カテゴリー

« 2020年7月29日 (水) | トップページ | 2020年7月31日 (金) »

2020年7月30日 (木)

2020年7月30日 (木)

営利目的でコカイン所持の疑い 稲川会系組員の男を逮捕(30日)産経

営利目的でコカインを所持したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は30日、麻薬取締法違反(営利目的所持)の疑いで、指定暴力団稲川会系組員の無職、水沼拓哉容疑者(26)=横浜市南区東蒔田町=を逮捕した。容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は16日、同市中区にある貸し倉庫の中に、ポリ袋4袋に入れられたコカイン約97グラム(末端価格約97万円)を営利目的で所持したとしている。
 同課によると、水沼容疑者は「自分で使うつもりで持っていた。売るためではない」などと供述しているが、倉庫内からは小分けにする際に使われるポリ袋や計量器も見つかった。コカインは覚醒剤に比べて効果の持続時間が短く国内での需要は少ないといい、県内における営利目的所持容疑での摘発は今年に入って初めてだという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300027-n1.html

神奈川県警浦賀署の警察官が感染 交番勤務後に発症(30日)産経

神奈川県警は30日、浦賀署の地域課の30代男性巡査が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署での感染者は初めて。
 県警によると、男性巡査は横浜市在住。18~19日に当直勤務の後、発熱があったため、以降は出勤せずに自宅待機していた。23日に味覚障害などの症状が現れ、29日に陽性が判明した。
 男性巡査は交番勤務員で、交番で拾得物の届け出の受理や、地域パトロールを担当していた。勤務時にはマスクを着用するなどの感染対策を行っていたという。感染経路はわかっていない。
 同署では、男性に発熱の症状が確認された19日に、署や交番などの消毒を実施したうえ、男性と接触していた10人の署員を自宅待機とした。これまでに同県警の警察官・職員で感染が確認されたのは計9人となった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300035-n1.html

東京都に“大規模”宿泊型療養施設(30日)TBS

過去最多となる367人の新型コロナウイルス感染が発表された東京都では、病床不足に対応するため、大規模な宿泊型の療養施設が完成しました。
 東京都が30日に確認した感染者は367人で、一日の感染者数としては過去最多を更新しました。300人を超えるのは先週23日に366人となって以来、7日ぶりのことです。このほか、関東では30日、これまでに神奈川県でも過去最多と並ぶ76人の感染が発表されています。
 感染拡大への対応が求められるなか、30日、都内には大規模な宿泊型の療養施設が完成しました。
 「こちらのプレハブ型の施設は、一部屋20平米と、とても広い印象です」(記者)
 医療従事者が常駐して、無症状や軽症の患者などを受け入れる予定で、施設内の140室にはベッドや洗濯機、冷蔵庫のほか、シャワーやトイレも整備されています。また、隣接する体育館にも、ブースで仕切り、100床のベッドが設置されました。
 日本財団が整備したもので、東京都はすでに利用を要請していて、今後、受け入れ開始時期や費用負担などを調整していくとしています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4041381.html

福島 郡山の飲食店爆発 爆風で住宅の窓落ちる 防犯カメラ映像(30日)NHK

爆発が起きた店から南東50メートルにある宗川和興さんの住宅に設置された防犯カメラには、爆発当時の様子が記録されていました。
画面の右側に映っていた宗川さんの住宅は、午前8時56分を回ったところで突然、爆風の衝撃とともにシャッターがゆがみ、2階や3階から窓ガラスや外壁の一部が落ちました。
そして画面の左奥にある現場近くの方角からは白いけむりのようなものが立ちこめてくる様子が映っていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012542031000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

小池知事「極めて危機的事態」酒提供の飲食店など時間短縮要請(30日)NHK

東京都は新型コロナウイルスの対策本部会議を開いて今後の対応を協議し、小池知事は「現状は感染爆発も憂慮される極めて危機的な事態だ」と述べ、酒を提供する都内の飲食店やカラオケ店に営業時間の短縮を要請し、応じた中小の事業者に協力金を支給する考えを示しました。
東京都内で感染の拡大が続く中、都は対策本部会議を開き、幹部職員が今後の対応を協議しました。
このなかで小池知事は「現状は感染爆発も憂慮される極めて危機的な事態で、一定の抑制が必要だ。一方で、これからのコロナとの長い闘いを見据えると、『完全に営業をやめてください』というのは現実的な選択ではない」と述べました。
そのうえで、酒を提供する都内の飲食店やカラオケ店に対して、来月3日から31日までの間、営業時間を短縮し、午後10時までとするよう要請するほか、要請に応じた中小の事業者には協力金として20万円を支給する考えを示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012541381000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_001

国内感染1298人 1日の最多更新、勢い止まらず―東京367人・新型コロナ(30日)時事

国内では30日、新たに1298人の新型コロナウイルス感染者が確認され、1日当たりの過去最多を更新した。国内の感染者は29日に1261人と初めて1000人を超え、感染拡大の勢いが止まらない状況だ。

【詳報】新型コロナ 東京都の状況

 東京都では367人の感染を確認。23日に確認された366人を上回り、最多を更新した。都によると、年代別では20代が147人で最も多く、30代の89人と合わせ全体の約6割を占めた。ただ、40代が53人、50代が30人と若者以外にも感染が広がっている。
 検査結果が出るまで3日程度を要するとされる。連休明けの27日に実施された検査は過去最多の5818件で、検査数の増加が影響したとみられる。
 感染者が確認されたのは35都道府県。福岡県(121人)、兵庫県(53人)、沖縄県(49人)も過去最多を更新した。大阪府で190人、愛知県では160人が陽性と判明した。
 沖縄県の玉城デニー知事は会見で「今回の感染拡大には衝撃的な感覚を覚えている。夜の繁華街でクラスター(感染者集団)が発生しており、飲食を伴う会合は可能な限り控えてほしい」と訴えた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073000765&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

酒気帯び事故の25歳消防士を懲戒免職に コロナで家族以外と飲食自粛要請中(30日)共同

福知山市消防本部(京都府福知山市)は30日、道交法違反(酒気帯び運転)で逮捕された福知山消防署東分署の男性消防士(25)を懲戒免職にしたと発表した。同本部は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて家族ら以外との飲食を自粛するよう職員に求めていたが、男性消防士を含む職員5人が会食に同席していたことが分かり、4人を戒告などの処分とした。
 同本部によると、5人は4日夜、市内で知人らと計10人で会食した。男性消防士は別の店で一人で飲酒後、車で帰宅中の5日午前3時20分ごろ、福知山市内でガードレールに衝突した。
 同本部は職員のうち2人は指導的立場や会食を主催した責任があるとして戒告、他の2人は訓告とした。管理監督責任があるとして上司4人も戒告とした。
 水口学消防長は「信頼を著しく損なう行為でおわびする。改めて全職員に対して法令順守を徹底し、再発防止に取り組む」とコメントした。

https://www.47news.jp/localnews/5075323.html

コンビニで「強盗や。金を出せ」 21万円出させた男を恐喝疑いで逮捕(30日)共同

京都府警西京署は30日、恐喝の疑いで、京都市右京区の男(58)を逮捕した。
 逮捕容疑は30日午前4時ごろ、西京区内のコンビニエンスストアで、アルバイトの男子大学生(19)に「強盗や。金を出せ」と言い、レジや金庫から現金約21万6千円を出させて脅し取った疑い。
 西京署によると、男は店から逃走し、約30分後、280メートル離れた路上で、西京署員に身柄を確保された。「恐喝はしていない」と容疑を否認しているという。
https://www.47news.jp/localnews/5075351.html

嘱託殺人、インターホン画像に顔 発覚恐れ入念に準備したものの(30日)共同

京都の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の嘱託殺人事件で、逮捕された医師は女性患者と事前に打ち合わせを繰り返し、偽名を使って女性宅マンションを訪れるなど、発覚を防ぐために入念な準備を重ねてきた様子がうかがえる。だが、油断したのか、医師2人の素顔や姿がインターホンのカメラに記録されており、容疑者浮上の契機となった。逮捕から30日で1週間となった。

 捜査関係者によると、大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と山本直樹容疑者(43)=東京都=は昨年11月30日夕、京都市のALS患者女性=当時(51)=宅を訪れた。ヘルパーに偽名を名乗り、短時間で現場を後にしていた。
https://www.47news.jp/national/5075319.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル)
刑法犯が激減 (上半期)
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200730202501 F1015659-4 日本警察の犯罪抑止力は衰えない。認知件数が戦後最も少なかった昨年をさらに下回っている。特に5月の減少数が大きく、やはり新型コロナウイルス禍が影響しているのだろうか。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年上半期(6月現在)の刑法犯認知件数は30万7644件で前年同期より5万6010件の減少。
 今年に入り3月は前年より1万0561件も減らし、4月が同2万5359件、5月はなんと4万6985件と続き上半期で5万件台の減少となった。最も認知件数が少なかった昨年5月はその前の年より減ったのは2万7028件だから今年は異常な減り方だ。
 罪種別でみると最も減少したのは窃盗犯で4万5698件も減らしている。中でも非侵入盗が2万3363件の減。
 穿った見方をすれば新型コロナウイルス禍で休業した商店も多いためか万引が5098件も減少している。さらに外出自粛もあつてか街から人が消えたこともあり、置き引きが4184件も減っていることが大きい。
 詐欺も1615件も減らしているほか、凶悪犯にいたっては殺人が-36件、強盗が-16件、放火が-55件、強制性交が-26件と全てで減らしている。
 ランキングは東京の4万1258件、大阪の3万3916件、埼玉の2万2576件、愛知の2万0467件、神奈川の1万7442件と続いている。
 前年より最も減らしたのは東京の-9036件、大阪の-7374件、埼玉の-4540件、愛知の4083件、千葉の3208件と続いた。
 減少幅の増加は必ずしもコロナ禍だけではなく、ここ数年の数字をみると全体的に抑止力が高まっていることも確かなようだ。
   首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20200730203601

 

 

 

 

 

特殊詐欺の「リクルーター」役疑い 会社員の男を逮捕 神奈川県警 (29日)産経 
https://www.sankei.com/affairs/news/200729/afr2007290021-n1.html

狙われる高齢者 コロナ給付金詐欺急増(30日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300006-n1.html

★携帯電話に「宝くじが当選しました」 大分県別府市で架空請求詐欺か 114万円だまし取られる(29日)西日本
★車中拠点の詐欺グループ、別の詐取容疑で再逮捕 「受け子」の会社同僚も(29日)産経
★特殊詐欺の「リクルーター」役疑い 会社員の男を逮捕 神奈川県警(29日)産経
★観光客に多額料金請求容疑 バー経営者逮捕 6億6000万円詐取か (28日)NHK
★民泊拠点に特殊詐欺か 男4人を摘発 大阪府警 (23日)産経
★結婚詐欺容疑で45歳男逮捕 警視庁、7人以上被害か (23日)産経
★警察官のはずが「刑事」漢字で書けず通報、特殊詐欺グループの男逮捕 (23日)TBS
★「だまされたふり作戦」でオレオレ詐欺の受け子女を逮捕 警視庁(22日)産経
★ 持続化給付金を詐取疑いで逮捕 全国初、山梨県警(22日)共同
★83歳女性から自身の管理口座に100万円送金、男を逮捕(21日)TBS
★1400万円超詐欺被害 愛知・岡崎の70代女性(19日)産経
★「コロナで就職先決まらず」特殊詐欺の“受け子”逮捕 (17日)TBS
★相模原市で特殊詐欺3件発生 封筒から目を離さず被害阻止も (17日)産経
★アポ電関与の男が資産情報提供か (17日)NHK
★「給付金振り込むので…」コロナ便乗詐欺 全国の被害 8400万円 (17日)NHK
★コロナ詐欺被害7千万円 警察庁長官「対策進める」 (16日)産経

東京都 新たな感染確認367人 1日の確認数最多に 新型コロナ(30日)NHK

東京都は30日、午後3時時点の速報値として、都内で新たに367人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都内で一日に確認される人数としては、今月23日の366人を上回り、これまでで最も多くなります。
都によりますと、感染が確認された367人は10歳未満から90代の男女で、このうち20代と30代は合わせて236人に上り、全体のおよそ64%を占めるということです。
これで都内で感染が確認されたのは今月だけで6000人を超えて、6003人に上り、全体では合わせて1万2228人になりました。
また重症の患者は、29日と同じ22人だということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540461000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

千葉県 新たに49人の感染確認 新型コロナウイルス17時12分

沖縄 新たに49人の感染確認 4日連続で最多更新 新型コロナ17時11分

奈良県 新たに20代~50代男女7人感染確認 新型コロナ16時48分

栃木県 新たに3人の感染確認 新型コロナウイルス16時47分

宮崎県 新たに11人の感染確認 新型コロナウイルス16時46分

愛知県 新たに153人感染確認 3日連続100人超 新型コロナ16時50分

東京都 飲食店などに営業時間の短縮要請へ 協力金支給の方針(30日)NHK

東京都は、会食などを通じて新型コロナウイルスに感染するケースが相次いでいるとして、酒を提供する都内の飲食店やカラオケ店に営業時間の短縮を要請し、応じた中小の事業者に協力金を支給する方針を固めました。
東京都内では、30日、これまでで最も多い367人の感染が確認されました。
都によりますと、このところ、会食を通じて感染するケースが相次いでいるということです。
このため、都は、酒を提供する都内の飲食店やカラオケ店に対して営業時間を短縮して午後10時までとするよう要請する方針を固めました。
関係者によりますと、要請に応じた中小の事業者には、協力金として20万円を支給する方向で最終調整しています。
要請する期間は8月3日から31日までになる見通しです。
小池知事はこのあと記者会見し、こうした方針を明らかにすることにしています。

官房長官「ガイドラインの順守 要請は各自治体の実情で」

菅官房長官は、午後の記者会見で「政府としては、感染が拡大している都道府県では、新型コロナウイルス対策の特別措置法24条第9項に基づき、まずは接待を伴う飲食店や酒類を提供する飲食店へのガイドラインの順守を要請し、順守しない場合、利用自粛の要請を検討することを求めている」と述べました。
そのうえで「こうした対策による効果を見極めつつ、高齢者の感染状況や重症者の状況を勘案して、ガイドラインを順守していない飲食店に対し、休業の要請を検討することを求めている。各自治体の要請は、それぞれの地域の実情を踏まえて判断されるものと思う」と述べました。
また、最近の感染状況については31日、政府の分科会で専門家から意見を聴く考えを示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012541011000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

6月の熱中症、搬送6336人 死者8人、外出控え暑さ慣れずか(30日)共同

総務省消防庁は30日、熱中症で6月に救急搬送されたのは全国で6336人だったとの確定値を発表した。前年同月に比べ2185人増。死者は3人増の8人で、ともに直近5年間では6月として最多だった。
 新型コロナウイルス感染防止で外出を控えていたため、暑さに慣れていなかったことが影響した可能性もある。消防庁は水分補給などの対策に加え、屋外で人と2メートル以上離れている時はマスクを外すよう呼び掛けている。
 3週間以上の入院が必要となる重症は114人、短期入院が必要な中等症は2329人。年齢別では65歳以上が3781人で、全体の59.7%を占めた。
https://www.47news.jp/national/5074617.html

藤井棋聖に殺害予告 会社員の男を逮捕(30日)産経

将棋の藤井聡太棋聖(18)を名指しして、日本将棋連盟(東京都渋谷区)のウェブサイトに殺害予告を書き込んだなどとして、警視庁原宿署は30日、威力業務妨害容疑で住所不詳、会社員、畠山拓也容疑者(43)を逮捕した。調べに対し、「イラっとしてやった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は7月4日午後11時半ごろ、連盟のウェブサイトの問い合わせフォームに、スマートフォンから「(藤井棋聖が)このまま対局を続けるなら殺害する」などと書き込み、職員らに藤井棋聖の身辺警護をさせるなど、業務を妨害したとしている。
 事件当時、藤井棋聖は棋聖戦五番勝負で2勝しており、タイトル獲得まであと1勝に迫っていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300021-n1.html

福島・郡山の爆発、改装中の飲食店全壊、ガス漏れか 1人死亡 18人重軽傷 周辺規制、避難所開設(30日)産経

30日午前9時前、福島県郡山市島2丁目の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で爆発があった。消防や県警などによると建物が全壊、男性1人の遺体が建物跡から見つかり、18人が重軽傷を負った。うち、40代の女性2人が重傷だが、命に別条はないという。県警はガス漏れがあり、爆発した可能性があるとみて調べる。郡山市は現場付近の住民向けに避難所を開設した。
 県警などによると鉄骨平屋(延べ床面積約164平方メートル)が全壊、壁が吹き飛び骨組みだけが残った。店はプロパンガスを使っていた。新型コロナウイルスの影響で休業、31日に営業再開するため内装工事をしていた。郡山市の会見で消防幹部は「爆発現場で6本のガスボンベが見つかり、うち3本はガスが漏れた状態だった」とした。現場はJR郡山駅から西に約4キロの住宅や飲食店が並ぶ地域。
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300023-n1.html

GPSで居場所確認「見張り」に当たらず ストーカー規正法めぐり最高裁(30日)産経

女性の車に衛星利用測位システム(GPS)を取り付けて居場所を知った行為が、ストーカー規制法の禁じる「見張り」に当たるかどうかが争われた2件の刑事事件で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は30日、見張りについて「機器などを用いても家の付近など一定の場所で動静観察を要するのが相当」とし、GPSで居場所を把握するだけでは該当しないとの初判断を示した。その上で見張りと認めなかった2審福岡高裁判決をいずれも支持し、検察側の上告を棄却した。

 1件目の被告は、当時の妻の車にGPSを取り付けたとして同法違反罪などで起訴。1審福岡地裁はGPSによる位置情報の把握を含め同罪が成立するとして懲役1年としたが、2審福岡高裁は見張りを「視覚など感覚器官を用いた行為」と限定的に判断。実際に近くで妻を注視した行為のみの成立を認め、懲役8月とした。

 もう1件の被告は、元交際相手の女性の車にGPSを取り付け、長期にわたり位置情報を把握し続けたとして起訴され、1審佐賀地裁が有罪と判断。しかし2審福岡高裁は位置情報の把握を見張りと認めず、1審判決を破棄した。ただGPSを取り付ける際に女性がいないかを確認する行為などが見張りと解釈する余地があるとして、審理を地裁に差し戻した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300024-n1.html

福島・郡山の爆発事故で1人死亡 内装工事で休業中、プロパンガス使用 (30日)産経

福島県郡山市の飲食店で起きた爆発事故で、地元消防は30日、1人の死亡を確認したと発表した。

 県警は、爆発があった飲食店は内装工事のため休業中で、31日に営業を再開する予定だったと明らかにした。爆発が起きた郡山市の飲食店はプロパンガスを使っていたという。
 事故を受けて同市は、現場付近の住民向けに避難所を開設した。

【速報】福島・郡山市 飲食店で爆発とみられる事故、1人死亡(30日)TBS

30日午前9時ごろ、福島県郡山市の飲食店で爆発とみられる事故がありました。
 消防によりますと、午前9時ごろ、近くの銀行の行員から「爆発音がした。建物のガラスが割れた」と通報がありました。この事故で1人が死亡、銀行の行員や通行人を含む少なくとも17人がけがをしていて、2人が重傷、15人が軽傷ということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4041092.html

地震を過大評価か、緊急地震速報で震度1以上観測されず(30日)TBS

気象庁は30日午前9時半過ぎ、千葉県南方沖で地震が発生し、関東地方や東海地方を中心とする広い範囲で強い揺れが予想されるとして、緊急地震速報を発表しましたが、実際の震源は鳥島近海で、この地震による震度1以上の揺れは観測されませんでした。
 気象庁は午前9時36分ごろに千葉県南方沖で地震があり、この地震で、震度4以上の揺れに見舞われる可能性があるとして、関東地方や東海地方、伊豆諸島、山梨県、長野県、福島県、新潟県の広い範囲に緊急地震速報を発表しました。しかしその後、この地震による震度1以上の揺れは観測されませんでした。
 気象庁によりますと、震源は千葉県南方沖ではなく鳥島近海で、地震の規模を示すマグニチュードも、当初、緊急地震速報を発表した時点で予想された7.3ではなく、二回り小さい5.8と推定され、津波の心配はなくなりました。地震を過大評価した形で、気象庁は現在、原因を調査しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4041143.html

福島 郡山 飲食店の建物で爆発 少なくとも17人けが 消防(30日)NHK

30日午前9時前、福島県郡山市の飲食店の建物で爆発があり、少なくとも17人がけがをして病院に搬送されています。
警察によりますと、30日午前9時前、福島県郡山市の島2丁目にある飲食店の建物で爆発がありました。
消防によりますと、少なくとも17人がけがをしていて、救急車や消防車両など17台を出してけが人を病院に搬送しています。
17人のうち2人は、自力で歩けない状態だということで、意識があるかなどについては分かっていません。
残りの15人のけがは軽いということです。
近くに支店がある東邦銀行によりますと、銀行員2人とATMを利用していた客2人の合わせて4人がけがをしたということです。
支店は爆発で店内が壊れ、営業できない状態になっていて、銀行員と客は店の外に避難しているということです。
警察によりますと、爆発があった飲食店の建物の近くにはプロパンガスのボンベが複数倒れ、ガスが噴出していたということで、警察は店から半径300メートルへの立ち入りを規制して状況の確認を進めています。

建物 外壁などなくなり鉄骨の骨組みだけに

NHKが撮影した映像では、爆発が起きたと見られる建物は外壁などが無くなり鉄骨の骨組みだけになっていて、建物の周りには爆発で吹き飛んだとみられるがれきが散乱しています。
周囲の住宅やビルも壁に穴があいたり窓ガラスが割れたりしていて、影響は広い範囲に広がっているとみられます。
現場はJR郡山駅から西におよそ4キロの会社の事務所や飲食店、住宅などが密集する地域で、近くには病院や大学、市役所もあります。

ガソリンスタンドの従業員「地震のような揺れと爆発音」

続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

警察の懲戒処分は114人 今年1~6月、逮捕者23人(30日)共同

警察庁は30日、今年上半期(1~6月)に免職や停職などの懲戒処分を受けた全国の警察官や職員は114人(前年同期比1人増)だったと明らかにした。うちセクハラは2人(4人減)、パワハラは前年同期に続き0人、逮捕者は3人増の23人だった。
 処分理由では、セクハラを含む「異性関係」が7人増の42人で最多。「窃盗、詐欺、横領など」が3人減の24人、「交通事故、違反」が5人減の16人など。
 114人のうち、拾得物の横領など業務に関する処分が23人(6人減)、大麻の所持など私生活に関する処分が91人(7人増)だった。
https://www.47news.jp/national/5073031.html

刑法犯の認知件数が最少ペース コロナ影響、今年上半期(30日)共同

今年上半期(1~6月)に全国の警察が認知した刑法犯の件数は前年同期より5万6010件少ない30万7644件(15.4%減)だったことが30日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。戦後最少を更新した昨年を下回るペースとなっている。
 同庁の担当者は「防犯機器の向上に加え、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛でひったくりなど街頭での犯罪が大きく減ったことが影響したとみられる」と分析している。
 警察庁によると、路上強盗や自転車盗など屋外で起きた「街頭犯罪」は計9万9573件(22.4%減)。緊急事態宣言が発令された4月は1万5050件(31.8%減)だった。
https://www.47news.jp/news/5073046.html

狙われる高齢者 コロナ給付金詐欺急増(30日)産経

新型コロナウイルス対策として1人10万円が支給される国の特別定額給付金に便乗し、キャッシュカードをだまし取る詐欺事件が急増している。一部で支給の遅れが指摘されていた大阪では、ここ約1カ月間で実際にだまし取られたケースが14件、被害額は1千万円超に上る。支給が進むとともに被害も増加している格好だが、感染が再び広がる中、別の公的給付金を狙った新手の手口もみられるようになり、警戒が必要だ。

 「給付金を振り込みますが、あなたのキャッシュカードは古いタイプなので引き出せない。新しいカードに変更する必要がある」

 7月9日、大阪府内に住む80代女性宅に、役所の職員や銀行職員を名乗る男らから電話があった。男らは続けて「今はコロナの関係で銀行窓口では手続きができません」と説明。信じた女性は自宅を訪れた男にカード3枚を渡し、現金140万円を引き出された。

 国の特別定額給付金の申請受け付けが始まった春以降、同様の電話が全国で相次いでいる。役所や銀行を名乗り、「カードを交換する必要がある」などと言って、自宅までカードを受け取りに行くのが主な手口だ。
https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300006-n1.html

男子トイレで盗撮、容疑で小学校教諭逮捕 和歌山(30日)産経

 陸上競技場内の男子トイレで個室内を盗撮したとして、和歌山県警和歌山西署は29日夜、県迷惑防止条例違反などの疑いで、小学校教諭、阪本直哉容疑者(26)=和歌山市小雑賀=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、29日午後6時15分ごろ、同市毛見の紀三井寺公園陸上競技場内の男子トイレに侵入し、個室の上からスマートフォンの動画撮影機能で、隣の個室にいた10代男性を盗撮したとしている。
 同署によると、男性が盗撮に気付き、競技場の施設関係者が署に通報した。

https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300005-n1.html

伊豆諸島付近で地震 緊急地震速報も強い揺れなし(30日)産経

気象庁によると、30日午前9時36分、伊豆諸島の鳥島付近で地震があった。この地震で気象庁は緊急地震速報を出したが、震度1以上の揺れは観測されなかった。
 震源地は鳥島近海で、震源の深さは約60キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5・8と推定されている。

https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300004-n1.html

福島 郡山で爆発音と通報 建物に被害 少なくとも11人けが 消防(30日)NHK

福島県の郡山消防本部によりますと30日午前9時前、福島県郡山市の島2丁目付近で、爆発音がしたと通りがかった人から通報がありました。少なくとも11人がけがをしていて、順次、病院に搬送しているということです。
11人のうち2人は自力で歩けない状態だということです。
意識があるかなどについては分かっていません。
また、近くに支店がある福島市に本店がある東邦銀行によりますと、銀行員2人とATMを利用していた客2人のあわせて4人がけがをしたということです。
支店は爆発の影響で店内が壊れ、営業できない状態になっているということで、銀行員と客は店の外に避難しているということです。
また銀行によりますと爆発があったのは近くの飲食店とみられるということです。郡山消防本部は救急車など12台を出して、けが人を病院に搬送しているほか、警察と消防が現場の状況を詳しく調べています。

「地震のような揺れと爆発音」

爆発音がした現場近くとみられる、郡山市島1丁目にあるガソリンスタンドの従業員は「午前9時前くらいに地震のような揺れとドンという大きな爆発音があり、道路上などにガラスが散乱していた。その後、消防が来て『ガスが漏れているので、近づかないでほしい』と言われた」と話していました。
午前9時半前にNHKが撮影した福島県郡山市の現場の映像では、爆発が起きたとみられる建物は外壁などがなくなり鉄骨の骨組みだけになっています。建物の周りには爆発で吹き飛んだとみられるがれきが散乱しています。
また周囲の住宅やビルも壁に穴があいたり、窓ガラスが割れたりしているのが確認できます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

東京都、検査3500件を高齢者・医療者向けに振り分け(30日)日経

東京都は新型コロナウイルスの検査で、高齢者や医療従事者に重点的に実施する方針を固めた。今後、検査能力を現状の1日6500件から1万件に高める予定で、上積みする3500件を高齢者施設への入所者らに優先的に割り当てる。
高齢者は感染した場合に重症化するリスクが高い。また医療機関でクラスター(感染者集団)が発生すれば、外来の中止などで地域の医療体制の崩壊につながる。
都内での1日当たりの検査件数は6月…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62046820Z20C20A7CC1000/

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

【コロナ禍を生きる】脱3密通勤 自転車快走 交通違反も増加(30日)産経

 新型コロナウイルスの感染防止のため、密閉・密集・密接の「3密」を避けようと、移動手段を電車などの公共交通機関から自転車に切り替える人が出てきている。シェアサイクルの利用者が増える一方で、6月末までの自転車の違反取り締まり件数は昨年同期よりも増加しており、利用者のモラルも問われている。(吉沢智美、大渡美咲)
■運動もかねて
 「新型コロナウイルスが流行してから、通勤を電車から自転車に変えた。電動自転車なので、遠くまで行くことができるし、スピードも出るので快適」
 東京都内で働く男性(35)は4月以降、電車通勤をやめ、自宅近くにあるシェアサイクルで通勤している。運動もかねてほぼ毎日利用しているという。
 運営しているドコモ・バイクシェアによると、3月に比べ、4、5月は新規会員数が2割増加。緊急事態宣言解除後は、3月よりも利用回数が増えているとし、「新型コロナの影響でこれまで自転車を利用していなかった人が外出や買い物に利用しているのでは」とする。
 au損害保険が都内在住の自転車通勤者500人を対象に行ったアンケートによると、新型コロナ流行後に自転車通勤を始めた人は23%。そのうちほぼ全員が「公共交通機関での通勤を避けるため」と回答した。
 自転車産業振興協会の5月の調査月報によると、5月の1店舗当たりの平均販売台数は前年と比べてほぼ変わらないものの、「新型コロナウイルス感染症の影響で、電車・バスの利用を避けるために自転車を購入する人が増えた」「遠出ができずサイクリングする家族などで修理も多かった」という声も紹介されている。
■首都高を走行
 自転車の人気が高まる一方で、事故や交通違反、利用者のマナー違反も目立つ。不特定多数の人が共同で使うシェアサイクルのかごに、マスクやペットボトルなどのごみを捨てるケースや、駐輪禁止区域への駐輪なども少なくない。警視庁によると、6月末現在の自転車の交通違反取り締まり件数は1303件(前年同期比343件増)。うち信号無視は652件、踏切立ち入りは457件にも上る。
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/200729/afr2007290036-n1.html

「あおりデマ」投稿男性を強制起訴へ 2人死亡の東名道事故で検察審(30日)西日本

神奈川県の東名高速道路で2017年、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故を巡り、インターネット上に誤った情報を投稿、拡散させたとして名誉毀損(きそん)容疑で書類送検され不起訴となった男性3人のうち1人について、小倉検察審査会は「起訴相当」と議決した。21日付。起訴相当議決は2度目で強制起訴となる。

 議決書は「被害者に対して攻撃的な表現を繰り返した」「(投稿を読んだ)一般人が、被害者が事件に関与したと認識するような投稿をした」と指摘。他の2人は「悪質性が低い」として「不起訴相当」とした。
 男性ら9人は18年、あおり運転をしたとされる男=公判中=が北九州市八幡西区の建設会社「石橋建設工業」に勤めていたなどとする情報をネット上に投稿、拡散させたとして同容疑で書類送検された。全員が不起訴処分となったが、同審査会は昨年10月、全員を起訴相当と議決、うち6人が在宅か略式で起訴された。
 審査を申し立てた石橋建設工業の石橋秀文社長は取材に対し「ネット上での誹謗(ひぼう)中傷が犯罪であるという認識が世間で少しずつ浸透していっているのではないか」と話した。
 福岡地検小倉支部は「コメントする立場にない」とした。(野間あり葉)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/630660/

住居侵入男 逮捕、ネズミの死骸を玄関に・・・(30日)TBS

東京・江戸川区で深夜に住宅の敷地に入ったとして、56歳の男が逮捕されました。この家では10年ほど前から、ネズミの死骸を置かれるなどの嫌がらせを受けていました。
 深夜、住宅の玄関に何かを置く男。覆面マスクのようなものをかぶっています。
 「警察だ! 何をやっているんだ!」「住居侵入現行犯逮捕! いいね?」
 住居侵入の疑いで逮捕されたのは、江戸川区の宇田川栄一容疑者(56)で、28日午前2時半すぎ、近所の住宅の敷地に入った疑いが持たれています。
 玄関に置かれたのは、ネズミの死骸。この家では10年ほど前から嫌がらせを受け続けていたということです。
 「鍵穴に接着剤を入れられたり、ピンポンのところに動物の死骸を置いていったり、玄関先に土を大量にまいたり。7月に入って非常に頻繁に起きるようになったので許せないです」(被害を受けた男性)
 宇田川容疑者は、被害者とトラブルになっていたと話しているということで、警視庁が余罪についても調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4040969.html

介護施設などに布マスク約8000万枚 配布延期を検討 厚生労働省(30日)NHK

介護施設などに配布している布マスクのうち今月下旬から配布予定だったおよそ8000万枚について、厚生労働省は「配布をやめて、ほかの費用に充てるべきだ」といった野党側の批判も踏まえ、配布の延期を検討しています。
重症化しやすいとされる高齢者などへの新型コロナウイルスの感染防止のため、政府は全世帯向けに配布した布マスクとは別に、介護施設や障害者施設の職員や利用者などに布マスクの配布を進めており、厚生労働省は、9月中旬までに配布を終えたいとしています。
しかし、「配布をやめて、不足する消毒液や防護具の費用に充てるべきだ」といった野党側の批判も踏まえ、厚生労働省は今月下旬から配布予定だったおよそ8000万枚について、配布の延期を検討しています。
厚生労働省によりますと、およそ8000万枚の布マスクはすでに製造が終わっているということで、厚生労働省は配布の時期などを検討することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540221000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

【国内感染】29日 1264人の感染確認(30日午前0時現在)NHK

29日、新たに発表された新型コロナウイルスの感染者は、東京都で250人、大阪府で221人など、全国で1264人となり、一日の感染者が初めて1000人を超えました。また、岩手県で初めて、2人の感染が発表され、全国47の都道府県すべてで感染が確認されました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め3万3508人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて3万4220人となっています。また神奈川県、埼玉県、大阪府、東京都であわせて4人が死亡し、亡くなった人は、国内で感染した人が1006人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1019人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。

( )内は29日の新たな感染者です。

▽東京都は11861人(250)▽大阪府は3651人(221)▽神奈川県は2354人(70)▽埼玉県は2196人(53)▽福岡県は1635人(101)▽千葉県は1562人(49)▽愛知県は1452人(167)▽北海道は1404人(5)▽兵庫県は1105人(46)▽京都府は749人(41)▽石川県は316人(2)▽広島県は303人(17)▽岐阜県は295人(30)▽沖縄県は275人(44)▽茨城県は268人(9)▽富山県は236人▽静岡県は234人16)
▽鹿児島県は232人(3)▽奈良県は221人(6)▽群馬県は183人(1)▽栃木県は185人(16)▽滋賀県は163人(6)▽熊本県は157人21)
▽宮城県は153人(4)▽和歌山県は140人(6)▽福井県は135人(6)▽宮崎県は106人(12)▽長野県は102人(4)▽新潟県は98人(2)
▽山梨県は90人▽三重県は90人(10)▽愛媛県は89人▽福島県は87人(1)▽高知県は80人▽山形県は75人▽佐賀県は72人(3)▽岡山県は71人(5)▽大分県は62人▽長崎県は61人(2)▽山口県は53人(2)▽香川県は46人▽青森県は31人▽島根県は29人▽徳島県は23人(7)▽秋田県は18人▽鳥取県は10人(2)▽岩手県は2人(2)です。
このほか、
▽空港の検疫で575人(22)
▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。また、厚生労働省によりますと、重症者は29日の時点で81人となっています。
一方、症状が改善して退院した人などは、
▽国内で感染した人が2万3507人、
▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて2万4166人となっています。
また、今月26日には速報値で1日に9203件のPCR検査が行われました。

※集計は後日修正される可能性があります。
※福岡県が7月25日の感染者数を1人減と訂正。
※在日米軍の感染者は含めていません。

強引取り立て、勤務先にも コロナ禍で相談急増(30日)時事

給与ファクタリングをめぐっては、国民生活センターなどに「勤務先まで督促の電話がかかって来た」といった相談が相次ぎ、専門家は安易に利用しないよう注意を呼び掛けている。
 センターによると、給与ファクタリングに関する相談は2018年11月以降、80件以上寄せられた。「執拗(しつよう)な取り立ての電話が家族全員に来る」「『親の所へ行く』と荒い口調で言われた」などがある。
 中小企業向けに正規の債権買い取りサービスを行う業者らでつくる「日本ファクタリング業協会」(東京)によると、昨年10月~今年2月までの相談件数は50~70件台で推移していたが、3月に入り220件に急増。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出された4月は234件に上った。
 東京や大阪などでは、業者に返金を求める訴訟も起こされている。原告代理人で大阪市の前田勝範司法書士は「利用者の弱みにつけ込んで高金利を巻き上げており悪質。給与の前借りのような感覚で安易に利用すると危険だ」と指摘している。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072901149&g=soc

「GoTo出張」やめて 公務員に要請―観光庁(30日)時事

国内旅行代金を補助する観光需要喚起策「Go To トラベル」をめぐり、観光庁は各府省庁に対し、国家公務員の公費出張には利用しないよう求める通知を出した。地方公務員に同様の対応を取ってもらうため、自治体にも伝えた。

GoTo新規「除外」なら客負担 予約済みの割引分―観光庁が方針

 通知は17日付。公費出張に活用すれば「一般の旅行者に給付されるべき割引原資を減少させる」として、利用の自粛を要請した。各府省庁が所管する独立行政法人でも利用を控えるよう呼び掛けた。
 観光庁は、この事業では氏名や購入した旅行商品、宿泊施設が記録されるため、出張に利用しても発覚すると説明している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072900876&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

児童虐待相談、過去最多5240件 関心の高まりが要因、京都府内2019年度(30日)共同

京都府と京都市はこのほど、府内の2019年度の児童虐待相談件数を発表した。府内の合計は前年度比23.8%増の5240件で、4年連続で過去最多を更新した。近年の深刻な虐待事件によって社会の関心が集まったことが主な要因とみられる。
 虐待の種別は、暴言を吐いたり、子どもの前で配偶者に暴力を振るったりする「心理的虐待」が2775件(うち京都市1233件)が最も多く、「身体的虐待」1051件(同533件)、育児放棄などの「ネグレクト」742件(同272件)、「性的虐待」30件(同13件)が続く。性的虐待を除き全種別で前年度を上回った。

https://www.47news.jp/localnews/5072166.html

SNSで救助要請…自治体で対応に差 デマや埋没、確認に難題残る(30日)西日本

九州各地を襲った記録的豪雨では、インターネットの会員制交流サイト(SNS)上で住民の安否確認や救助要請の書き込みが相次いだ。消防などへの通報が集中して電話がつながらない中、SNSでSOSを訴える例は近年少なくない。そうした情報を救助につなげられるかは自治体次第。大きな被害が出た熊本、大分両県では、SNSの活用を巡り対応が分かれた。

« 2020年7月29日 (水) | トップページ | 2020年7月31日 (金) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ