カテゴリー

« 女性殺害容疑で男を再逮捕 交際めぐりトラブルか、埼玉(25日)産経 | トップページ | 【独自】北朝鮮の「瀬取り」、日米などが国連に報告(25日)TBS »

2020年7月25日 (土)

ALSの女性遺体から鎮静薬検出 市販されず、胃ろう経由で投与か(25日)共同

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者から依頼を受け、薬物を投与し殺害したとして、嘱託殺人の疑いで、いずれも医師の大久保愉一容疑者(42)と山本直樹容疑者(43)が逮捕された事件で、女性の遺体から「バルビツール酸系」の鎮静薬が検出されていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。
 府警は、胃に栄養をチューブで入れる「胃ろう」から鎮静薬を投与したとみている。
 医療関係者によると、バルビツール酸系の薬物はてんかんなどの治療に使用され、市販されていない。大量に投与すると呼吸を抑制し死に至ることもあり、欧米では自殺ほう助団体などが使っている。

https://www.47news.jp/national/5055330.html

« 女性殺害容疑で男を再逮捕 交際めぐりトラブルか、埼玉(25日)産経 | トップページ | 【独自】北朝鮮の「瀬取り」、日米などが国連に報告(25日)TBS »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性殺害容疑で男を再逮捕 交際めぐりトラブルか、埼玉(25日)産経 | トップページ | 【独自】北朝鮮の「瀬取り」、日米などが国連に報告(25日)TBS »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ