カテゴリー

« 拉致から43年、重ねた講演1400回 晩年は教会にも(6日)朝日 | トップページ | 「うちのオカンが…」ミルクボーイがコロナ詐欺啓発動画 大阪府警と協力(6日)産経 »

2020年6月 6日 (土)

飲酒運転、基準値未満も受診義務 福岡県が撲滅条例強化(6日)西日本

道交法の酒気帯び運転の罰則基準に満たない違反などを繰り返した運転者に、アルコール依存症の受診や飲酒指導の受講を義務づける福岡県の飲酒運転撲滅条例改正案が5日、同県議会の6月定例会本会議で可決された。基準未満の違反者の受診義務を盛り込んだ条例は全国初。全面施行は来年4月1日の方針で、受診などの義務化以外の改正内容を今月19日と8月25日に順次施行する。
【関連】「枯れるくらい涙流した」講演1180回…飲酒運転で息子亡くした母の信念

 改正案は5日、議員提案され、即日採決された。
 現行条例は呼気1リットル当たり0・15ミリグラム(基準値)以上のアルコール分の検出で摘発された運転者を受診や指導対象とするが、基準値未満は警告にとどまる。
 改正条例によると、5年以内に警告を2度受けたり、警告と摘発を受けたりすれば、受診や指導受講の義務が発生。警告と摘発の場合は指定医療機関での受診命令対象になり、従わなければ5万円以下の過料を科す。
 通勤と通学時(帰宅中含む)に違反した場合に限っている警察から勤務先や学校への通知については、休日など私用での移動中も対象とする。警察が「従業員を飲酒運転で摘発した」といった形式で所属先に実名を伏せて知らせ、再発防止の研修を促す。通勤・通学時の違反者に関しては従来通り、実名や違反日時、場所などを文書で通知する。
 同条例は、2006年に起きた福岡市の3児死亡事故を受け福岡県が12年に全国初の罰則付きで制定。同県警によると、昨年の県内の飲酒運転事故件数は133件で全国ワースト5位だった。(大坪拓也)https://www.nishinippon.co.jp/item/n/614567/

« 拉致から43年、重ねた講演1400回 晩年は教会にも(6日)朝日 | トップページ | 「うちのオカンが…」ミルクボーイがコロナ詐欺啓発動画 大阪府警と協力(6日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 拉致から43年、重ねた講演1400回 晩年は教会にも(6日)朝日 | トップページ | 「うちのオカンが…」ミルクボーイがコロナ詐欺啓発動画 大阪府警と協力(6日)産経 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ