カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 吉本芸人投稿で京都市を提訴 「ステマで違法支出」と市民(19日)共同 »

2020年6月19日 (金)

受刑者にHIV陽性伝えず、横浜 弁護士会が警告(19日)共同

 服役中にエイズウイルス(HIV)検査を受けた50代の男性受刑者に1次検査の陽性を伝えず、2次検査も実施しなかったのは人権侵害として、神奈川県弁護士会は19日までに、横浜刑務所と八王子医療刑務所(現・東日本成人矯正医療センター)に警告した。男性はその後、エイズを発症した。
 弁護士会によると、男性は2011年2月に懲役13年の判決が確定し、横浜刑務所に服役。体調不良を訴え、13年に八王子医療刑務所で1次検査した結果、陽性だった。しかし、横浜刑務所は結果を伝えず、医療刑務所は2次検査機関への検体送付に必要なケースの購入を失念していたため、放置した。
https://www.47news.jp/national/4930063.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 吉本芸人投稿で京都市を提訴 「ステマで違法支出」と市民(19日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 吉本芸人投稿で京都市を提訴 「ステマで違法支出」と市民(19日)共同 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ