カテゴリー

« 独自 検察、100人の聴取を録音・録画 信用性高める狙いか(18日)朝日 | トップページ | コロナ禍で変わる検視の手順 栃木県警、2次感染リスクに対策徹底(18日)産経 »

2020年6月18日 (木)

無届け肥料販売容疑で男女7人書類送検 警視庁(18日)産経

まきストーブの灰や小分けにした市販肥料をインターネットで無届けで販売したとして、警視庁生活環境課は17日、肥料取締法違反容疑で、秋田県大仙市の女性理容師(54)や福岡県筑紫野市の40代夫婦ら男女計7人を書類送検した。
 同課によると、肥料は食物を通じ健康被害を招く恐れがあり、販売や生産には都道府県知事への届け出が必要。7人は容疑を認めているが、いずれも違法性の認識はなく「小遣い稼ぎだった」「不純物のない灰は需要があると思った」などと話している。
 灰を売っていたのは群馬県太田市の男性会社員(37)ら3人で、まきや木材を燃やしてできた「草木灰」をフリーマーケットアプリなどに出品し、防虫や殺菌効果をうたっていた。
 書類送検容疑は平成30年9月から昨年9月にかけ、無届けで肥料を販売するなどした疑い。昨夏にサイバーパトロールで発覚した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200617/afr2006170028-n1.html

« 独自 検察、100人の聴取を録音・録画 信用性高める狙いか(18日)朝日 | トップページ | コロナ禍で変わる検視の手順 栃木県警、2次感染リスクに対策徹底(18日)産経 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独自 検察、100人の聴取を録音・録画 信用性高める狙いか(18日)朝日 | トップページ | コロナ禍で変わる検視の手順 栃木県警、2次感染リスクに対策徹底(18日)産経 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ