カテゴリー

« 2020年8月 2日 (日) | トップページ | 2020年8月 4日 (火) »

2020年8月 3日 (月)

2020年8月 3日 (月)

<独自>中国、漁船群の尖閣領海侵入を予告 「日本に止める資格ない」(3日)産経

中国政府が日本政府に対し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での多数の漁船による領海侵入を予告するような主張とともに、日本側に航行制止を「要求する資格はない」と伝えてきていたことが2日、分かった。16日に尖閣周辺で中国が設定する休漁期間が終わり、漁船と公船が領海に大挙して侵入する恐れがある。日本の実効支配の切り崩しに向け、挑発をエスカレートさせる可能性もあるとみて日本政府内では危機感が高まっている。(半沢尚久)

 大挙侵入予告といえる主張を伝えてきたのは、7月2~5日に中国公船2隻が尖閣周辺の領海に侵入して操業中の日本漁船1隻に接近し、平成24年の尖閣諸島国有化以降で最長の39時間以上も領海にとどまった時期だ。
 中国政府当局は「日本の海上保安庁は(尖閣周辺で)1隻の日本漁船すら航行するのを止められなかった」と批判。「数百隻もの中国漁船の(尖閣周辺での)航行を制止するよう(日本が)要求する資格はない」と述べた。
 日本政府高官はこの主張を「意趣返しの意思表示で休漁明けの挑発を正当化する布石だ」と指摘する。
 尖閣周辺では28年の休漁明けに4日間で延べ72隻の漁船と延べ28隻の公船が領海侵入した。30年以降は中国当局が尖閣周辺に漁船が近づかないよう指示していたとされる。
 今年は、4月に予定していた中国の習近平国家主席の来日の延期が3月に決まると、4月14日から尖閣周辺で公船が確認され続け、今月2日も接続水域を航行。111日連続の確認で、国有化以降で最長の連続日数を更新している。
続きを読む

https://www.sankei.com/politics/news/200802/plt2008020007-n1.html

中国地方5県知事 帰省など 体調不安あれば取りやめを呼びかけ(3日)NHK

お盆期間中の帰省や夏休みの旅行について、中国地方5県の知事は、新型コロナウイルスの感染予防策を徹底し、体調に不安があれば取りやめるよう呼びかけることで一致しました。
中国地方5県の知事は3日、オンラインで会議を行いました。
この中で5県の知事は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、お盆期間中の帰省や夏休みの旅行について、「3つの密」を避け、マスクを着用するなどの感染予防策を徹底し、体調に不安があれば取りやめること、それに観光する際は県内か近くの県にとどめて、地元の観光業を応援するよう、呼びかけることで一致しました。
また、各県の取り組みについて意見交換が行われ、鳥取県の平井知事は、唾液をつかったウイルス検査の導入を進めていることや、感染者の集団、クラスターが発生した店の公表に向けて、県の条例の策定を検討していることを紹介しました。
 また、山口県の村岡知事は、1日で最大1000件のPCR検査が行えるよう体制の整備を進めていることや、県外からの帰省については慎重に検討したうえで、帰省の前には、いわゆる「夜の街」や会食を避けるよう呼びかけていることを報告しました 会議のあと村岡知事は「人の移動そのものをとどめるのではなく、それ以外の方法で感染拡大を抑えなければならない」と述べ、一人一人の対策の重要性を重ねて強調しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200803/k10012548671000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

堺あおり運転、懲役16年確定へ 殺人罪適用、バイク男性死亡―最高裁(3日)時事

堺市の府道で2018年、あおり運転でバイクの男子大学生=当時(22)=を死亡させたとして、殺人罪に問われた中村精寛被告(42)について、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は3日までに、被告側の上告を棄却する決定をした。7月31日付。殺意を認定し、懲役16年とした一、二審判決が確定する。

あおり運転「なくなって」 被害者遺族、悲痛な訴え

 一審大阪地裁堺支部の裁判員裁判は19年1月、「被告が車のブレーキをかけようとしたのは、車間距離が約10メートルになってからで、弱くしかかけなかった」と指摘。弁護側は過失運転致死罪にとどまると訴えたが、車体の重量差などから、「死亡する危険が高いと十分認識していたのに、あえて衝突させた」と判断、未必の殺意を認定した。
 二審大阪高裁は同年9月、「被害者に落ち度はない」と言及。被告が衝突後に軽い口調で「はい、終わり」と発言したことなどを挙げ、一審同様に殺意を認めた。
 一、二審判決によると、中村被告は18年7月2日夜、府道で普通乗用車を運転中、高田拓海さんのバイクが前方に進入したことに立腹。追跡した上で時速約96~97キロで車を追突させ、高田さんを頭蓋骨骨折などで殺害した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080300754&g=soc

ペットの犬2匹、コロナ陽性 国内で初確認―保険会社(3日)時事

ペット保険などを展開するアニコムホールディングス(東京都新宿区)は3日、預かったペットの犬2匹から新型コロナウイルスの陽性反応があったと発表した。厚生労働省によると、ペットが検査で陽性と確認される例は海外で報告があるが、日本国内では初めて。

抗体陽性率、犬3%、猫4% 新型コロナで大規模調査―伊

 同社によると、2匹の鼻、喉の奥から検体を採取してPCR検査を実施したところ、陽性反応が出た。2匹は隔離されているが、健康状態に問題はなく、飼育スタッフらへの感染も確認されていない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080300991&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

時短「商売にならず」嘆き次々 居酒屋、苦境に追い打ち(3日)共同

新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都で3日、酒類を提供する店やカラオケ店の時間短縮営業が始まった。繁華街の居酒屋は、新型コロナの影響で売り上げ減少が長引く中、再びの時短が追い打ちに。「これでは商売にならない」などと嘆く声が上がった。

 JR新橋駅前の居酒屋「根室食堂」は、都の要請を受け閉店を午前0時から午後10時に早めた。平山徳治店長(48)は「都内の1日の感染者数が再び100人を超えてから客足が遠のいた。収束しないと店を開いていても売り上げが見込めない」と諦め顔だ。
https://www.47news.jp/national/5090916.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル)
略取誘拐が増加
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200803205301 F1015683  刑法犯認知件数が減少しているばかりか、治安情勢を観察する際の指標となる重要犯罪も減っており、日本の治安は数字治安だけでなく体感的にも安定している。
… … … … …
 警察庁によると令和2年上半期(6月)の重要犯罪の認知件数は減少している。
 認知件数は4198件で前年同期より510件の減少。最も認知件数が多いのは強制わいせつで1821件だが同388件の減少。
 強盗は737件で前年同期より16件の減。5月までは前年を上回っていたが、6月の発生が少なく、下回る結果となっている。
 最も減らしたのは放火で55件減の397件。次が殺人で36件減の452件。強制性交が633件で同-26件だつた。ところが、唯一、増加したのは略取誘拐・人身売買で11件増の158件となっている。
 検挙率は前年より7.9ポイントアップの91.9㌫。最も高かったのは殺人の96.7㌫。最も低かったのは放火の86.1㌫。それでも前年より7.3ポイントアップしている。
 認知件数のランキングは東京の634件、大阪の527件、埼玉の292件、神奈川の277件、愛知の274件など。 
 検挙率のランキングは沖縄の114.3㌫、和歌山の122.2㌫と続くがなんと前年より57.9ポイントもアップした。島根の118.2㌫、福島の114.3㌫、徳島の112.5㌫と続いている。認知件数トップの東京は98.1㌫だった。
 低かったのは茨城の71.6㌫、京都の74.2㌫、千葉の75.9㌫、富山の77.8㌫、栃木の78.7㌫と続いている。低いと言っても7割は検挙している。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20200803205501

 

 

 

 

NTTの関連会社かたる不審メール多数 宮崎県内 県警が警戒呼びかける(3日)西日本
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/632101/

★特殊詐欺「受け子」疑いで大学生逮捕 金融庁職員装う、北海道(2日)産経
★特殊詐欺減少だがコロナ関連多発(2日)NHK
★特殊詐欺グループ「出し子」の男を逮捕(1日)TBS
★他人のクレカ情報で航空券不正購入、無職の男を逮捕(31日)TBS
★千葉・松戸市から健康保険証など詐取、男2人を逮捕 (30日)産経
★サイト利用料架空請求 にかほの男性が130万円の詐欺被害 (31日)共同
★特殊詐欺の「リクルーター」役疑い 会社員の男を逮捕 神奈川県警 (29日)産経★狙われる高齢者 コロナ給付金詐欺急増(30日)産経
★携帯電話に「宝くじが当選しました」 大分県別府市で架空請求詐欺か 114万円だまし取られる(29日)西日本
★車中拠点の詐欺グループ、別の詐取容疑で再逮捕 「受け子」の会社同僚も(29日)産経
★特殊詐欺の「リクルーター」役疑い 会社員の男を逮捕 神奈川県警(29日)産経
★観光客に多額料金請求容疑 バー経営者逮捕 6億6000万円詐取か (28日)NHK
★民泊拠点に特殊詐欺か 男4人を摘発 大阪府警 (23日)産経
★結婚詐欺容疑で45歳男逮捕 警視庁、7人以上被害か (23日)産経
★警察官のはずが「刑事」漢字で書けず通報、特殊詐欺グループの男逮捕 (23日)TBS
★「だまされたふり作戦」でオレオレ詐欺の受け子女を逮捕 警視庁(22日)産経

NTTの関連会社かたる不審メール多数 宮崎県内 県警が警戒呼びかける(3日)西日本

宮崎県警は3日、県内でNTTファイナンスをかたる不審メールが送りつけられる事例が多発しているとして、メールで警戒を呼びかけた。県警によると、メールは「料金未払いが発生しています」「ご利用料金の確認が取れておりません」「ご連絡ください」といった内容。連絡先に電話をかけてしまうと「支払わないと裁判沙汰になります」「コンビニで電子マネーを購入して、番号を教えてください」などと言われ、詐欺被害に遭うおそれがあるとしている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/632101/

82歳日本人女性、マニラ郊外の民家で死亡 強盗殺人か(3日)朝日

フィリピンの首都マニラ郊外の民家で2日、82歳の日本人女性が死亡しているのが見つかった。フィリピン警察は、強盗殺人事件とみて捜査している。
 警察によると、亡くなったのはこの家に住むマエザワ・レイコさん。床に倒れているのを近くの住民が発見し、警察に通報した。手足を縛られ、口を布で覆われた状態で、すでに死亡していたという。遺体に目立った外傷はなく、警察が死因を調べている。
 民家からは指輪や携帯電話などがなくなっており、警察は犯人が持ち去った可能性が高いとみている。(バンコク=乗京真知)
https://www.asahi.com/articles/ASN835FQDN83UHBI00D.html

【新型コロナ速報】延岡クラスター新たに12人(3日)共同

県は3日、延岡市の飲食店「Blue Planet(ブループラネット)」で発生したクラスター(感染者集団)関連で、新たに12人の感染者が判明したと明らかにした。12人は2日までに感染が確認されていた。同店のクラスターは計23人となった。
https://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_46440.html

 

東京都 258人感染確認 新型コロナ 200人以上は7日連続(3日)NHK

東京都は3日、午後3時時点の速報値で、都内で新たに258人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都内の1日の感染の確認が200人以上となるのは7日連続です。
都によりますと感染が確認されたのは、10歳未満から90代の男女258人です。
都内の1日の感染の確認が200人以上となるのは7日連続です。このうち、20代と30代は合わせて170人でおよそ66%を占めるということです。
これで都内で感染が確認されたのは1万3713人となりました。
一方、3日の時点での都内の重症の患者は、2日と変わらず15人だということです。
都は、会食を通じた感染が相次いでいるとして、3日から都内の酒を提供するすべての飲食店と酒の提供の有無にかかわらず、すべてのカラオケ店で、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請しています。
また、都民には大人数で長時間の飲み会や宴会、少人数であっても近い距離での会話などは避け、飲酒を伴う会食目的での外出を控えるよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200803/k10012547621000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

奈良県 新たに8人の感染を確認 20~80代の男女 新型コロナ16時38分

千葉県 43人感染確認 1人死亡 新型コロナウイルス16時37分

宮崎県 新たに6人の感染確認 計195人に 新型コロナ16時25分

北海道 新たに23人感染確認 1日で20人超の確認は5月6日以来16時24分

愛知県 125人感染確認 新型コロナ 県内延べ2271人に16時35分

路上で女性触り携帯電話奪う、男が逃走 埼玉(3日)産経

3日午前3時50分ごろ、埼玉県越谷市蒲生の路上で、徒歩で帰宅中の20代の女性が、手にしていた携帯電話1台(約5万円相当)を後方から近づいてきた男に奪われた上、体を触られた。男は逃走し、越谷署が強盗と強制わいせつの疑いで捜査している。女性にけがはなかった。

 署によると、男は20~30代くらいで身長約170センチ。丸刈りで黒色のタンクトップを着ていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200803/afr2008030013-n1.html

トイレ侵入疑い市職員逮捕(3日)産経

青森県弘前市の商業施設で女子トイレに侵入したとして、県警弘前署は3日、建造物侵入の疑いで、青森市職員、高橋正寛容疑者(35)=青森市桂木=を逮捕した。「盗撮目的で入った」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は2日午後3時5分ごろ、正当な理由がないのに、女子トイレに侵入したとしている。
 トイレにいた女性が容疑者に気付き、施設従業員を通じて通報した。市は「詳細を確認し厳正に対処する」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200803/afr2008030015-n1.html

「盗撮ハンター」手口で110万円恐喝 容疑で男女逮捕「毎週やった」(3日)産経

スカート内を盗撮した男性から現金を脅し取ったとして、警視庁池袋署は恐喝容疑で、いずれも群馬県伊勢崎市山王町の古物商、小俣(おまた)輝(ひかる)容疑者(34)と職業不詳、宮西莉衣(りえ)容疑者(35)の男女2人を逮捕した。東京都内では、同様の手口で現金を脅し取る「盗撮ハンター」と呼ばれる恐喝被害が相次いでおり警視庁が捜査している。

 逮捕容疑は5月24日、豊島区東池袋の商業施設で、宮西容疑者のスカート内をビデオカメラで盗撮した20代の男性に対し、小俣容疑者が「俺の女なんだけど」「彼女が警察に行くかもしれないよ」などと声をかけ、現金110万円を脅し取ったとしている。

 池袋署によると、2人は内縁関係で、小俣容疑者が宮西容疑者に丈の短いスカートをはくよう指示していたという。

 宮西容疑者は調べに容疑を認め、「盗撮しそうなやつは大体わかる。1年前ぐらいから池袋や秋葉原で毎週同じことをやっていた」と供述。小俣容疑者は容疑を否認している。

男性が自殺か 周囲にガソリン缶 東京・江戸川(3日)産経

3日午前1時55分ごろ、東京都江戸川区春江町の一之江橋の下でジョギングをしていた男性から、「火が出ていた」と119番通報があった。
 警視庁小松川署によると、現場に到着した消防隊員と警察官が、燃えていたのは人だと確認した。あおむけで倒れていた遺体は、男性とみられる。
 周辺にはガソリンの空き缶やライターが残されており、同署は自殺の可能性が高いとみて、身元の確認を進めている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200803/afr2008030005-n1.html

歌手の槇原敬之被告に懲役2年 執行猶予3年の判決 東京地裁(3日)NHK

歌手の槇原敬之被告が自宅マンションで覚醒剤を所持していた罪などに問われた裁判で、東京地方裁判所は、「違法薬物に対する抵抗感が乏しいことを背景にした悪質な犯行だ」として、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。 歌手の槇原敬之被告(51)は、おととし、東京 港区のマンションで覚醒剤や危険ドラッグを所持していた罪に問われました。

先月開かれた初公判で、被告は起訴された内容を認めたうえで、「関係者やファンに本当に申し訳なく思っています」と謝罪し、弁護士が執行猶予を求めたのに対し、検察は懲役2年を求刑していました。

3日の判決で、被告は黒っぽいスーツ姿で法廷に入ると、傍聴席に向かって軽く頭を下げてから席に着きました。

東京地方裁判所の坂田正史裁判官は「使用する目的で所持していたわけではないと供述しているが、いずれにせよ、覚醒剤など違法薬物に対する抵抗感が乏しいことを背景にした悪質な犯行で、刑事責任は軽いものではない」と指摘しました。

そのうえで、「反省の態度を示すとともに、二度と違法薬物に手を出さないことを誓っている。前科があるが、かなり古いものとなっている」として、懲役2年、執行猶予3年を言い渡しました。

被告は証言台の前に立ち、まっすぐ裁判官を見て、判決を聞いていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200803/k10012547591000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

モデルの25歳男逮捕 大麻所持容疑―警視庁(3日)時事

東京都世田谷区のマンションで大麻を所持していたとして、警視庁渋谷署が大麻取締法違反の疑いで、モデルの岡本至恩容疑者(25)を現行犯逮捕していたことが3日、同署への取材で分かった。
 同署によると、岡本容疑者は1日、自宅とみられる世田谷区内のマンションの一室で、ポリ袋に入った少量の乾燥大麻を所持した疑い。容疑を認めているという。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080300232&g=soc

初司法取引のタイ贈賄、双方上告 二審の東京高裁は罰金刑(3日)共同

捜査協力の見返りに刑事処分を減免する司法取引制度が初適用されたタイの発電所建設に絡む贈賄事件で、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の罪に問われた「三菱日立パワーシステムズ」(MHPS、横浜市)の元取締役内田聡被告(66)を罰金250万円とした7月21日の東京高裁判決に対し、検察側、被告双方が3日、不服として上告した。

 昨年9月の一審東京地裁判決は、元執行役員ら部下2人=いずれも有罪確定=と共謀し賄賂を供与したと認めたが、高裁判決は、部下の贈賄を手助けしたほう助の罪にとどまると判断。懲役1年6月、執行猶予3年とした一審判決を破棄し、罰金刑とした。
https://www.47news.jp/national/5088590.html

感染と特殊詐欺、マスクで撃退 大阪・松原、一石二鳥狙う(3日)共同

「STOP!オレオレ詐欺」と書かれたシールを貼ったマスクを町ぐるみで着用し、新型コロナウイルスの感染と特殊詐欺被害の防止につなげようと、大阪府警松原署はこのほど、特注のシールとマスク約1100セットを松原市のパチンコ店や銀行、スーパーなどに配布した。
 例年この時期に防犯イベントを実施している松原署が企画。今年は新型コロナの影響で開催できないが、一石二鳥を狙える代替策として協力を呼び掛けた。
 市内にある「近鉄自動車学校」では3日午前、職員がこのマスクを着けて高齢者講習を実施し、特殊詐欺被害の防止を呼び掛けた。市役所や郵便局などにも配られた。
https://www.47news.jp/national/5088413.html

偽の五輪金メダル販売疑いで逮捕 54歳男、中国から輸入(3日)共同

 来夏に開催が予定される東京五輪の金メダルの複製品を販売したとして、警視庁と山形県警は3日までに、商標法違反の疑いで、東京都大田区、無職和田清幸容疑者(54)を逮捕した。警視庁によると、中国から複製品を仕入れ、ネットオークションで計63個販売。約56万円を売り上げていたという。
 逮捕容疑は昨年12月~今年1月、金メダルに酷似した複製品3個を浜松市の50代男性ら3人に計約2万2千円で売った疑い。「違反になるとは分からなかった」と容疑を否認している。
 1個約2千円で輸入したとみられ、レプリカや記念品と称して売っていた。
https://www.47news.jp/national/5088783.html

東京都 酒提供の飲食店など きょうから営業時間短縮を要請(3日)NHK

東京都は会食を通じた新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、酒を提供する飲食店などに対し、3日から営業時間を午後10時までに短縮するよう要請します。
都内では、友人や同僚などとの会食を通して感染するケースが相次ぎ、都の専門家は、マスクを外して酒を飲み、近い距離で会話したり大人数で宴会を開いたりすることが要因だと指摘しています。
都はこうした感染リスクを減らすため、3日から今月末まで、酒を提供する都内の飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請します。
そのうえで、対策を取っていることを示す「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示することなどを条件に、営業時間の短縮に応じた中小の事業者には、協力金として20万円を支給します。
都によりますと、およそ4万の事業者が支給の対象となるということです。
都は都民に対し、飲酒を伴う会食目的での外出をできるだけ控えるとともに、利用する際にはステッカーを掲示している店を選ぶなど感染の予防を徹底するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200803/k10012547191000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

シッターわいせつ事件、仲介サイト事業者の対応に疑問の声(3日)日経

ベビーシッター仲介サイト「キッズライン」(東京)に登録したシッターの男2人がわいせつ行為で相次いで逮捕された事件を巡り、サイト運営事業者の対応に疑問の声が上がっている。
逮捕者が出たのに事業者がすぐに利用者に知らせず、新たな被害を防げなかったためだ。5歳の娘が被害に遭った母親は「今も娘のケアはない。性被害が起きた場合の対応を徹底してほしい」と訴える。
キッズラインでは4月に男が預かり中の子どもへのわいせつ容疑で逮捕され、6月にも別の男が逮捕された。この母親は2人目の男に4~5月、計8回預けていた。
母親が被害に気付いたのは5月25日。その日も男に預ける予定だったがキッズラインから電話があり「きょう予約したシッターは今後対応できなくなった」と告げられた。理由を聞いても「個人情報なので教えられない」の一点張りだった。
5歳の長女に男が来なくなったと伝えると「良かった」と表情が明るくなった。胸騒ぎがして何かあったのか尋ねると、気まずそうに体を触られたことを打ち明けた。すぐに110番した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62204170S0A800C2CZ8000/

署内感染の発端ユーチューバー、留置場でマスクを着けず(3日)朝日

愛知県警岡崎署で7月、留置中の容疑者が新型コロナウイルスに感染し、接触した警察官らに感染が拡大した。なぜ広がったのか。
 発端となったのは、7月11日、岡崎署が窃盗容疑で逮捕したユーチューバーの男(29)だ。逮捕容疑は愛知県岡崎市の商業施設の食品売り場で5月、魚の切り身を会計前に食べたというもの。
 県警と岡崎市によると、男は逮捕された7月11日から岡崎署に留置。14日の検温で37・6度の熱が確認され、15日のPCR検査で陽性が判明。勾留が執行停止され、医療機関に入院した。
 岡崎署では24日までに、逮捕場所の山口市内のホテル駐車場から署まで男と護送車両に同乗した署員3人とその家族1人、捜査に関わった署員1人、同僚の刑事課員1人、さらに留置場で男と同室に収容されていた1人、別室の1人の計8人が感染。一時150人以上の警察官が自宅待機に追い込まれた。
 岡崎署はどのような対応をとっていたのか。
 署によると、男は逮捕時の聞き取りに対し、「体調の問題はない」と答えたという。護送車両内では、複数の署員がマスクを着用。車両内での男のマスク着用の有無は、「個別の事案は答えられない」として回答はなかった。
 留置場内の感染対策は、警察庁が2月、全国の都道府県警に、留置場の収容は「可能な限り、1人1部屋」とするなどの通達を出している。
 愛知県警はこの通達に基づいて対応しているというが、岡崎署では男の発熱が確認された後も2日間、同室に別の男が収容されていた。署の留置場に単独の部屋が空いていなかったためだ。県警留置管理課によると、署によって事件数や留置場の収容人数で差があり、単独収容ができないこともあるという。
 さらに、男は留置場の室内でマスクを着けていなかったという。県警は希望者にはマスクを支給しているが「室内での着用は強制できない」と同課担当者。
 留置場内での感染者は4月以降、東京都広島県山梨県でも確認されている。愛知県警では一部の署の留置場を無人にし、感染が確認された留置人を収容する対策もとる。だが署幹部は「警察の業務で不特定多数の市民と接する以上、感染リスクは防ぎようがないのではないか」と困惑する。

感染対策、防護服や透明シ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。残り:452文字/全文:1368文字
https://www.asahi.com/articles/ASN826S75N7ZOIPE001.html

香川 豊島 消防団が観光客の搬送見合わせ コロナ感染リスクで(3日)NHK

島内の美術館に年間数万人が訪れる香川県の豊島で、体調を崩した観光客を搬送してきた地元の消防団が、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるためとして、観光客の搬送を原則見合わせる意向を地元の町長に伝えました。
人口およそ860人の土庄町豊島は、毎年島内にある美術館に数万人が訪れますが、医師や看護師は常駐しておらず、観光客が体調を崩した際などには地元の「土庄町消防団豊島分団」が車で港まで搬送したあと、チャーター船で総合病院のある高松や小豆島へ送っています。
新型コロナウイルスの感染が全国で拡大する中、分団はリスクを避けるためとして2日から当面のあいだ、観光客の搬送を原則として見合わせる意向を三枝邦彦町長に伝えました。
これに対し、三枝町長は「やむをえない」としたうえで、今後は島に常駐する町の職員が観光客を搬送することなども検討する考えを示しました。
分団の多田初分団長は「島民の命を守るための苦渋の選択だった」と話しています。
横浜市から観光で島を訪れたという男性は「驚いたが、島の人のことを考えるとしかたないと思う」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200802/k10012547131000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

「母に頼まれ首絞めた」 殺人容疑で28歳息子逮捕―警視庁(3日)時事

東京都八王子市のマンションで母親を殺害したとして、警視庁高尾署は2日、殺人容疑で、台東区台東の職業不詳、原嵩織容疑者(28)を逮捕した。「母が精神的に参ってしまい、死にたいと頼まれたので両手で首を絞めた」などと話しているという。
 逮捕容疑は同日ごろ、八王子市散田町のマンション5階の一室で、母親の無職松井美智子さん(61)を何らかの方法で殺害した疑い。
 同署によると、松井さんは1人暮らし。原容疑者が同日午前9時ごろ、千代田区内に住む兄に「母を殺した」と話したため、2人で松井さん宅に行ったところ、室内に松井さんが倒れており、兄が119番した。
 松井さんの首には絞められたような痕があり、同署は司法解剖して詳しい死因などを調べる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080200318&g=soc

風営法立ち入り、困惑と疑問 警察内にも「目的外」の声―新型コロナ対策・東京(3日)時事

新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、警視庁と東京都は接待を伴う飲食店などを対象に、風営法に基づく立ち入り調査を実施した。同法の適用については国がお墨付きを与えているが、警察関係者や専門家からは「法の目的に反する」などと戸惑いや疑問の声が上がっている。

「法の目的の範囲内で」 風営法立ち入りで通達―警察庁

 菅義偉官房長官は先月19日、フジテレビの番組で「ホストクラブやキャバクラには風営法で立ち入りできる」と発言。感染者が相次ぐ「夜の街」での感染拡大を防ぐため、同法に基づく警察の立ち入り調査を全国で実施する考えを示した。
 小池百合子都知事の要請を受け、警視庁は同24日夜、歌舞伎町(新宿区)と池袋駅周辺(豊島区)にあるホストクラブやキャバクラに立ち入りを行い、同行した都職員が感染予防策の徹底を呼び掛けた。
 これに対し、警察関係者からは「風営法は立ち入り調査の根拠にならないのでは」と異論が噴出。ある捜査関係者は「新型コロナ対策を実施しているかの確認は目的外だ」と話した。
 「立ち入りをした警察官が感染したら困る」との本音も漏れる。同庁は担当課以外からも応援を出して対応し、立ち入りを行った警察官は念のため1週間の在宅勤務とした。
 歌舞伎町でホストクラブなどを経営する「Smappa! Group」の手塚マキ会長は「適正に営業している店も風営法に違反したと見られてしまうのでは」と懸念する。日本水商売協会の甲賀香織代表理事は「3密状態の飲食店もあるのに、なぜ風営法の対象店だけなのか」と訴えた。
 風営法に詳しい若林翔弁護士は「同法に基づく立ち入りは、必要最小限度しか認められていない」と指摘。「今回の立ち入りは真っ正面から法の目的に反しており、新型コロナを理由とした権力の乱用につながりかねない」と警鐘を鳴らした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080200179&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

男性遺体、河川敷に 釣り人が昼過ぎに発見 身元不明…50~80代、半袖Tシャツにサンダル/久喜(3日)共同

1日午後2時10分ごろ、埼玉県久喜市下早見の備前堀川河川敷で、釣りをしていた男性が、倒れている男性の遺体を発見し久喜署に届け出た。

 同署によると、遺体の男性は年齢50~80代くらい、白髪が交じり、半袖Tシャツに白色ズボン、黒色のサンダルを着用していた。    同署が身元の特定を進めている。
https://www.47news.jp/localnews/5087427.html

海や山の事故で13人死亡 8月初の日曜、4歳男児も(3日)共同

8月最初の日曜日となった2日、遊泳中や登山中の事故が全国各地で相次ぎ、共同通信の集計では13人が死亡、5人が行方不明となった。

 鹿児島県西之表市の海水浴場では、家族と来ていた同市在住の男児(4)が溺れ、近くにいた人らが救助したが搬送先の病院で死亡した。鹿児島ではこのほか、川遊びをしていた大学生の男性(19)が溺れて死亡。山口県岩国市の錦川では同市の男児(8)が流され亡くなった。山形、静岡、滋賀、福岡、長崎の海や湖でも計7人が死亡した。
https://www.47news.jp/national/5086580.html

東海道新幹線、人と接触 静岡、線路立ち入り(3日)共同

2日午後9時45分ごろ、新大阪発東京行きの東海道新幹線「のぞみ460号」が、新富士―静岡間を走行中、線路内に立ち入った人と接触した。
 JR東海によると、事故の影響で、東海道新幹線の上下線で一部区間の運転を見合わせたが、事故から約2時間45分後の3日午前0時半ごろ、再開した。乗客にけがはないという。
 静岡中央署によると、現場は静岡市葵区の東海道線東静岡駅から、西に数百メートルの線路内。服装などから、はねられたのは男性とみられ、その場で死亡が確認された。同署が身元や当時の状況を調べている。
https://www.47news.jp/national/5086798.html

銀座の歩行者天国 50年前と今の違いは(3日)共同

東京・銀座で「歩行者天国」が始まってから、2日で50年を迎えた。新型コロナウイルスの感染再拡大で、同日夕の銀座周辺は以前ほどのにぎわいはなかったが、マスク姿の家族連れやカップルがのんびり歩き、夏の休日を楽しんだ。
 1970年8月2日、都内では銀座、新宿、池袋、浅草の4地区で歩行者天国がスタート。翌3日の本紙朝刊は1面トップで「道路が笑顔で埋まった」の見出しとともに、当時の様子を伝えている。
開放された車道をうめる人出(1970年8月2日)

開放された車道をうめる人出(1970年8月2日)

 銀座の歩行者天国は土日祝日に実施されていたが、新型コロナの影響で今年3月末から一時中止された。2日夕、1歳の長男を連れた港区の谷口真子さん(26)は「道路が広く使えるから、感染防止の意味でもいいかも」と笑顔。
 中央通り沿いの店で以前働いていた世田谷区の岡田龍磨さん(43)は、久々に訪れて人の少なさにびっくり。「特に外国の方が全然いない。にぎわいが戻って、ホコ天も含めた見慣れた光景がずっと続いてほしい」と願った。(奥野斐)

« 2020年8月 2日 (日) | トップページ | 2020年8月 4日 (火) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ