カテゴリー

« 「お金惜しかった」漫画1冊万引の刑事部門の巡査を処分(29日)共同 | トップページ | 小池知事「都市は共通の課題」(29日)NHK »

2020年7月29日 (水)

「いつか解決の時が」 犠牲女子高生の友人―八王子スーパー射殺25年(29日)時事

 東京都八王子市のスーパーで1995年7月、女子高校生ら3人が射殺された事件から30日で25年。アルバイト中に犠牲となった高校生矢吹恵さん=当時(17)=の同級生鷹野めぐみさん(42)は「いつか、ふと解決の時が来るという期待を持ったままでいる」と話す。

中国人の男「八王子で強殺」 知人に告白、所在捜査―スーパー3人射殺

 矢吹さんとは中学校も同じで、共に私立桜美林高校(同町田市)に進学した。「仲良くなるとよくしゃべる子。駅で率先して小さい子を構うなど、とにかく子供が好きだった」と振り返る。保育を学べる進学先を真剣に検討する親友の姿に、「もう将来のことを考えて、しっかりしているな」と感心したという。
 その親友は25年前、突然命を奪われた。「(アルバイト先の)友達と一緒に縛られて、どれだけつらかっただろう。今考えても怖くなる」と涙ぐんだ。
 事件後、同級生らと「銃器根絶を考える会」を結成し、講演活動などに奔走。卒業後も同校の学園祭でパネル展示を毎年欠かさず続けてきた。「今の在校生にも、銃は恐ろしい凶器だということ、先輩が1人殺されているという事実を知ってもらいたい」と力説する。
 「生きていれば保育園か幼稚園の先生になっていて、今も連絡を取り合って食事とかしていたんじゃないか」。未来を奪った犯人には「3人の命と引き換えに何を得たかったのか。少しは後悔したのかと聞きたい」と怒りをあらわにした。
 事件当時は強盗殺人罪に15年の公訴時効があり、一時は捜査打ち切りの危機にも直面した。しかし、法改正により時効は成立3カ月前に撤廃。「首の皮一枚つながった。ほっとした」と振り返った。
 「25年前には分からなかったことが分かるようになっている」と捜査技術の進歩に期待を寄せる。なぜ取材を受け続けるのかとの問いに、「知っていることがある人が、話してみようと心が動くきっかけになるかもしれないから。真相解明を待っている」と力を込めた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072900830&g=soc

« 「お金惜しかった」漫画1冊万引の刑事部門の巡査を処分(29日)共同 | トップページ | 小池知事「都市は共通の課題」(29日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お金惜しかった」漫画1冊万引の刑事部門の巡査を処分(29日)共同 | トップページ | 小池知事「都市は共通の課題」(29日)NHK »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ