カテゴリー

« 2020年9月 9日 (水) | トップページ | 2020年9月11日 (金) »

2020年9月10日 (木)

2020年9月10日 (木)

消防点検装い高齢者宅に強盗 首都圏で同様事件(10日)産経

消防点検を装ってマンションの一室に侵入し、住人の男性(90)を縛って現金を奪ったなどとして、警視庁捜査1課は10日、強盗傷害容疑などで、神奈川県横須賀市日の出町、自称造園業、川端好(たか)展(ひろ)容疑者(25)を逮捕した。調べに黙秘している。
 捜査1課によると、川端容疑者は「消防の者です。点検に来ました」とインターホン越しに伝えて室内に侵入した。8月下旬以降、首都圏でガスや電気の点検を装う強盗事件が5件相次いでおり、警視庁などは関連を調べる方針だ。
 逮捕容疑は8月30日午後1時半ごろ、東京都新宿区新小川町のマンションの一室に消防点検を装って侵入し、住人の男性の顔を殴って包丁を突きつけ「金を出せ。殺すぞ」などと脅迫。粘着テープで男性の両手足を縛り、約3万円とキャッシュカードを奪ったとしている。男性はあばら骨を折るなど1カ月のけがだった。

https://www.sankei.com/affairs/news/200910/afr2009100017-n1.html

高齢女性から150万円詐取未遂 「かけ子」容疑で男3人逮捕(10日)産経

高齢の女性から現金150万円をだまし取ろうとしたとして、警視庁捜査2課は詐欺未遂の疑いで埼玉県和光市白子の職業不詳、浅井侑容疑者(33)ら男3人を逮捕した。いずれも特殊詐欺グループで電話をかける役割の「かけ子」とみられ、黙秘している。
 逮捕容疑は9日、静岡市の80代の女性に息子を装って「かばんが盗まれた」などと嘘の電話をかけて、150万円をだまし取ろうとしたとしている。
 浅井容疑者のほか逮捕されたのは、いずれも住居・職業不詳の落合優馬(29)、林義真(32)の両容疑者。捜査2課によると、3人は東京都練馬区のマンションの一室で電話をかけていたとみられ、押収した携帯電話の通話履歴などから関与が浮上した。
 同課によると、かばんの盗難をかたったオレオレ詐欺は全国で約300件、約5億円の被害が確認されており、浅井容疑者らのグループとの関連を調べる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200910/afr2009100016-n1.html

熊谷連続殺人事件、無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却(10日)TBS

埼玉県熊谷市で6人を殺害したなどとして殺人などの罪に問われたペルー人の被告の裁判で、最高裁は被告側の上告を棄却する決定をしました。一審の死刑を破棄し、無期懲役とした二審の判決が確定することになります。
 ペルー人のナカダ ルデナ バイロン ジョナタン被告(35)は2015年9月、埼玉県熊谷市で小学生を含む6人を殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われました。
 裁判では統合失調症だった被告の責任能力が争点となり、一審、裁判員裁判のさいたま地裁は責任能力を認めて死刑を言い渡しましたが、二審の東京高裁は、「犯行時は心神耗弱の状態だった」などとして一審判決を破棄し、無期懲役の判決を言い渡しました。被告側は無罪を主張して上告していましたが、最高裁は9日付で被告側の上告を棄却する決定をしました。これにより、二審の無期懲役の判決が確定することになります。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4075112.html

シャインマスカットが狙われる!~相次ぐ高級ぶどう盗難の訳~(10日)NHK

皮ごと食べられて、さわやかな甘さが人気の高級ぶどう「シャインマスカット」。旬を迎え、まさに出荷しようとしたその矢先に盗まれる被害が相次いでいます。シャインマスカットは一体どこへ消えてしまったのでしょうか。(ネットワーク報道部記者 大石理恵 馬渕安代 小倉真依/前橋放送局記者 岩澤歩加)

防犯カメラが捉えた不審な人物

8月24日、群馬県太田市の農園で、シャインマスカットおよそ50房が枝からとられてなくなっているのが見つかりました。枝にはハサミで切り取られたような跡が。 そのわずか6日前、この農園の防犯カメラにこんな映像が記録されていました。フード付きの服を着ているようにみえる不審な人物が畑に出入りする様子が写っています。
これは別の品種のぶどう畑に設置したカメラの映像で、6房か7房が盗まれたとみられるということです。心を込めて育ててきたぶどうを収穫前に相次いで盗まれた生産者は。
中里陽介さん「ぶどうは1日2日でなるわけではなく、時間をかけてつくっています。簡単にたった1日で持っていかれて、怒りがこみ上げます」心を込めて育ててきたぶどうを収穫前に相次いで盗まれた生産者は。

4万2000円相当が

 4万2000円相当が
一方、床にシャインマスカットなどがずらりと並べられたこの場所、販売店ではなく警察署の道場です。
9日、長野県須坂市のぶどう畑からシャインマスカット22房を含む31房のぶどう、およそ4万2000円相当を盗んだ疑いで新潟県の68歳の男が逮捕されました。
このほか、山梨市のぶどう畑でも、8月、シャインマスカットおよそ50房が盗まれていて、収穫を迎えるこの時期、各地で被害が相次いでいます。
続きを読む


8月の自殺者 大幅増加で1800人超 コロナ影響か分析へ(10日)NHK

8月、全国で自殺した人は合わせて1849人で、去年の同じ時期より240人以上増えたことが分かりました。国は新型コロナウイルスの感染拡大の影響がないか、分析を進める方針です。
警察庁によりますと、8月全国で自殺した人は速報値で1849人で、去年の同じ時期に比べて246人、率にして15.3%増加しました。
このうち、男性は60人増えて1199人、女性は186人増えて650人となっています。
都道府県別では、▽東京都が最も多く、去年の同じ時期より65人増えて210人、
次いで▽愛知県が46人増えて119人、▽神奈川県が27人増えて109人、▽千葉県が47人増えて107人、▽埼玉県が41人増えて105人となりました。
厚生労働省は、「自殺者の数が増加傾向に転じたかどうかは現時点で断定できないものの重く受け止めている」として、新型コロナウイルスの感染拡大が自殺者の増加に影響していないか詳しく分析を進める方針です。
あわせて、8月開設した相談窓口などを紹介する特設サイトについても広く利用を呼びかけています。
また、加藤厚生労働大臣は「生きづらさを感じている方々へ」と題した緊急のメッセージを発表しました。
この中では、「新型コロナウイルスの影響で今後の生活に不安を感じている方も多いのではないかと思います。ひとりで悩みを抱え込まずに身近な人に相談し、周りにいないときには自治体の相談窓口などに不安やつらい気持ちを伝えてください」などと呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012611691000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

「外出しない」、努力義務に コロナ感染者、条例改正へ―東京都(10日)時事

東京都は10日、新型コロナウイルス対策条例を改正し、感染者は医療機関や宿泊施設、自宅で療養し、「みだりに外出しない」との努力義務を課す方針を決めた。事業者に対し、「まん延を防止するために必要な調査に協力する」ことも求める。
 都は同日、条例改正案をホームページに掲載し、意見募集を始めた。15日まで受け付けた上で、18日開会の都議会定例会に提出する。小池百合子知事は10日の記者会見で「今後の感染再拡大を見据え、対策の実効性を高める必要がある」と述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091001226&g=soc

秋田銀の元行員を逮捕 300万円詐欺などの容疑(10日)共同

秋田銀行の普通預金口座を不正に開設して現金300万円をだまし取ったなどとして、秋田臨港署と秋田県警捜査2課は10日、詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益仮装)の疑いで、秋田市の同行元行員で、女の容疑者(36)を逮捕した。

(全文 637 文字 / 残り 527 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20200910AK0044/

ラブホテル敷地で女性経営者変死 71歳、殺人容疑で群馬県警捜査(10日)共同

10日午前9時50分ごろ、前橋市富士見町皆沢のラブホテル「ポエム」の男性客から「女性が出血して倒れている」と110番があった。警察官が駆け付けると、ホテル内の事務所に住む経営者、堀越つる子さん(71)が、ホテル建物の外で血を流してうつぶせで倒れており、病院に運ばれたが死亡した。群馬県警は殺人事件として捜査本部を設置した。
 群馬県警によると、堀越さんは左肩の背中側に刺し傷があった。ホテルは、一棟ずつ分かれている客室が、中庭を囲むように並ぶ形式。全部で14棟あり、客室として使われていたのは8棟。警察官が駆け付けた際、ホテルには3組6人の利用客がいた。
https://www.47news.jp/national/5242546.html

福井の住宅で女子高生が死亡 上半身に複数の刺し傷、県警捜査(10日)共同

10日午前0時10分ごろ、福井市内の住宅で「娘が倒れていて動かない」と父親から110番があった。福井南署によると、駆け付けた同署員が、住宅の室内で女子高生の娘が死亡しているのを確認した。捜査関係者によると、女子高生の上半身には複数の刺し傷があり、福井県警は、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査を始めた。
 福井南署によると、女子高生の遺体が発見されたのは福井市内にある2階建て住宅の室内。遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、家族や知人から話を聞き、詳しい状況を調べている。
 現場は福井市郊外の田畑が広がる地域。
https://www.47news.jp/national/5242571.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル)
厳罰化だけで良いのか
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200910210901 Img_20200904_054238-2   9日に開かれた法政審議会で18歳と19歳の犯罪少年の厳罰化が承認された。
 これまでは、18、19歳の少年事件は検察が家裁にすべて送致し、殺人や傷害致死など重大事件は検察に逆送されていたが、答申では逆送の対象を強盗や強制性交に拡大する。そして、これまでは実名報道がなかったが、検察に逆送後に起訴されれば実名報道になる。
 これらの厳罰化は勿論、犯罪抑止に繋がることには間違いないだろう。
 それでは少年犯罪は多いのか少なくなっているのかの推移をみてみよう。
 警察庁によると昭和24年の検挙人員の10万人当たりの人口比は10.5。以後、増減を繰り返し昭和の時代で57年と58年が18.8と最も高く、平成に入ると元年は13.8。平成も増減を繰り返して令和元年は2.9と過去70年間で最も低い数字となっている。
 このように少年犯罪は減少傾向にあり、厳罰化の対象の殺人や強盗、強制性交など凶悪犯も平成24年には836人の検挙があったが、同29年には438人となった。そして令和元年は457人と過去10年間で2番目に少なかった。
 問題の年齢をみると15歳から19歳の年齢別検挙及び補導人員で、最も多かったのは16歳の4422人。これに17歳の3791人、18歳の3252人、19歳の3178人、15歳の3086人と続く。
 このような状態で18、19歳の厳罰化は理解できるとして、半数以上の15~17歳と15歳以下の刑罰には何の変わりはなく抑止対策はどうなるのか。
 特に今回は将来、刑罰法令に触れる恐れがあってしかも保護者の監督などに服しない「ぐはん少年」は含まれない。単に18歳に引き下げるだけでは中途半端としか言えない。
 年齢引き下げは民法に合わせて当然だが、問題は刑を終えた後の再犯防止策とぐはん少年対策も合わせてさらなる抑止策を講ずるべきだろう。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

詐欺Gのアジト急襲で3人逮捕、80代女性から150万円詐取の直前 (11日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4075110.htm
【独自】「キャリアアップ助成金」詐欺、警視庁が元代表理事逮捕(10日)TBS

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4073695.html

★旭琉会トップに賠償命令 那覇地裁、特殊詐欺で使用者責任 (10日)共同
★被害4億円超か コロナ給付金詐欺容疑で男2人逮捕 (9日)産経
★川崎市の70代女性からカード5枚盗む 容疑の男再逮捕 (8日)産経
★第三者への相談で気付く 特殊詐欺防いだ4割、即見破れず (4日)共同
★埼玉の78歳男性、650万円詐欺被害(4日)産経
★目の前でカード切りだます 350万円被害、札幌 (1日)産経
★定額給付金でなりすまし詐欺 急造システム、確認に穴か(31日)日経
★定額給付金でなりすまし詐欺 急造システム、確認に穴 (30日)日経
★さいたま市・大宮の商店街で女子高校生が特殊詐欺被害防止を訴える放送 (29日)TBS
★「そんな金融機関知らない」…国際ロマンス詐欺防ぐ 郵便局員お手柄(29日)西日本
★キャッシュカード 偽物とすり替え詐取、逮捕の男「コロナで仕事減り・・・」 (29日)TBS

10代少女にわいせつ疑い 33歳男逮捕、静岡(10日)産経

静岡県警富士署は10日、10代の少女にわいせつな行為をしたとして、強制性交の疑いで、県東部に住む会社員の男(33)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。
 同署によると、男は少女と少女の母親の3人で同居していた。母親が署に相談し、発覚した。
 逮捕容疑は、県東部地区で今年8月、少女にわいせつな行為をしたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200910/afr2009100005-n1.html

埼玉・川越で車6台が絡む事故 1人死亡、男女4人重軽傷(10日)TBS

 9日午前、埼玉県川越市で車6台が絡む事故が起き、軽乗用車を運転していた74歳の男性が死亡し、男女4人が重軽傷を負いました。
 9日午前11時ごろ、埼玉県川越市の市道で軽乗用車と乗用車が衝突する事故がありました。この事故の弾みで走行中の乗用車2台が衝突したほか、駐車中の車2台も事故に巻き込まれ、あわせて車6台が絡む事故となりました。
 この事故で、軽乗用車を運転していた近くに住む嶋田敏彦さん(74)が病院に運ばれましたが、その後、死亡。嶋田さんの車に乗っていた67歳の妻など男女4人も重軽傷を負いました。
 現場は信号機がないT字路の交差点で、警察は事故当時の状況や原因などを詳しく調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4074430.html

【独自】東京都外への移動自粛も解除へ、「GoToトラベル」東京も追加へ(10日)TBS

東京都は10日、新型コロナウィルスの感染状況の警戒レベルを1段階下げる方針です。さらに、都外への移動自粛要請についても解除する方向で専門家の意見を踏まえ判断する方針です。
 都内の感染状況の警戒レベルは2か月近く4段階のうち、最も深刻な段階が維持されてきましたが、関係者によりますと感染者数が減少傾向にあることから、10日午後のモニタリング会議では警戒レベルが1段階、引き下げられる方向です。
 また、都はこれまで帰省や都外への移動の自粛を求めてきましたが、これについても、10日、専門家の意見を踏まえたうえで解除する方向で最終判断する方針です。
 また、東京都は政府の観光振興策「GoToトラベル」キャンペーンの対象から除外されていますが、政府は来月1日から東京都を対象に追加する方向で検討していることが関係者への取材で分かりました。10日の都のモニタリング会議の結果を踏まえたうえで、11日に開かれる政府の分科会で審議し判断するということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4074683.html

大相撲 玉ノ井部屋で新たに18人 新型コロナ集団で感染(10日)NHK

東京 足立区にある大相撲の玉ノ井部屋で、十両の富士東など、力士合わせて18人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに分かりました。この部屋の感染者は、合わせて19人となりました。
日本相撲協会によりますと、東京 足立区にある玉ノ井部屋では、今月5日に幕下以下の力士1人の感染が明らかになり、10日までに部屋の関係者合わせて32人が検査を受けたところ、十両の富士東と幕下以下の力士の合わせて18人が、新たに陽性と判定されたということです。
この部屋での感染者は合わせて19人となり、このうち12人が医療機関に入院していて、いずれも軽症だということです。
残りの7人は症状がなく、現在、部屋の中で隔離されているということです。
玉ノ井部屋は、元大関・栃東の玉ノ井親方が師匠を務め、相撲協会のホームページによりますと、力士28人など合わせて34人の協会員が所属しています。
玉ノ井部屋では力士全員が、今月13日に初日を迎える秋場所を休場する予定です。
日本相撲協会は「今後も感染防止策をより一層徹底して実施し、感染拡大防止に努めます。ほかの部屋の力士は、体調管理を万全に行い本場所に備えます」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012610461000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

死亡事故、10~12月に増加 21日から全国交通安全運動(10日)共同

警察庁が2015~19年の5年間に全国で起きた交通死亡事故を分析したところ、10~12月の3カ月間に発生件数が増加していることが10日、分かった。日没前後1時間の「薄暮時間帯」での発生割合もこの3カ月間が高く、担当者は「日没が早まり、見通しの悪い時間帯が帰宅などと重なる。ドライバーは早めのライト点灯を心掛けてほしい」と呼び掛けている。
 各都道府県警は21~30日、秋の全国交通安全運動を実施。夕暮れ時の事故防止の他、自転車や高齢者の安全運転、飲酒運転の防止などを運動の重点とする。
https://www.47news.jp/national/5241054.html

電磁記録不正作出容疑視野に捜査 「ドコモ口座」で警察当局(10日)共同

NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預金引き出しが相次いでいる問題で、警察当局が私電磁的記録不正作出や電子計算機使用詐欺容疑などの適用を視野に捜査を始めたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。各地の警察には銀行や引き出された人からの被害相談が寄せられている。
 捜査関係者によると、不正入手した他人の個人情報を使って銀行口座とひも付けした場合は、私電磁的記録不正作出容疑に当たり、他人の銀行口座情報などを無断使用して預金を引き出した場合は、電子計算機使用詐欺容疑が適用される可能性があるという。
https://www.47news.jp/national/5241601.html

ボーガンの規制へ検討会を設置  警察庁、年内に報告書(10日)共同

ボーガンが凶器として使われる事件が続発したことを受け、警察庁は10日、規制について議論する有識者検討会の設置を決めた。23日に初会合があり、年内にまとめる報告書に基づいて、同庁が具体的な対策を決める。
 警察庁によると、検討会はスポーツなどを目的としたボーガンの適正な利用や普及を図る団体関係者や法律の専門家など7人で構成。悪用を防ぐため、法規制も含めて所持や使用、保管の在り方を話し合う。会合は年末までに計4回開く予定。
 ボーガンは銃刀法による規制の対象外で、各自治体に委ねられている状態だ。8月末現在、23県が条例で18歳未満への販売を禁じている。
https://www.47news.jp/national/5241065.html

自動運転バス 実証実験中に事故(10日)NHK

大津市が一般の乗客を乗せて実証走行実験を行っていた自動運転のバスが先月、歩道の柵に接触する事故を起こしていたことが分かりました。
乗客などにけがはありませんでしたが、市は実証実験を中断し、事故の原因を調べています。

大津市によりますと、先月30日午後2時半すぎ、大津市の市道で自動運転の中型バスが歩道の柵に接触しました。
当時、バスは自動運転の実証走行実験を行っていて、一般の乗客や緊急時にブレーキなどを操作する運転手らあわせて6人が乗っていましたが、けがはありませんでした。
大津市によりますと、道路を右折しようとした際、ふだんよりも大回りになっていたことに気づいた運転手が手動操作に切り替えてブレーキを踏みましたが、バスの前方にあるセンサーの部分と歩道の柵がぶつかったということです。
自動運転バスの実証実験は、来年度以降の実用化を目指して今月27日まで行われる予定でしたが、事故を受けて大津市は実験を中断し、事故の原因を詳しく調べています。
また、実証実験については、安全対策をとったうえで再開したいとしています。
大津市地域交通政策課は「バスを利用していた方々に大変なご迷惑をおかけしたことをおわびしたい。事故が起きたことを真摯(しんし)に受け止め、安全対策をしていく」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20200909/2060005743.html

わいせつ写真送らせた疑い 札幌の男逮捕、中学生に(10日)産経

女子中学生にわいせつな写真を送らせたとして、和歌山県警橋本署は9日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、札幌市豊平区平岸4条、アルバイト、藤島伸至容疑者(33)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年11月19日、和歌山県内の女子中学生=当時(13)=にタブレット端末のカメラ機能で下半身を露出した写真1枚を撮影させ、送信させた上でパソコンに保存したとしている。
 署によると、藤島容疑者はツイッターで女子中学生と知り合い、親しくなった。やりとりを見た中学生の母親から相談を受け、捜査していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200909/afr2009090052-n1.html

少女に裸画像送らせた疑い 神奈川の海上自衛官逮捕(10日)産経

宮城県警石巻署は9日、女子中学生に裸の画像をスマートフォンに送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、海上自衛隊厚木航空基地に所属の自衛官、青田萌容疑者(22)=神奈川県大和市=を逮捕した。
 逮捕容疑は今年2月、宮城県沿岸に住む当時14歳の女子中学生が18歳未満と知りながら、裸の画像を自分で撮らせ、複数回にわたりスマートフォンに送らせたとしている。
 石巻署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合い、メッセージをやりとりしていた。面識はなかった。被害者が同署に相談に訪れ、発覚した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200909/afr2009090051-n1.html

【独自】「キャリアアップ助成金」詐欺、警視庁が元代表理事逮捕(10日)TBS

 非正規労働者の待遇改善を推進するための厚生労働省の「キャリアアップ助成金」をだまし取った疑いで、障害者の就労を支援する施設の元代表理事の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは東京・杉並区の障害者の就労支援施設、「ワークみらい」の元代表理事、吉本健治容疑者(54)です。
 吉本容疑者は2017年2月から9月にかけて、自身が代表理事を務めていた「ワークみらい」で、非正規労働をしていた男女5人を正社員にしたとするうその申請書を厚生労働省に提出し、キャリアアップ助成金としてあわせて300万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、助成金の申請に使われた5人は吉本容疑者が当時経営していた別の自動車販売会社の従業員や知人だったということです。吉本容疑者は容疑を否認しているということですが、警視庁は、吉本容疑者が数年間にわたって助成金を不正受給していたとみて捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4073695.html

【独自】東京都、警戒レベル1段階引き下げ方針 営業時短要請も解除へ(10日)TBS

 新型コロナウイルスについて、東京都の専門家チームが感染状況の警戒レベルを現在の最も深刻な段階から1段階引き下げる方針を固めたことがわかりました。東京都は23区内の飲食店などへの営業時間の短縮要請を解除する方針です。
 東京都の感染状況の警戒レベルは現在4段階で最も深刻な段階の「感染が拡大している」になっていて、2か月近くこの段階が維持されています。ただ、1週間平均の感染者数は8月5日の346人をピークに減少に転じていて、9日時点では148人と、警戒レベルが引き上げられた際の参考値となった7月13日時点の168人を下回っています。
 こうした状況を受け、都の専門家チームが警戒レベルを「再拡大に警戒が必要」との段階に1段階引き下げる方針を固め、10日のモニタリング会議に示す方向で最終調整していることが関係者への取材でわかりました。これにあわせ東京都は、23区内の酒を提供する飲食店とカラオケ店に対する午後10時までの営業時間の短縮要請についても解除する方向で最終調整を進めています。
 東京都は10日の対策本部会議で正式に決めることにしていて、小池知事が臨時の記者会見を開き説明します。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4074036.html

IOCバッハ会長「東京五輪は安全な環境下でのみ開催」(10日)NHK

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は東京オリンピックについて、今後数週間で新型コロナウイルスの感染防止策を集中的に議論するとしたうえで開催の条件についてはすべての関係者が安全な環境下でのみ大会を行うとする従来の見解を改めて強調しました。
IOCは9日、オンラインで理事会を行い、その後、バッハ会長が会見を行いました。
このなかで東京オリンピックについて「今後数週間で新型コロナウイルス対策のさまざまなシナリオについて重要かつ集中的な協議を行う」と述べ、大会の準備状況を確認する調整委員会が今月24日から行われることを念頭に、ウイルス対策の議論を集中的に進めていく考えを明らかにしました。
一方、大会の開催の条件についてはIOCの副会長を務めるコーツ調整委員長が今月、フランスの通信社の取材に対し「新型コロナウイルスがあろうとなかろうと大会は来年7月23日に開幕する」と発言していましたが、バッハ会長はこの日の会見で「すべての関係者にとって安全な環境で来年夏の大会を開催するという原則を引き続き守る」と述べ、安全な環境が開催の条件とする従来の見解を改めて強調しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012610231000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

押収大麻は40回分 伊勢谷容疑者、常習か―警視庁(10日)時事

俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が自宅で大麻を所持したとして逮捕された事件で、自宅から押収された大麻は約40回分の使用量に当たるとみられることが10日、捜査関係者への取材で分かった。

「大麻、自分が吸うため」 伊勢谷容疑者、所持認める―違法性も認識・警視庁

 警視庁は同日午前、伊勢谷容疑者を送検。常習的に大麻を使用していたとみて、入手経路などを調べる。
 伊勢谷容疑者は8日午後、東京都目黒区の自宅マンションで乾燥大麻1袋(7.8グラム)を所持したとして、大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕された。「大麻は自分が吸うために持っていた」と容疑を認めているという。
 捜査関係者によると、自宅リビングにある机の中から大麻のような物質が入った袋が四つ見つかった。このうち一つが鑑定で大麻と判明した。
 警視庁は残りの袋三つについても、大麻かどうか鑑定を進めている。仮に全てが大麻だった場合、四つで計20.3グラムとなり、通常の1回分の使用量(0.5グラム)に換算すると約40回分に当たる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091000178&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

旭琉会トップに賠償命令 那覇地裁、特殊詐欺で使用者責任(10日)共同

指定暴力団旭琉会三代目富永一家の組員が関与する特殊詐欺グループに現金をだまし取られたとして、県内在住の被害者2人が旭琉会花城松一会長代行に計1034万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、那覇地裁(山口和宏裁判長)は9日、花城氏に対し、被害者に317万円を支払うよう命じた。花城氏に暴力団対策法上の「使用者責任」を認めた。特殊詐欺事件について、指定暴力団トップの使用者責任が認定されるのは県内初。弁護団は「暴力団の資金源になっている特殊詐欺の抑止につながれば」と強調した。

 判決によると被害者2人は2017年6月、警察官や金融庁職員に成り済ました「かけ子」の男からの電話を受け、「受け子」の男にキャッシュカードをだまし取られた。三代目富永一家の組員がかけ子や受け子を指示して、被害者からカードの暗証番号を聞き、現金自動預払機(ATM)から計262万円を引き出させたという。
 山口裁判長は、犯行について「原告らの不安な心理状態を利用した卑劣かつ狡猾なものといえる」と指摘。組員が所属する三代目富永一家の事実上のトップである花城氏について、被害者2人に対して暴対法上の「損害賠償義務を負う」と判示した。
 沖縄弁護士会の有志21人が参加した弁護団の団長を務めた、宮里猛弁護士は「暴力団の資金源になっている特殊詐欺事件で、司法が使用者責任を認めたことに意義がある」と指摘。「特殊詐欺は高齢者をターゲットにした卑劣な犯罪だ。被害者の方には、泣き寝入りすることなく恐れずに立ち向かってほしい」と話した。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1188608.html

コロナ給付金不正で5億円取得か 那覇の税理士 虚偽申請1800件(10日)共同

新型コロナウイルスの影響で減収した個人事業主らが対象の「持続化給付金」を不正に受け取ったとして、沖縄県警の聴取を受けている税理士の男ら2人が、合計で1800件の虚偽申請に関与した疑いがあることが関係者への取材で分かった。2人は手数料や着手金名目で給付額の3割程度を申請名義人から徴収し、5億円規模の額を不正に得ていたとみられる。
関係者によると那覇市に事務所を構える税理士の男とその知人は、事業実績のない人々に対して虚偽の確定申告などの書類を用意させ、給付手続きを進めていた。ある企業の従業員一人一人をそれぞれ独立した事業主と見立てて書面を作成し、多額の現金を不正に得ていた疑いもある。
 県警は今月3日、税理士の男の事務所など複数の関係先を家宅捜索し証拠書類を押収。男2人から事情聴取をしている。詐欺容疑での立件を視野に関与した人物と指示系統、不正に得た現金の流れなどを捜査している。
 県警にはこれまで持続化給付金の不正受給に関する相談や情報提供が寄せられており、関連についても並行して調べている。
[ことば]
 持続化給付金 新型コロナウイルスの影響で収入が半減した中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金を給付する制度。雇用契約ではなく、業務委託契約等を主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者は対象になる場合があり、学生のアルバイトや主婦のパート、ネットへの出品による売上を雑収入として確定申告する人は受給対象者と見なしていない。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/629911

地下鉄ではねられ死亡  大阪・御堂筋線、13歳少年か(10日)共同

9日午後9時15分ごろ、大阪メトロ御堂筋線の長居(大阪市住吉区)―西田辺(同市阿倍野区)間で、なかもず発千里中央行きの電車に男性がはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。大阪メトロによると13歳の少年とみられる。乗客約260人にけがはなかった。
 長居駅から約500メートル離れた地下のトンネル線路上にいるのを運転士が発見。非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。長居駅の防犯カメラには、1人でホームから線路に立ち入る姿が写っていた。住吉署が詳しい状況を調べるとともに身元確認を急いでいる。
 上下計20本がいずれも約1時間半遅れ、約8万人に影響した。
https://www.47news.jp/national/5239816.html

« 2020年9月 9日 (水) | トップページ | 2020年9月11日 (金) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ