カテゴリー

« 2020年7月26日 (日) | トップページ | 2020年7月28日 (火) »

2020年7月27日 (月)

2020年7月27日 (月)

千葉県などに爆破予告メール(27日)産経

千葉県と千葉市、同県富津市は27日、庁舎への爆破予告があったと発表した。いずれも小型爆弾3個を仕掛けたという内容で、爆破予告時刻も同じ「30日午後0時8分」。27日に行った点検では各庁舎とも不審物は発見されなかった。
 爆破予告の対象は県が県庁舎、千葉市が市教育委員会、富津市が同市役所で、不祥事への不満を動機に挙げている。いずれも27日未明にメールで送られてきた。各自治体では県警に通報するとともに、警戒を強化している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270025-n1.html

災害に備え、オフロード白バイが大規模訓練 警視庁(27日)産経

首都直下地震など大規模な災害に備え警視庁が配備するオフロード白バイの訓練が27日、夢の島総合訓練場(東京都江東区夢の島)で行われ、白バイ隊員らがタイヤや車両などが置かれ被災地を想定した起伏の激しいコースを走行した。
 警視庁は平成23年の東日本大震災をきっかけに、26年、悪路でも走行可能なオフロードタイプのバイク10台を導入。緊急走行が可能な白バイに指定し、災害時にも道路状況などを素早く把握することを目指す。オフロードバイクを白バイとして活用するのは全国で警視庁だけで、28年の熊本地震などにも派遣された。
 坂口拓也交通部長は「災害が起こったときに一つでも多くの緊急交通路を迅速に確保できるかが、その後の国の将来を左右する。現状に満足することなく訓練を重ねることを期待する」と訓示した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270026-n1.html

10代女性に性的暴行 消防職員4人、容疑で逮捕(27日)産経

埼玉県警大宮署は27日、酒に酔った女性に集団で性的な暴行をしたとして、準強制性交の疑いで、いずれも同県内の消防組合などに勤務する消防職員4人を逮捕した。認否は明らかにしていない。
 逮捕されたのは、草加八潮消防組合職員の小竹貴也容疑者(23)、川越地区消防組合職員の加来祐幸容疑者(25)、同県戸田市消防本部職員の加藤駿容疑者(23)、さいたま市消防局職員の島村祐希容疑者(23)。

 逮捕容疑は、昨年11月2日未明、さいたま市大宮区のカラオケ店で、泥酔状態の県内の10代女性に性的な暴行をしたとしている。女性は4人と面識がなかったという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270029-n1.html

コロナ特措法に批判相次ぐ(27日)西日本

全国知事会は27日、地方分権の在り方に関する研究会会合を東京都内で開いた。新型コロナウイルス特別措置法に基づき知事が休業要請する際、国が事前協議を求めていることに対し「法令で定めた地方の権限を、運用で変更できるのはどうなのか」(湯崎英彦広島県知事)といった批判が相次いだ。自治体の感染対策では独自条例を使いこなすべきだとの指摘も出た。
 研究会は有識者と知事で構成。11月に予定する全国知事会議に向け、国への提言をまとめる。
 特措法によると、知事は感染拡大防止のため事業者に休業を要請できるが、政府はコロナ対策に関する対処方針に自治体との事前協議を盛り込んだ。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/629930/

自宅アパート階段踊り場で大麻草栽培容疑 女子高生逮捕(27日)朝日

自宅のアパートで大麻草を栽培したとして、南魚沼署と新潟県警組織犯罪対策1課は、中越地方の女子高校生(19)を大麻取締法違反(栽培)の疑いで逮捕したと27日、発表した。「自分が使うためだった」と容疑を認めているという。
 同署によると、3月下旬ごろから今月7日まで、自宅アパートで大麻草を栽培していた疑い。海外のサイトで大麻の種を購入し、共用の階段踊り場で3鉢の大麻草を育てていたという。
https://www.asahi.com/articles/ASN7W6V5ZN7WUOHB00N.html

東京 品川区 飲食店の従業員や客6人がコロナ感染 クラスター(27日)NHK

東京 品川区は、区内にある複数の飲食店の従業員と客の合わせて6人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、この地域で感染者の集団=クラスターが発生したと発表しました。
感染が確認されたのは、品川区東大井5丁目にある4つの飲食店の従業員や客の合わせて6人です。
区によりますと、今月17日にこの地域の店を利用した客1人の感染が確認され、その後この客が利用した3つの店と、同じ地域にある別の店の合わせて4つの店舗で、従業員や客、合わせて5人の感染が相次いで確認されたということです。
この地域にはおよそ200軒の飲食店があり、店が小さく客どうしの距離が近い店が多いうえ、1日で複数の店に立ち寄る客も少なくないことから、区ではこの地域で感染者の集団=クラスターが発生したと判断したということです。
区では今後濃厚接触者の調査を進めるとともに、28日からこの地域にある飲食店を保健所の職員が個別訪問して、注意喚起や感染予防の具体的な対策をとるよう呼びかけることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012535321000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

東京 新たに131人の感染確認 100人以上は19日連続 新型コロナ(27日)NHK

東京都は27日、都内で新たに131人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染確認が100人以上となるのは19日連続で、都内では今月だけで5000人を超えました。
東京都は27日、都内で新たに10歳未満から80代までの男女131人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が200人を下回るのは7日ぶりですが、100人以上は19日連続です。
131人のうち、20代と30代はあわせて79人で全体60%を占め、40代と50代は合わせて34人で全体の26%となっています。
また、131人のうち、40%にあたる52人は、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、残りの60%の79人は、これまでのところ、感染経路がわかっていないということです。
これで、都内で感染が確認されたのは、今月だけで5000人を超えて5120人にのぼり、全体では合わせて1万1345人になりました。
また都によりますと、重症の患者が26日より1人増えて19人となったということです。
一方、27日に死亡が確認された人はいませんでした。

小池都知事「自宅療養の在り方も検証」

東京都の小池知事は、都内でこのところ家庭内での感染が相次いでいることについて「家庭内で夫や妻から感染する人がいる。自宅療養の在り方もよく検証して、感染症の防止のためにどのような形が最もよいのか、現場の声も聞きながらより実効性のある対策を打っていきたい」と述べました。
また、重症の患者については「きょうは1人増えて19人になった。前回の感染拡大のときもそうだったが、重症の人が少し遅れて出てくる。医療現場の皆さんが大変な苦労をして防いでいるが、やはり重症者を出さないことが最も大事だ」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534231000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

3人はね「殺したかった」 1人死亡、運転の男逮捕―愛知県警(27日)時事

27日午後2時半ごろ、愛知県豊橋市の県道で、乗用車が除草作業をしていた男性3人をはねた。運転していた男が駆け付けた県警豊橋署員に「殺したかった」と話したため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

「あおり運転」男、罪認める 常磐道暴行「妨害と感じた」―水戸地裁

 3人は病院に搬送されたが、交通誘導をしていた40代とみられる男性1人の死亡が確認された。残る2人には意識があるという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072700952&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

16歳の女子高生2人に接待させた疑い 飲食店経営者と19歳少女を逮捕 滋賀(27日)共同

滋賀県警近江八幡署は27日、風営法違反(無許可営業、年少者雇用)の疑いで、近江八幡市中村町、飲食店の実質的経営者の男(38)と東近江市の同少女(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀し、滋賀県公安委員会の許可を得ないで今年2月25日~4月3日、経営する近江八幡市内の飲食店で接待などの風俗営業を行い、同2月25日~3月17日に当時16歳の少女、4月3日に当時16歳の女子高生計2人をホステスとして雇用し、客に接待させた疑い。
https://www.47news.jp/localnews/5063094.html

東急全車両に新たな“目” 通信可能カメラで犯罪防ぐ(27日)共同

東急電鉄は、発光ダイオード(LED)の蛍光灯と一体で、データ通信が可能な新型の防犯カメラを同社の車両約1200両全てに配備した。従来は車両内のカメラから記録媒体を抜き出し、持ち帰る必要があった。新型は携帯電話大手ソフトバンクのシステムを使い、指令所からほぼリアルタイムで様子を確認できる。設備の破損や痴漢などの犯罪抑止が狙い。
 東急によると、車両にカメラが作動中と示すステッカーを掲示。映像を確認できる社員を限定し、乗客のプライバシーに配慮するとしている。
https://www.47news.jp/national/5062826.html

両陛下、経済団体から進講 コロナ禍の企業への影響(27日)共同

天皇、皇后両陛下は27日、住まいの赤坂御所で、新型コロナウイルス禍が企業活動へ及ぼす影響や課題などについて、経団連の古賀信行審議員会議長と日本商工会議所の三村明夫会頭、経済同友会の桜田謙悟代表幹事から進講を受けられた。
 両陛下は4月末、新型コロナが国内外の経済に与える影響について、日本経済研究センターの岩田一政理事長から説明を受けている。7月になって、生活困窮者や子どもの貧困などについても話を聴いた。
https://www.47news.jp/national/5062704.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
街頭犯罪の少年検挙者が増える 東京
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200727204301 F1015681    埼玉県内では16歳の少女が交番を訪れて警察官に包丁を突きつけたり、23歳の男性に架空の大麻売買を持ち掛けて集団暴行して現金を奪った17、18歳の高校生が大阪府警に逮捕されるなど、少年による事件は後を絶たない。以下は、今年に入り都内で発生した少年事件のほんの一例だ。
★ 「ゲーム機買い替えてあげる」 女児誘拐未遂容疑で男子高校生逮捕 警視庁(13日)産経
★拳銃自殺の生徒自室から実弾50発以上見つかる 警視庁、入手経路捜査 (11日)産経
★女性の手足縛り現金奪った疑い、少年4人のグループ逮捕(20日)TBS
★民家強盗、3人目の少年を逮捕 犯行主導か 警視庁(1日)産経
★東日暮里でコンビニ強盗、男子高校生を逮捕(21日)TBS
★小学生の万引き、中学生を逆転 キャッシュレス一因?(15日)日経
… … … … …
 警視庁によると令和2年上半期(6月)で、刑法犯で検挙・補導された少年は1631人にものぼった。刑法犯の総検挙人員1万2029人のうち13.6㌫を占めている。
 このなかで街頭犯罪の認知件数は減少しているものの、少年の検挙・補導人員は254人で、前年同期より63人(33.0㌫)も増加している。
 刑法犯少年の検挙・補導人員は、平成22年以降、減少しているが、今年上半期のひったくり事犯での検挙・補導は12人で昨年同期より10人増えてしまった。また、今、社会問題の特殊詐欺では65人が検挙・補導されたが、これは同22人の減少だった。
 問題は万引き事犯。543人の検挙・補導で前年より109人の減少だったが、窃盗犯全体のうち58.4㌫を占めており、高い割合にあることだ。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20200727204501
★民泊拠点に特殊詐欺か 男4人を摘発 大阪府警 (23日)産経
★結婚詐欺容疑で45歳男逮捕 警視庁、7人以上被害か (23日)産経
★警察官のはずが「刑事」漢字で書けず通報、特殊詐欺グループの男逮捕 (23日)TBS
★「だまされたふり作戦」でオレオレ詐欺の受け子女を逮捕 警視庁(22日)産経
★ 持続化給付金を詐取疑いで逮捕 全国初、山梨県警(22日)共同
★83歳女性から自身の管理口座に100万円送金、男を逮捕(21日)TBS
★1400万円超詐欺被害 愛知・岡崎の70代女性(19日)産経
★「コロナで就職先決まらず」特殊詐欺の“受け子”逮捕 (17日)TBS
★相模原市で特殊詐欺3件発生 封筒から目を離さず被害阻止も (17日)産経
★アポ電関与の男が資産情報提供か (17日)NHK
★「給付金振り込むので…」コロナ便乗詐欺 全国の被害 8400万円 (17日)NHK
★コロナ詐欺被害7千万円 警察庁長官「対策進める」 (16日)産経
★78歳女性から500万円詐取疑い 「受け子」容疑の男逮捕 (15日)産経
★持続化給付金 申請代行に注意、SNSで不審な勧誘(15日)日経
★偽造クレカで商品購入、国外逃亡直前に詐欺グループ逮捕 (13日)TBS

名古屋市 感染者と接触 健康観察の対象が1100人 新型コロナ(27日)NHK

新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、名古屋市の河村市長は、感染者と接触するなどして健康観察の対象になっている人が市内でおよそ1100人いることを明らかにしました。
また愛知県の大村知事は、県としても新型コロナウイルス対策を盛り込んだ独自の条例を制定する考えを表明しました。
27日の記者会見で、河村市長は26日までの1週間に市内で新たな感染者が262人出たことに触れ、「非常に憂慮すべき局面だ」と述べました。
そのうえで、感染者と接触するなどして健康観察の対象になっている人が、市内でおよそ1100人いることを明らかにしました。
また、市内の繁華街で若者たちを中心に感染が相次いでいることを受け、「飛まつの集中を避けるために、お店もお客さんもどんちゃん騒ぎはやめてもらいたい」と呼びかけました。

続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534781000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

STU48の福引券偽造疑い 男2人を逮捕、広島(27日)産経

広島西署は27日、女性アイドルグループ「STU48」が出演したライブ会場で使える福引券を偽造したとして、私文書偽造の疑いで、配達員、小山瑠偉容疑者(25)=兵庫県加古川市別府町=と、専門学校生、戸田周平容疑者(20)=福岡市早良区藤崎=を逮捕した。
 逮捕容疑は26日午後1時ごろ、広島市中区の印刷店で福引券をカラーコピーして126枚を偽造したとしている。2人が福引券を使った際に不審に思ったイベント会社からの110番で発覚した。
 広島西署によると、2人は過去にイベントを通じて知り合った。福引券は1枚500円のステッカーを購入した際の特典で、同日広島市内で開かれたライブ会場で行われる福引大会に1枚につき1回参加でき、当たればサイン入りのTシャツなどがもらえる仕組みだった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270015-n1.html

あおり運転3事件、全て認める 44歳男、強要と傷害の罪(27日)産経

茨城県守谷市の常磐自動車道で昨年8月に起きたあおり運転殴打など3つの事件で、強要と傷害の罪に問われた会社役員、宮崎文夫被告(44)の初公判が27日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で開かれた。被告は「間違いありません」と起訴内容を全面的に認め、弁護側も「公訴事実に争いはない」と述べた。
 法律上の明確な定義がなかったあおり運転を「妨害運転」と規定し厳罰化した改正道交法施行前で、異例の強要罪を適用した事件。争点は量刑となる。検察側の求刑や地裁の判断が注目される。
 検察側は冒陳陳述で、3事件はいずれも、被害者の車が進路妨害したと感じた被告が「腹を立てて犯行に及んだ」と主張した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270019-n1.html

飲酒運転の摘発急増 北上市内20日現在、前年同期比倍増19人(27日)岩手日報

北上市内で飲酒運転の摘発者が急増している。今年は20日現在で前年同期比2倍超の19人に上り、その約80%が同市在住者。4月には交通死亡事故が発生したほか、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言が解除された5月以降に深刻化している。

 この「異常事態」を受け、北上署(千田敬喜署長)は取り締まりや啓発活動を強化する緊急対策に乗り出す。
https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/7/27/82176

オイル漏れで羽田空港滑走路閉鎖 日航機、着陸前に不具合と連絡(27日)共同

27日午前9時40分すぎ、羽田空港に着陸した熊本発日航622便ボーイング737のメインギア付近からオイルが漏れているのが確認された。4本ある滑走路のうちD滑走路が午後0時半ごろまで閉鎖。影響で計20便に最大15分の遅れが出た。

 国土交通省東京空港事務所によると、乗客乗員にけがはなかった。着陸前にオイル関連の不具合があると管制に連絡があった。同事務所や日航が詳しい状況を調べている。
https://www.47news.jp/national/5061607.html

東京 新たに131人の感染確認 100人以上は19日連続 新型コロナ(27日)NHK

東京都によりますと、27日、都内で新たに131人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。1日の感染の確認が200人を下回るのは7日ぶりですが、100人以上は19日連続です。これで都内で感染が確認されたのは合わせて1万1345人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534231000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

長崎 諫早 新たに1人感染確認 県内計53人に 新型コロナ14時22分

静岡 浜松 新たに14人の感染確認 県内延べ200人に 新型コロナ12時35分

広島 新たに2人の感染確認 県内延べ263人に 新型コロナ11時31分

広島 新たに2人の感染確認 県内延べ263人に 新型コロナ11時31分

「騒ぐとけがする」脅し5万円強奪 東京・池袋で強盗(27日)産経

東京都豊島区のマンション駐輪場で26日夜、住人の50代の女性が、男に現金を脅し取られる事件があり、警視庁池袋署は強盗容疑で捜査している。
 26日午後10時40分ごろ、同区西池袋のマンション駐輪場で、住人の女性が男に刃物のようなものを突き付けられ「金目の物を出せ」「騒ぐと怪我するよ」と脅され、約5万円などが入ったバッグを奪われた。
 男は女性の手足を結束バンドで縛り逃走。女性にけがはなかった。同署によると、男は30代ぐらいでフード付きの上着を着ていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270017-n1.html

ホーム歩いていた視覚障害の男性 線路に転落 死亡 東京 杉並区(27日)NHK

26日、東京のJR阿佐ヶ谷駅で、男性がホームから転落し死亡しました。男性は目が不自由だったということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。
警視庁によりますと、26日午後3時前、東京 杉並区のJR阿佐ヶ谷駅で、ホームを歩いていた男性が線路に転落しました。
男性はホームに上がろうとしましたが、直後に進入してきた電車にはねられ、死亡しました。
死亡したのは、小平市のマッサージ業、吉本充伸さん(51)で、目が不自由だったということです。
現場のホームには点字ブロックはありましたが、ホームドアは設置されていませんでした。
ホームからは、吉本さんのものとみられる白いつえが見つかっていて、家族の話では阿佐ヶ谷駅の近くで高齢者にマッサージのボランティアをするために出かけていたということです。
警視庁は、事故の詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534551000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

常磐道などであおり運転 会社役員の被告 起訴内容認める(27日)NHK

茨城県の常磐自動車道や愛知県と静岡県の高速道路であおり運転をしたとして強要などの罪に問われている44歳の会社役員の初公判が水戸地方裁判所で開かれ、被告は起訴された内容をいずれも認めました。
会社役員の宮崎文夫被告(44)は、去年8月、茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をして会社員の男性の車を本線上に無理やり停車させ、男性を殴ってけがをさせたとして強要と傷害の罪に問われています。
また、この前の月には、愛知県岡崎市と静岡県浜松市の高速道路でもあおり運転をしたとしてそれぞれ強要の罪に問われています。
初公判は午後1時半ごろから始まり、宮崎被告は「間違いありません」などと述べ、起訴された内容をいずれも認めました。
被告は黒のスーツに白いシャツ姿で法廷に入り、証言台の前でまっすぐ前を向きはっきりとした口調で答えていました。
27日はこのあと被告人質問などが行われる見通しです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534571000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

香川県警職員の47歳男逮捕 麻薬特例法違反疑い(27日)共同

香川県警は27日、麻薬特例法違反の疑いで、同県警職員で高松北署警務課主任の行友了容疑者(47)=高松市=を逮捕した。「捜査に影響がある」として認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は、1月13日午後9時15分ごろ、高松市内のドラッグストア駐車場で、インターネットを通じてやりとりしていた相手から、覚醒剤のような薬物を譲り受けた疑い。
 県警は、取引相手や金銭のやりとりの有無などについて「捜査中」としている。
 河合潤一郎首席監察官は「極めて組織性の強い薬物犯罪」とし、「警察職員が逮捕されたことは遺憾。捜査で明らかになった事実に即して厳正に対処する」と述べた。
https://www.47news.jp/national/5061721.html

知人男性殺害疑い、トルコ国籍の男逮捕 埼玉・蕨(27日)産経

埼玉県警蕨署は27日、トルコ国籍の知人男性を刃物で刺して殺害したとして、殺人の疑いで、トルコ国籍の無職、タフタビチェン・メメット容疑者(40)=同県蕨市塚越=を緊急逮捕した。「自分がやったことは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は26日午後11時~同25分ごろ、自宅アパートで、近くに住む無職のアルドゥチ・ギョクハンさん(38)の首や胸を刃物で刺し、殺害したとしている。容疑者は事件後に近くの交番に出向き、備え付けの緊急電話から「友人を刺した」と署に通報した。
 署によると、容疑者は、アルドゥチさんら知人数人と自宅で酒を飲んでいた。2人を残して買い物に出ていた知人たちが戻ったところ、室内でアルドゥチさんが血を流して倒れ、容疑者は姿を消していたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270005-n1.html

児相6割に警察官配置 設置自治体、虐待の対応強化で(27日)産経

児童相談所(児相)を設置している全国の72自治体の約6割が、児相に現職警察官を配置していることが26日、産経新聞の調査で分かった。虐待疑いの通告が右肩上がりに増える中、児相では的確な危険度判断や警察との協力が重要になり、人事交流で連携を深めようとしている取り組みの実態が明らかになった。

 平成30年度の児相の虐待対応件数は約16万件。警察が積極的に家庭に関わり、児相に通告するようになったことを背景に10年前の3・5倍以上に増え、過去最多を更新した。この間、虐待で死亡した子供は半数近くに減少。児相の権限も強化され、両組織の家庭介入は効果を上げてきたが、それでも幼い子供が犠牲となる事件は後を絶たない。

 今年4月には改正児童虐待防止法が施行され、「しつけ」と称して体罰を行うことが禁止。親が暴力を正当化するケースは多いが、社会として虐待を許さない姿勢がより明確化された。さらに、東京都大田区で6月、梯稀華(かけはし・のあ)ちゃん(3)を放置し死亡させたとして逮捕された母親の沙希容疑者(24)は、自身も幼少期に親から虐待を受けていたとされ、世代間の「連鎖」を絶つことも喫緊の課題となっている。

 一方、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた影響で、児童虐待が増加するとの懸念も出ている。

 休校が続いた影響で、虐待の兆候をつかむ学校の目がなくなり、児相への通告件数が減少したところもあった。感染リスクを理由に児相の訪問や面談を断る家庭も相次いだとされ、警察など他機関との連携により、迅速かつ的確に対応する必要性が高まっている。

続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270004-n1.html

愛知、コロナ対策条例制定へ 独自の緊急宣言可能に(27日)共同

愛知県の大村秀章知事は27日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症対策に関する条例案を9月議会に提出する方針を表明した。新型コロナ特別措置法に基づく政府の対策本部が未設置でも、条例に基づき県が対策本部を設置し、独自の緊急事態宣言を出したり、不要不急の外出自粛や多数が利用する施設の使用停止を求めたりできるようにする。
 要請に従わない場合の罰則は設けない。大村知事は「権利を縛って罰則をかけるには法律が必要だ」と述べ、国が法改正で対応すべきだとの考えを示した。
 都道府県レベルでのコロナ対策に関する条例は、東京都や長野県、岐阜県が既に制定している。
https://www.47news.jp/news/5061565.html

阪神高速で停車のパトカー炎上 兵庫県警、けが人なし(27日)共同

27日午前10時40分ごろ、兵庫県西宮市の阪神高速道路神戸線下りで、スピード違反取り締まりのため道路脇に止めた県警高速隊パトカーのエンジンから火が出た。高速隊や消防によると、約30分後に消し止め、けが人はいない。
 高速隊によると、パトカーには隊員2人が乗車。高速を走っていた車のスピード違反を確認し、道路脇の非常駐車帯に誘導して停車させた。隊員1人が降車し、もう1人が車内に残っていると異臭がした。エンジンを止めたが火が出たという。
 現場は阪神高速神戸線の武庫川インターチェンジ(IC)―西宮IC間。
https://www.47news.jp/news/5061571.html

同僚から20万円窃盗、免職 青森駐屯地の陸士長(27日)産経

陸上自衛隊青森駐屯地(青森市)は27日、同僚の男性隊員2人から現金計20万円を盗んだとして、第9通信大隊所属の男性陸士長(19)を懲戒免職とした。「遊興費が欲しかった」と話しているという。
 駐屯地によると、昨年10月ごろ~今年3月1日、駐屯地内で現金を盗んだ。被害に遭った隊員が上司に報告し発覚。警務隊が5月19日、窃盗容疑で書類送検した。

23歳母、3歳長男の暴行死認める 京都地裁初公判(27日)産経

京都市の自宅で平成30年、当時3歳の長男を暴行し死亡させたとして傷害致死罪に問われた無職小野詩織被告(23)の裁判員裁判初公判が27日、京都地裁(入子光臣裁判長)で開かれ、小野被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で「夫の無関心により3人の子育てを1人で担っており、家計も苦しくストレスが高まっていた」と指摘。「日常的に暴行を加えており、悪質性が高い」と主張した。 起訴状などによると、小野被告は30年12月5日、自宅で長男の藤原慈安(じあん)ちゃんを突き飛ばし後頭部を何かに打ち付けさせるなどの暴行を加え、同19日に同市の病院で低酸素脳症で死亡させたとしている。慈安ちゃんには、頭のほか体にも複数のあざがあった。
 京都府警は昨年7月、父親の男性(23)と小野被告を傷害致死容疑で逮捕。事件当時、男性は外出しており、京都地検が同8月、嫌疑不十分で不起訴処分とした。
https://www.sankei.com/affairs/news/200727/afr2007270009-n1.html

落雷 貨物便が成田に緊急着陸(27日)NHK

27日未明、成田空港を出発してアメリカに向かっていた日本貨物航空の機体が飛行中に落雷に遭ったために成田に引き返し、緊急着陸するトラブルがありました。
航空会社が、機体が損傷していないかなどを詳しく調べています。

国土交通省成田空港事務所などによりますと、26日午後11時半前に日本貨物航空134便、ボーイング747型機が成田空港からアメリカのアンカレジに向けて離陸しました。
しかし、およそ20分後に機体が太平洋上空の高度およそ6700メートルを飛行していたところ落雷に遭ったために成田空港に引き返すことになり、27日午前1時前に緊急着陸を行ったということです。
この機体は貨物便で、乗員5人が乗っていましたがいずれもけがはなかったということです。
航空会社が機体が損傷していないかなどを詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20200727/1080011712.html

外国人男性死亡 いきさつを捜査(27日)NHK

26日夜おそく、埼玉県蕨市のアパートの1室で、30代くらいの外国人の男性が血を流して倒れているのがみつかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。
警察は室内にいた外国人数人から事情を聴くなどして詳しいいきさつを調べています。

26日午後11時半すぎ、蕨市塚越2丁目のアパートの1室で「男性が刃物のようなもので切られて倒れている」と30代の外国人の男性から消防に119番通報がありました。
駆けつけた救急隊員が血を流して倒れている30代くらいの外国人の男性を見つけ病院に搬送しましたが、死亡が確認されたということです。
警察によりますと、通報した男性は現場のアパートの部屋にいた外国人男性数人のグループから「早く来てくれ」と呼ばれて訪ねたところ、室内で倒れている男性を見つけたと話しているということです。
警察は、室内にいた数人から事情を聴くなどして、男性が死亡した詳しいいきさつを調べています。
現場はJR蕨駅から東に500メートルほどの住宅街です。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200727/1000051946.html

逃げた競走馬、一般男性が捕まえる 岩手、けが人なし(27日)産経

26日午後0時5分ごろ、岩手県奥州市の水沢競馬場の厩舎(きゅうしゃ)エリアで、輸送車に乗せようとした競走馬1頭が逃げ出した。馬は約600メートル先の国道で一般男性が捕まえ、厩務員に引き渡した。けが人や車両との接触はなかった。
 岩手県競馬組合によると、逃げたのは千葉幸喜厩舎のスガノブリランテ=牡5歳。盛岡市の盛岡競馬場のレースに出走するため輸送車に乗せようとしたところ、興奮して逃げたという。
 馬装具で舌を切り出血したため、レースには出られなかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200726/afr2007260019-n1.html

東京の空に虹色の雲 環水平アークが出現(27日)日経

東京都内上空で観測された「環水平アーク」(26日、東京・東新橋から撮影)=共同

雲が虹色に染まる「環水平アーク」が、梅雨の晴れ間の東京都内で26日観測された。通常はアーチを描く虹だが、白い雲を背景にして水平に寝たような姿を見せた。

太陽に対してかなり低い空にしか現れないため、太陽が高い夏の季節に特徴的な現象。さまざまな色の光が一緒になって白く見える太陽光が、薄い雲に含まれる氷の粒で屈折・分解するため、カラフルに見える。

この日、都内は朝から雨模様だったが、虹色の雲は午前中の晴れ間に出現した。その後天気が崩れたが、午後4時ごろに再び日差しが回復。今度は東の空に大きな虹がかかった。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61926780W0A720C2CZ8000/

独自 復興事業で裏金1.6億円 大手ゼネコン幹部に過剰接待(27日)朝日

東日本大震災の復興事業を請け負った大手ゼネコンの支店幹部らに提供する目的などで、複数の下請け企業が不正経理による裏金作りを行っていたことがわかった。朝日新聞の取材で確認した税務調査内容などによると、裏金は少なくとも計1億6千万円にのぼる。こうした裏金の原資は、復興増税などを主な財源として投じられた国費だった。
 取材で確認できたのは、清水建設、安藤ハザマ、鹿島、大成建設(いずれも本社・東京)の幹部らへの提供を目的にした下請け企業の裏金作り。津波災害によるがれき処理工事や、原発事故災害の復興・再生事業など、巨額の国費が投入された。事業の現場で行われた裏金作りに幹部が直接関与するケースもあった。
朝日新聞が入手した資料や複数の関係者の証言などによると、裏金は主に、工事費の水増しによって作られ、ゼネコン幹部らへの現金提供やキャバクラでの過剰な接待費、海外旅行費などに充てられていた。

税務調査で発覚後、退所した所長も

 例えば、福島県大熊町の除染工…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
https://www.asahi.com/articles/ASN7V6JD7N6LUTIL06D.html

法律事務所の過払い金不正流用 6000人近くが返金されず(27日)NHK

弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」が本来、消費者金融などに借金をしていた人に返還される過払い金、およそ30億円を不正に流用していた問題。この法律事務所と契約してお金が戻ってきていない人は、全国で6000人近くに上ることが分かりました。
過払い金の返還請求などを全国的に手がけていた「東京ミネルヴァ法律事務所」は資金繰りに行き詰まり、先月、裁判所から破産手続きの開始決定を受けました。
所属する第一東京弁護士会が詳しいいきさつなどを調査していますが、東京ミネルヴァと契約してお金が返還されていない人は、全国で6000人近くに上ることが分かりました。
不正に流用された額はおよそ30億円とみられ、関係者によりますと、契約者に返すための過払い金を管理する口座から支出されて、外部の広告会社への支払い費用などに充てられていたということです。
弁護士会は事務所の代表弁護士などについて懲戒処分を検討しています。
第一東京弁護士会の寺前隆会長は「取引先との契約など、事務所の経営全般について十分に管理していなかった。今回の場合、もともと数千というお客さんを数人の弁護士で対応しており、そのこと自体が問題で、今後、弁護士会としても研修などを見直し、再発防止に努めたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534021000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

両陛下、コロナ下の活動模索 SNS活用促す識者も―代替わり2年目で課題(27日)時事

新型コロナウイルスの影響で人との面会が大きく制限される中、代替わりから2年目を迎えた天皇、皇后両陛下が活動の在り方を模索される日々が続いている。最近は皇居以外への外出がなく、「四大行幸啓」と呼ばれる恒例の地方訪問も今年は全て取りやめに。お住まいの赤坂御所に専門家らを招いて話を聞き、宮内庁ホームページ(HP)に発言内容を掲載する異例の対応を取っている。識者からは、外国王室を参考にインターネット交流サイト(SNS)の活用を促す声も上がる。
 「平成の終焉」などの著作がある放送大の原武史教授(日本政治思想史)は「現上皇が象徴の務めとして挙げた宮中祭祀(さいし)と行幸のうち、前者はちゃんとやっているが、後者は全くできていない」と述べ、象徴天皇制のスタイルが平成とは大きく変わったと話す。
 その上で、御所で専門家らの説明を聞く際、両陛下が横並びで座っている姿が公開されたことを挙げ、「天皇が主で皇后が従という感じがせず、全く対等に見える。あえてそうした写真や映像を出したところに意図を感じる」と指摘。「もし今後、新型コロナに関するビデオメッセージを出し、その際に2人が並んで出てくるようなことがあれば、平成との違いがますますはっきりするだろう」との見方を示す。
 世界の王室に詳しい関東学院大の君塚直隆教授(英国政治外交史)は、英エリザベス女王をはじめ各国の王室が新型コロナについてテレビ演説などで国民に直接語り掛けているのに対し、日本の皇室にそうした動きがないことを危惧する。「政府はどこも自国ファーストかもしれないが、王室は地球環境など世界規模の問題を扱える。新型コロナなどはまさに皇室の出番だ」と語る。
 「各国の王室は広報スタッフが毎日のようにSNSで写真や動画を更新しており、非常に好意的に受け止められている。宮内庁HPにメッセージを載せるだけでは十分伝わらない」。人に直接会わずにメッセージを送れるSNSの活用こそ、コロナ禍の今の状況にふさわしいと訴えている。https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072600178&g=soc

企業に「在宅7割」要請へ 大人数会合自粛を―政府(27日)時事

 西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が全国的に増加している現状を踏まえ、各企業が社員のテレワーク率70%を目指すよう近く経済界に要請する考えを明らかにした。飲み会を含め、大人数の会合を控えることも求める。

テレワーク普及で対策強化 サイバー空間「法の支配」主導―政府

 西村氏は会見で、通勤者は一時2~3割にまで減っていたが、最近は7割程度に戻っていると強調。「(各企業は)後戻りせず、多様な働き方の中でテレワークの割合を維持してほしい」と訴えた。西村氏は在宅勤務率の向上などと併せ、(1)感染防止ガイドラインの徹底(2)時差出勤の推進(3)体調不良者の自宅待機(4)接触確認アプリの導入促進―を申し入れる。
 また、西村氏は会見で、現在の感染状況について「じわじわと重症化リスクのある60代以上の高齢者の感染が増えている」と指摘。「警戒感を持って注視している」と述べ、新型コロナ対策の分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)を週内をめどに開き、感染状況を詳細に分析した上で対策を検討する方針を示した。
 政府は分科会と別に、緊急事態宣言下で講じた対策の効果を分析する山中伸弥京都大教授ら有識者の会議も8月5日に開く。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072600306&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

児童虐待、DVの情報共有進まず 児相の4割が「連携例なし」(27日)共同

厚生労働省が全国の児童相談所と配偶者暴力相談支援センターに2018年度の連携状況を尋ねた調査で、回答した児相の4割超、センターの3割超が連携した事案はないと報告していたことが26日、分かった。児童虐待の背景には、ドメスティックバイオレンス(DV)が潜むことが多く、専門家からは包括的支援に向けた情報共有が不十分との指摘も出ている。
 東京都目黒区や千葉県野田市の児童虐待死事件を受け、今年4月に施行された改正児童虐待防止法などは、両機関の連携強化を明記。同省は調査結果を踏まえ、連携強化の指針を初めて策定し、自治体に通知した。
https://www.47news.jp/national/5059505.html

医師に2度、現金振り込み 報酬か、ALS嘱託殺人(27日)共同

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に薬物を投与し殺害したとして、嘱託殺人の疑いで医師2人が逮捕された事件で、女性が現金計130万円を50万円と80万円の2回に分けて医師山本直樹容疑者(43)=東京都港区=の口座に振り込んでいたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は報酬とみて、どのように使われたか調べている。
 大久保容疑者は昨年5月、自身のブログに「『安楽死は500万(円)』なんてふっかけても支払えないでしょう」「リスクを背負うのに、まったくのボランティアではやってられません」と投稿していた。
https://www.47news.jp/national/5059928.html

« 2020年7月26日 (日) | トップページ | 2020年7月28日 (火) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ