カテゴリー

« 傘を差せばマスク外していい? 新ルール、徐々に浸透(9日)朝日 | トップページ | グループでホテルへ→因縁つけカネ要求 出会い系飲食店で相手物色? 被害相次ぐ、都内の女ら関与か(9日)産経 »

2020年7月 9日 (木)

「ボランティア呼べない」コロナ禍、自力で片付け(9日)日経

九州北部では8日、数日にわたる豪雨からやっと晴れ間が広がった。「新型コロナウイルスの影響で県外からボランティアを呼ぶのも難しく、歯がゆい」。住民らは途方に暮れながら自力で住宅や店舗の泥をかき出し、復旧に取り掛かった。
福岡県久留米市は筑後川があふれ、広範囲に浸水した。強い日差しの中、黄土色に冠水した道路を胸の高さまで漬かりながら泳ぐように歩く人もいた。
住宅の合間を縫うようにしてボートをこいでいた中村正明さん(72)は「海みたいだ。自宅も浸水して片付けが大変だ」とうなだれた。
同県大牟田市では市消防本部の職員が安否確認のため戸別訪問し、無人の家に連絡を要請する紙を貼り付けていた。
大牟田三川町郵便局の掃除をしていた岩本浩之局長(58)は、6日夕の大雨を「首くらいの高さまで一気に水が来て、家族と急いで逃げた」と振り返った。電気関係は全て駄目になり、重要書類も水没したという。「地域の重要なインフラなので、踏ん張って早期営業再開を目指したい」と話した。
大分県日田市にある天ケ瀬の温泉街は氾濫した玖珠川岸にある。両岸をつなぐ鉄橋は濁流で押し流され、150メートル以上下流の温泉旅館「日田屋」前に漂着した。3代目の佐藤勝通さん(74)は「復旧に数カ月はかかり、夏の営業再開は無理だろう」とこぼした。
浴場は浸水し洗い場や脱衣場にも重く湿った汚泥が積もる。足湯や家具は流され、炊事場は水道管が破裂した。「保険金ではとても足りない」と話した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61306240Y0A700C2CN8000/

« 傘を差せばマスク外していい? 新ルール、徐々に浸透(9日)朝日 | トップページ | グループでホテルへ→因縁つけカネ要求 出会い系飲食店で相手物色? 被害相次ぐ、都内の女ら関与か(9日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 傘を差せばマスク外していい? 新ルール、徐々に浸透(9日)朝日 | トップページ | グループでホテルへ→因縁つけカネ要求 出会い系飲食店で相手物色? 被害相次ぐ、都内の女ら関与か(9日)産経 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ