カテゴリー

« 藤井聡太七段に殺害予告の電話  出身地の瀬戸市役所に、県警捜査(26日)共同 | トップページ | 道路高架、津波の避難場所に 災害対応ビルは規制緩和(27日)共同 »

2020年6月27日 (土)

解除後に増え続ける感染者、その感染時期は…「東京アラート」効果に疑問の声 (27日)共同

 東京都内で新型コロナウイルスの感染に歯止めがかからない。警戒を呼びかける「東京アラート」が解除された翌日の12日以降は、11日以前と比べ、感染が確認された人の数が倍増した。その多くは東京アラートの発令中に感染したとみられる。「東京アラートって効果あったの?」。都民からはそんな声も出ている。(中沢誠、原田遼)
◆「都庁が赤くなっただけ」
 東京都は26日、新たに54人の感染者が確認されたと公表した。先月下旬の緊急事態宣言解除後では最多となった24日の55人から3日続けて50人前後の高水準が続く。
24日夜。赤く照らされなくなった都庁の前を行き交う人からは、東京アラートについて「都庁が赤になるだけ」「何の意味もない」と冷めた反応が返ってきた。
 東京アラートは感染拡大の兆候があった場合、都民や事業者に注意喚起するのが狙い。都は2~11日、感染が拡大傾向にあるとして、都庁やレインボーブリッジを赤くライトアップした。仕事帰りの司法書士、吉田桂子さん(53)は「注意喚起というなら、感染場所などもっと詳しい情報を教えて」と注文を付ける。
◆小池知事「役目果たした」
 都は11日、東京アラートの運用を事実上停止した。感染が落ち着いたと判断したからだ。小池百合子知事は「アラートの役目を果たした」と評価し、「これからは自らの力で守る自衛の時代。自粛から自衛の局面だ」と述べた。
コロナ対策が「一段落した」として、12日には知事選への再選出馬を表明した。ところが、感染が確認された人の数は増加傾向となっている。

◆”夜の街”を差し引いても増加

 6月12~25日の2週間は計500人で、アラート解除前の5月29~6月11日の2週間の計252人から倍増。今月から新宿区でホストクラブの集団検査を始めた影響もあるが、それを差し引いても解除前の2週間と比べ、183人が増えた計算だ…
続きを読む

« 藤井聡太七段に殺害予告の電話  出身地の瀬戸市役所に、県警捜査(26日)共同 | トップページ | 道路高架、津波の避難場所に 災害対応ビルは規制緩和(27日)共同 »

東京都関係ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤井聡太七段に殺害予告の電話  出身地の瀬戸市役所に、県警捜査(26日)共同 | トップページ | 道路高架、津波の避難場所に 災害対応ビルは規制緩和(27日)共同 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ