カテゴリー

« 摘発かいくぐる大麻リキッド 捜査関係者「剛毛がない」(21日)朝日 | トップページ | 東京都 新たに230人程度感染確認 新型コロナウイルス(21日)NHK »

2020年7月21日 (火)

八王子スーパー強殺、30日で25年 遺留DNA型、指紋…続く捜査(21日)産経

無抵抗の女性3人を射殺する残虐な手口から「銃犯罪のターニングポイント」とされる東京・八王子のスーパー強盗殺人事件。捜査の長期化で新たな証言や物証の収集は困難を極め、犯行に至った背景や動機も絞り込めていない。犯人がパート従業員の稲垣則子さんを狙い襲撃した疑いも浮上する中、警視庁八王子署捜査本部は現場に残されたDNA型や指紋なども突破口に解決を目指す。
 閉店直後のスーパー事務所で起きた凄惨(せいさん)な銃撃事件には多くの疑問点が残る。売上金を狙った強盗犯との見方の一方、犯行時間は極めて短く、現金は奪われなかった。稲垣さんは事件当日の午後9時15分ごろ、事務所から知人男性に電話。約2分後の同17分、スーパーのそばにいた通行人が4発の発砲音を耳にしていた。
「強盗が目的なら2分はあまりにも短すぎる」(捜査幹部)。犯人のものとみられる足跡は、事務所入り口と3人の遺体を結ぶ導線上からしか見つかっていない。侵入直後に金庫へ向かった形跡があるが、室内を物色した形跡は皆無だ。
 捜査本部は、犯人に直結しうる物証を一つ一つ精査する「潰しの捜査」を続けてきた。現場の事務所周辺などから、吸った人物が不明のたばこの吸い殻計13本を発見。11本は元従業員の女性の吸い殻だった。残る2本は事務所外階段近くの通路に落ちており、それぞれ別の銘柄で異なる男性のDNA型が検出されたが、人物は特定されていない。
 粘着テープを使い、短時間で女子高校生2人の口をふさぎ、互いの手首を結び付けた手口からは、周到に役割分担をした複数犯の姿も浮かぶ。稲垣さんは縛られず、1人だけ暴行を加えられている。

続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200721/afr2007210003-n1.html

« 摘発かいくぐる大麻リキッド 捜査関係者「剛毛がない」(21日)朝日 | トップページ | 東京都 新たに230人程度感染確認 新型コロナウイルス(21日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 摘発かいくぐる大麻リキッド 捜査関係者「剛毛がない」(21日)朝日 | トップページ | 東京都 新たに230人程度感染確認 新型コロナウイルス(21日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ