カテゴリー

« 2020年6月27日 (土) | トップページ | 2020年6月29日 (月) »

2020年6月28日 (日)

2020年6月28日 (日)

世界の感染者 1000万人超える 米が251万人余で最多 新型コロナ (28日)NHK

新型コロナウイルスの感染者の累計が世界で1000万人を超えました。今月下旬以降、世界では1日に15万人以上のペースで感染者が増え続けていて、経済活動の再開が各地で進む中、感染の拡大に歯止めがかからない状態となっています。
アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染者の累計は、日本時間の28日午後8時時点で、世界の188の国と地域で、1000万4643人と、1000万人を超えました。
亡くなった人は、49万9296人となっています。
1日当たりの新たな感染者数は今月下旬以降、連日15万人を超え、WHO=世界保健機関が新型コロナウイルスの感染を確認したことし1月以降、最も多い状態となっています。
国別で最も多いのはアメリカで251万323人と、全体の4分の1を占めています。
アメリカの新たな感染者数は一時、減少に向かいましたが、今月中旬以降、再び増加に転じ、特に増加が著しい南部のフロリダ州やテキサス州では、バーの営業を禁止するなど、経済活動の制限を再び強化する事態となっています。次に感染者が多いブラジルでは、ことし4月以降、貧困地区を中心に感染が急速に拡大し、ロシアやインドでも感染拡大が続いています。
感染や重症化を防ぐワクチンについて、WHOは「12か月後か、遅くとも18か月後の開発を目指す」という見方を示し、各国に引き続き対策をとるよう求めています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012487301000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

東京で新たに60人感染 緊急事態後、最多―新型コロナ(28日)時事

 東京都は28日、新たに60人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。1日当たりの感染者数は緊急事態宣言が解除されて以降で最多を更新し、3日連続で50人を超えた。
新型コロナウイルス都道府県別感染者数・死者数

 1日当たりでは5月4日の87人以来の高い水準。都によると、「夜の街」関連は31人で、このうちホストが18人いた。年代別では20、30代が全体の4分の3を占めた。若年層に集中しており、専門家は「第2波」ではないと分析しているという。
 北海道でも宣言解除後最多となる17人の感染が判明。小樽市で確認された60~80代の男女ら14人は、全員が昼間にカラオケを提供する市内の飲食店の利用者だった。「昼カラ」関係の感染者は、これまでに死亡1人を含む33人に上る。
 大阪府では5人の陽性が分かったが、全員の感染経路が不明だった。神奈川県で9人、埼玉県8人など国内の感染者は計112人となった。https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062800251&g=soc

汚物放置し犬66匹飼育の疑い 兵庫県警、会社員の男を逮捕(28日)共同

兵庫県警生活経済課は28日までに、数十匹の犬を犬の排せつ物がたまった同県三木市の空き家で飼育し虐待したとして、動物愛護法違反の疑いで住所不定、会社員田中大作容疑者(55)を逮捕した。「餌や水もあげている。虐待しているつもりはない」と容疑を否認している。同課は28日までに66匹が飼われていたことを確認した。
 同課によると、木造2階建ての空き家の1、2階には数年分とみられる排せつ物、犬の毛、餌の残りが数トン堆積。膝くらいまでの高さの所もあった。犬は汚れているが、衰弱はしていない。田中容疑者は2~3日に1回、餌を与えるために訪れていた。
https://www.47news.jp/national/4958694.html

「安倍総理が期待」と現金渡す 前法相、二階・菅両氏の名も(28日)共同

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)が昨年3月、広島県北広島町の宮本裕之町議会議長(61)に安倍晋三首相、自民党の二階俊博幹事長、菅義偉官房長官の3人が妻の案里容疑者(46)に期待していると伝え、現金20万円を渡していたことが28日、分かった。宮本氏が取材に証言した。昨年夏、関係者を通じて返金したが、議長を退く意向を示した。
 克行前法相が自民党の有力者の名前を挙げ、買収行為をした疑惑が新たに浮上した。広島県府中町の町議は前法相から「安倍さんから」と言われ、30万円を受け取ったと認めている。
https://www.47news.jp/national/4958758.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2829日 単位・レベル)
これは大きい被害者支援だ
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200628202701F1015592-1  増え続けているサイバー犯罪―不正アクセスや詐欺などネット犯罪が増加しているなかで、最近は、特に新型コロナウイルス禍の最中にもSNSなどを利用した誹謗中傷が目立っている。
 そんな中で、群馬県がインターネット上で誹謗中傷を受けている被害者を支援する、全国初の条例の制定を目指していることが分かった。
 誹謗中傷している人物を特定する調査や投稿の削除の手続きについて、被害者が無料で弁護士に相談できる窓口を設置するというもの。
… … … … …
 警察庁によるとネット犯罪は増加傾向にある。
 令和元年のサイバー犯罪の検挙件数は9519件で前年より479件の増加で、過去最多となった。
 内訳は、最も多いのが児童買春・児童ポルノ法違反で2281件。次いで詐欺の977件、不正アクセス禁止法違反の816件などと続き、そのほかに4558件の検挙があった。
 中でも不正アクセスの816件は前年より252件も多く、平成27年の373件の倍増となった。
 その手口は、利用者のパスワードの設定や管理の甘さに付け込んだものが最多で310件もあるという。
 群馬県の誹謗中傷の被害者支援―誹謗中傷は立派な犯罪だが、たとえ、犯人が逮捕されようと、被害者にとっては受けた傷跡は消えない。被害者支援のひとつとして期待したい。
 さらに最近はスマートフォンのSNSを悪用。宅配不在通知を装い、運送系企業の偽サイトに誘導する「フィッシング詐欺」が横行しており警視庁は注意を呼びかけている。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
https://www.47news.jp/national/4955970.html

★警察庁の偽サイト確認 口座番号入力画面に誘導 (27日)産経
★詐欺グループの8人逮捕 都内民泊住宅拠点にうその電話 警視庁 (25日)NHK
★不正入手カードで50万円引き出し疑い 横浜の27歳男逮捕 (25日)産経
★金融機関から「カード交換必要。回収に行く」と電話…じつは詐欺 信じた女性被害 男にカード手渡す/所沢 (25日)共同
★弁護士事務所職員装い2千万円詐取 容疑の男逮捕 (23日)産経
★商業施設名乗り「カードが使われている」 秋田市で不審電話 (23日)共同
★さいたまの81歳男性、900万円詐欺被害 (23日)産経
★「コロナに効く」と茶宣伝で逮捕の中国人、容疑を否認 (17日)産経
★車内拠点に詐欺電話か かけ子の男ら逮捕 警視庁 (16日)産経
★特殊詐欺は「一刻も早い通報を」 被害金戻ったケースも (14日)朝日
★「コロナで入国?」 国際ロマンス詐欺、見抜いた眼力 (13日)朝日
★現金詐取まで数十秒!大阪の80代女性、口座停止で被害阻止 (13日)産経

女子大学生のバイト帰りを襲撃か 静岡・沼津の殺害事件(28日)共同

静岡県沼津市の路上で近くに住む女子大学生山田未来さん(19)が刃物で刺され死亡した事件で、山田さんが事件直前まで自宅近くのコンビニでアルバイトをしていたことが28日、関係者への取材で分かった。沼津署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した男が帰宅途中の山田さんを襲った可能性があるとみて、動機などを調べている。
 沼津署によると、男は同県三島市に住む20歳の大学生で堀藍と名乗っており、裏付けを進めている。
 関係者によると、山田さんは沼津市西浦久連の自宅から約2.5キロ離れた同市内のコンビニでアルバイトをしており、事件のあった27日は午後1時ごろまで働いていた。
https://www.47news.jp/national/4958475.html

職務質問され警察官の腕かむ 容疑で28歳女を現行犯逮捕(28日)産経

28日午前1時ごろ、神戸市兵庫区松本通の公園で「花火をしていたグループが騒がしい」と110番があった。兵庫県警兵庫署員2人が現場に駆け付け、職務質問すると、神戸市の無職女(28)が「なんで名前を言わなあかんの」と言い、持っていたバッグを振り回して男性巡査長(27)の胸にぶつけ、右腕にかみついた。同署は公務執行妨害容疑で女を現行犯逮捕した。巡査長は右腕に軽いけが。
 同署によると、花火をしていたのは20代の男女4人で知人同士。女は当時、酒に酔っていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280011-n1.html

高齢者から現金奪った疑い 指示役の男を逮捕 神奈川県警(28日)産経

民家に侵入し、高齢女性から現金などを強奪したうえ、けがを負わせたとして、神奈川県警捜査1課は28日、住居侵入と強盗致傷の疑いで、静岡県葵区東の無職、荒川楓容疑者(23)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は住所不定、無職の橋詰晃佳被告(26)=同罪で起訴=らと共謀のうえ、1月11日午前0時40分ごろ、神奈川県綾瀬市の民家のガラスを割って室内に侵入し、寝ていたこの家に住む80代の無職女性に刃物のようなものを示して現金約25万円などを奪い、その際、胸の骨を折るなど全治約2カ月のけがを負わせたとしている。
 同課は5月11日に同容疑で橋詰被告と少年=当時(19)=の2人を逮捕。同課によると、荒川容疑者は2人の指示役で現場には行かず、高額報酬をうたって違法行為に加担させる「闇バイト」に応募してきた橋詰被告らに無料通信アプリ「テレグラム」を使って、指示を与えていたという。実行犯は橋詰被告らのほかに若い男が1人いるとみられており、同課が行方を追っている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280012-n1.html

改正道交法施行 自転車の「責任」より重く(28日)西日本

 自転車の存在意義が高まり、その分、利用者の責任は重くなる。そう考えるべきだろう。
 新型コロナウイルスの感染防止の一環として、自転車の利用が広がる中、改正道交法が30日に施行されるる。

 自転車が、他の車両を妨害する目的で進路変更や幅寄せをしたり、逆走、不必要な急ブレーキ、しつこくベルを鳴らしたりする行為は、あおり運転と見なされる。
 相手の運転手を威嚇するあおり運転は、車も含めてこれまで明確な定義がなかったが、今回の法改正で「妨害運転」と規定され、刑事罰も定めた。軽車両に分類される自転車にも適用され、罰金などの対象となる。
 自転車では既に、信号や標識の無視、歩行者妨害など14項目が危険行為とされており、妨害運転は15項目となった。
自転車は2017年施行の活用推進法で交通体系の柱の一つに位置付けられた。コロナ禍が始まってからは、人との接触回避のため、通勤や買い物だけでなく、食事の宅配サービスでの利用も日常の風景になった。
 それに伴い、歩行者との接触事故や違反が各地で目立つようになった。自転車が絡む事故は19年、全国で8万件を超え、死者は433人に及ぶ。
 自転車の利用には免許も講習も必要なく、法令の最低限のルールさえ理解していない人も多い。これが事故を生む大きな要因の一つである。
 自転車は車道を走るのが原則だ。例外的に幅が広く「通行可」の標識がある歩道であれば通行できる。その場合も歩く人に十分配慮しながら、車道側をゆっくりと走る義務がある。これを知らない人が意外に多い。
 酒酔い運転はもちろん、スマートフォンを使うなどの「ながら運転」は極めて危険で、罰則の対象だ。人命に関わる危険性があることを肝に銘じ、自転車保険の加入も心掛けたい。
 自転車は外出自粛による運動不足の解消につながる。環境に優しく、災害時に強い移動手段としても注目されてきた。
 今後も感染第2波、第3波のリスクは続くだろう。福岡市が自転車を貸し出す事業で、今年3、4月の利用率がコロナ禍以前より2割程度増えたという。博多駅や天神地区などの半径2キロ以内で乗り捨てる有料システムで、通勤や買い物、短距離の移動に使われたようだ。自転車販売店で、新車を買い求める社会人や学生も増えている。
 これからも引き続き、在宅勤務や時差出勤に加え、自転車通勤を推奨する職場も少なくないだろう。利用者は交通法規を学び、より安全運転に努めることが求められる。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/621027/

免許返納後、電動自転車で死亡 高齢者の悲劇なぜ起こる(28日)朝日

免許を返納して車の運転をやめたお年寄りが頼るツールの一つが自転車。しかし長野は坂が多い。対策として増えているのが電動アシスト自転車だ。ところが今年になって電動自転車に乗る高齢者の死亡事故が多発している。走行中に転倒して頭を打ったことが致命傷となるケースがほとんどで、いずれもヘルメットの着用はなかった。高齢者にとって坂道らくらくは何よりの利点だが、くれぐれも安全面にはご用心。

「転ばなければ…」

 20日午前、長野県青木村の村道で近くに住む吉池敏男さん(75)が電動自転車で走行中に転倒し、道路脇の畑に転落した。吉池さんは自力で帰宅したが、数時間後に意識不明に。午後3時すぎ、頭を強く打ったことによるくも膜下血腫で死亡が確認された。上田署によると、走行中にバランスを崩した可能性がある。

 近隣の人たちが電動自転車に乗る吉池さんを見かけるようになったのは今年に入ってから。病気で入院したことをきっかけに車に替わる足にしていたらしい。家から約1キロ離れた日帰り温泉施設電動自転車で通っており、その時に通るのが現場の村道だった。近所の女性は「いつも違和感なく走っていたけど、ヘルメットはしていなかった。転ばなければまだまだ元気だったのに」と悔やむ。

 交通マナーが向上したためか、実は自転車が絡む人身事故自体は年々減少している。昨年までは電動自転車の事故も少なくて、県警によると「2018、19年は死亡事故0件」。それが今年に入って一転した。

 27日現在で、電動自転車による死亡事故は5件。一般の自転車死亡事故を含めると6件となり、昨年一年間の3倍に達している。

 ほとんどが単独事故で、亡くなったのはいずれも60歳以上の高齢者。転倒して側溝に転落した状態で発見されるケースが目立つ。

死亡事故、増えた理由は

 急増の背景には何があるのだろうか。

 「電動アシスト自転車を選択す…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。残り:1288文字/全文:2065文字
https://www.asahi.com/articles/ASN6X3JY1N6WUOOB006.html

“緊急事態宣言の再指定など現時点で必要ない”西村経済再生相 (28日)NHK

新型コロナウイルスの新たな感染者数が、東京都で27日、緊急事態宣言の解除後、最も多くなったことについて、西村経済再生担当大臣は、新たなクラスターが発生していないかなど分析を進めるとする一方、現時点で緊急事態宣言の再指定や、都道府県をまたいだ移動の自粛を求める必要はないという認識を示しました。
新型コロナウイルスの新たな感染者数は、27日、東京都で57人が確認され、緊急事態宣言の解除後では最も多くなったほか、全国でも、26日に100人を超えたのに続き、27日も90人を超えました。
これについて、西村経済再生担当大臣は記者会見で「東京都から近県に広がってきていることを警戒をしている。首都圏各県の状況のデータマッピングを行っており、どの地域でどことの関係で、新規感染者が出ているのかや、これまで以外のクラスターがあるのかなどデータにもとづき、しっかりと分析していく」と述べました。
一方で、「医療体制には余裕があるので、今の時点で緊急事態宣言の再指定をするとか、心配があるというわけではない」と述べ、現時点で緊急事態宣言の再指定や、都道府県をまたいだ移動の自粛を求める必要はないという認識を示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486951000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

停車中のバスに軽乗用車追突 助手席の高1妹死亡 徳島県石井の国道(28日)共同

27日午後5時ごろ、石井町石井の国道で、停留所に止まっていた徳島バスの路線バスに、同町浦庄の専門学校生の少女(18)が運転する軽乗用車が追突。軽乗用車の助手席に乗っていた高校1年の妹(15)が胸などを強く打ち徳島市内の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡した。少女と、後部座席に乗っていた上板町神宅の親族女性(48)は軽傷。バスに乗客はおらず、男性運転手(44)にけがはなかった。
 徳島名西署によると、現場は片側1車線の直線道路。バスは徳島駅発鍛冶屋原行きで、時間調整のため停留所に停車していたところ、軽乗用車が追突した。
https://www.topics.or.jp/articles/-/382407

改正道交法施行 自転車の「責任」より重く(28日)西日本

自転車の存在意義が高まり、その分、利用者の責任は重くなる。そう考えるべきだろう。
 新型コロナウイルスの感染防止の一環として、自転車の利用が広がる中、改正道交法が30日に施行される。 自転車が、他の車両を妨害する目的で進路変更や幅寄せをしたり、逆走、不必要な急ブレーキ、しつこくベルを鳴らしたりする行為は、あおり運転と見なされる。
 相手の運転手を威嚇するあおり運転は、車も含めてこれまで明確な定義がなかったが、今回の法改正で「妨害運転」と規定され、刑事罰も定めた。軽車両に分類される自転車にも適用され、罰金などの対象となる。
 自転車では既に、信号や標識の無視、歩行者妨害など14項目が危険行為とされており、妨害運転は15項目となった。
自転車は2017年施行の活用推進法で交通体系の柱の一つに位置付けられた。コロナ禍が始まってからは、人との接触回避のため、通勤や買い物だけでなく、食事の宅配サービスでの利用も日常の風景になった。
 それに伴い、歩行者との接触事故や違反が各地で目立つようになった。自転車が絡む事故は19年、全国で8万件を超え、死者は433人に及ぶ。
続きを読む

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/621027/

持続化給付金、不正横行か 満額受給うたい申請代行、高額手数料―新型コロナ(28日)時事

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業や個人事業主を支援する「持続化給付金」をめぐり、高額手数料を取って書類作成を請け負う業者がインターネット交流サイト(SNS)で顧客を集めている。多くは給付金支給後に手数料を受け取る「成功報酬」をうたい、満額が受給できるよう書類改ざんを示唆する業者もいる。
持続化給付金「再々々々委託」 政府も全容把握できず

 専門家は「迅速給付ありきで簡素化した申請手続きが、不正の温床になっている可能性がある」と指摘し、監視強化の必要性を訴えている。
 業者はツイッターで「持続化給付金案件」「お金に困っています」「返済不要」などのハッシュタグ(検索用の目印)を付け、顧客を募る。給付金を「報酬」と呼ぶ宣伝文句も踊る。業者の一人は「1000人ほどの利用者がいるが全員審査は通っている。(個人事業主の受給上限額の)100万円をもらえるようにプロが設定する」と話す。ある2種類の数値で「差額を出す」と手口を明かし、書類改ざんによる確実な受給をにおわせる。「手数料は成功報酬で受給額の6割」と強気の姿勢だ。
 勧誘方法も手が込んでいる。ユーチューブで「申請サポート」を宣伝する業者は、申し込みはLINEで受け付け、その後の顧客とのやりとりは、追跡が困難とされる通信アプリ「テレグラム」を利用する。
 この業者は「手数料は受給額の4割」と説明した上で、副業をしていないサラリーマンなど本来制度の対象ではない顧客も「こちらで確定申告の書類を作るので受給は可能」と断言する。顧客には「不正はしない」との誓約書を提出させ、自分への追及を防ぐアリバイ工作にも余念がない。
 不正受給が判明した場合、延滞金を加えた金額に2割を加算した額の返還などが求められるが、元国税調査官の根本和彦氏は「提出書類だけでは不正か判別できない」と制度の不備を指摘。「国税庁の過去の課税データを共有したり、調査官を派遣したりしなければ不正は後を絶たない」と話した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062700329&g=soc

 

自宅マンション 6階から転落か 4歳女児死亡 神奈川 山北町 (28日)NHK

27日夜、神奈川県山北町でマンションの6階に住む4歳の女の子が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。警察は自宅のマンションから転落したと見て当時の状況を調べています。
27日午後9時前、神奈川県山北町山北にあるマンションから「子どもが落ちた。母親が確認に行っている」と父親から消防に通報がありました。
さらに、その数分後に、今度は母親から子どもを発見したという通報がありました。
警察によりますと、このマンションの6階に住む小林茉鈴さん(4)がマンションの南側に接しているJR御殿場線の山北駅の敷地内にうつ伏せの状態で倒れていたということです。
茉鈴さんは頭を打っていて病院に運ばれましたが、およそ3時間半後に死亡が確認されました。
女の子は、このマンションに両親と弟の家族4人で住んでいたということで、警察は茉鈴さんがマンションから転落したとみて当時の状況を詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486881000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

尖閣周辺に中国公船、76日連続(28日)産経

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で28日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは76日連続。平成24年9月の尖閣諸島国有化以降で、最長の連続日数を更新した。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載しているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280010-n1.html

母親と兄に切り付け疑い 男を逮捕 茨城・つくば(28日)産経

母親と兄を切り付けて殺害しようとしたとして、茨城県警つくば署は28日、殺人未遂の疑いで、同県つくば市高野台、無職、由井克典容疑者(40)を逮捕したる。
 逮捕容疑は27日午後5時35分ごろ、自宅の居間で、母親(73)の顔や兄(46)の頭などを包丁で切り付け、殺害しようとしたとしている。母親と兄は、それぞれ約1カ月と約2カ月の重傷を負ったが、命に別条はないという。
 署によると、由井容疑者は両親と3人暮らし。兄は別居していた。母親が「長男が頭を包丁で切られた」と110番通報し、署員が駆け付けた時には、母親と兄が由井容疑者を取り押さえていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280008-n1.html

愛媛で男性切りつけ金奪う 男ら逃走、東南アジア系か(28日)産経

27日午後8時50分ごろ、愛媛県新居浜市宮西町のコンビニエンスストアの駐車場で、同市の技能実習生のベトナム人男性(31)が車で連れ去られたと、一緒にいた知人が110番した。新居浜署によると、東南アジア系とみられる男らが男性に切りつけて車に乗せ、現金などを奪い、松山市内で車を乗り捨てて逃走した。強盗傷害事件として調べている。
 男性は右腕に全治約2週間の切り傷を負った。車が高速道路を走行しているのを捜査員が発見、追跡したところ、松山市の路上で止まり、5人前後の男らが降りて逃げた。車の後部座席に男性だけが残されていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280009-n1.html

「興味本位で吸った」若年層の大麻汚染、警察官にも…(28日)産経

若年層の大麻汚染が警察にも広がっている。24日に大麻を使用した20代前半の男性巡査4人が懲戒免職処分となった大阪府警のほか、兵庫県警や京都府警でも昨年から今年にかけ、20代の男性巡査が懲戒免職となった。同世代の若者の間では、大麻に対する危険性の認識不足が顕著になっているが、巡査らは拝命間もないとはいえ取り締まる側。警察幹部らは「たばこくらいの軽い感覚で手を出しているのではないか」と危機感を強めている。
 大阪府警の問題が発覚するきっかけとなったのは、堺署巡査だった蔵川涼太被告(22)=大麻取締法違反(所持)罪で起訴。府警によると、高校3年のとき、音楽イベントですすめられて初めて使用。2年前に警察官になってからはやめていたが、昨秋に昔の知人に会ったのを機に再び使用するようになった。
 警察学校の同期で西堺署巡査だった20歳と21歳の2人は昨年10月、蔵川被告から大麻の使用を打ち明けられた。「趣味の音楽の話をしているうちに大麻の話題になり、誘われた」といい、止めるどころか「興味本位で吸ってしまった」と説明。それぞれ蔵川被告から1袋5千円で大麻を購入していたという。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200627/afr2006270017-n1.html

街中で妊婦の暴行事件も マタニティーマーク「不安」3割超(28日)産経

札幌市の路上で、妊娠中の女性が男に腹を蹴られる事件が起きた。男は「腹が出ていて蹴りやすいので蹴った」と供述、妊婦と分かった上での犯行だった。この事件以外にも妊娠中の女性に体当たりしたり、子供を抱いた母親の抱っこひもを外したりする行為なども報告されている。妊婦や子供連れの母親などに危害を加える行為が後を絶たない。
 事件は今年4月、札幌市中央区の路上で発生。子供2人と手をつないで歩いていた当時妊娠7カ月の20代の女性の後ろから歩いてきた男が「邪魔だ。どけ」と言い、女性の腹を右足で1回蹴ったとしている。
 北海道警は、市内の無職の男(51)を暴行容疑で逮捕。女性は妊娠中であることを伝えたが、男は犯行を止めなかった。女性にけがはなく、胎児にも影響はなかった。道警は男を釈放して、任意で捜査を続けている。

「駅ホームで体当たりされた」

 《マタニティーマーク凝視して、すれ違い様に暴言的なもの言われて唾吐かれた》《妊娠中に駅のホームで電車を待っていたら、思いっきり体当たりされた》
 SNS上にはこの事件と同様に、妊娠中に見知らぬ人から危害を加えられたことを訴える投稿が相次いでいる。妊婦や子供を連れた母親への危険な行為は決して少なくないとみられる。
 昨年には、子供を抱っこする「抱っこひも」の背中側のバックルを外されるという被害や目撃情報がSNS上で相次いだ。ある女性がバスに乗車しようとしたところ、《知らない女性に抱っこひものバックルを無言で勝手にはずされていた》という。幸い、子供は無事だったが、極めて危険な行為だ。
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/200627/afr2006270022-n1.html

銀座線駅構内の発煙、空調機器の異常が原因か 一部終日運転見合わせ(28日)産経

27日午後10時45分ごろ、東京メトロの上野広小路駅構内で発煙があり、銀座線は全線で一時運転を見合わせた。空調機器の異常が原因とみられ、詳しい原因を調べる。乗客らにけがはなかった。
 銀座線は午後11時すぎから渋谷-銀座で運行を再開し、折り返し運転に切り替えた。残る区間は運転を終日見合わせ、他の交通機関での振り替え輸送を実施した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200628/afr2006280002-n1.html

佐世保市の72時間雨量、観測史上最大 3カ所で崖崩れ、4世帯避難(28日)西日本

活発な梅雨前線での影響で長崎県内は27日も激しい雨が降り、佐世保市で午後6時半までの72時間の降水量が観測史上最大の444ミリを記録した。

 佐世保市では小島町と鹿子前町、黒髪町の3カ所でがけ崩れが発生し、民家の外壁などに土砂が流れた。大雨の影響で25日に市道の一部が崩落した御船町では、市が現場近くを住民の立ち入りを禁止する警戒区域に指定し、4世帯5人が避難した。
 長崎地方気象台によると、26日午後11時の降り始めから12時間の雨量は、佐世保市で145ミリ、壱岐市芦辺で56ミリ、松浦市で51・5ミリ、雲仙市で47・5ミリ、長崎市長浦岳で36ミリを観測した。長崎地方気象台は28日正午までの24時間に、県内で100ミリを超す雨が予想されるとして警戒を呼び掛けている。 (竹中謙輔)https://www.nishinippon.co.jp/item/n/620959/

河井夫妻、自民現職を意識 引きはがし狙い現金配布か(28日)朝日

 昨年7月の参院選をめぐり、前法相で衆院議員の河井克行容疑者(57)=自民党を離党=と妻で参院議員の案里容疑者(46)=同=が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件。計約2570万円を受領したとされる94人は、半数以上が元職を含めた地元政治家だ。朝日新聞は取材で得た証言も加味し、配布状況について検証した。東京地検特捜部は買収行為が有権者の投票行動に影響した疑いがあるとみているが、夫妻は何をねらって現金を渡したのか――。
49人を独自分析
 事件の舞台となった参院選広島選挙区(改選数2)。2013年は自民党のベテラン、溝手顕正氏が52万票余りを集めてトップ当選。2番手の森本真治議員=現在は国民民主党=の19万票に大差をつけた。昨年3月、2議席独占を目指し、追加公認されたのが案里議員だった。特捜部はこのころから買収が始まったとみている。
 特捜部は配布先とした94人のうち42人を自民党系の地元政治家と分類。朝日新聞はこれとは別に、元職を含めた議員や首長ら計49人を分析した。
地盤の衆院広島3区、配布人数の4割

 広島県の23市町のうち、有権者数が5万人を超える7市すべてで、克行議員が2人以上の政治家に現金を持参。最も多かったのは全有権者のうち4割超を抱える広島市で、18人だった。有権者数第2位の福山市では元議員2人。同3位の呉市は2人で、うち1人は

広島県議会議長を務めた奥原信也県議だ。奥原県議は夫妻から計200万円を受領したと認めている。配布先の中で最高額だった。

 配布先が多かったのは安芸高田…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。
残り:965文字/全文:1609文字
https://www.asahi.com/articles/ASN6W6SR8N6WPTIL00Q.html

「芸能人の愛人を探している」詐欺で男逮捕(28日)TBS

「芸能人の愛人になれば月1千万円稼げる」などと言って、女性から現金250万円をだまし取ったとして、男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所職業不詳の中田佳明容疑者(51)です。
 警視庁によりますと、中田容疑者は今年4月、30代の女性に会社社長と身分を偽り、「有名芸能人の愛人を探している」「月1千万円稼げる」などと話を持ちかけていました。その後、「愛人にふさわしいか見極める」と旅行に連れだし、代金などとして現金250万円をだまし取ったということです。
 取り調べに対し黙秘していて、警視庁は同様の手口で詐欺を繰り返していたとみて調べています。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4014447.html

九州~関東 非常に激しい雨のおそれ 土砂災害など警戒を (28日)NHK

梅雨前線の影響で九州南部で非常に激しい雨が降っています。28日昼前にかけては九州から関東の各地で激しい雨が降って、局地的には非常に激しく降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、九州から本州の南岸沿いにのびる梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み西日本から東日本にかけての広い範囲で大気の状態が不安定になっています。
午前6時までの1時間に鹿児島県が錦江町に設置した雨量計で65ミリの非常に激しい雨を観測したほか、宮崎県が串間市に設置した雨量計で31ミリの激しい雨を観測しました。
これまでに降った雨で鹿児島県では土砂災害の危険が非常に高まって「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があり、厳重な警戒が必要です。
大気の不安定な状態が続くため、四国ではこのあとしばらく、九州南部や関東、東海では昼前にかけて、雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。また、東海や伊豆諸島を中心に今夜遅くにかけて大気の不安定な状態が続く見込みです。
29日朝までの24時間に降る雨の量は九州南部と東海、関東甲信のいずれも多いところで120ミリと予想されています。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

<新型コロナ>さいたまのキャバクラでクラスターか、接客の女性従業員5人が感染 症状ある者、ほかに5人(28日)共同

埼玉県のさいたま市は27日、同市大宮区の接客を伴う飲食店(キャバクラ)の接客の女性従業員5人が感染したと発表した。市は「クラスター(感染者集団)が発生した可能性は極めて高い」としている。
 感染が確認されたのは、さいたま市内の20代女性4人と、都内に住む20代女性。ほかに症状のある者が5人ほどいるという。
 都内の20代女性が21日から感染の症状が見られ、26日に陽性が判明。店関係者を調べたところ、ほかに4人の感染が明らかになった。
 店の従業員は約70人(接客従業員50人、店員20人)で、市は濃厚接触者としてPCR検査を進めていく。一方、19日以降に来店した客は濃厚接触者の可能性があるが、来客者は把握できていないという。店は26日まで営業していた。市保健所は客に連絡を呼び掛けている。
https://www.47news.jp/localnews/4956874.html

京浜東北線のワンマン運転検討 JR東、新型車両で人員不足補う(28日)共同

JR東日本は、埼玉県と神奈川県を結ぶ京浜東北線で、車掌が乗務しないワンマン運転を始める方向で検討を始めた。2024年度をめどに車両側面のカメラで乗り降りを確認できる機能を備えた新型車両を投入する。ボタンを押すだけで停止や速度調整ができる自動運転装置も搭載し、運転士の負担を軽減。各駅へのホームドア整備で安全を確保する。関係者への取材で27日、分かった。
 人口減少で鉄道各社は乗務員の確保が難しくなると見込む。京浜東北線は東京都心で山手線と並走する全国屈指の混雑路線。JR東が都心の路線をワンマン化すれば初めてとなり、各地の都市鉄道に広がる可能性がある。
https://www.47news.jp/national/4956315.html

銀座線、一時運転見合わせ 上野広小路で発煙(28日)共同

 27日午後10時45分ごろ、東京メトロの上野広小路駅構内で発煙があり、銀座線は全線で一時運転を見合わせた。空調機器室の設備の異常が原因とみられ、詳しく調べる。乗客らにけがはなかった。
 銀座線は渋谷―銀座で折り返し運転に切り替えた。残る区間は終日運転を見合わせ、他の交通機関での振り替え輸送を実施。約2万人に影響した。28日の始発から通常通り運転するとしている。
https://this.kiji.is/649620649292776545?c=39546741839462401

« 2020年6月27日 (土) | トップページ | 2020年6月29日 (月) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ