カテゴリー

« 遺棄容疑で中国人男を逮捕 スーツケースの女性遺体―愛知県警(14日)時事 | トップページ | 検察当局 河井夫妻の自宅から2種類のリスト押収 現金配布先か(14日)NHK »

2020年6月14日 (日)

駅の伝言板 コロナで復活 つづられた“不自由な生活”への思い (14日)NHK

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続いていましたが、神奈川県の駅では、携帯電話が普及していなかった時代に活躍した「手書きの伝言板」が復活し、不自由な生活で感じた寂しさや苦しさ、励まし合う声などがつづられています。 神奈川県のJR東神奈川駅では、新型コロナウイルスで外出自粛が続いていた4月、少しでも利用者が交流できる場を作ろうと約20年ぶりに伝言板を復活させました。
その後1か月余りで、延べ1000人以上が伝言板に思いをつづっています。
改札口のすぐ脇に設置されている幅3メートルを超える大きな伝言板には、連日利用客らがメッセージなどを書き込んでいます。
しかし、かつてのような待ち合わせの約束などではありません。
「在宅勤務はもうたくさん。早く会社に行きたい」
「早く平穏な日々が訪れますように」
新型コロナウイルスの影響で不自由な生活を強いられている人々の率直な思いです。
(通勤途中の女性)
「これを見ると、なんかちょっと他にも人がいるっていうか、つながりを感じられるので、すごくいいなって」 伝言板の前でじっとたたずむ女性がいました。横浜市の会社員、井上麻衣子さんです。
「『大変なときにインフラを守ってくれてありがとう』って書かせてもらいました。私は会社員なので在宅勤務ができているんですけど、1か月ぶりに病院に来なくちゃいけなくて、(鉄道を)守ってくれてる人がいるっていうのがありがたいなって思って」
こう話してくれたあと、
「ちょっと、もう限界。3か月引きこもっているので。ごめんなさい」。
今の生活は想像以上につらいと、涙ながらに話してくれました。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200613/k10012469781000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

« 遺棄容疑で中国人男を逮捕 スーツケースの女性遺体―愛知県警(14日)時事 | トップページ | 検察当局 河井夫妻の自宅から2種類のリスト押収 現金配布先か(14日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遺棄容疑で中国人男を逮捕 スーツケースの女性遺体―愛知県警(14日)時事 | トップページ | 検察当局 河井夫妻の自宅から2種類のリスト押収 現金配布先か(14日)NHK »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ