カテゴリー

« 2020年7月11日 (土) | トップページ | 2020年7月13日 (月) »

2020年7月12日 (日)

2020年7月12日 (日)

静岡の2中学に爆破予告 4日連続で名指しも(12日)産経

静岡市は12日、市立清水第七中(同市清水区)と市立清水第八中(同)に対する爆破予告メールが静岡県に届いたと発表した。清水第七中は9日から4日連続で名指しされ、清水第八中も10日に続き2度目。県には7日から市立中高への爆破予告が続いており、県警が一連のメールについて調べている。
 静岡市によると、12日午後、県のウェブサイトに「2校を13日から15日までに爆破する」とのメールが届いた。両校は安全確認し、不審物は見つからなかった。13日は再点検した上で生徒を登校させるとしている。

https://www.sankei.com/affairs/news/200712/afr2007120017-n1.html

首相、13日に豪雨被害の熊本へ(12日)西日本

首相官邸は12日、安倍晋三首相が13日に豪雨による河川氾濫などで甚大な被害が出た熊本県を視察すると発表した。蒲島郁夫知事との面会や、入所者が犠牲となった熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」訪問を予定している。政府は、首相が帰京後の13日夕に豪雨非常災害対策本部会議を官邸で開き、今後の対策を協議する。
 首相が今回の豪雨の被災地に入るのは初めて。視察結果を復旧・復興の施策に反映させる考えだ。政府は九州や長野、岐阜両県など広範囲に被害をもたらした今回の豪雨を激甚災害に指定する方針で、近く閣議で正式決定する。

大阪府 32人の感染確認 「大阪モデル」黄色信号を点灯へ(12日)NHK

大阪府は、12日府内で新たに32人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。こうした状況を受けて、府は、独自に設けた「大阪モデル」で、府民に警戒を呼びかける黄色信号を点灯する方針を固めました。
大阪府によりますと、府内で12日、未就学児から70代までの男女合わせて32人が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。このうち、感染経路がわからない人は21人にのぼるということです。
これによって、府が独自に設けた「大阪モデル」で、府民に警戒を呼びかける黄色信号を点灯する基準に達しました。
「大阪モデル」では、
▽新たな陽性者が、直近の1週間で120人以上、かつ、その半数以上が週の後半の3日間に出ていること、
▽感染経路が不明な人が、直近の1週間の平均で前の週より2倍以上に増加し、
▽その人数が10人以上であることという3つの基準にすべて達した場合は、黄色信号を点灯することになっています。

府内では、新たな感染者が、10日は22人、11日は28人と、若い世代を中心に増加傾向にあるほか、感染経路が不明な人も増えていて、府は警戒を強めていました。
「大阪モデル」で、黄色信号の基準に達したのは初めてです。

吉村知事「感染震源地 ピンポイントで抑えていく」

大阪府は、12日夜、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、吉村知事は「夜の街の関連で、若者の感染が広がっているのが見えてきている状況なので感染の震源地をピンポイントで抑えていく」と述べました。
そのうえで、「事前に行動計画を定めているので、それを基本としながら府民、事業者にどういったことをお願いするのかその方針を明確に定めていきたい」と述べました。
大阪府では、府民に、改めて「3密」を避けるなど新たな生活様式を呼びかけるとともに、施設などに対し、感染防止のガイドラインの順守の徹底などを求めていくことにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012511221000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

ボランティア本格化 コロナ、熱中症も配慮―想定上回る参加に感謝・九州豪雨(12日)時事

九州各地を襲った豪雨で、家屋が浸水するなどした被災地では12日、休日を利用したボランティアによる支援が本格化した。新型コロナウイルス対策のため県をまたぐ募集は見送られたが、それでも受け入れの想定を上回るほど多くの人が訪れ、復興に向け汗を流した。
 球磨川の氾濫で大きな被害が出た熊本県人吉市では、計236人のボランティアが駆け付け、予定の200人に達したため、1時間早めて受け付けを締め切った。前日は強い雨で作業を中止したが、日差しが戻り気温も上昇。検温を済ませ、マスクを着けた参加者は、熱中症に注意しながら被災家屋の片付けに精を出した。 市内の高校2年溝口郷さん(16)は、地域について学ぶ活動の際に世話になった茶葉製造会社で泥出し作業をした。「重労働だが、ありがとうと言われると頑張れる」。登山の予定を変更して友人4人と訪れた熊本市の高屋敷しのさん(49)は「被害は想像以上。少しでも力になれるよう週末ごとに通いたい」と話した。
 川沿いにあり、2メートル近く浸水した内山クリニックの内山順誠理事長(48)は「衛生環境の悪化を心配していた。ものすごく助かった」と感謝を述べた。 この日からボランティアの受け入れを始めた大分県日田市の天ケ瀬温泉街にも、時折雨が降る中、多くの参加者が集まった。想定した80人の3倍近い224人が訪れ、ボランティアセンターの作業振り分けが間に合わない一幕も。担当者は「ニーズの整理が不十分だった」と反省する一方、「きょうは初日でしかも日曜日。今後どれだけ継続的に来てもらえるか心配だ」と不安も口にした。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071200239&g=soc

24歳女性が刺されて死亡、兵庫 県営住宅、殺人容疑で捜査(12日)共同

12日午後1時半ごろ、兵庫県姫路市白浜町の県営住宅で、女性が倒れていると通行人から119番があった。室内で住人の会社員田口朱音さん(24)が腹から血を流した状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。兵庫県警は殺人事件とみて飾磨署に捜査本部を設置した。

 県警によると、田口さんは息子と2人暮らし。息子が通行人に助けを求めた。田口さんの腹には刺し傷があり、凶器とみられる包丁が現場に残されていた。県警は何者かが田口さんを刺し、逃げたとみて行方を追っている。
https://www.47news.jp/national/5006934.html

静岡市消防局、第三者検証実施へ 4人死亡工場火災(12日)共同

 静岡県吉田町の「レック静岡第二工場」で消防隊員ら4人が死亡した火災を受け、静岡市消防局は12日、吉田町で臨時の運営協議会を開き、第三者による検証を行う方針を示した。消火活動に問題がなかったかを調査する。

 協議会には静岡市の田辺信宏市長や吉田町の田村典彦町長らが出席し、5日未明に出火した火災の状況について説明を受けた。今後の課題として、消防訓練の見直しや消防隊員らが犠牲になった経緯の検証を十分に行う必要があると指摘した。会議後、出席者は火災現場の工場で献花。田辺市長は「遺族のサポートと合わせて、徹底的な原因究明と再発防止に取り組む」と記者団に述べた。

https://www.47news.jp/national/5006805.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
野放しにするな!
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200712202801 F1015630-1  東京都東村山市内で、帰宅途中の10代少女の後をつけて自宅に押し入り、わいせつな行為をしようとしたとして、31歳の男が強制わいせつ未遂容疑で警視庁捜査1課に逮捕された。
 男は調べに対して「イライラしてうっぷんを晴らそうと思った。子供の体が好きだった」と認めているという。
 こんな男を野放しにしていいのか?と怒りがこみ上げてくる。幸い、少女の母親が在宅しており、未遂に終わった。
 強制わいせつの認知件数はかなり減っているのに対して検挙率がアップしている。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年5月現在の強制わいせつの認知件数は1432件で前年同期より333件の減少。平成28年5月現在の認知件数は2198件もあったが、年々減少傾向を示している。
 ランキングは東京の206件、大阪の168件、神奈川の108件、兵庫の96件、埼玉の86件と続く。それでも埼玉が69件、東京が52件も減らしている。ところが北海道は前年より17件も増えて69件だった。
 一方、検挙率は前年より16.6ポイントもアップして94.5%と高かった。
 ランキングは山梨の160%、山形と徳島の各150%、愛媛の140%、岐阜の138.5%など。
 低かったのは富山の42.9%、栃木の46.2%、茨城の55.9%、島根の66.7%、千葉の69.9%と続く。
 認知件数トップの東京は、前年より14.6ポイントもアップして101%だった。
 未遂でもなんでも顔写真を公表して抑止に繋げたらどうかを提言しておく。被疑者の人権も大事だが被害者の人権はもっと大事だ。
 こんな卑劣な犯罪、許せない。
 江戸町奉行・遠山金さんなら、こう言ったと思う。
 「市中引き回しのうえ打ち首獄門に処す」「これにて一件落着」と…
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20200712203401

 

 

 

 


偽造クレカで商品購入、国外逃亡直前に詐欺グループ逮捕 (13日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4027181.html

★特殊詐欺、裸足で逃走の男 名古屋で逮捕(11日)TBS
★横浜の80代無職女性 現金1500万円特殊詐欺被害 (9日)産経
★給付金だまし取った疑いで逮捕 郵便局に転居届 関連捜査 石川 (9日)NHK
★特殊詐欺で6637万円被害、過去にも2億2千万円 和歌山の男性 (7日)産経
★10万円給付 オンライン申請で5人分詐取 なりすましか 石川 (7日)NHK
★詐欺の疑い、19歳少年を逮捕 家に帰らないと家族が届け出…帰宅後、警察で事情聴かれ容疑認める/狭山署 (5日)共同
★給付金「代行申請します」に注意 不正なら詐欺関与の恐れも (4日)共同
★受け渡し場所は簡裁、警官とばったり会い詐欺容疑で逮捕 (3日)朝日
★「2800億円の資金提供」「M資金」詐欺 男性からさらに2億円詐取 容疑の3人再逮捕 (1日)産経
★アイドルグループのチケット代詐取、容疑の女を逮捕 被害5百万円以上か (1日)産経
★うその電話で100万円だまし取る 「コロナで仕事なく・・・」 (1日)TBS

樹齢千年超のご神木倒れる 岐阜、大雨の影響で(12日)産経

11日午後10時40分ごろ、岐阜県瑞浪市大湫町の「神明神社」の境内にある杉が倒れたと近くの住民が119番した。瑞浪市によると、杉はこの神社のご神木で樹齢は1200~1300年、高さは40メートル以上。大雨の影響で地盤が緩み根元から倒れたとみられる。
 杉の幹回りは約11メートルで、県の天然記念物に指定されている。当時、同市には土砂災害警戒情報が発令されていた。
 市によると、けが人はいなかった。倒木が接触して隣接する住宅1軒の一部が破損、電線に引っ掛かり一部で停電が起きた。住宅の出入り口がふさがれ屋外に出られない住民もいたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200712/afr2007120007-n1.html

米で警官2人撃たれ死亡(12日)西日本

【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州マッカレンで11日、家庭内トラブルを巡る通報を受け駆け付けた警官2人が男(23)に銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。男はその後、現場で自殺した。米メディアが伝えた。
 地元警察によると、警官2人は近くで関係者に事情を聴いた後、現場を訪問。玄関先で突然男に撃たれた。その後、駆け付けた別の警官が男に銃を手放すよう命じると、男は銃で自分を撃ったという。
 同州のアボット知事は事件を受け、地元警察に「州として全面支援すると伝えた」とツイッターで明らかにした。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/625497/

「愛犬を助けて」SOS、捜索したら孤立住民17人発見(12日)朝日

豪雨で孤立状態だった熊本県球磨村の横井集落の住民17人が11日、ヘリで救助された。きっかけは避難所に愛犬を連れて行けない飼い主からのSOSだった。

 高台にある集落の家屋は大きな損壊はなかったが、道路が寸断され、住民たちは孤立。自衛隊員が徒歩で運び込んだ物資などでしのいできた。住民の高沢信男さん(63)は愛犬のリクと愛猫のミーを集落の避難所には連れて行けず、自宅に残さざるをえなかった。

 高沢さんはこの状況を、別の所に住んでいる娘に携帯電話で伝えた。娘は10日朝、犬の保護活動や災害時の捜索活動などをしている広島県のNPO法人「ピースウインズ・ジャパン(PWJ)」に連絡。熊本県芦北町などで災害救助犬と行方不明者の捜索をするなどしていたPWJが佐賀空港からヘリでペットの救助に向かった。

 この日も断続的に激しい雨が降…
この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

残り:492文字/全文:838文字
https://www.asahi.com/articles/ASN7D4VMNN7CTIPE01Y.html

沖縄 米軍関係者 1人感染確認 軍関係は計66人に 新型コロナ(12日)NHK

沖縄県は、アメリカ軍牧港補給地区で新型コロナウイルスの感染が新たに1人確認されたとアメリカ軍から連絡があったことを公表しました。これで、沖縄のアメリカ軍関係者の感染確認は66人となりました。

アメリカ軍から、沖縄県に入った連絡によりますと、浦添市にあるアメリカ軍牧港補給地区で新型コロナウイルスの感染が新たに1人確認されたということです。

また、11日発表した感染者の人数に修正があり、今月7日から11日までの間に確認された感染者は、
▽普天間基地が1人増えて39人、
▽キャンプ・ハンセンで1人減って22人の合わせて61人に上るということです。

県内では、ことし3月に嘉手納基地で3人、今月1日にキャンプ・マクトリアスで1人の感染が確認されていることから、沖縄のアメリカ軍関係者の感染確認は合わせて66人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012511171000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

東京都 新たに206人の感染確認 4日連続200人超は初 新型コロナ(12日)NHK

東京都によりますと、12日、都内で新たに206人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。

都内で1日に確認された数が200人以上となるのは4日連続です。4日連続で200人を超えるのは初めてです。

これで都内で感染が確認されたのはあわせて7927人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012511061000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

4都県の休業要請検討 感染状況次第で―西村再生相(12日)時事

西村康稔経済再生担当相は12日の記者会見で、東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることを受け、対策を強化するため、今後の状況次第で4都県に新型コロナ対策の特別措置法に基づく休業要請を求める考えを示した。

【図解】新型コロナ都道府県別感染者数・死者数

 西村氏は「東京で遊べないなら3県に行くということにならないよう、首都圏一体で取り組むことも大事だ。感染状況を見ながら休業要請も考えなければいけない」と語った。
 これに関連し、埼玉県が感染対策の不十分な飲食店へ特措法に基づく休業要請に踏み切る方針を決めたことについて「有効な手段だ」と評価。東京都でのホストクラブなどに対するPCR検査拡大とも合わせ、「こうしたことをサポートしながら、さまざまな検討をしたい」と述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071200211&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

新宿の保健所、既に人手不足 夜の街で感染者急増(12日)日経

新型コロナウイルスの新規感染者が大きく増えている東京都内で、保健所の人手不足への懸念が再び高まっている。夜の繁華街を担当する新宿の保健所は既に人手が足りず、都から保健師などの応援派遣を受けている。パンク状態となった第1波の反省から業務の外注も進めるが、一段の運営効率化が急務だ。

新宿では全国で緊急事態宣言が解除された5月下旬以降、歓楽街の歌舞伎町を中心に感染者が急増。区は保健所を通じて、接待を伴う飲食店の従業員や客らに症状の有無にかかわらず検査を促し、感染の封じ込めを急いでいる。

集中的な検査で多数の感染が発覚したため、新宿区保健所だけでは人手が足りなくなり、既に都などから数十人規

模で保健師などの応援を仰いでいる。都は新宿以外でも夜の街を抱える地域で検査を徹底する方針で、保健所職員の不足が顕在化し始めている。

新宿区ではPCR検査の陽性率も高くなっている。東京都医師会によると、今月3日には37.3%となった。検査を行っている国立国際医療研究センターは「緊急事態宣言が出される前の状況と似ている。市中感染が心配だ」という。

現時点では集団感染がみられるのは新宿や池袋など一部にとどまっているが、市中で拡大すれば保健所の逼迫感も一段と強まりかねない。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61425070R10C20A7EA2000/

横山ゆかりちゃん事件から24年 情報提供求める(12日)TBS

群馬県のパチンコ店で当時4歳の横山ゆかりちゃんが行方不明になってから24年。警察が情報提供を求める呼びかけを行いました。
 群馬県太田市のパチンコ店で、当時4歳の横山ゆかりちゃんが行方不明になった事件が起きてから24年が経過した11日、警察は太田市のショッピングモールで情報提供を呼びかけました。例年は、道行く人にチラシなどを配布しながら呼びかけを行いますが、今年は新型コロナウイルスの影響で情報提供を呼びかける動画を流しながら、チラシなどは手渡しせず自由に持ちかえってもらうようにするなどの対策がとられました。
 パチンコ店では、不審な男がゆかりちゃんに声をかけている様子が防犯カメラに映っていて、警察はこの男が連れ去ったとみて捜査を続けています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4026175.html

小学生の娘に車を運転させた疑い 父親を逮捕 山梨 笛吹(12日)NHK

小学生の娘に車を運転させている動画がインターネットに投稿されたことを受けて、警察は山梨県笛吹市に住む40代の父親を道路交通法違反の疑いで逮捕しました。父親は「娘に運転させるようなことはしていない」と容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、山梨県笛吹市に住む自称・建築板金工の40代の男です。
ことし5月下旬、「インターネット上のSNSに、子どもが車を運転している動画が投稿されている」との情報提供があり、警察が車が出入りした駐車場や走行した道路など動画に写っている景色から捜査を進めました。
その結果、ことし5月ごろ、笛吹市内の市道で、この父親が助手席に座った状態で自分の軽ワゴン車を小学校低学年の娘に運転させた疑いが強まったとして、道路交通法違反の疑いで逮捕しました。調べに対して、父親は、「娘に運転させるようなことはしていない」と容疑を否認しているということです。
写っていた市道は、片側1車線の道路で、動画は軽ワゴン車の後部座席から父親とは別の人物によって撮影されていたということで、警察は、動画が撮影された経緯など、詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012510941000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

尖閣周辺に中国船、90日連続 最長を更新(12日)共同

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で12日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは90日連続。2012年9月の尖閣諸島国有化以降で、最長の連続日数を更新した。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。
https://www.47news.jp/national/5005964.html

岐阜の中央道で土砂崩れ 4台乗り上げ、けが人なし(12日)産経

11日午後8時20分ごろ、岐阜県中津川市中津川の中央自動車道上り線で、土砂崩れが起きていると、通行中の車両から中日本高速道路に通報があった。県警高速隊によると大型トラックなど4台が乗り上げたが、けが人はなかった。 高速隊によると、のり面が崩れ、道路に幅約5メートル、長さ約10メートルにわたり土砂が流出した。当時は強い雨が降っており、最高速度は通常の時速80キロから50キロに制限されていた。降り続いた雨で地盤が緩んでいたとみられる。

 同日午後8時40分ごろから中津川インターチェンジ(IC)-飯田山本IC間が通行止めとなった。

https://www.sankei.com/affairs/news/200712/afr2007120005-n1.html

九州豪雨の被災地で清掃活動本格化 死者65人(12日)産経

記録的な大雨に見舞われ、土砂崩れや浸水被害が相次いだ九州豪雨の被災地では12日、清掃活動が本格化し、行方不明者が出た現場では警察や消防、自衛隊が捜索を継続。気象庁によると、九州を含む西日本、東日本では同日も局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降るとみられる。これまでの大雨で土砂災害の危険度が高まっており、引き続き厳重な警戒が必要だ。
 九州豪雨で被害が大きかった熊本県人吉市では、自衛隊が粗大ごみの撤去作業を本格化させた。人吉市上青井町では12日、住民によって廃棄された畳や木材、冷蔵庫、テレビなどを運び出した。
 住民からは「畳にうじ虫が湧いている」などの声が出ており、自衛隊員は積み上がった畳に薬剤を散布した。現場指揮官は「災害から1週間が過ぎ、ごみの影響が地域で出ている。なるべく早く対象地域の畳を撤去したい」と話した。
 九州の死者は65人、行方不明は12人となっている。死者の内訳は熊本県61人、福岡県2人、長崎、大分両県がそれぞれ1人。行方不明の内訳は熊本県6人、大分県5人、鹿児島県1人。
国土交通省によると、12県の101河川の氾濫を確認し、全国で少なくとも1550ヘクタールが浸水した。土砂災害は27府県の計282カ所で発生したとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200712/afr2007120004-n1.html

局地的に非常に激しい雨も 西日本や東北、災害に警戒(12日)産経

前線や低気圧の影響で、西日本や東北地方では12日昼前にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるとして、気象庁は同日、土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。
 気象庁によると、梅雨前線が東シナ海から西日本や東日本を通って日本の東に延び、秋田沖には低気圧があって東北東に進んでいる。低気圧は日中に東北地方に進み、前線は夜にかけて、東日本を南下するが、九州付近では停滞する見込み。
前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となる。これまでの記録的な大雨により土砂災害の危険度が非常に高まっている所があり、引き続き、厳重な警戒が必要だ。
 13日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北80ミリ、北陸120ミリ。
https://www.sankei.com/affairs/news/200712/afr2007120002-n1.html

会計前の魚食べ撮影 自称ユーチューバー逮捕(12日)産経

愛知県警岡崎署は11日、5月に岡崎市のスーパーで魚の切り身を盗んだとして、窃盗の疑いで住所不定、自称ユーチューバーの原田将大容疑者(29)を逮捕した。「へずまりゅう」の名前で動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を載せていたという。
 岡崎署によると、会計前の魚の切り身を店内で食べ、空になった容器をレジに持っていく様子を別の人に撮影させ、動画を投稿していたという。店舗から相談を受けた同署は、会計前の商品を食べる行為が窃盗に当たると判断した。
 逮捕容疑は5月29日午後3時ごろ、岡崎市内のスーパーで、魚の切り身1パック(約430円相当)を盗んだとしている。容疑を認めている。https://www.sankei.com/affairs/news/200711/afr2007110009-n1.html

やりとり消えるSNS 犯罪グループ悪用相次ぐ(12日)日経

ロシア発の無料通信アプリ「テレグラム」が犯罪に悪用される事例が相次いでいる。テレグラムの特徴は送信したメッセージの暗号化や自動消去機能など秘匿性の高さにある。犯罪グループが、この秘匿性を悪用し、連絡や薬物売買の交渉に使っているという。

「外部にばれにくいと思ってテレグラムを使った」。2020年1月に大阪市東淀川区の民家に押し入り、暴行を加えて現金40万円などを奪ったとして強盗致傷容疑などで逮捕さ…
[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61179340V00C20A7CE0000/

飲酒ひき逃げ 20歳の女を逮捕、前橋 2人死傷事故(12日)TBS

11日未明、群馬県前橋市でワゴン車が乗用車2台と次々と衝突し2人が死傷した事故で、警察は、20歳の女を過失運転致死傷などの疑いで逮捕しました。
 逮捕されたのは渋川市の飲食店アルバイト、栗原七海容疑者(20)で、11日午前5時半ごろ、前橋市の道路で、酒を飲んでワゴン車を運転したうえ、対向車線を走行していた乗用車2台と衝突し、およそ100メートル逃げた疑いがもたれています。
 栗原容疑者は、「ひき逃げをしてしまった」と自分から110番通報しましたが、この事故で、乗用車を運転していた佐藤一由さん(78)が死亡し、別の車の男性(68)も重傷を負いました。
 栗原容疑者は容疑を認めたうえで、「知人と未明まで酒を飲んでいた」「怖くなって逃げた」などと供述しているということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4026434.html

東京消防庁 隊員3人が感染 接触職員は自宅待機に 新型コロナ(12日)NHK

東京消防庁の消防隊員3人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、東京消防庁は接触のあった職員16人を自宅待機としました。

東京消防庁によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、清瀬消防署に勤務する20代の男性の消防隊員3人です。

今月9日、発熱の症状が出た消防隊員の2人とこれとは別に業務外で感染者と濃厚接触の可能性があった消防隊員の合わせて3人がPCR検査を受けたところ、いずれも11日までに感染が確認されたということです。

このため東京消防庁は消防署の庁舎内を消毒するとともに、3人と接触した職員16人を自宅待機としました。

詳しい感染経路はまだ分からないということで、引き続き保健所の調査に協力していくとしています。

一方、清瀬消防署では、業務に支障が出ないように人員配置を調整するということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012510801000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

政府 高齢者への感染拡大警戒 “3つの密”回避へ協力求める(12日)NHK

東京都内で新型コロナウイルスの新たな感染者が3日連続で200人を超えるなど、首都圏を中心に感染の確認が相次ぐ中、政府は高齢者への二次感染が拡大しないか警戒を強めており、幅広い地域でPCR検査を実施して感染動向の把握に努めるとともに、事業者に対し「3つの密」を回避する方策を取るよう協力を求めていくことにしています。

新型コロナウイルスの新たな感染者は11日、東京都で206人と3日続けて200人を超えるなど、首都圏を中心に感染の確認が相次いでいます。

安倍総理大臣は11日、西村経済再生担当大臣や加藤厚生労働大臣と会談し、多くの感染者が出ている接待を伴う飲食店に対し、ガイドラインの順守を促す方針を確認したうえで、高齢者への感染拡大の防止に向けて対策を徹底するよう指示しました。

政府は、新規感染者の増加はバーやクラブの従業員へのPCR検査を積極的に実施していることが主な要因で、30代以下の若い世代が多数を占めていると分析していますが、利用客や家族を通じて、高齢者や基礎疾患がある人への二次感染が拡大しないか警戒を強めています。

このため、引き続き幅広い地域でPCR検査を実施して感染動向の把握に努めるとともに、事業者に対し、持続化給付金なども活用しアクリル板や透明なカーテンの設置など「3つの密」を回避する方策を取るよう協力を求めていくことにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012510691000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

埼玉県、対策不徹底店に休業要請 キャバクラなど13日から―新型コロナ(12日)時事

埼玉県は11日、新型コロナウイルス対策が不十分な県内のキャバクラやホストクラブなど接待を伴う飲食店について、新型インフルエンザ対策特別措置法24条に基づき、13日午前0時から休業を要請すると発表した。国の緊急事態宣言解除後の休業要請は首都圏の1都3県では初めて。

PCR検査拡充を 都内のコロナ感染対策で西村再生相

 県は店の感染防止策として▽従業員のマスク着用▽料理を大皿ではなく個別に提供▽客同士の間隔の確保▽定期的な換気―などを例示。業界や県民への注意喚起が狙いのため、個別店舗の特定や検査などは行わず、協力金も出さない。
 大野元裕知事は記者会見で、東京都内の繁華街やさいたま市などの接待を伴う飲食店で感染したとみられるケースが確認されていると指摘。「市中感染や高齢者への感染拡大も懸念される。時間の問題との認識から、一段強い要請をした」と説明した。
 県民にも、感染症対策が不十分な施設は業種や地域を問わず利用を避けるよう要請した。県内では8日に48人の新規感染が判明し、都内でも9日から3日連続で200人以上の感染者が出ている。大野氏は首都圏一体となった対策強化が必要との認識を示した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071100449&g=soc

特措法24条の休業要請も 「夜の街」対策で西村担当相―新型コロナ(12日)時事

 西村康稔経済再生担当相は11日の記者会見で、新型コロナウイルスの集団感染が相次ぐホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食店への対応に関し、現行の感染防止ガイドラインの徹底などで効果が出ない場合は、新型コロナ対策の特別措置法24条に基づく休業要請も選択肢として検討する考えを示した。

埼玉県、対策不徹底店に休業要請 キャバクラなど13日から―新型コロナ

 特措法24条は、緊急事態宣言下でなくても、一般的に「必要な協力の要請」として、休業を求めることができる。埼玉県は11日、感染対策が不十分な飲食店を対象に、24条の休業要請に踏み切ることを決めた。
 西村氏はこれについて、ガイドラインを守らない事業者に対しては「非常に有効な手段の一つだ」と指摘。ただ、特定地域を対象に、多くの店舗に網を掛ける形の休業要請には「マイナス面がある」と慎重な姿勢を示した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071100473&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

休校状態の昭英高校で出火、敦賀市 体育館の一部焼く、けが人なし(12日)共同

7月11日午後1時15分ごろ、敦賀市敦賀市長谷の昭英高校体育館付近で火が見えると近くの住民から119番があった。体育館内の体育教官室の家具や床、壁の一部を焼いた。けが人はなかった。同校は2018年度から休校状態になっており、敦賀署は不審火の可能性もあるとみて原因を調べている。

 県警敦賀署によると出火当時、体育館の一部の扉は鍵が掛かっていなかった。作業などで人が出入りする予定はなかったという。近くの住民は「学校から煙が上がっていたので、見に行ったら体育館の窓ガラスから火が出ていた」と話した。

 昭英高校は18年度の新入生募集を停止し、同年4月から在校生もゼロになり休校状態になっている。運営法人は今月8日、千葉市の学校法人の支援を受け、校名を変更し21年4月の再開を目指すと発表した。

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1122167

都が感染状況の予測文書2通を廃棄 1通は本紙の情報公開請求後に<新型コロナ>(12日)共同

新型コロナウイルスの感染対策を巡り、3月に厚生労働省クラスター(感染者集団)対策班の押谷仁・東北大教授から、東京都に示された感染状況の予測文書2通を、都が廃棄していたことが分かった。このうち1通は、5月下旬に本紙が都に情報公開請求した後に廃棄した。小池百合子知事は予測内容を「対策の参考にした」と述べており、廃棄によって感染拡大直前の政策決定過程が不透明になっている。(中沢誠)
 都が廃棄したのは、押谷氏らが都内の感染者数などを予測・分析した2通の文書。都の説明では3月17日と19日に示された。17日文書では、現状の対策のままだと2週間後に都内で約1万7000人に増えると予測。都が提供した情報を基に、押谷氏らが精査した19日文書では、感染者数が約3000人に減った。
押谷氏はさらに精査し、都と意見交換した21日に、最終的な予測として「320人」を示した。小池知事は23日の記者会見で、21日文書だけを公表し、「感染者が増加する見通しがあり、医療体制をしっかり準備していく」と述べた。
 本紙は5月下旬、厚労省の対策班から3月に都に提供された文書やメールを情報公開請求。都は6月中旬、21日文書以外は不存在とした。
 最初の3月17日文書について、都の吉田道彦・感染症危機管理担当部長は「あやふやな試算だったので押谷氏との会議後、すぐに廃棄した」と説明。次の19日文書は「中間の試算で、押谷氏からメールで受け取った」とし、「6月、メールの容量がいっぱいだったので削除した」と答えた。
 小池知事は4月6日の会見で、「最初1万7000、その次3000が出て、300になって数字が大きく揺れていた」と、廃棄された文書の中身に言及していた。これについて、吉田部長は「21日の文書を知事に説明した時、それまでの押谷氏とのやりとりも口頭で報告した」としている。
都福祉保健局は廃棄した2通の文書について、「算出根拠が不十分な作業途中のもので、組織としての利用を想定していない」と説明し、「行政文書には当たらない」としている。
 押谷氏は対策班の中心メンバーの1人で、世界保健機関(WHO)で2002年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の対策を担った経験がある。押谷氏に一連の経緯を質問したところ、東北大を通じて「厚労省に問い合わせてほしい」と回答があった。厚労省の対策班は「有識者として押谷氏が都に助言したもので、厚労省が発出した文書ではない」としている。
続きを読む

« 2020年7月11日 (土) | トップページ | 2020年7月13日 (月) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ