カテゴリー

« 2020年6月28日 (日) | トップページ | 2020年6月30日 (火) »

2020年6月29日 (月)

2020年6月29日 (月)

横浜市南区で特殊詐欺被害が連続発生 神奈川県警が警戒呼びかけ(29日)産経

神奈川県警南署は29日、横浜市南区内で特殊詐欺による被害が2件発生したと発表した。
 22日、区内に住む60代無職女性の自宅に女性の息子を装った男から電話があり、「宛先を間違えて、小切手が入った書類を送ってしまった。200万円貸してくれないか」などと嘘を言われた。女性は男が次男であると信じ込み、同日、自宅近くの駅前路上で、息子の同僚を名乗る男に現金200万円を渡し、だまし取られた。
 24日には同区の80代無職女性の自宅に、家電量販店店員や警察官を装う男2人から電話があり、「娘さんがあなた名義のカードでテレビを買おうとしている。本人で間違いないか」「あなたのカードが偽造された」などと嘘を言われ、同日、自宅に現れた別の警察官を名乗る男にキャッシュカード1枚を渡し、だまし取られた。女性は後からおかしいと思い、その日のうちに110番通報したが、すでに現金50万円が引き出されていたという。
 同署は「怪しい電話には出ず、警察に相談を」と警戒を呼びかけている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200629/afr2006290030-n1.html

役所に爆破予告疑い 岐阜・関市議を逮捕(29日)産経

岐阜県警関署は29日、爆破予告文を関市役所の支所に郵送したとして、威力業務妨害の疑いで、関市の市議、太田博勝容疑者(67)=同市広見=を逮捕した。認否は明らかにしていない。
 逮捕容疑は、爆破予告文を市役所の上之保事務所に郵送、5月7日午後2時50分ごろから午後4時40分ごろまでの間、市職員に爆発物の捜索をさせ、本来の市役所業務を妨害したとしている。
 署によると、予告文には同事務所や本庁舎に爆発物を仕掛けた旨が書かれていた。同日午後2時半ごろまでに予告文が届き、職員から110番があった。市内の防犯カメラを調べるなどしたところ、太田容疑者が浮上した。
 市によると、予告文に特別な要求はなかったという。5月1日にも同様の予告文が届き、県警に通報していた。太田容疑者は平成15年4月に初当選し、25~27年に議長を務めた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200629/afr2006290038-n1.html

障害者施設で入所者虐待 職員が顔たたく(29日)産経

神奈川県は29日、県立の知的障害者施設「中井やまゆり園」(中井町)で、60代の男性職員が入所者の男性をたたくなどの虐待があったと発表した。入所者にけがはなかった。県は検証チームを立ち上げ、原因究明や再発防止に努める。
 県によると、職員は5月3日午後6時すぎ、入所者を落ち着かせるためとして、顔を右の拳でたたいたほか、切迫性がないのに首や上半身を押さえ、膝で太もも付近を数回蹴るような行為があった。カメラ映像や聞き取り調査で判明した。
 職員は園の調査にたたいたことを認めたものの、「体を寄せただけで蹴っていない。強く押さえたつもりもない」と話している。
 中井やまゆり園は定員140人。平成28年に殺傷事件が起きた相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の運営法人との関係はない。
https://www.sankei.com/affairs/news/200629/afr2006290044-n1.html

歯科医師刺傷事件の審理始まる 工藤会トップ公判(29日)朝日

四つの市民襲撃事件で殺人の罪などに問われた指定暴力団工藤会トップで総裁の野村悟被告(73)とナンバー2で会長の田上不美夫被告(64)の第46回公判が29日、福岡地裁であり、2014年の歯科医師刺傷事件の証人尋問が始まった。

 起訴状などによると、両被告は実行役らと共謀し、14年5月26日、北九州小倉北区の駐車場で、歯科医師の足や腹などを刃物で刺すなどして殺害しようとしたとされる。

 証言したのは歯科医師の父親の親族の男性。田上被告とは30代から親交があった。14年2~3月に3回、田上被告と市内で面会。田上被告は、漁協幹部である父親が仕切る港湾工事に工藤会が参入できるよう取りはからいを求めたという。

 この際、田上被告は父親の親族…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

残り:248文字/全文:552文字
https://www.asahi.com/articles/ASN6Y6V5HN6YTIPE016.html

DV被害者の住所 誤って加害者に通知 東京 三鷹市 (29日)(29日)NHK

東京 三鷹市がDV=ドメスティック・バイオレンスの被害者の住所を加害者に誤って知らせていたことがわかりました。市は被害者に謝罪するとともに、再発防止の徹底に努めるとしています。
三鷹市によりますと、DV被害者の現住所が書かれた戸籍の「付票」は交付が制限されていて、加害者が請求を行った場合は、画面にアラートが表示され、交付手続きを止めることになっています。
しかし、ことし4月に加害者が請求を行った際には、対応した職員が「付票」ではなく、「戸籍謄本」が請求されたと勘違いして発行の手続きを進めました。
そのミスに気付いた審査を担当する職員が、改めて「付票」を発行するよう別の職員に指示すると、その職員はアラートが表示されたにもかかわらず、「付票」を印刷して交付してしまったということです。
今月18日に「住所が漏れたようだ」と被害者が市に訴え、確認したところ、誤って交付していたことがわかったということです。市は、ミスが重なったとして被害者に謝罪するとともに、チェック体制を強化し、再発防止の徹底に努めるとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012488251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

生後10か月の長男 頭にけが 傷害の疑いで父親逮捕 千葉 八千代(29日)NHK

千葉県八千代市で生後10か月の長男を突き飛ばして頭にけがをさせたとして33歳の父親が逮捕されました。父親は容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは八千代市米本の会社員、佐藤祐一容疑者(33)です。
警察の調べによりますと、佐藤容疑者は28日夜10時すぎ、自宅の団地の一室で生後10か月の長男を突き飛ばして、頭にけがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。
事件の直後、同居する妻から通報を受け警察が現場に駆けつけたところ、妻が「夫が長男を突き飛ばした」などと説明したことから逮捕したということです。
長男は現在入院して治療を受けていますが意識はあるということです。
警察の調べに対し佐藤容疑者は「長男がバランスを崩して柱にぶつかった。突き飛ばしていない」などと容疑を否認しているということで、詳しい状況を調べています。

千葉県「安全確保必要な家庭と認識していた」

児童虐待などを担当する千葉県の児童家庭課は「この家庭については過去にも児童相談所が関わりを持っていた。県として安全を確保する必要がある家庭だと認識していた。これまでにどのような対応を取っていたのか確認中です」としています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012488411000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

東京都 新たに58人の感染確認 4日連続50人超える 新型コロナ (29日)NHK

東京都は29日、都内で新たに58人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。1日の感染の確認が50人を超えるのは4日連続です。
東京都は、29日都内で新たに10代から90代の男女合わせて58人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
1日の感染の確認が50人を超えるのは4日連続です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012487671000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

小池氏がリード 都知事選の終盤情勢(29日)時事

 任期満了に伴う東京都知事選は7月5日の投開票に向け、終盤戦に入った。29日までの情勢取材では、現職の小池百合子氏(67)がリードし、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らが追う展開となっている。
【関連ニュース】都知事選2020

 小池氏については、自民党の二階俊博幹事長が「全力で応援する」と表明、公明党も「実質的に応援する」としており、無党派層に加え、両党の支持層にも支持を広げている。新型コロナウイルスへの対応で同氏の動きに注目が集まっていることも追い風となっているようだ。
 宇都宮氏は、支援を受ける立憲民主、共産、社民3党の党首と一緒に街頭演説するなど、追い上げに懸命だ。共産支持層への浸透には手応えを感じているが、国民民主党が同氏支援を見送るなど、野党支持層全体を固めることはできていない。
 山本氏は、立憲を離党意向の須藤元気参院議員と共に街頭演説するなど、公認を受けるれいわ支持層以外にも浸透を図っている。ただ、出馬表明が告示3日前と遅かったことや、宇都宮氏らと野党票が分散している影響などで苦戦している。
 小野氏は、推薦を受ける日本維新の会の副代表である吉村洋文大阪府知事とオンラインで対談するなどしているが、知名度不足は否めない状況だ。この他、都知事選にはNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)ら18人が立候補している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900622&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

「監督がパワハラ」と提訴、奈良 県立高の元サッカー部員(29日)共同

 奈良県立山辺高サッカー部で元Jリーガーの興津大三監督からパワーハラスメントを受けたなどとして、元男子部員2人が興津監督と、同部と提携する食品会社「天平フーズ」(奈良市)に計約1100万円の損害賠償を求め、29日までに奈良地裁に提訴した。元部員の父親2人と弁護士が奈良県庁で記者会見し明らかにした。提訴は10日付。
 訴状などによると、同部は同社運営のサッカースクールと提携し、監督と部員は寮で生活している。18年6月以降、監督からの暴言や無視、夜中の呼び出しがされるようになり、2人は退寮を余儀なくされた。うち1人はストレスによる適応障害と診断されたとしている。
https://www.47news.jp/national/4961823.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日 単位・レベル)
会話もできない世の中で良いのか
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200629205201  F1015629-1 新型コロナウイルス禍で休んでいた学校もようやく始まり、登下校時の児童に対する声かけ事犯も多くなっている。同事犯は、登下校中に略取され殺害されるなど凶悪事件に繋がった事件も多いことから、〝前兆事犯〟とも見られている。
 その略取・誘拐は、路上からだけでなく近年はネットを介した略取・誘拐に繋がる事犯も多くなっている。
… … … … …
 警察庁によると令和2年5月現在の略取誘拐・人身売買は115件で、前年より1件の増加。
 ランキングは大阪の15件。埼玉と愛知の各14件と続くが埼玉が前年より9件、愛知が同6件増加している。他には東京の12件、兵庫の9件など。
 一方、検挙率は、なんと前年同期より18.5ポイントもアップして94.8%だった。ランキングは宮城の300%、大分の150%、愛知の107.1%と続くが、他に100%が14県もあった。
 最も低くても北海道の57.1%。但し、前年より42.9ポイントも下がっており、これからアップすることだろう。現実に発生3位の東京は前年より14.8ポイントも上がり91.7%になった。
 登下校時の略取を防ぐのには、やはり地域社会住民の「眼」が頼りだ。みんなで見守ろうよ。
 都内では子供に対する声かけ事犯の110番通報が多く、「お帰り」とか、「どう?学校たのしいですか」などの会話もできないほど神経質になっている。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

20131216065735-1_20200629210001
横浜市南区で特殊詐欺被害が連続発生 神奈川県警が警戒呼びかけ (29日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200629/afr2006290030-n1.html


★「芸能人の愛人を探している」詐欺で男逮捕 (28日)TBS
★「受け子」を職質で逮捕、大阪 すり切れた裾を不審に思い (27日)共同
★警察庁の偽サイト確認 口座番号入力画面に誘導 (27日)産経
★詐欺グループの8人逮捕 都内民泊住宅拠点にうその電話 警視庁 (25日)NHK
★不正入手カードで50万円引き出し疑い 横浜の27歳男逮捕 (25日)産経
★金融機関から「カード交換必要。回収に行く」と電話…じつは詐欺 信じた女性被害 男にカード手渡す/所沢 (25日)共同
★弁護士事務所職員装い2千万円詐取 容疑の男逮捕 (23日)産経
★商業施設名乗り「カードが使われている」 秋田市で不審電話 (23日)共同
★さいたまの81歳男性、900万円詐欺被害 (23日)産経
★「コロナに効く」と茶宣伝で逮捕の中国人、容疑を否認 (17日)産経
★車内拠点に詐欺電話か かけ子の男ら逮捕 警視庁 (16日)産経
★特殊詐欺は「一刻も早い通報を」 被害金戻ったケースも (14日)朝日
★「コロナで入国?」 国際ロマンス詐欺、見抜いた眼力 (13日)朝日
★現金詐取まで数十秒!大阪の80代女性、口座停止で被害阻止 (13日)産経
★2度目の詐欺防いだ店長に感謝状 (10日)NHK

組関係者ら覚醒剤所持疑い 静岡、福井両県警が再逮捕(2929日)産経

自宅アパートの敷地内で覚醒剤を所持したとして、静岡、福井両県警は29日、覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで、職業不詳、松井勝容疑者(47)=静岡県富士市=と無職、岡本修一容疑者(61)=同=を再逮捕した。両県警は認否を明らかにしていない。
 静岡県警によると、松井容疑者は指定暴力団稲川会系組織の関係者で、両県警は29日、富士市にある同組織の事務所を家宅捜索した。両容疑者の逮捕容疑は共謀して10日、自宅アパートの敷地内で覚醒剤2グラムを所持した疑い。
 昨年4月、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで福井県越前市の男性=執行猶予付き有罪判決=を逮捕。入手経路などの捜査で両容疑者が判明し、6月10日に覚醒剤取締法違反(共同所持など)の疑いで逮捕した。両容疑者は同じアパートの別の部屋に住んでいる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200629/afr2006290016-n1.html

あおり運転繰り返したか 男を書類送検 福岡 宗像 (29日)NHK

福岡県宗像市で、乗用車を運転していた会社員が、前を走る車に急接近するなどの「あおり運転」を繰り返したとして、暴行の疑いで書類送検されました。 書類送検されたのは、宗像市に住む36歳の会社員の男です。
警察によりますと、ことし4月、宗像市栄町の県道や市道で乗用車を運転していた際、前を走る75歳の男性が運転する車に対しクラクションを鳴らしながら後ろから急接近したり、追い越して急に減速し男性の車を停止させたりするなど、およそ700メートルにわたって「あおり運転」を繰り返したとして、暴行の疑いが持たれています。
その後、男は乗用車を降りて男性の車の運転席の窓をたたくなどしましたが、男性はすぐに車を発進させて逃げ、近くの交番にドライブレコーダーの映像などを提出しました。
警察の調べに対し、男は「相手からクラクションを鳴らされて、カッときた。謝罪させるためにやった」などと供述し、容疑を認めているということです。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012487561000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

国内感染者、累計1万9242人 死者は985人―新型コロナ(29日)時事

 国内で確認された新型コロナウイルス感染者は、29日午前10時現在でクルーズ船の乗船者らを含めて1万9242人に上り、前週より585人増えた。死者は12人増え、985人となった。
 感染者の内訳は、都道府県別の合計が1万8049人、横浜市で停泊中に集団感染が起きた「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員が712人、長崎市で停泊中に集団感染が起きた「コスタ・アトランチカ」の乗員が149人、政府チャーター機での帰国者らが15人など。
 国内感染者の都道府県別では、多い順に東京6114人(前週比331人増)、大阪1821人(同12人増)、神奈川1467人(同32人増)となっている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900263&g=soc

国宝・瑞巌寺で窃盗被害、宮城 本堂の装飾金具(29日)共同

日本三景の一つ、松島の国宝・瑞巌寺(宮城県松島町)は29日、本堂内の障子戸に付属する装飾金具1点が盗難被害に遭ったと明らかにした。塩釜署に被害届を提出し、同署が窃盗事件として調べている。
 同寺によると、盗まれたのは菊が刻まれた円形の金具で、直径約4センチ。明治天皇が宿泊したという「上々段の間」の、廊下側に付いていた。
 22日午前10時ごろ、巡回中の警備員がなくなっているのに気付いた。同日午前8時半の開館前には異常はなかったとみられ、その後に被害に遭った可能性がある。
 瑞巌寺は1609年に仙台藩祖の伊達政宗が創建した。
https://www.47news.jp/national/4960374.html

ツイッターの逮捕歴削除を認めず 東京高裁(29日)共同

過去の逮捕歴がツイッターで表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、東北地方の男性が米ツイッター社に投稿の削除を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(野山宏裁判長)は29日、削除を命じた一審東京地裁判決を取り消し、削除を認めないとする男性側逆転敗訴の判決を言い渡した。一審判決を不服とし、同社が控訴していた。
 最高裁は2017年、グーグルに残る過去の逮捕歴を巡る同種訴訟で、プライバシー保護が情報公表の価値より「明らかに優越する場合」に限り削除できると判断した。
 男性は12年建造物侵入容疑で逮捕され罰金刑を受けた。ツイートが複数投稿され就職活動に支障が出ていた。
https://www.47news.jp/national/4960502.html

宮城・大川小慰霊碑破壊予告疑い 高知の臨時講師を再逮捕(29日)共同

 東日本大震災で児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の慰霊碑を破壊するとの予告文書を市教育委員会に送ったとして、県警は29日、威力業務妨害の疑いで高知県香南市の小学校臨時講師近森公和容疑者(42)=脅迫罪で起訴=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は2月22日ごろ、石巻市教委に「車で突っ込んで慰霊碑を壊す」との脅迫文を送り、業務を妨害した疑い。県警によると、近森容疑者は容疑を認め「石巻市の大川小遺族対応に不満があった」と話している。
 近森容疑者は1月に「包丁で刺し殺す」などと記した文書で遺族3人を脅迫したとして、6月に逮捕、起訴された。
https://www.47news.jp/national/4960937.html

あおり運転厳罰化、ヘリで追跡も  警視庁、周知へチラシ配布(29日)共同

あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道交法が30日施行されるのを前に、警視庁は29日、中央自動車道の石川パーキングエリア(東京都八王子市)で、強化した罰則内容などを周知するチラシを配り、ルールを守った運転を呼び掛けた。
 警視庁は施行に合わせ、上空のヘリコプターから危険走行する車を監視し、地上のパトカーと連携し追跡する手法も取り入れ、あおり運転の取り締まり強化に乗り出す。
 チラシはイラスト入りで、通行を妨害する目的での急ブレーキや車間距離不保持など10行為があおり運転に当たると説明。「あおり運転は犯罪!免許取消!」「絶対にダメ!」と強調している。
https://www.47news.jp/national/4960323.html

再拡大に備え対策効果を検証へ(29日)NHK

新型コロナウイルスの新たな感染者が、ここ数日、100人前後で推移する中、政府は、今週、京都大学の山中伸弥教授らによる有識者会議の初会合を開き、これまでの対策の効果を分析し、感染の再拡大に備えることにしています。
新型コロナウイルスの新たな感染者は、28日、東京都で緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多い60人の感染が確認され、全国であわせて113人となるなど、ここ数日、100人前後で推移しています。
西村経済再生担当大臣は、28日、医療体制には余裕があるとして、現時点で、緊急事態宣言を再指定する必要はないとする一方、新たなクラスターが発生していないかなど分析を進める考えを示しました。
また、政府は、これまでの対策の効果を分析するため、7月1日、京都大学の山中伸弥教授らをメンバーとする新たな有識者会議の初会合を開くことにしています。
会議では、厚生労働省が集めた感染者のデータなどをもとに、最新のスーパーコンピューター「富岳」や、AI=人工知能を活用して分析した結果を今後の感染防止策に反映させることにしていて、感染の再拡大に備えることにしています。
一方、西村大臣は専門家会議の廃止について、28日の記者会見で、「廃止という言葉が強すぎたと反省している」と述べたうえで、専門家会議の役割を政府内に新たに設ける分科会などに移行させ、引き続き、助言を受けながら対策を講じていく考えを示しました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200629/1000050707.html

前法相、巧妙に現金配布か 後援関係者「記事に挟んで」(29日)産経

昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反容疑で逮捕された前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)が、現金を雑誌記事に挟むなどして後援会関係者に渡していた疑いのあることが28日、関係者への取材で分かった。広島市議に受領を拒否され、その市議の後援会長に渡したケースもあり、確実に現金を受領させるため、巧妙な手口で配布しようとしたとみられる。
 克行容疑者は昨年5月、後援会員の男性宅を訪れ、「(参院選は)激戦だからこのコピーを読んでくれ」と2つ折りにした参院選の記事のコピーを男性に渡した。すぐに「次があるから」と立ち去ったが、男性がコピーを開くと中に現金5万円が挟まれていたという。
 男性によると、自民党が野党だった平成24年の衆院選当時、克行容疑者から現金を渡されそうになって拒んだことがあったという。男性は現金をコピーに挟んだ手法を「また拒否されると思ったんだろう」と憤る。5万円は昨年6月に克行容疑者と面会した際に返却したとしている。
 また、ある広島市議が昨年4月の統一地方選で当選後、克行容疑者は現金の入った封筒を市議に渡そうとしたが、「(妻の)案里容疑者の票の取りまとめの依頼だ」と思った市議に拒まれたという。その後、市議の後援会長で自身の後援会関係者でもある男性宅を訪問。「当選おめでとう」と白い封筒を渡した。
 男性は当選祝い名目と考え、「市議に渡すのが筋だ」と思いながら封筒を受け取った。市議に相談すると「すぐ返せ」と指示があったが、克行容疑者がかたくなに返却を拒んだため、持ち帰って封筒のまま保管。その後、事情聴取を担当した検事らと一緒に封筒の中身を確認すると、30万円が入っていたという。克行容疑者らの現金配布先とされる94人のうち、後援会関係者の受領額は多くが5万~10万円で、克行容疑者が市議に渡そうとした30万円をそのまま男性に提供した可能性がある。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280019-n1.html

「拉致解決に声上げて」 横田夫妻支援の住民団体(29日)日経

横田滋さん(87)は、北朝鮮に拉致された娘、めぐみさん(失踪当時13)との再会を40年以上願い続けたまま、今月5日に亡くなった。川崎市の自宅マンションの住民らは、支援団体「あさがおの会」をつくり、15年以上にわたって滋さんと妻、早紀江さん(84)を支え続けてきた。
拉致被害者家族の高齢化が進む中、住民らは「早期解決に向け多くの人が声を上げてほしい」と訴える。
住民らがめぐみさんのことを知ったのは1997年。拉致の疑いが強まり、滋さんはめぐみさんの名前を公表。拉致被害者家族会の初代代表に就任した頃だった。「エレベーターなどで一緒になることはあったが、娘さんがいたとは知らなかった」。あさがおの会の田島忠代表(78)は驚いたという。
北朝鮮は2002年、めぐみさんを「死亡」としたが、やがて虚偽と分かる。懸命に活動を続ける夫妻の姿を見て、住民らは「力になりたい」と03年に支援組織を立ち上げた。めぐみさんが好きな花の名前から、夫妻に会の名前を決めてもらった。
署名活動の手伝いなどをしたが、「もっと世論に訴えなければ」との思いから、05年からめぐみさんの写真展を開催。以来、定期的に国内外で開くなど、風化防止の取り組みを続けた。
だが、拉致問題の進展はないまま、滋さんは体調を崩して18年から入院した。月に1、2回見舞いに訪れた田島さんは「名前を呼ぶと、変わらぬ笑顔で話してくれたが、うまく言葉が出ない様子だった」と振り返る。
滋さんの訃報を受け、マンションのロビーにたくさんの花とともに、在りし日の横田家の写真を飾った。「せめて早紀江さんが元気なうちに何とかしてほしい。政府にはがき1枚を送るだけでもいい、一人一人が何か行動を起こして」。めぐみさんが帰国するまで、田島さんらの活動は続く。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60904190Y0A620C2CZ8000/

女性自衛官候補生207人巣立ち 陸自久留米で課程修了式(29日)西日本

 九州・沖縄で今春採用された女性陸上自衛官候補生の課程修了式が28日、久留米市の陸上自衛隊久留米駐屯地であった。118教育大隊の候補生207人が約3カ月の訓練を終えて、全国の部隊に巣立った。
 同駐屯地は女性候補生の教育拠点となっている。式典は新型コロナウイルス対策で家族の出席はできず、陸自関係者のみで実施。席の間隔を空け、全員マスクを着用した。
 教育大隊長の山本英一郎2等陸佐はあいさつで「新型コロナで制約を受けながらも、さまざまな困難を克服した。感謝と謙虚さを忘れず精進してほしい」と激励した。長崎県出身の木村ななみさん(22)は「訓練は厳しかったけど同期と励まし合って今日を迎えられた」と仲間に感謝を述べ、佐賀県出身の宮崎有紀さん(18)は「昨年、佐賀の水害で自衛隊が活躍したのを見て志した。頼りにされる自衛官になりたい」と抱負を語った。 (山口新太郎)https://www.nishinippon.co.jp/item/n/621165/

警察マスコット、大物漫画家がデザイン?戦力外通告も 会員記事 (29日)朝日

警察の「顔」として活躍するマスコットキャラクター。東海3県警では、いずれも90年代に鳥から発案され、それぞれの特徴を生かして活動しています。なかには戦力外通告を受けて、引退を控えるキャラも。各県警を担当する記者が掘り下げました。

ファミリー活躍、著名作家が関係?

 黄色いくちばし、きょろきょろした目、丸いフォルム。愛知県警のマスコット「コノハけいぶ」は、妻や子、祖父母といった家族とともに活動の幅を広げている。デザインに関わる人たちの思いと、著名漫画家が関与しているといううわさの真相に迫った。

 コノハけいぶは1991年、県鳥のコノハズクをモチーフにつくられた。県警によると、「闇夜でも獲物の動きを知ることができる目と耳、大きな動物も捕まえられる強い足、鋭い爪、力強い翼を持っていることから、昼夜を問わず、あらゆる犯罪に立ち向かうことができる」という理由があった。

 コノハけいぶには、コノハまま、コノハじぃじなど6人の「ファミリー」がいる。県警内外に家族の大切さを訴えようと、2010年に新たに誕生した。

 ファミリーのデザインは県警内で公募され、504点の中から、熱田署の中島英利警部補(46)と西署の菅谷健巡査部長(41)のデザインが選ばれた。

 中島さんは同僚の似顔絵を描くのが趣味。菅谷さんは美術系の大学を卒業し、デザイン会社で務めた経験があった。2人はその後、各警察署のマスコットキャラクターなどもデ

ザインしてたという。菅谷さんは「温かい家族をイメージしてデザインした。イベントや広報誌でファミリーを見るたび、うれしくなる。100年たっても県警の顔として活躍してほしい」と思いを語る。

 ファミリーは、主に県警のホームページや職員向けの機関誌で活躍している。コノハばぁばが還付金詐欺の電話を受けたり、次女で小学生のコノハみらいが不審者から声をかけられたりする4コマ漫画も人気だ。
続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASN6V7DCNN6JOIPE017.html

エコバッグ、感染リスクは?小売業界「袋詰めは自分で」(29日)朝日

7月1日から、プラスチック製レジ袋を有料にすることが全国の小売店に義務づけられる。コロナ禍で飲食店などのテイクアウトが広がる中、店側の対応は様々。レジ袋に代わって使う機会が増えるエコバッグで新型コロナウイルスへの感染をどう防げばよいか、注意点も探った。
 東京・丸の内などで、ハワイ風から揚げ弁当のキッチンカーを営む国弘友(ゆう)さん(42)は、ピンク色で店のロゴが入ったプラ袋を使ってきた。「目立つから宣伝効果があるんです」と国弘さん。
 今後は、有料化の対象外のバイオマス素材配合の袋に切り替える。費用はプラ袋より少し高くなるというが「お客さんのわずらわしさを考えると有料にはしづらい」。コロナ禍による在宅勤務で、客が以前より少ない事情もある。
https://www.asahi.com/articles/ASN6X5HKDN6VUTIL031.html?iref=comtop_8_04

“不審メールは絶対開かないで” ネットバンキングで被害急増 (29日)NHK

インターネットバンキングのIDやパスワードが盗み取られて預金を不正に引き出される被害が昨年度、急激に増えました。金融庁は心当たりのない不審なメールが届いた場合は絶対に開かないよう注意を呼びかけています。
金融庁が全国の金融機関を対象に実態調査を行ったところ、インターネットバンキングの利用者が、預金などを不正に引き出された被害は昨年度、1863件に上り、前の年度の4.7倍に急増しました。
ショートメッセージやメールを送りつけ、利用者が指示にしたがって操作すると偽の金融機関のインターネットサイトに誘導し、IDやパスワードを盗み取る手口が多発しています。
金融庁は、去年の秋以降、被害が急激に増えていることから、心当たりのないショートメッセージやメールは絶対に開かず、不審に思ったら金融機関に問い合わせるよう呼びかけています。
一方、キャッシュカードが奪われ預金が不正に引き出される被害も年々増加し、昨年度は1万4678件に上りました。警察官や金融庁の職員などを名乗って高齢者からカードをだまし取る手口が急増しています。
金融庁は警察官や金融庁の職員がカードを預かったり、暗証番号を聞いたりすることは絶対にないとして注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012487261000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

アプリ「テレグラム」悪用、高齢者宅に強盗 指示役を逮捕(29日)共同

 綾瀬市の高齢女性宅に押し入って現金を奪い、女性にけがを負わせたとして、県警捜査1課と大和署は28日、住居侵入と強盗致傷の疑いで、静岡市葵区、無職の男(23)を逮捕した。この事件での逮捕者は3人目。県警は、同容疑者が保秘性の高さで知られる通信アプリ「テレグラム」などを使って、実行役に事件を指示した疑いがあるとみて調べる。
女性の手足縛り、現金奪う 男と少年逮捕、カメラには3人 逮捕容疑は、ともに住居侵入と強盗致傷罪で起訴されている無職の男(26)と無職の少年=当時(19)=らと共謀し、1月11日午前0時40分ごろ、綾瀬市の80代の無職女性宅に侵入。刃物のようなものを示して女性を脅し、現金約25万円などを奪った上、女性の胸などに約2カ月のけがを負わせた、としている。県警によると、同容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。
 県警は5月、現場周辺の防犯カメラ映像の解析などから、実行役とみられる無職の男と少年を逮捕。調べを進めたところ、同容疑者が会員制交流サイト(SNS)の「闇バイト」名目で、2人に事件を指示した疑いが浮上したという。実行役は他にもいるとみられ、県警が行方を追っている。https://www.kanaloco.jp/article/entry-393902.html

馬乗りで襲撃、強い殺意か 女子大学生はバイト帰り、静岡(29日)共同

静岡県沼津市の路上で近くに住む女子大学生山田未来さん(19)が刃物で刺され死亡した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男が、山田さんに馬乗りになって襲っていたことが28日、目撃した住民への取材で分かった。沼津署は、男が強い殺意を持っていたとみて捜査している。
 また山田さんが直前まで自宅近くのコンビニでアルバイトをしていたことも関係者への取材で判明。沼津署は、男が帰宅途中の山田さんを襲った可能性があるとみて、行動パターンを把握していたかどうかなどを調べている。
 同署によると、男は「同県三島市に住む20歳の大学生で堀藍」と名乗っており、裏付けを進めている。
https://www.47news.jp/national/4958475.html

無免許運転疑い誤認逮捕、福岡 取り消し確定と勘違い(29日)共同

 福岡県警粕屋署は28日、運転免許取り消し中に軽乗用車を運転したとして道交法違反(無免許運転)容疑で同日現行犯逮捕した福岡市のアルバイト男性(22)について、実際は取り消されていなかったため、釈放したと明らかにした。
 署によると、28日午後3時ごろ、同県篠栗町で無免許で運転した疑いで逮捕した。男性の免許取り消し処分が確定したと勘違いしたことが原因としている。
 男性は酒気帯び運転の疑いがあるとして署員に事情を聴かれた際に「無免許運転です」と説明。だが、実際は取り消し処分のための聴聞に出頭しておらず、逮捕時は不携帯の状態だった。不携帯の反則金を即日支払った。https://www.47news.jp/national/4959106.html

« 2020年6月28日 (日) | トップページ | 2020年6月30日 (火) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ