カテゴリー

« 2020年9月16日 (水) | トップページ | 2020年9月18日 (金) »

2020年9月17日 (木)

2020年9月17日 (木)

誤標示に違反切符30件 兵庫県警、謝罪し反則金還付(17日)産経

兵庫県警は17日、交差点で直進が認められているのに右折専用の表示をするなど、誤った標示のある交差点が同県内に344カ所あったと発表した。誤った標示に基づき、平成27年からの過去5年間で、道交法(指定通行区分)違反の疑いで違反切符を30人に交付していたという。県警は対象者の違反を取り消した上で、反則金の還付などを行うとしている。
 路面標示は県警が公安委員会に上申し承認を得る必要があるが、そもそも公安委に諮っていなかったり、「直進と右折可」で承認されていたのに、路面標識には右折指示しか書かれていなかったりするケースがあった。道路改修の際に業者が間違えて塗り直し、県警が確認していなかったことなどが原因として考えられるが、詳しい経緯やいつから誤標示がなされていたかは不明。誤標示については順次是正の措置を取る。
 県警によると、7月に同県加古川市内の交差点で、本来直進が認められているのに路面標示で直進が禁止されていることが、住民からの問い合わせで発覚。このため県内の交差点4296カ所について県警が調査していた。
 県警交通規制課の落合大地課長は「関係者の方にご迷惑をおかけし、おわび申し上げる。適正な交通規制の実施に努める」とコメントした。
https://www.sankei.com/affairs/news/200917/afr2009170031-n1.html

宇都宮 女子高生切りつけ、警察が逃げた男の映像公開(17日)TBS

17日朝、宇都宮市内の駅で女子高校生が男に刃物で切りつけられた事件で、警察は逃げた男の映像を公開しました。
 17日午前8時20分ごろ、宇都宮市のJR岡本駅の女子トイレの個室で、県内の高校に通う女子生徒(16)が刃物を持った男に「騒いだら殺す。金を出せ」などと脅されました。女子生徒は抵抗した際にカッターナイフのようなもので右手の指を切られましたが、軽傷だということです。
 男はその場から逃走していて、警察は犯行直後に撮影された現場付近の防犯カメラの映像を公開しました。男は20代から30代とみられ、警察は強盗傷害事件として行方を追っています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080527.html

狭い路地をバックで迫る、100m“あおり”(17日)TBS

 これも一種のあおり運転かもしれません。後ろからではなく、前方からバックで迫ってくる車。一部始終をドライブレコーダーが捉えていました。
 住宅街の細い路地でバックで迫って来る白い乗用車。それに合わせて、ドライブレコーダーで撮影する車もバックで逃げます。これは先月28日、名古屋市瑞穂区でのできごとです。
 白い車は威嚇するように100メートルほどバックし、停車。右から追い抜こうとしますが、進路を妨害し、運転席からドライバーの男性が降りてきました。
 「おまえ!つきまとったろ!警察呼ぶぞ!警察」(男性)
 「子どもを迎えに・・・」(女性)
 「こっちに向かってきて、震えが止まらなかった」(後続車の女性)
 後ろの車を運転していた女性は男性と面識もトラブルの心当たりもないということで、警察が映像をもとに事情を調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080525.html

少女雇いマッチングアプリで客勧誘、歌舞伎町の“ぼったくりバー”摘発(17日)TBS

 17歳の少女を雇い、マッチングアプリを使って客を勧誘させ、上乗せした飲食代を請求していた新宿の歌舞伎町のバーが警視庁に摘発され、経営者の男ら5人が逮捕されました。
 児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、新宿区歌舞伎町にあるバー「Ark」の経営者の大当周容疑者(21)ら5人です。
 5人は去年12月、従業員として雇った当時17歳の少女になりすましてマッチングアプリを使い、少女と男性客(20代)を引きあわせたうえ、少女に客を店に誘わせ、酩酊した客に上乗せした飲食代を支払わせるなどさせた疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、5人は少女に従業員であることを隠しデートを装わせ、客を勧誘させていたということです。バーは、少なくとも去年8月からの7か月間に数千万円を売り上げていたとみられ、取り調べに対し、大当容疑者は容疑を否認しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080547.html

百十四銀行 去年の不正引き出し確認 計6回 被害額は計52万円余(17日)NHK

電子決済サービスを通じて、預貯金が不正に引き出される問題が相次ぐなか、高松市に本店を置く、百十四銀行は去年7月、電子決済サービスを通じて、顧客の預金から52万円余りが不正に引き出されていたことを明らかにしました。
百十四銀行によりますと、被害が確認されたのは1件の顧客の預金口座で、去年7月、電子決済サービスの「支払秘書」を通じて、6回にわたって不正に引き出され被害額は、合わせて52万1000円に上るということです。
「支払秘書」側から16日に連絡があり、調査した結果、被害が確認されたということで、補償については「支払秘書」側とともに対応を協議しているということです。
百十四銀行では、去年8月から、電子決済サービスで本人確認を2段階で行う仕組みを導入したということで、今回の被害はセキュリティー対策を強化する前に起きたとしています。
被害の確認を受けて、百十四銀行は「支払秘書」の新規の口座登録と、預金からの入金を17日午後7時から停止しました。
百十四銀行は、これまでに連携するドコモ口座については、不正利用は確認されていないとしたうえで、安全を最優先するため当面、新規の口座登録のほか、預金からの入金も停止する対応をとっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012623931000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

松本元死刑囚の遺骨、次女に 東京家裁が決定(17日)時事

2018年7月に死刑が執行されたオウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=当時(63)=の遺骨と遺髪について、東京家裁が17日の審判で、元死刑囚の次女を取得者とする決定をしたことが関係者の話で分かった。

〔写真特集〕日本震撼、オウム事件全史

 遺骨と遺髪は現在、東京拘置所で保管されている。引き取りをめぐっては、元死刑囚が指名したとされる四女と、他の家族が対立していた。四女側は東京高裁に不服を申し立てる方針。
 関係者によると、家裁は執行前の元死刑囚への面会回数などを踏まえ、次女を取得者とするのが相当と判断したとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091701156&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

福岡の女性殺害で無期懲役判決 「被害者の無念計り知れぬ」(17日)共同

福岡県粕屋町で昨年7月、女性会社員=当時(38)=を襲い殺害したなどとして、殺人や死体遺棄、窃盗などの罪に問われた住所不定無職古賀哲也被告(36)の裁判員裁判で、福岡地裁は17日、「被害者の無念は計り知れない。終生その罪を償わせるのが相当だ」とし、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 岡崎忠之裁判長は、性欲を満たそうとした犯行動機は身勝手極まりないと指摘。「何ら落ち度のない被害者が命を奪われ、人格や尊厳が傷つけられた。犯行結果は重大だ」と述べた。
 言い渡し後「本当の意味で償うことはできないかもしれないが、一生をかけて罪に向き合ってほしい」と説諭した。
https://www.47news.jp/national/5269944.html

タトゥー彫師の無罪確定へ 最高裁「医療行為に該当せず」(17日)共同

医師免許を持たずに客にタトゥー(入れ墨)を施したとして医師法違反の罪に問われ、二審大阪高裁で逆転無罪判決を受けた大阪府吹田市の彫師増田太輝さん(32)について、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は検察側の上告を棄却する決定をした。施術は医療行為に当たらないと判断した。決定は16日付。無罪が確定する。
 小法廷は決定理由で「医師法の規定は医療や保健指導を無資格者が行うことで生じる危険を防ぐためのものだ」とし、医療行為に該当するかどうかは施術者と相手との関係や具体的な状況、社会通念に照らして判断するべきだとした。
https://www.47news.jp/national/5270068.html

ごみの中から現金700万円  岐阜の廃棄物処理業者敷地で(17日)共同

 岐阜北署は17日、岐阜市の廃棄物処理業者の敷地に搬入されたごみの中から、現金約700万円が見つかったと発表した。業者が同署に拾得物として届けた。
 同署によると、業者が17日、一般家庭ごみや産業廃棄物の分別作業中に大量の1万円札を発見。紙幣は新札ではなく、何にも包まれていなかった。
 「現金の持ち主を特定するため」として、同署は発見時の詳細な状況を明らかにしていない。現金は3カ月間、署内で保管。持ち主が現れなかった場合、所有権は業者に移るという。
https://www.47news.jp/national/5270119.html

警視庁管内体感治安レベル2


首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル)
認知件数は減っているのだが…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200917204201 Img_20200901_062326  ドイツの貴金属ブランドの刻印を偽造、金地金を製造したとして49歳の男と中国人の男4人が商標法違反容疑で16日に千葉県警に逮捕された。金地金の刻印偽造の摘発は国内で初めてという。
 6月に偽造1万円札をインクジェットプリンターで印刷してコンビニでたばこを買ったとして19歳の少年ら4人が大阪府警に逮捕されるなど相変わらず偽造事件は続いている。
★偽ブランド品 輸入差し止め増加 コロナで模造品輸入も増加か(12日)NHK
★偽の五輪金メダル販売疑いで逮捕 54歳男、中国から輸入(3日)共同
★STU48の福引券偽造疑い 男2人を逮捕、広島(27日)産経
★収入減の女性に偽造小切手渡す(1日)TBS
★金庫の札束を模造紙幣とすり替え JA徳島北・元課長が5104万円着服(27日)共同
★偽書類使用疑い建築士逮捕 住宅11軒で不正か(24日)産経
 … … … … …
 警察庁によると令和2年8月現在の偽造事件の認知件数は1300件で前年同期より210件の減少。検挙人員は599人で65人減ってはいるものの50人の少年が含まれている。
 最も多かったのは文書偽造の874件で、前年より11件の減。検挙人員は524人いたが中に42人の少年が含まれていた。
 有価証券偽造は164件で同65件の減。通貨偽造が155件で同-77件、支払いカード偽造が74件で同-56件などと全てで減少している。上半期も認知件数が977件で前年より171件も減っており、今年は減少傾向は続いている。
 一方、財務省によると全国の税関がことし6月までに偽ブランド品として輸入を差し止めた件数は、1万5000件を超え3年ぶりだという。この現象について同省は、新型コロナウイルス禍で外出を控えるなどして、ネット通販利用者が多くなり模造品の輸入も増えているとみて注意を呼び掛けている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20200917204801
★持続化給付金詐取の疑い 千葉、24歳大学生を逮捕(16日)産経
★池田泉州銀の元行員逮捕 顧客預金500万円詐取容疑―大阪府警(16日)時事
★70代の女性からキャッシュカード詐取、特殊詐欺の受け子の男逮捕(17日)TBS
★「コロナで仕事なくなり」特殊詐欺未遂容疑で受け子逮捕(17日)産経
★持続化給付金詐欺被害は4億円か 名古屋の男ら3人再逮捕(17日)TBS
★コロナ貸付金詐取で元暴力団組員逮捕、チェック甘く不正受給相次ぐ(15日)TBS
★「コロナ対策で税金変わる」 詐欺未遂容疑で男逮捕 群馬 (15日)産経
★オレオレ詐欺で3000万円だまし取られる 神奈川 (15日)NHK
★給付金詐取疑い、3人を再逮捕へ 20代女性の申請代行か、愛知 (15日)共同
★捜査員の目の前で金受け取る、20歳の男逮捕(12日)TBS
★詐欺Gのアジト急襲で3人逮捕、80代女性から150万円詐取の直前 (11日)TBS
★【独自】「キャリアアップ助成金」詐欺、警視庁が元代表理事逮捕(10日)TBS
★旭琉会トップに賠償命令 那覇地裁、特殊詐欺で使用者責任 (10日)共同

ハンマー投げのハンマーあたり意識不明 高校の部活中(17日)朝日

 岩手県滝沢市の県立盛岡農業高校のグラウンドで16日午後4時30分ごろ、「ハンマー投げのハンマーが生徒の頭にあたった」と、陸上部マネジャーの女子生徒から119番通報があった。
 滝沢消防署によると、飛んできたハンマーが2年の男子生徒(16)の右前頭部にあたった。生徒は救急搬送された時に意識はなく、現在も治療中。近くにいた別の2年の男子生徒(17)もハンマーについていたワイヤ―や取っ手が首や唇にあたり、軽傷を負った。
 同校によると、けがをした2人はソフトテニス部の部員。事故当時、陸上部員がハンマー投げの練習をしており、2人は隣接するテニスコートで練習していた。ハンマー投げの練習場とテニスコートの間には約2メートルのフェンスがある。陸上部の顧問は職員会議があり、現場にはいなかったという。同校の千葉久副校長は「安全の徹底と再発防止に努める」としている。
https://www.asahi.com/articles/ASN9K5321N9JULUC039.html

「コロナで万引きやりづらく金のためなら何でも」ひったくり少年2人逮捕(17日)TBS

東京・大田区で50代の女性からバッグをひったくったとして、少年2人が警視庁に逮捕されました。動機について「コロナの影響で万引きがやりづらくなったから」と供述しているということです。
 窃盗の疑いで逮捕されたのは、神奈川県茅ヶ崎市のアルバイトの少年(18)と川崎市の高校2年の少年(17)の2人です。2人は今年4月20日の午後8時半頃、大田区の路上で歩いていた女性(50代)にバイクで近づき、現金5万円入りの財布などが入ったハンドバッグをひったくった疑いがもたれています。
 取り調べに対し、18歳の少年は「万引きした物を売って稼いでいたが、コロナの影響で店が閉店するなどして、やりづらくなった」「金のためなら何でもやろうと思った」と供述し、余罪もほのめかしているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080357.html

駆け込んだ交番でわいせつ被害に 警察官は不在 東京 葛飾区(17日)NHK

東京都内の路上で20代の女性がわいせつな被害に遭い、近くの交番に駆け込みましたが警察官が不在で、追いかけてきた男に、さらにわいせつな行為をされていたことが分かりました。
男は逃走し、警視庁は「当時の状況について検証している」としています。
捜査関係者によりますと16日未明、東京 葛飾区で20代の女性が路上を歩いていたところ、自転車に乗った若い男に「かわいいね」などと声をかけられて体を触られました。
女性は走って逃げ、近くの南水元交番に駆け込みましたが、追いかけてきた男に交番の中で、さらにわいせつな行為をされたということです。
当時、交番に警察官は不在で、女性が抵抗すると男はその場から逃走したということです。
警視庁は防犯カメラの映像を分析するなどして、男の行方を捜査しています。
交番は、事件の対応や地域の巡回などで時間帯によって警察官がいないケースがあり、警視庁は「事件について捜査を進めるとともに、当時の状況について現在、検証しております」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012623031000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

東京都 新型コロナ 新たに171人感染確認 100人超えは3日連続(17日)NHK

東京都は、17日午後3時時点の速報値で都内で新たに171人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が100人を超えるのは3日連続です。都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女合わせて171人です。年代別では、▽10歳未満が4人、▽10代が10人、▽20代が44人、▽30代が34人、▽40代が30人、▽50代が25人、▽60代が10人、▽70代が8人、▽80代が5人、▽90代が1人です。
都内で1日の感染の確認が100人を超えるのは3日連続です。
これで都内で感染が確認されたのは合わせて2万3608人になりました。
一方、都の基準で集計した17日時点の重症の患者は16日より4人増えて27人でした。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012622951000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

静岡 新型コロナ 新たに2人感染確認 県内延べ514人に15時43分

北海道 新型コロナ さらに1人の感染確認 道内延べ1910人に15時20分

山口県 新型コロナ 新たに1人感染確認 県内延べ195人に14時28分

少女延べ300人と接触か 買春罪起訴の元大阪府課長(17日)共同

18歳未満の少女に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、4件の児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の罪で起訴された元大阪府文化課長、橋本貴仁被告(52)=兵庫県川西市、4日付で懲戒免職=のスマートフォンに、延べ約300人の少女らと接触した形跡が残っていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。
 大阪、京都、兵庫など関西圏の少女らで、大阪府警はいずれも買春目的だったとみている。橋本被告はうち約160人と実際に会い、40人程度と性交したと供述した。被害者の中には、新型コロナウイルスによる休校で時間ができ、応じてしまったと話す少女もいた。

https://www.47news.jp/national/5268448.html

強盗「コロナで勤務先閉店」 名古屋の郵便局、24歳男起訴(17日)共同

名古屋市中区の郵便局で現金221万円が奪われるなどした強盗致傷事件で逮捕、送検された住所不定、無職吉原悠佑容疑者(24)が「(事件直前)住み込みで働いていた店が新型コロナウイルスの影響で閉店した」と供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。生活苦から事件に及んだとみられる。
 名古屋地検は17日、強盗致傷と銃刀法違反の罪で吉原容疑者を起訴した。
 捜査関係者などによると、吉原被告は三重県四日市市の建設会社を辞めて、名古屋市内の飲食店で住み込みで働くようになったが、直後に閉店したとみられる。周囲には「店長をすることになった」と話していたという。
https://www.47news.jp/national/5267498.html

JR駅付近のトイレで10代女性が男に切られ負傷 宇都宮(17日)産経

17日午前8時20分ごろ、宇都宮市下岡本町のJR岡本駅西口にあるトイレ付近で、栃木県内在住の女性(16)が、若い男に刃物で右手のひらを切られた。男は逃走し、県警宇都宮東署は強盗傷害事件として男の行方を追っている。
 同署によると、男はカッターナイフのようなものを女性に見せて「金目の物を出せ」と脅し、女性の右手のひらを切りつけた後、何も奪わずに走って現場から逃走したという。女性から話を聞いた駅員が110番通報した。女性は病院に運ばれたが、軽傷という。
 同署は付近の防犯カメラの映像を解析するなどして男の行方を追うとともに、安全メールを配信して周辺住民に注意を呼び掛けている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200917/afr2009170009-n1.html

京都の逃走ワゴン車事故 ひき逃げ容疑で男2人逮捕(17日)産経

京都市左京区で6月、パトカーから逃走したワゴン車が起こした事故で、京都府警は17日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、京都市北区紫野西蓮台野町の無職、森友哉(21)と同市山科区西野小柳町の会社員、中村滉成(22)の両容疑者を逮捕した。2人は走行中に運転を交代していたとみられるため、府警は2人とも逮捕。いずれも「覚えていない」などと容疑を否認している。
 逮捕容疑は6月21日午後6時25分ごろ、京都市東山区常盤町の府道で、ワゴン車を運転中、自転車に乗った自営業の女性(55)=大阪市中央区=をはね、腰などを打撲する軽傷を負わせ、そのまま逃走したとしている。
 この事故の直前にワゴン車が右折禁止違反をしたため、パトカーが追跡。さらにこの事故後に同市左京区の交差点でタクシーに衝突する別の事故を起こしていた。森容疑者が右腕を骨折する重傷を負っていたため、回復を待って逮捕したという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200917/afr2009170011-n1.html

遺体は埼玉県の男性調理師 静岡・伊東の海岸(17日)産経

静岡県警伊東署は17日、伊東市の崖下の海で見つかった男性の遺体について、埼玉県富士見市羽沢、調理師、伊藤広茂さん(49)と特定したと明らかにした。同署によると、1人で釣りに来ていたといい、崖から転落したとみて調べている。
 16日、崖に釣り道具が置き去りになっていると110番があり、崖下で遺体が見つかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200917/afr2009170013-n1.html

最高裁も河井克行被告の保釈認めず 4回目の請求で(17日)産経

最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は、昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた元法相で衆院議員、河井克行被告(57)の保釈を認めないことを不服とする被告側の特別抗告を棄却する決定をした。15日付。4回目の保釈請求を退けた東京地裁決定が確定した。5裁判官全員一致の結論。
 地裁は10日に4回目の保釈請求を却下。克行被告側は抗告したが翌11日に東京高裁に棄却され、最高裁に特別抗告していた。
 妻の参院議員、案里被告(46)側もこれまで保釈請求を3回しているが、いずれも退けられている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200917/afr2009170005-n1.html

「松橋事件」で再審無罪確定の男性、国と熊本県を提訴(17日)朝日

 1985年に熊本県内で男性が殺害された「松橋(まつばせ)事件」をめぐり、昨年3月に殺人罪について再審無罪が確定した宮田浩喜(こうき)さん(87)が17日、国と熊本県を相手取り、約8500万円の損害賠償などを求める国家賠償請求訴訟を熊本地裁に起こした。弁護団は訴訟を通して、捜査や証拠の取り扱いの違法性を明らかにしたいとしている。
 宮田さんは捜査段階で犯行を「自白」したが、一審途中から否認。無罪を主張して最高裁まで争ったものの有罪となり、約10年間服役した。宮田さんの弁護団は97年、検察側が開示した証拠の中から、宮田さんが取り調べで「犯行後に燃やした」と供述していたシャツの布を見つけた。ほかの新証拠とともに再審請求し、2019年3月、熊本地裁で無罪が確定した。
 再審では、高齢の宮田さんの体調などを考慮し迅速な審理が優先されたため、新証拠は提出されず、自白調書も調べられなかった。そのため、自白の任意性や捜査機関による証拠の取り扱いなど冤罪(えんざい)に至った経緯は明らかにされなかった。
 訴状では、起訴後の捜査で見つかったシャツの布を、検察が証拠として裁判所に提出しなかったことは「証拠隠し」に当たり、違法だと主張。熊本県警が宮田さんに対し、ほぼ連日長時間の執拗(しつよう)な取り調べを続けて自白させ、当時の証拠収集状況に合うように自白を誘導したとして、取り調べが違法だと訴えている。(井岡諒)
https://www.asahi.com/articles/ASN9K3FGPN9JTLVB00Z.html

市役所職員かたり・・・特殊詐欺グループの主犯格逮捕(17日)TBS

 市役所の職員をかたって医療費の還付金があるなどと嘘をつき、金をだまし取っていた特殊詐欺グループの主犯格とみられる男が警視庁に逮捕されました。
 電子計算機使用詐欺などの疑いで逮捕された職業不詳の伊藤定晴容疑者(36)は2018年1月、すでに逮捕されている別の男らとともに福島県内に住む60代の女性に市役所職員を装って電話をかけ「医療費の還付金があります。ATMで手続きができます」などとうそを言い、現金45万円をだまし取った疑いがもたれています。
 伊藤容疑者は取り調べに対し黙秘しています。
 伊藤容疑者は、同様の手口で金をだまし取る特殊詐欺グループの主犯格とみられていて、警視庁は余罪についても捜査しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4079949.htm

大阪府警、特殊詐欺で寸劇動画 独自ヒーローで撲滅狙う(17日)共同

新型コロナウイルスの感染拡大で防犯などの啓発イベントができない状況を受け、大阪府警枚岡署は、特殊詐欺の手口を紹介する寸劇を動画投稿サイト「ユーチューブ」の府警公式チャンネルで公開している。被害の防止を呼び掛けるのは、署のオリジナルヒーロー「特殊詐欺撲滅戦士イエローカードマン」だ。
 昨年10月に誕生し、住宅の郵便受けなどに貼れる「特殊詐欺お断り!!」と書かれた黄色いシール「イエローカード」を街に広めるのが主な任務となっている。
 今年2月までに約20回、地元のイベントや高齢者の集まるカラオケ教室などに登場してきた。しかし、3月以降は活動縮小を余儀なくされた。
https://www.47news.jp/national/5267677.html

大麻吸引「リラックスするため」 伊勢谷容疑者が供述(17日)共同

警視庁組織犯罪対策5課は17日、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が、大麻について「リラックスするために吸っていた」と供述していることを明らかにした。常習的に吸引していたとみて、使用実態を調べている。
 組対5課によると、伊勢谷容疑者は具体的な方法も供述し、乾燥大麻を手で砕いて、たばこの葉と混ぜ、巻き紙に包んで吸っていたと説明しているという。同課はアルミホイルで自作したパイプと、大麻とたばこを混ぜる器として使っていた貝殻を押収した。
 入手ルートについては話しておらず、同課は携帯電話の解析などを通じ引き続き調べる。
https://www.47news.jp/national/5267956.html

茨城で夫刺され死亡、妻を逮捕 土浦市、殺人未遂容疑(17日)共同

17日午前0時45分ごろ、茨城県土浦市の住宅で、この家に住む会社役員池田淳さん(41)が刃物で刺されたと110番があった。土浦署は、池田さんを刺した殺人未遂容疑で、妻で会社員の純子容疑者(43)を現行犯逮捕した。池田さんは搬送先の病院で死亡。殺人容疑に切り替えて調べる。
 土浦署によると、純子容疑者は刺したことは認めているが「殺そうとしたわけではありません」と殺意は否認している。
 逮捕容疑は17日午前0時半ごろ、同居する淳さんと飲酒中に口論になり、自宅にあった包丁で腹を刺した疑い。
 署によると、110番したのは別の家に住む純子容疑者の母親。
https://www.47news.jp/national/5267989.html

運転免許証のデジタル化を推進へ 国家公安委員長「首相の指示」(17日)共同

小此木八郎国家公安委員長は17日の就任記者会見で、運転免許証のデジタル化を推進すると表明した。「菅義偉首相から強い指示があった」としている。政府は6月、マイナンバー制度を活用して行政デジタル化を進める作業部会の初会合を開き、運転免許証などのデジタル化の検討を始めている。警察庁は年内に、運用開始時期を含めた工程表をまとめるという。
 小此木氏は「デジタル化の推進は、この内閣の重要政策だ」と強調した。
 今後、交通取り締まり現場で、有効期限などを確認するための読み取り端末を整備する必要がある。免許証とマイナンバーのシステムをどう連結するのかも課題となる。
https://www.47news.jp/national/5268055.html

70代の女性からキャッシュカード詐取、特殊詐欺の受け子の男逮捕(17日)TBS

東京・町田市に住む70代の女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、特殊詐欺の受け子の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、住居不定・無職の加藤速人容疑者(25)で、先月24日、詐欺グループの他の仲間と、町田市に住む70代の女性に「あなた名義の口座からお金が不正に引き出されている。キャッシュカードを止める手続きをします」などとうその電話をかけ、女性のキャッシュカード4枚をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、加藤容疑者はSNSで知り合った男から特殊詐欺の「受け子」の仕事に誘われたということで、取り調べに対し加藤容疑者は、「生活費が欲しくてやった」と供述しているということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4079659.html

「コロナで仕事なくなり」特殊詐欺未遂容疑で受け子逮捕(17日)産経

高齢女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、奈良県警奈良西署などは16日、詐欺未遂の疑いで、大阪府東大阪市の無職男(22)を逮捕した。男は塗装業の下請け職人として働いていたが、新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなったといい、「新型コロナで収入がなくなり、ツイッターで仕事を探した」と供述し容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、共謀し16日午後1時25分ごろ、奈良市内の無職女性(90)方に警察官を名乗って「あなたの口座から不正出金されている」と電話。その後、女性宅を訪れてキャッシュカードをだまし取ろうとしたとしている。男は受け子とみられている。
 同署によると、親族に相談した女性は署に通報。女性宅付近では同日午後に警察官をかたる不審電話が相次いでおり、捜査員が警戒中、駅と女性宅を何度も往復する不審な男を発見。職務質問したところ犯行の具体的内容を供述し容疑を認めたため、逮捕した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200916/afr2009160038-n1.html

持続化給付金詐欺被害は4億円か 名古屋の男ら3人再逮捕(17日)TBS

知人女性の名義で新型コロナ対策の給付金をだまし取った疑いで、名古屋の男ら3人が再逮捕されました。だまし取った給付金は、4億円にのぼるとみられています。
 再逮捕されたのは、名古屋市中区の会社役員・守屋涼斗容疑者(26)や北区の無職・藤井暉大容疑者(25)ら3人です。
 3人はことし6月、藤井容疑者の知人で愛知県内に住む20代女性の名義で国にうその申請をし、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。取り調べに対し守屋容疑者は「詐欺だと思っていません」と容疑を否認し、残る2人は容疑を認めているということです。
 3人は、虚偽の申請で持続化給付金をだまし取った疑いで、先月、逮捕されていましたが、名古屋地検が16日、処分保留にしました。警察は、だまし取った給付金が総額4億円にのぼるとみて捜査しています。
 愛知県警には「持続化給付金を不正受給してしまった」という相談が、15日までに178件寄せられています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4080035.html

一日署長に謎解きクリエイター松丸亮吾さん、謎解きで交通安全呼びかけ(17日)TBS

来週から始まる秋の全国交通安全運動を前に、謎解きクイズなどで知られるタレントの松丸亮吾さんが警視庁上野警察署の「一日署長」として交通安全を呼びかけました。
 「『そこ』が走ることを、『とこ』が学校に行くことを表すとき、『こつ』が表す言葉は?」(松丸亮吾さん)
 「交通?」
 「正解!」(松丸亮吾さん)
 16日、警視庁上野警察署の一日署長に就任したタレントの松丸亮吾さんは、得意の謎解きを使って交通安全を呼びかけました。
 「小さいときに自転車で転んで事故を起こしかけ、事故の怖さは身をもって知っている。1回(事故が)起きたら、それで命取りになっちゃうかもしれないので、常に念頭に置いていてほしい、自分事だと思ってほしいですね」(松丸亮吾さん)
 警視庁は今後、松丸さんが考えた交通安全に関する謎解きクイズを「YouTube警視庁チャンネル」で配信することにしています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4079953.html

「あなたも被害に…」ドコモ口座 便乗の特殊詐欺相次ぐ 新潟(17日)NHK

ドコモ口座を通じた預貯金の不正引き出し問題に乗じ、「あなたの口座も被害に遭っている」と、うその電話をかけてキャッシュカードなどをだまし取ろうとする特殊詐欺の手口が、新潟県内で相次いでいることが分かりました。14日に80代の女性が、この手口で口座から現金を引き出される被害も出ていて、警察が注意を呼びかけています。
警察によりますと、14日、上越市に住む80代の女性の自宅に、警察官を名乗る男から「上越市内でドコモ口座の不正引き出しの被害が出ている。あなたの口座も被害に遭っているので、これからキャッシュカードを受け取りに行く」と、うその電話がありました。
女性は自宅を訪れた男にカードを渡すと、封筒に入れるとともに印鑑も持ってくるよう指示されました。
その後、男から「今度また取りに来る」と、カードの入った封筒を渡されましたが、別のカードとすり替えられていたということです。
女性が家族に相談し口座を確認したところ、すでに28万円余りが引き出されていたということで、警察は特殊詐欺事件として捜査しています。
警察には、ドコモ口座の不正引き出し問題に乗じキャッシュカードを要求したり、暗証番号を聞き出そうとしたりする不審な電話についての通報が、新潟県内で、このほかに3件寄せられているということで、警察はこうした電話には絶対に応じないよう呼びかけています。

四国銀行と高知銀行 電子決済による入金停止へ

ゆうちょ銀行が連携する電子決済サービスを通じて、不正に貯金が引き出されていた問題を受けて、高知市に本店を置く四国銀行と高知銀行は、安全性を確保するためとして17日から電子決済サービスへの入金を停止することを決めました。
ゆうちょ銀行はドコモ口座など、12の電子決済サービスと連携していますが、これまでにサービスを通じて1811万円の貯金が不正に引き出されていたことが確認されています。
これを受けて四国銀行は、PayPayや楽天Edyなど、連携する7つの決済サービスすべてについて17日午前0時以降、預金から入金できなくします。
高知銀行もLINE Payやメルペイなど、連携する4つのサービスすべてで17日午前9時から入金を停止します。
これと合わせて両行は、決済サービスへの口座の新規登録も17日から停止するとしています。
両行とも、これまでに被害は確認されていませんが、顧客の安全性を確保するための措置だとしていて、身に覚えのない口座の取り引きがあった場合は、近くの営業店に連絡するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200916/k10012621661000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_014

プラごみ 違法輸出など国際犯罪が急増 中国の受け入れ規制で(17日)NHK

プラスチックごみの受け入れを中国が規制した影響で、世界各国で処理や保管が難しくなりごみが、どこから出たかを隠して違法に輸出するなどの国際犯罪が急増していることがわかりました。インターポール=国際刑事警察機構が警戒を強めています。
プラスチックごみは、おととしから中国が国外からの受け入れを厳しく規制した影響で、先進国を中心に保管する量が増え処理が難しくなっています。
インターポールが加盟国の捜査情報などをもとに、プラスチックごみに関する犯罪を調べたところ、おととし以降、違法な輸出や受け入れが急増していることが分かりました。
この中では、ごみの出どころを隠したうえで東南アジアや東ヨーロッパに輸出したり、アジアの違法なリサイクル施設がヨーロッパからごみを持ち込み不正な利益を得たりするケースが確認されたということです。
さらに、偽造された許可証などを使った違法な焼却や埋め立ても相次いでいるということです。
こうした実態についてインターポールで報告書の取りまとめにあたったパトリシア・グローレイさんは「犯罪をなくし、環境を守るためには各国の捜査機関が情報共有を進めていく必要がある」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012622071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

「心強い体制」と期待 加藤拉致相、被害者家族に電話で決意(17日)時事

菅新内閣が発足し、加藤勝信官房長官の拉致問題担当相の兼務が決まったことを受け、北朝鮮による拉致被害者やその家族からは16日、「心強い体制だ」「しっかりと取り組んでほしい」と、こう着状態の打開に期待する声が上がった。

解決へ「一刻も早く行動を」 菅自民新総裁に拉致被害者家族ら

 横田めぐみさん=失跡当時(13)=の母早紀江さん(84)は、同日午後に加藤氏から電話があったことを明らかにした。早紀江さんは「一瞬誰か分からず、びっくりした」と驚いた様子で、「『一生懸命頑張ります』とおっしゃっていた。取り戻すために力を合わせて良い方法を見つけてほしい」と期待を寄せた。
 田口八重子さん=同(22)=の兄で「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の飯塚繁雄代表(82)も「(加藤氏から)電話があった。『やります』とはっきり言っていたので期待したい」と述べた。市川修一さん=同(23)=の兄健一さん(75)は「加藤氏は過去にも拉致問題担当相の経験がある。新体制になっても心強い」と評価した。
 拉致被害者の蓮池薫さん(62)は新潟県柏崎市を通じ、「具体的な行動がいつあるのか、期待を持って見守りたい」とのコメントを発表した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091601150&g=soc

偽シャネルマスク所持疑いで逮捕 コロナに便乗か、愛知県警(17日)共同

高級ブランド「シャネル」の偽のマスクを販売目的で所持したとして、愛知県警一宮署などは16日、商標法違反(商標権侵害)の疑いで、同県豊田市西中山町、美容サロン経営山内綾容疑者(39)を現行犯逮捕した。同署によると、「生活のためにやった。コロナでマスクが売れると思った」と容疑を認めている。
 偽のマスクはフリーマーケットサイトに2999円で出品していたという。山内容疑者の経営するサロンからはミシンや無地のマスクのほか、シャネルに類似したロゴの転写シールも押収。同署は山内容疑者が5月ごろからマスクを自作し、サイトで販売していたとみて詳しい経緯を調べている。
https://www.47news.jp/national/5265737.html

上川法相「再提出検討」 定年延長の検察庁法改正案(17日)共同

上川陽子法相は16日夜の就任記者会見で、通常国会でいったん廃案となった、検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案について「改正部分にさまざまな意見があったと承知している。それを踏まえ、関係省庁と協議し、再提出に向けて検討したい」と語った。通常国会に提出した改正案は、国民から大きな批判を浴びた経緯があり、修正を図った上で再提出を目指すとみられる。
 黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題を受け、森雅子前法相が設置した「法務・検察行政刷新会議」に関しては「できる限り早期に議論の結果を示せるよう努力したい」とした。
https://www.47news.jp/national/5266142.html

時短解除も客足戻らず 都心の酒場、新首相誕生にも(17日)共同

東京都が新型コロナウイルス対策として23区内で酒類を提供する飲食店やカラオケ店に続けてきた午後10時閉店の時短営業要請が15日で終了し都内全域で16日から通常営業が再開された。だが都内では同日も163人の感染者が出る状況が続き菅義偉首相の誕生当日でも都心の居酒屋ににぎわいは見られない。「客足が戻るとは思えない」。店主らの苦悩は続く。
 サラリーマンらが多い東京・新橋。「まだ客足が戻らないので、通常メニューの量には戻せない。食品ロスになってしまう」と焼き鳥店を営む山科昌彦さん(45)がこぼした。常連客には16日から午後11時までの通常営業に戻すと連絡した。
https://www.47news.jp/national/5266085.html

« 2020年9月16日 (水) | トップページ | 2020年9月18日 (金) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ