カテゴリー

« 海岸に身元不明の男性遺体 手にタトゥー 三重・鈴鹿(19日)産経 | トップページ | 内閣府課長補佐の男を逮捕 薬飲ませ、わいせつ疑い(19日)共同 »

2020年7月19日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日 単位・レベル)
生産者にとっては死活問題だ
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200719203601F1015662  1年かけて丹精込めてつくったサクランボが、一夜にして盗まれてしまった。
 6月29日早朝、山形県東根市で、収穫間近のサクランボ150キログラムが盗まれているのが発見されたのである。盗まれたのは、収穫間近の紅秀峰。約20本の木から150キロ(67万円相当)がもぎ取られていた。
 この許せない犯罪。残念ながら警察には統計的な数字はないが、防犯泥棒大百科サイトによると平成15年には農作物の窃盗被害は1000件を超え、被害額は9700万円にのぼるともみられているという。
 農水省が平成30年度に実施したこんな数字がある。北海道から青森、大阪府など23道府県の市町村、JAなど218機関を対象に実施した農作物の盗難被害状況だ。
 それによると1件あたりの被害額は50万円未満が17㌫で、10万円未満が19㌫など大半は50万円未満。100万円未満は2㌫あった。このことから、今回の山形の被害はいかに大きいかがわかる。
 被害に遭うのはモモが最も多く10件もあった。他にブドウ、キャベツ、白菜、リンゴそしてサクランボがある。
 このため、農家がとった被害防止策で最も多いのはパトロールで33㌫。回転灯の設置が12㌫、センサーが8㌫などがあるがそれでも被害は収まらない。
 これら農作物の生産は1年間に一度。それが、盗まれるなんて農家にとっては死活問題。集落ごとに防犯カメラの設置など都市部並みの対策が必要になっている時代だろう。
 ちなみに盗難に遭った紅秀峰は、昭和54年に山形県で開発されたもので、酸味が少なく糖度の高いのが特徴で大粒サクランボとして人気上昇中だという。路上販売していたら要注意だが、流通過程でチェック方法はないのか?
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20200719205101

1400万円超詐欺被害 愛知・岡崎の70代女性(19日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200719/afr2007190001-n1.html

★「コロナで就職先決まらず」特殊詐欺の“受け子”逮捕 (17日)TBS
★相模原市で特殊詐欺3件発生 封筒から目を離さず被害阻止も (17日)産経
★アポ電関与の男が資産情報提供か (17日)NHK
★「給付金振り込むので…」コロナ便乗詐欺 全国の被害 8400万円 (17日)NHK
★コロナ詐欺被害7千万円 警察庁長官「対策進める」 (16日)産経
★78歳女性から500万円詐取疑い 「受け子」容疑の男逮捕 (15日)産経
★持続化給付金 申請代行に注意、SNSで不審な勧誘(15日)日経
★偽造クレカで商品購入、国外逃亡直前に詐欺グループ逮捕 (13日)TBS
★特殊詐欺、裸足で逃走の男 名古屋で逮捕(11日)TBS
★横浜の80代無職女性 現金1500万円特殊詐欺被害 (9日)産経
★給付金だまし取った疑いで逮捕 郵便局に転居届 関連捜査 石川 (9日)NHK
★特殊詐欺で6637万円被害、過去にも2億2千万円 和歌山の男性 (7日)産経
★10万円給付 オンライン申請で5人分詐取 なりすましか 石川 (7日)NHK


« 海岸に身元不明の男性遺体 手にタトゥー 三重・鈴鹿(19日)産経 | トップページ | 内閣府課長補佐の男を逮捕 薬飲ませ、わいせつ疑い(19日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海岸に身元不明の男性遺体 手にタトゥー 三重・鈴鹿(19日)産経 | トップページ | 内閣府課長補佐の男を逮捕 薬飲ませ、わいせつ疑い(19日)共同 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

留置所

無料ブログはココログ