カテゴリー

« 男2人組が住宅に侵入、就寝中の男性押さえ脅迫「金、金」 男性が大声、室内物色も何も取らず逃走/蓮田(8日)共同 | トップページ | 首都圏 緊急事態宣言解除以降 鉄道利用者が急増 新型コロナ (8日)NHK »

2020年6月 8日 (月)

パイロット養成機、不足続く ブルーインパルスにも影響―航空自衛隊(8日)時事

 昨春、航空自衛隊の主に戦闘機パイロットの養成に使用されているT4練習機のエンジンに不具合が見つかった問題で、部品の交換作業が長引き、配備するT4が足りない状態が続いていることが分かった。

 T4は曲技飛行チーム「ブルーインパルス」(宮城県・松島基地)も使用しており、防衛省は編成を6機から4機に減らし、パイロット養成用を優先させる。来年の東京五輪・パラリンピックの時期が近づけば、6機に戻す方針。




東京都心上空を飛行する航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」。使用する機体はT4練習機=5月29日

東京都心上空を飛行する航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」。使用する機体はT4練習機=5月29日

 空自などによると、不具合は昨年4月、三沢基地(青森県)のT4が訓練中に発生し、片方のエンジンを停止させ緊急着陸した。異常な振動でエンジン内部が損傷したことが判明。同年1月にも浜松基地(静岡県)で、地上でエンジンを回している最中に異常があった。
 振動を抑制する「バッフル」と呼ばれる部品の交換を進めているが、双発の約200機のエンジンをいったん外して作業する必要があり、時間がかかっている。
 国産のT4は、教育訓練や技量維持のために使われ、飛行教育部隊がある浜松、芦屋基地(福岡県)や、戦闘機を運用する基地に配備。しかし、配備から30年以上経過し、整備しても規定通りの出力が得られない場合があり、エンジンを組み直したり、部品の配列を変えたりしながら使用している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060700146&g=soc

« 男2人組が住宅に侵入、就寝中の男性押さえ脅迫「金、金」 男性が大声、室内物色も何も取らず逃走/蓮田(8日)共同 | トップページ | 首都圏 緊急事態宣言解除以降 鉄道利用者が急増 新型コロナ (8日)NHK »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男2人組が住宅に侵入、就寝中の男性押さえ脅迫「金、金」 男性が大声、室内物色も何も取らず逃走/蓮田(8日)共同 | トップページ | 首都圏 緊急事態宣言解除以降 鉄道利用者が急増 新型コロナ (8日)NHK »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ