カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大分川の遺体、旅館業男性と判明 九州豪雨による死者は73人に(25日)共同 »

2020年7月25日 (土)

崖崩れで観光の母娘死亡、長崎 渓谷の遊歩道、1人救出(25日)共同

25日午後3時35分ごろ、長崎県諫早市高来町の「轟の滝」に向かう渓谷の遊歩道で、崖崩れが起きたと110番があった。観光に来ていた母娘3人が巻き込まれ、40代の女性と、娘の10歳未満の女児が死亡した。ほか10代の娘が助け出され、意識はあるという。
 諫早署によると、高さ10メートル、幅20メートルにわたって崩落し、土砂が遊歩道に流れ込んだ。夫婦と子ども3人の計5人で長崎市から訪れており、夫と息子は無事だった。
 気象庁によると、諫早市の7月の降水量は25日までに930ミリを超え、24日午前3時からの1時間にも50.5ミリの雨。その後も小雨が続いていた。
https://www.47news.jp/national/5056638.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大分川の遺体、旅館業男性と判明 九州豪雨による死者は73人に(25日)共同 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大分川の遺体、旅館業男性と判明 九州豪雨による死者は73人に(25日)共同 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ