厚生労働省の職員などの名前で、関係先などに多数の偽のメールが送信されました。
新型コロナウイルスの影響でテレワークをする人が増える中、自宅の無線LANにつながった端末に感染を広げる新たなタイプも出てきているということで、JPCERTコーディネーションセンターは「メールが取引先や知り合いの名前からだったとしても、少しでも不審な点を感じた場合には添付ファイルは開かないようにしてほしい」と注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624041000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

「Go Toトラベル」東京発着の旅行 きょう正午から販売開始へ(18日)NHK

観光需要の喚起策「Go Toトラベル」で、来月から割り引きの対象に加わる東京を発着する旅行商品の販売が、18日の正午から始まります。

ことし7月に始まった「Go Toトラベル」の旅行代金の割り引きで、政府は対象から除外していた東京都内への旅行と、都内に住んでいる人の旅行を来月1日から加える方針です。
旅行会社や宿泊事業者は、割り引きを反映させた東京を発着する旅行商品の販売を18日の正午から始めることができます。
これを受けて、大手旅行会社の「JTB」や「エイチ・アイ・エス」「近畿日本ツーリスト」は、18日の正午から店舗の窓口やホームページで販売を始めることにしています。
ただ、仮に今後、都内の感染状況の警戒のレベルが引き上げられるなどした場合、政府は、東京発着の旅行を対象に加える時期の延期も検討する方針です。
その場合、旅行者がキャンセル料を支払わずにすむよう、対策をとることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624021000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

国内感染、新たに491人 死者、累計1500人超す―新型コロナ(18日)時事

 国内では17日、新たに491人の新型コロナウイルス感染者が確認された。死者は神奈川で5人、福島で2人など4県で計9人増え、累計で1503人となり、1500人を超えた。

<新型コロナウイルス 東京都の状況>

 東京都では、新たに171人の感染者が確認された。新規感染者が100人を超えるのは3日連続。
 都によると、20~40代が計108人で、全体の約6割を占めた。重症患者は27人で、前日から4人増えた。
 福島県では入院していた70代男性2人の死亡が確認され、県内初の死者となった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091700834&g=soc

オウム松本元死刑囚の遺骨次女に 家族対立、不服申し立てへ(18日)共同

2018年7月の死刑執行後、法務当局が保管しているオウム真理教の松本智津夫元死刑囚=執行時(63)、教祖名麻原彰晃=の遺骨と遺髪について、東京家裁が17日の審判で、松本元死刑囚の次女(39)に引き渡す決定をしたことが関係者への取材で分かった。
 元死刑囚が望んでいたとして、四女(31)が引き渡しを求め、他の家族と対立していた。四女は東京高裁に不服を申し立てる。
 関係者によると、松本元死刑囚は執行直前、係員が遺骨引き取り先の意向を尋ねた際に「四女」と答えたとされる。元死刑囚は元教団幹部の妻(62)との間に2男4女がいる。

https://www.47news.jp/national/5269751.html

「覚醒剤」実際は氷砂糖 大学生、購入そそのかした疑い(18日)朝日

SNSで覚醒剤の購入を呼びかけたとして、愛知県警は県内の20代男子大学生を麻薬特例法違反(あおり、そそのかし)の疑いで18日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。購入希望者には覚醒剤と色や形状が似た「氷砂糖」を送っていたとみられる。
 送検容疑は昨年11月ごろ、SNS上に覚醒剤を示す隠語や価格など、覚醒剤の購入をそそのかす投稿をしたというもの。容疑を認めているという。
 県警が今年8月に学生宅を捜索。覚醒剤は見つからず、氷砂糖などが入った小分け袋があったという。複数の人に販売していたとみられる。捜査関係者は「購入後にだまされたとわかっても捜査当局に相談しづらいことを利用したのではないか」と話している。(藤田大道)
https://www.asahi.com/articles/ASN9K73JWN9KOIPE00X.html

ジャパンライフ元会長ら逮捕へ オーナー商法、詐欺容疑(18日)朝日

家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)について、警視庁と愛知など5県警の合同捜査本部は18日にも、山口隆祥(たかよし)元会長(78)ら14人を詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。
 債務超過の事実を隠して客を勧誘した疑いがあるという。同社の負債総額は約2405億円。債権者は約7千人に上っており、捜査本部は事件の全容解明を目指す。
 捜査関係者によると、山口元会長らは同社が債務超過に陥っていた2017年後半に、元本保証や高い利息の支払いをするとうそをつき、顧客にレンタル用の磁気ベストや磁気ネックレスなどの「オーナー」になるよう勧誘し、現金をだまし取った疑いが持たれている。
 同社は1975年に設立。03年ごろから、顧客が購入した磁気商品を有料で貸し出すオーナー商法を全国で展開した。ただ、商品が契約数よりも実際には大幅に少ないことが発覚。顧客の解約を妨害するなど不適切行為もあり、17年末までに、消費者庁から一部業務停止などの処分を計4回受けた。17年末に倒産し、18年3月に東京地裁から破産開始決定を受けた。
 警視庁などは19年4月、特定商取引法違反(事実の不告知)容疑で12都県の同社の関係先33カ所を家宅捜索。財務資料を分析するなどして、経営実態を調べていた。
 同社をめぐっては、山口元会長が安倍晋三首相(当時)主催の15年の「桜を見る会」に招待されたとして、国会で話題になった。

オーナー商法とは

 高配当や元本保証を約束し、顧客に商品や権利などを売ってオーナーにしたと同時に預かり、別の人に貸すなどして配当を生む商売。「販売預託商法」とも呼ばれる。実際には商品を運用していなかったり、商品自体がなかったりする被害が後を絶たないが、企業が経営破綻(はたん)するまで表面化しにくい。消費者庁は今年5月、オーナー商法を原則禁じる方針を決定。来年の通常国会に特定商品預託法の改正案を提出する。
https://www.asahi.com/articles/ASN9K7WZ8N9KUTIL04Q.html?iref=comtop_8_02

« 2020年9月17日 (木) | トップページ | 2020年9月19日 (土) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ