カテゴリー

« 高齢者が用水路に転落、猫が発見 救助のきっかけ、富山南署が表彰(27日)共同 | トップページ | 刑事司法IT化へ 自民提言、関係機関が検討―令状請求や証拠の電子化(27日)時事 »

2020年6月27日 (土)

金庫の札束を模造紙幣とすり替え JA徳島北・元課長が5104万円着服(27日)共同

JA徳島北(鳴門市)は26日、撫養支所の信用共済課長(44)が支所内の金庫室から現金5104万円を着服していたと発表した。理由について「本人は先物取引の損失に充てたと説明している」とした。本人と親族が全額返済しているため、刑事告訴は見送り、24日付で懲戒解雇した。
 元課長は金庫にあった札束を、偽装工作用に購入した模造紙幣とすり替えて盗んだ。偽の札束の一番上と一番下は本物の1万円札にして、発覚を免れていた。麻袋に入った硬貨20万円余りを抜き取るなど他の手口でも着服していた。
 金庫には貯金の払い出しなどのために常時6千万円ほどが保管されていた。課長級以上の職員を含む2人以上で入室するルールになっていたが、元課長は「昨年9月ごろから職員が少ない時間帯に入っていた」と話しているという。
https://www.47news.jp/localnews/4954440.html

« 高齢者が用水路に転落、猫が発見 救助のきっかけ、富山南署が表彰(27日)共同 | トップページ | 刑事司法IT化へ 自民提言、関係機関が検討―令状請求や証拠の電子化(27日)時事 »

偽札・偽造・模造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者が用水路に転落、猫が発見 救助のきっかけ、富山南署が表彰(27日)共同 | トップページ | 刑事司法IT化へ 自民提言、関係機関が検討―令状請求や証拠の電子化(27日)時事 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ