カテゴリー

« 降車後「戻るので待っといて」…戻らず 無賃乗車の男逮捕(30日)共同 | トップページ | 福岡 女性殺害 逮捕の少年 6歳女児も刃物で襲う(30日)NHK »

2020年8月30日 (日)

楽観できないワクチン・治療薬の開発 突然変異など謎多い新型コロナウイルス(30日)時事

新型コロナウイルスのパンデミックが続いている。今後、どうなるのだろうか。特記すべきは、抗体保有率が低いことだ。集団免疫戦略を採ったスウェーデンの首都ストックホルムでさえ、5万人の住民を対象とした調査で、抗体保有率は14%にすぎなかった。(NPO法人医療ガバナンス研究所理事長・上 昌広)
【特集】資金と情報を独占する「感染症ムラ」 新型コロナウイルスと臨床研究

 日本の保有率はもっと低い。ソフトバンクグループが従業員ら4万4066人を対象に実施した調査では、抗体保有率はわずか0.43%。
 ストックホルム大学の研究者たちが米『サイエンス』誌に発表した論文によると、集団免疫を獲得するには、最も低い水準でも43%の抗体保有率が必要という。絶望的な数字だ。
 そうなると、新型コロナウイルスを克服するには、ワクチンと治療薬を開発するしかない。本稿ではワクチン・治療薬開発の現状をご紹介しよう。
◇ハードル高い第3相臨床試験
 まずはワクチンだが、報道によれば、開発は順調に進んでいるかに見える。
 「ワクチン開発急ピッチ」(読売新聞6月30日)、「中国生物技術、コロナワクチン治験で抗体の生成確認」(ロイター6月16日)、「コロナワクチン、12~18カ月で実用化目指す WHO」(朝日新聞6月27日)といった記事が連日のように掲載されている。
 私の知る限り、このような記事を鵜呑(うの)みにしている専門家はいない。ワクチン開発は難しい。知人の製薬企業社員は「第1相や第2相試験で抗体が確認されても、その抗体が機能し、感染を予防するかは分からない」という。
続きを読む

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082601105&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 降車後「戻るので待っといて」…戻らず 無賃乗車の男逮捕(30日)共同 | トップページ | 福岡 女性殺害 逮捕の少年 6歳女児も刃物で襲う(30日)NHK »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 降車後「戻るので待っといて」…戻らず 無賃乗車の男逮捕(30日)共同 | トップページ | 福岡 女性殺害 逮捕の少年 6歳女児も刃物で襲う(30日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ