カテゴリー

« 東京 銀座で複数の男に連れ去られた男性 千葉 浦安市で保護(19日)NHK | トップページ | 天皇ご一家夏の静養見送り、新型コロナの影響考慮(19日)TBS »

2020年8月19日 (水)

元大阪大学附属病院医師 論文データの改ざんやねつ造(19日)NHK

大阪大学などは過去に所属していた医師が発表した肺がんの治療などに関する論文にデータの改ざんやねつ造の研究不正があったと発表しました。論文は患者に薬を投与する臨床研究の参考にされていたことから大阪大学などは参加した患者などに謝罪しました。 これは大阪大学と国立循環器病研究センターが会見を開いて明らかにしました。
研究不正が見つかったのは大阪大学附属病院に以前所属し、国立循環器病研究センターでも室長を務めていた野尻崇医師が2013年から2016年にかけて発表した肺がん手術の際に炎症を抑える薬剤などについての5本の論文です。
掲載されたデータに不正の疑いがあるとの指摘があったことから大学などが調査した結果、カルテにない数値を用いてグラフを作成するなど複数のねつ造や改ざんがあったと認定したということです。
調査に対し、医師は「ミスで不正は行っていない」と説明したということです。
医師はすでに退職しているということですが、大学などでは論文の取り下げを勧告するとともに懲戒解雇相当の処分にしました。
このうち1本の論文は、大阪大学附属病院が行った160人の患者に薬剤を投与した臨床研究の際に参考にされていましたが、これまでのところ健康被害は出ていないということで、病院は参加した患者に文書で謝罪したということです。
大阪大学と国立循環器病研究センターは「このような事態が発生したことは誠に遺憾です。意識の向上に一層努めるとともに再発防止に取り組みます」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200818/k10012572901000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

« 東京 銀座で複数の男に連れ去られた男性 千葉 浦安市で保護(19日)NHK | トップページ | 天皇ご一家夏の静養見送り、新型コロナの影響考慮(19日)TBS »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京 銀座で複数の男に連れ去られた男性 千葉 浦安市で保護(19日)NHK | トップページ | 天皇ご一家夏の静養見送り、新型コロナの影響考慮(19日)TBS »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ