カテゴリー

« 知事会、GoTo機動的見直しを 対象範囲、政府に緊急提言へ(19日)共同 | トップページ | 「手に負えない」焼き肉店で酔って暴れた女、駆けつけた女性警官2人に暴行(19日)共同 »

2020年7月19日 (日)

ネグレクト 危険な兆候見逃さないで(19日)西日本

幼い子どもの痛ましい死が再び繰り返された。救い出す道を社会全体で探り続けたい。
 東京都大田区の自宅に3歳の女児を放置し衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで24歳の母親が逮捕された。母親は宮崎県出身で、交際男性に会うため鹿児島県を訪ね、約1週間も留守にしたとされる。死因は高度脱水症状と飢餓で、胃の中に食べ物はほとんど残っていなかった。
 母親は離婚後、母子2人で暮らしていた。日頃から女児を自宅に残し出掛けることがあり、深夜まで飲食店で過ごすこともあったという。母親は「子育てが大変でリラックスしたかった」との趣旨の供述をしているようだが、逮捕容疑が事実なら、残酷なネグレクト(育児放棄)というほかない。
 育児放棄は、殴る蹴るといった身体的虐待に比べ、比較的軽い行為のような印象を持つ人もいる。それは誤りだ。今年1月にも千葉県市原市で、生後10カ月の女児が衰弱死する事件が起きた。自力で食べ物や水を確保できない幼い子どもにとって、生死に関わる虐待行為だと改めて認識する必要がある。
 全国の児童相談所が2018年度に対応した虐待の相談・通告件数は約16万件あり、その5割以上が心理的虐待だ。子どもの前での夫婦間の暴力である面前ドメスティックバイオレンス(DV)も、警察が近年積極的に通告するようになった。
続きを読む

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/627575/

« 知事会、GoTo機動的見直しを 対象範囲、政府に緊急提言へ(19日)共同 | トップページ | 「手に負えない」焼き肉店で酔って暴れた女、駆けつけた女性警官2人に暴行(19日)共同 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知事会、GoTo機動的見直しを 対象範囲、政府に緊急提言へ(19日)共同 | トップページ | 「手に負えない」焼き肉店で酔って暴れた女、駆けつけた女性警官2人に暴行(19日)共同 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ