カテゴリー

« 黒川前検事長、起訴猶予 賭けマージャンで罪は認定(10日) | トップページ | 【独自】“第2波”に備え体制強化、1700人投入しコロナ対応へ(10日)TBS »

2020年7月10日 (金)

豪雨で住宅1万3千棟以上に被害 全容把握は長期化か(10日)共同

九州を中心とした記録的な豪雨で、19県の1万3千棟以上の住宅が土砂崩れや浸水で被害を受けたことが10日、総務省消防庁の集計や自治体への取材で分かった。被災地では道路が寸断され、多くの集落が孤立。役場が被災して機能を移した自治体もある。被害はさらに増える見通しで、全容把握は長期化しそうだ。
 熊本、鹿児島両県に大雨特別警報が発表されたのは4日未明。活発な梅雨前線が停滞してその後も雨が続き、大雨特別警報は6日に福岡、佐賀、長崎3県に、8日にも長野、岐阜両県に出された。各地で河川氾濫や土砂災害が相次いだ。
 九州の死者は10日までに63人、行方不明は16人。https://www.47news.jp/national/5000578.html

« 黒川前検事長、起訴猶予 賭けマージャンで罪は認定(10日) | トップページ | 【独自】“第2波”に備え体制強化、1700人投入しコロナ対応へ(10日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒川前検事長、起訴猶予 賭けマージャンで罪は認定(10日) | トップページ | 【独自】“第2波”に備え体制強化、1700人投入しコロナ対応へ(10日)TBS »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ