カテゴリー

« 皇族方に主だったご予定はなし 皇室17~23日(17日)朝日 | トップページ | 石原元都知事が靖国参拝「首相と天皇陛下は参拝を」(17日)産経 »

2020年8月17日 (月)

飲食店など「はしご」で感染拡大 クラスター分析(17日)日経

新型コロナウイルスを巡り、各地で発生しているクラスター(感染者集団)。国立感染症研究所が発表した事例集では、複数店をはしご利用する客や症状があっても勤務する従業員などが感染を次々と広げていった実態が明らかになった。
感染研の専門家が厚生労働省の「クラスター対策班」として調査に参加した事例を分析した。発生した地域などは伏せた上で、飲食店などで感染が拡大した6つの事例を詳細に紹介している。

■「昼カラオケ」愛好の高齢者ら集団感染

日中にカラオケを楽しむ高齢者らを中心に発生した「昼カラ」クラスターでは、少なくとも5店舗12人の感染が確認された。ここまで広がった最大の原因は客による複数店舗のはしご利用だ。感染した利用客7人のうち、4人が複数店舗を利用し、3店舗を渡り歩く客もいた。
症状が出ていたのにカラオケ店を利用した客もおり、客を介して店から店へ「数珠つなぎ」で感染が拡大したことが判明した。
カラオケ店ではマスクを着用せずに長時間歌う人が多い。クラスター対策班の聞き取り調査では、滞在時間は3時間ほどの人が多く、中には延長する客もいた。店のオーナーや従業員の感染も多かった。感染研の担当者は長時間利用を避け、マスクを着用するなどの対策を求めており「3時間より長い利用はリスクが高いかもしれない」と話す。

■接待伴う飲食店、症状あっても勤務

接待を伴う飲食店でも店から店へと感染が広がった。あるキャバクラ店では、症状が出ていたのに勤務を継続した従業員の女性が利用客に感染させた。この利用客もスナック経営者で、その後、スナック従業員2人に感染が広がった。キャバクラの女性従業員が、客として利用したホストクラブで2人を感染させた事例もあった。
続きを読む

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62649690U0A810C2CR8000/

« 皇族方に主だったご予定はなし 皇室17~23日(17日)朝日 | トップページ | 石原元都知事が靖国参拝「首相と天皇陛下は参拝を」(17日)産経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皇族方に主だったご予定はなし 皇室17~23日(17日)朝日 | トップページ | 石原元都知事が靖国参拝「首相と天皇陛下は参拝を」(17日)産経 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ