カテゴリー

« 秋篠宮さま ネット開催の「全国高校総合文化祭」にお言葉(31日)NHK | トップページ | 全国で大学への爆破予告相次ぐ 6月から20校超に(31日)産経 »

2020年7月31日 (金)

視覚障害男性 ホームから転落、コロナ影響も?声かけ減った(31日)TBS

今月26日、東京のJR阿佐ケ谷駅で視覚障害者の男性がホームから転落し、死亡しました。視覚障害者からは、新型コロナウイルスの影響で「危ない状況でも声をかけてもらえなくなった」と不安の声があがっています。
 東京・小平市に住む、吉本充伸さん(51)。目が不自由な吉本さんは、今月26日の午後3時ごろ、杉並区のJR阿佐ケ谷駅でホームから転落し、亡くなりました。ホームの点字ブロック近くを歩いていた吉本さんは、足を踏み外し、線路に転落。自力でホームによじ登ろうとしていたところ、侵入してきた普通電車とホームの間に挟まれたのです。ホームから吉本さんの白い杖も見つかりました。
 吉本さんはマッサージ師をしていて、その高い技術に、芸能人やスポーツ選手の顧客も多かったといいます。事故当日は、シングルマザーなどに無料でマッサージを行うボランティア活動を行う予定でした。 「(吉本さんが)時間になっても来ないので、みんな心配してるから連絡くれというのが、私から送った最後のメールです。でも、それには当然、返信はなかったわけで。(吉本さんのことが)ちょっと気になったので、一応、警察のほうに電話して。まさか、本当にそうだとは思っていなかったので」(NPO法人リトルワンズ代表 小山訓久さん)
 吉本さんの一番弟子として、長年、共に仕事をしてきた女性は、突然の別れにショックを隠しきれません。
 「何か自分にできることがないかなって。自分のことよりも、いつも人のことを心配して考えてくれるとってもすてきな方でした」(吉本さんの一番弟子)
 日本視覚障害者団体連合の橋井常務理事は、4年前に東京メトロで視覚障害者が転落死した事故をきっかけに、「視覚障害者に積極的に声をかけて欲しい」と呼びかけてきました。しかし、新型コロナの影響で、「声をかけづらい状況」が生まれていると指摘します。
 「今回のコロナ騒ぎでは、声かけが本当に減ったというのが、自分も声をかけてくださることが減りましたし、仲間に聞いてみると、声かけが減っているというのは事実です。こんなコロナ騒ぎの中でも、視覚障害者を見守り、危険なところで歩いていたら声をかけて助けていただきたいですね」(日本視覚障害者団体連合 橋井正喜常務理事)
 橋井さんたちが強く設置を求めてきた転落防止のホームドアも、阿佐ケ谷駅には設置されていませんでした。JR東日本は、2032年度までに主要路線の243の駅にホームドアを設置する予定ですが、現在は51の駅にとどまっています。
 亡くなった吉本さんの長男はJNNの取材に、「同じようなつらい思いをする方が出ないためにも、ホームドアが一日も早く駅に設置されることを望んでいます」と話しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4041366.html

« 秋篠宮さま ネット開催の「全国高校総合文化祭」にお言葉(31日)NHK | トップページ | 全国で大学への爆破予告相次ぐ 6月から20校超に(31日)産経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋篠宮さま ネット開催の「全国高校総合文化祭」にお言葉(31日)NHK | トップページ | 全国で大学への爆破予告相次ぐ 6月から20校超に(31日)産経 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ