カテゴリー

« 偽SMSで個人情報詐取 巧妙な手口の「フィッシング詐欺」とは(22日)西日本 | トップページ | ひき逃げ起こしながら逃走・事故(22日)NHK »

2020年6月22日 (月)

危険な「アポ電」、詐欺・強盗のダブル被害も(22日)日経

特殊詐欺の被害に遭った1カ月後、今度は強盗に入られた――。東京都の高齢女性がこんな災難に見舞われた。「あの家に大金がある」との情報が複数の犯罪グループで共有され、立て続けに狙われたとみられる。警察は資産情報の使い回しによる、こうした多重被害の増加を警戒している。
4月18日未明、80代女性が1人で暮らす東京都練馬区の一軒家の掃き出し窓から2人組の男が侵入した。男らは寝ていた女性の口を押さえ金品を奪おうとした。女性が抵抗したため何も取らずに逃走し、女性にもけがはなかった。しかし捜査幹部は「懸念が現実になってしまった」と悔やむ。
この家には3月、おいをかたる特殊詐欺の電話があった。女性は現金300万円をだまし取られており、犯罪グループに電話で資産情報を聞き出されていたとみられる。
その後、女性宅とは無関係の強盗事件で逮捕された男が調べに「『あの家には1千万円ある。300万円は既に取ったから、あと700万円あるはずだ』という情報があった」と明かし、犯罪グループの間で女性の資産情報が出回っている疑いが浮上した。
警視庁は女性宅に強盗犯が送り込まれる危険があるとみて、女性に一時、避難するように勧めた。女性が応じず、自宅にとどまったため、付近に複数の監視カメラを設置するなどして警戒を強めた。女性宅への侵入を防ぐことはできなかったが、カメラの映像から強盗未遂などの容疑で男2人を逮捕し、情報の伝達ルートを調べている。
続きを読む


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60393690W0A610C2SHJ000/

« 偽SMSで個人情報詐取 巧妙な手口の「フィッシング詐欺」とは(22日)西日本 | トップページ | ひき逃げ起こしながら逃走・事故(22日)NHK »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽SMSで個人情報詐取 巧妙な手口の「フィッシング詐欺」とは(22日)西日本 | トップページ | ひき逃げ起こしながら逃走・事故(22日)NHK »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ