カテゴリー

« 小泉環境相ら4大臣 靖国参拝 「終戦の日」の閣僚参拝は4年ぶり(15日)NHK | トップページ | お盆休み終盤も交通機関混雑なし 感染警戒で帰省手控え(15日)共同 »

2020年8月15日 (土)

終戦から75年 全国戦没者追悼式 約310万人の戦没者を慰霊(15日)NHK

終戦から75年 全国戦没者追悼式 約310万人の戦没者を慰霊

終戦から75年を迎えた15日、およそ310万人の戦没者を慰霊する政府主催の全国戦没者追悼式が東京の日本武道館で行われています。
式典には全国から遺族の代表などが参列していますが、ことしは新型コロナウイルスの感染防止のため、20の府と県がやむなく遺族の参加を断念しました。
参列者の数はおよそ550人と去年の1割以下となり、過去最も少なくなっています。
天皇陛下が、皇后さまとともに菊の花で飾られた式壇に着かれたあと、国歌が演奏されました。
ことしは、感染防止のため、斉唱はせず、演奏のみとなりました。
そして、安倍総理大臣が「戦争の惨禍を、2度と繰り返さない。この決然たる誓いをこれからも貫いてまいります。我が国は、積極的平和主義の旗の下、国際社会と手を携えながら、世界が直面している様々な課題の解決に、これまで以上に役割を果たす決意です」と式辞を述べました。
終戦から75年を迎えて参列者の高齢化も進み、およそ8割が70歳以上となっています。
このうち最年長の参列者で北海道に住む93歳の長屋昭次さんは兄の保さん(当時26)が昭和20年、戦地だった中国で肺結核のため亡くなりました。
長屋さんは、「コロナの関係で参加することに躊躇はありましたが、この年齢なのでこれが最後だと思ってしっかり慰霊したいと思っています。75年になりましたが、いま思えば、戦争は絶対やってはいけないと思います。いま政治に携わる人たちは、私たちの考えとは異質の考えを持っているような気がします。間違った方向にいかないように常に念願しています」と話していました。
また、戦争の記憶を受け継いでいこうと、最年少の遺族として参列した群馬県の中学1年生、井田雪花さん(12)は、曽祖父の井田正雄さんが昭和20年5月にソロモン諸島で戦死しています。
井田さんは、「曽祖父が平和な世界を望んでいると感じたので参加しようと思いました。私は戦争を知らない世代ですが戦争についてもっと勉強し、争いのない平和な世界の願いを次の世代に引き継いでいけるように努めていきたいです」と話していました。
式典では、このあと、参列者が式壇に菊の花を手向けて、戦争で亡くなったおよそ310万人の霊を慰めます。
会場を訪れることができない遺族などが多いことから、式典の様子はインターネット上の「YouTube」でも同時配信されています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200815/k10012568021000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 小泉環境相ら4大臣 靖国参拝 「終戦の日」の閣僚参拝は4年ぶり(15日)NHK | トップページ | お盆休み終盤も交通機関混雑なし 感染警戒で帰省手控え(15日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小泉環境相ら4大臣 靖国参拝 「終戦の日」の閣僚参拝は4年ぶり(15日)NHK | トップページ | お盆休み終盤も交通機関混雑なし 感染警戒で帰省手控え(15日)共同 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ