カテゴリー

« 2020年6月 1日 (月) | トップページ | 2020年6月 3日 (水) »

2020年6月 2日 (火)

2020年6月 2日 (火)

東京都が初の「東京アラート」都民に警戒呼びかけ 新型コロナ (2日)NHK

東京都は2日、都内で新たに34人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されるなど感染状況の悪化の兆候が見られるとして、都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を出しました。「東京アラート」が出されるのは初めてです。東京都は2日、都内で新たに34人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。1日の感染の確認が30人以上となるのは先月14日以来、19日ぶりです。
こうした状況をうけて、都は、午後9時45分から対策本部会議を開き、今後の対応を協議しました。その結果、感染状況の悪化の兆候が見られるとして、都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を出しました。「東京アラート」が出されるのは初めてです。
対策本部会議で小池知事は「きょうの新規陽性者数は34人で、病院の集団感染の影響があるとはいえ、警戒すべき数字だ。都民には、特に夜の繁華街など『3密』のリスクの高い場所では十分注意していただきたい。きのうからロードマップの『ステップ2』に移行したが、引き続き必要な警戒をしながら、感染拡大防止と経済社会活動との両立を図っていきたい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012455831000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

イタリア人船員装い詐取疑い、被害1億円超か 兵庫(2日)産経

SNS上でイタリア人船員を装って女性に近づき、多額の現金をだまし取ったとして、兵庫県警組織犯罪対策課は2日、詐欺などの疑いで東京都台東区、中国籍の職業不詳、劉平原容疑者(41)を逮捕、送検したと発表した。言葉巧みに外国人に恋愛感情を抱かせる「国際ロマンス詐欺」の手口で、被害総額は1億円を超えるとみられる。
 県警によると、女性は昨年11月、SNS上でイタリア人船員を名乗る人物と知り合った。船員役は「日本で一緒に住みたい」とハートマークを多用して言い寄り、女性に約900万ドルの現金や金塊などのプレゼントを贈ったとしたが、「タイの税関で止まったため送料や解除料が必要」と送金を要求。女性は同12月以降、7回に分けて日本の金融機関の指定口座に計約1億1300万円を振り込んだ。結局何も届かず、3月に県警に相談した。
 劉容疑者は現金を引き出す「出し子」とみられ、「違法なお金と思わなかった」と容疑を否認している。
 送検容疑は船員を名乗る人物らと共謀して昨年12月~今年2月、女性から約8800万円をだまし取ったとしている。
SNS上でイタリア人船員を装って女性に近づき、多額の現金をだまし取ったとして、兵庫県警組織犯罪対策課は2日、詐欺などの疑いで東京都台東区、中国籍の職業不詳、劉平原容疑者(41)を逮捕、送検したと発表した。言葉巧みに外国人に恋愛感情を抱かせる「国際ロマンス詐欺」の手口で、被害総額は1億円を超えるとみられる。
 県警によると、女性は昨年11月、SNS上でイタリア人船員を名乗る人物と知り合った。船員役は「日本で一緒に住みたい」とハートマークを多用して言い寄り、女性に約900万ドルの現金や金塊などのプレゼントを贈ったとしたが、「タイの税関で止まったため送料や解除料が必要」と送金を要求。女性は同12月以降、7回に分けて日本の金融機関の指定口座に計約1億1300万円を振り込んだ。結局何も届かず、3月に県警に相談した。
 劉容疑者は現金を引き出す「出し子」とみられ、「違法なお金と思わなかった」と容疑を否認している。
 送検容疑は船員を名乗る人物らと共謀して昨年12月~今年2月、女性から約8800万円をだまし取ったとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020018-n1.html




山梨トヨタに散弾銃持った社員侵入 包丁所持で現行犯逮捕(2日)産経

2日午前9時過ぎ、甲府市宝の山梨トヨタ自動車本社に包丁と銃のようなものを持った男が押し入り、通報で駆け付けた甲府署員に銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。
 男は大月市大月町真木、佐藤久司容疑者(42)で、同社の営業所の社員という。銃のようなものは散弾銃と分かった。
 逮捕容疑は2日午前9時45分ごろ、刃渡り約17センチの文化包丁を所持したとされる。同署が動機などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020009-n1.html

「バイク音うるさい」襲撃容疑の男2人逮捕 大阪(2日)産経

バイクで走行中の男性の頭を棒で殴打したとして、大阪府警捜査1課は2日、傷害の疑いで、大阪市西成区千本南、自営業の男(38)と、同居する配達業の男(26)を逮捕した。自営業の男は容疑を否認しているが、配達業の男は「マフラー音がうるさいバイクに乗った人を襲った」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は共謀し5月20日午後9時50分ごろ、同区玉出中の路上で、バイクで走行中の男性会社員(19)の頭を木製の棒(長さ約1メートル)で殴り、軽傷を負わせたとしている。
 同課によると、5月2日には近くの路上で、2人乗りのバイクが男に棒で襲撃され、男性2人がけがをした事件があり、関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020017-n1.html

靴の中に覚醒剤、ベトナム人逮捕(2日)西日本

違法薬物が入っていると知りながら宅配便を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策5課などは2日までに、麻薬特例法違反の疑いで、埼玉県上尾市二ツ宮、とび職レー・チー・チュン容疑者(29)らベトナム国籍の男女5人を現行犯逮捕した。同課によると、覚醒剤約75グラムやMDMA80錠など(末端価格580万円相当)を靴の中敷きの下に隠していた。
 5人のうち多くは新型コロナウイルスの影響で仕事を失い金に困っていたといい、同課は報酬を目当てに密輸組織の指示に従っていた可能性もあるとみて、密輸容疑も視野に調べている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/613568/

1億相当の金塊押収 コロナによる先行き懸念で高騰の金を密輸か (2日)NHK

ことし4月、中部空港に航空貨物として輸入された電動工具の内部に、金塊およそ18キロ、額にして1億円相当が隠されているのが見つかり、税関が押収していたことがわかりました。新型コロナウイルスによる経済の先行きへの懸念から金は歴史的な高値となっていて、捜査当局は、税関で消費税分の金額を納めずに密輸し、大きな利ざやを得ようとしたとみて調べています。
捜査関係者によりますと、ことし4月中旬、韓国から中部空港に輸入された貨物を税関が検査したところ、十数個の電動工具の中に、合わせておよそ18キロ、当時の取引価格で1億円相当の金塊が隠されているのが見つかりました。
金塊は、電動工具の内部構造に合わせて、巧妙に形が整えられていたということです。
海外から金を持ち込む際は、税関に申告して消費税分の金額を納める必要がありますが、申告は行われておらず、これまでのところ、送り主や受け取り先などは特定できていないということです。
新型コロナウイルスの感染拡大による経済の先行きへの懸念から、“安全な資産”とされる金の価格は高騰していて、捜査当局は、消費税のかからない海外で仕入れた金塊を密輸し、税込みの価格で売って大きな利ざやを得ようとしたとみて、関税法違反などの疑いで調べています。

「利ざや」得る仕組みは

通常、金を海外から国内へ持ち込む場合、税関に申告して消費税分の金額を納めます。
続きを読む

「マスクなしで弁護」求め遅延 新型コロナ、再開の裁判員裁判―東京地裁(2日)時事

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、東京地裁で2日再開された裁判員裁判で、弁護人が「マスクなしでの弁護」の許可を求めたため、遅延するトラブルがあった。
裁判員裁判に再開の動き コロナ対応、改正求める声も

 遅延したのは、母に対する殺人罪に問われた被告(55)の初公判。裁判員や被告、検察官らはマスク姿だったが、男性弁護人2人は未着用で、永渕健一裁判長から着用を促されたが、「感染防止が必要なのは理解しているが、マスクをしたまま全力で弁護するのは難しい」などと応じなかった。
 公判は休廷し、約2時間15分後、弁護人席と裁判員の間に透明のアクリル板を設置して再開。永渕裁判長は「マスク着用の同意が得られず遺憾。ソーシャルディスタンス(他者との距離)を保ってください」と注意した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060201064&g=soc

国内の新規感染者51人 東京急増、北九州は減少―死者3人増・新型コロナ(2日)時事

国内では2日、新型コロナウイルスの新規感染者が51人確認された。東京都では34人の陽性が判明。都内で1日当たりの感染者が30人以上となったのは5月14日以来で、前日の13人から急増した。
【詳報】新型コロナウイルス 東京都の状況

 34人中、12人は感染経路が不明。5人は接客を伴う飲食店など「夜の街」で感染したとみられる。クラスター(感染者集団)が発生した武蔵野中央病院(小金井市)では、新たに患者と職員計13人の感染が確認された。累計感染者は5283人となった。
 北九州市では新たに6人の陽性が判明した。感染者の確認は11日連続だが、人数は6日ぶりに1桁となった。11日間の累計は119人。
 クルーズ船の乗船者らを含めた国内感染者の累計は1万7723人となった。
 死者は東京都と埼玉県、大阪府で各1人増え、累計で916人となった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060200746&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

医療ミスで認知症と告訴状、福岡 心臓にカテーテル挿入中(2日)共同

福岡県久留米市の久留米大病院で2018年5月、心臓にカテーテルを挿入する手術中に医師が処置を誤り、当時70代の男性患者(19年に肺炎で死亡)が重度の認知症になったとして、男性の遺族側弁護士は2日、手術に関わった医師4人に対する業務上過失傷害容疑の告訴状を福岡県警に提出した。
 県警は内容を検討した上で、受理するかどうか決める。同大は告訴状提出に関し「現時点ではコメントを差し控える」とした。久留米大病院では、同時期に別の心臓手術でも医療事故が起きており、県警が捜査を進めている。
 原野さんの遺族は19年、同大を相手に損害賠償請求訴訟を起こし、福岡地裁で係争中。
https://www.47news.jp/national/4873750.html

シカ駆け回る、東京・荒川河川敷 ネットやドローンで追う(2日)共同

 東京都足立区の荒川河川敷で2日「シカがいる」と通報があり、警察や消防、区の職員ら数十人がネットやドローンを使い捕獲作業に当たった。警視庁西新井署などによると、体長約1.5メートルの雄とみられ、下流に移動し、やぶへ入ったり駆け回ったりしている。
 2日午前8時25分ごろ、足立区新田1丁目の荒川沿いで「シカがいる」と男性から110番があった。
 東京では5月31日、板橋区内でもシカの目撃情報が相次いでいた。人や農作物への被害は確認されていない。
https://www.47news.jp/national/4873601.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日 単位・レベル)
特別法犯は減少したものの
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200602205501F1015526-1  技能実習先から失踪したベトナム人を集めて違法に働かせていたとして入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、名古屋市の人材派遣会社の社長(42)と滋賀県長浜市の社長(47)ら3人が大阪府警に逮捕された。
 社長たちは平成30年9月~昨年11月まで、就労できないはずのベトナム人5人を大阪府や滋賀県の化学工場に派遣し、約3千万円の利益を上げていたというもの。
 そして、新型コロナウイルス禍―働き口を失った日本人が多いが、同様の外国人を利用した犯罪組織の暗躍が気になる。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年4月現在の入管法違反事件や薬物事件などの特別法犯検挙件数は2万1217件で前年より86件の減少。
 ところが、上記のような入管法犯は前年より178件も増えて2037件となった。来日外国人犯罪の増加もあってか、令和元年の年間では前年より1129件も増えている。それにコロナウイルス禍とあっては…
 その他の特徴としては、昨年の年間検挙件数が前の年より2201件も減るなど減少傾向にあった覚醒剤取締法犯は前年より12件増えて3250件と増加傾向に転じている。
 しかし、依然として大麻取締法犯は増える傾向にあり、同87件増の1627件だった。
 全体的に減っているが、これらの他では犯罪収益移転防止法犯が119件も増えて886件になり、不正アクセス禁止法犯が210件の検挙で前年より108件増と倍増している。
 ネット社会と言えばSNSの誹謗中傷問題。現行法改正の動きが出でいるが、まさか、改正反対などという御仁はいないだろうね。
   首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_201912022029011_20200602210101


★コロナ給付金狙い詐欺未遂 容疑で男女逮捕―京都府警 (1日)時事
★高齢者からカードだまし取ろうとした疑い 26歳の女逮捕 神奈川県警 (1日)産経
★目黒の土地購入代金7千万円詐取 容疑で地面師4人再逮捕 警視庁 (1日)産経
★「非正規」助成金の不正受給横行 申請急増で審査甘く (31日)日経
★コロナで「バイトできず」特殊詐欺「出し子」容疑で逮捕 (29日)産経
★「コロナで金が必要に」 高齢者からカード詐取、容疑の少年逮捕 (28日)産経
★受け子リクルーターか カード詐取容疑で女逮捕 警視庁 (28日)産経
★悪質な副業サイトに注意【暮らしのヒント】 (28日)西日本
★生活保護費不正受給疑い 55歳男逮捕 警視庁 (26日)産経
★“封書詐欺”2590万円だまし取られる (26日)TBS
★特殊詐欺の被害金回収役か 窃盗容疑で男逮捕 警視庁 (25日)産経
★注文していないのに届いたマスク、消費者庁が注意喚起 (23日)TBS
★日本一有名なサラリーマンが地元で詐欺防止の啓発 山口 (23日)朝日
★「コロナの件で給付金が出ます」「振り込むから口座番号を教えてください」 熊本県警人吉署管内で不審電話(21日)西日本

郵便局に押し入り102万円奪った疑い 54歳男を逮捕(2日)産経

 昨年12月、横浜市内の郵便局に男が押し入り、現金を強奪して逃走した事件で、神奈川県警捜査1課は1日、強盗と建造物侵入の疑いで、川崎市宮前区野川の派遣社員、桂田照彦容疑者(54)を逮捕した。「身に覚えがありません」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、令和元年12月30日午前9時5分ごろ、横浜市都筑区東山田の横浜東山田郵便局に侵入し、局員3人に拳銃のようなものを突き付けて「カネを出せ」などと脅迫したうえ、現金102万4千円を奪い取ったとしている。
 同課によると桂田容疑者は犯行後、盗んだ三輪のミニバイクで逃走。現場近くの防犯カメラには、走り去るミニバイクの様子が記録されており、今年1月に桂田容疑者の自宅周辺に乗り捨てられているのが発見されていた。その後、立ち回り先を突き止め、名古屋市守山区瀬古の路上で身柄を確保した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020001-n1.html

「コロナ怖くて」消毒液窃盗疑い 73歳の男を逮捕(2日)産経

愛知県一宮市の商業施設出入り口に設置された消毒液を盗んだとして、一宮署は1日、窃盗の疑いで、同市平和2の11の22、無職、福本達也容疑者(73)を逮捕した。同署によると「新型コロナウイルスが怖くて、消毒液が有効だと思った」「盗んだつもりはない。持ち帰ってしまったとの認識だ」と供述、犯意を否認している。
 逮捕容疑は1日午前10時45分ごろ、施設1階出入り口に置かれた消毒液入りのスプレーボトル1本(時価千円相当)を盗んだ疑い。
 署によると、ボトルは金属製チェーンでつないであったが、同日正午ごろに清掃作業員がなくなっているのに気付き、従業員を通じて署に通報した。目撃情報や防犯カメラの映像から福本容疑者が浮上した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020003-n1.html 

高校に爆破予告文送付疑い 元川崎市職員の男を逮捕(2日)産経

神奈川県警は2日、私立白鵬女子高(横浜市鶴見区)に爆破予告の脅迫文を送ったとして、威力業務妨害の疑いで、川崎市川崎区大島、元川崎市職員、荻原誠一容疑者(69)を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年11月25日、白鵬女子高に「御校を全て、ばく破し、取りこわす」などと書いた脅迫文を郵送。安全確認のため授業を中断して、校舎内や周辺で不審物の捜索をさせ、同高の業務を妨害したとしている。
 県警によると、脅迫文には差出人として実在の川崎市職員の名前が記載。その職員の周辺を調べていたところ、荻原容疑者が浮上した。同時期に、川崎市内の別の学校2校にも爆破予告の脅迫文が届いており、県警は関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020005-n1.html

未成年者誘拐疑いで男逮捕 交際相手を3カ月連れ出す(2日)産経

約3カ月にわたって交際していた10代後半の女性を連れ出したとして、静岡県警富士宮署は2日、未成年者誘拐の疑いで、住所不定の無職、飯塚輝生容疑者(28)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。
 同署によると、女性と飯塚容疑者は会員制交流サイト(SNS)で知り合った。2月に和歌山市の女性の自宅から連れ出したが、女性は同意しており、暴力や脅迫はなかった。女性の親から行方不明の届けがあった。
 逮捕容疑は2月17日から5月12日までの間、女性が未成年であることを知りながら、和歌山県内から京都府内に連れ出し、誘拐したとしている。
 同署が5月に富士宮市内で窃盗の疑いで飯塚容疑者を逮捕した際、一緒にいた女性を保護した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020008-n1.html

「置き配」盗難相次ぐ 受取場所・方法に工夫を(2日)日経

新型コロナウイルスの影響で玄関先などに荷物を置いて届ける「置き配」サービスの利用が広がる中、荷物を狙った窃盗被害が各地で相次いでいる。利用拡大の背景には感染予防のため手渡しの配達を避けたい消費者の要望もあるだけに、警察は「荷物が人目につきにくい受取場所の指定を」と注意を呼びかける。
「この時期に行けば金目のものがあると思った。他にも結構やっている」。5月中旬、東京都北区の団地で玄関前に置かれた段ボール箱の荷物を盗んだとして、無職の男(46)が警視庁に窃盗容疑で逮捕された。段ボール箱に入っていたのは衣類や化粧品など114点(4万円相当)。送り主が親族宛ての荷物を玄関前に置き、宅配業者が集荷に訪れる予定だった。
この団地の周辺では3月中旬以降、廊下やガスメーターボックス内に置かれた荷物の盗難被害がほかに16件確認されており、警視庁は置き配を狙った事件とみて調べている。
置き配とは、玄関先や専用の宅配ボックスなど、あらかじめ指定した場所に荷物を置いて集配するサービスだ。外出自粛要請を受け、ネット通販の利用が増えたことに加え、配達員と接触せずに荷物を受け取ることができるため、新型コロナの感染予防策としても需要が高まっている。
盗難被害は東京以外でも相次いでいる。愛知県警によると、4月に寄せられた置き配の窃盗被害相談は少なくとも12件で、2月(3件)、3月(8件)と比べて増加。県警幹部は「配達物が届かないだけなのか、盗まれたのか判別しにくいケースも多い」と捜査の難しさを語る。
国民生活センターによると、大阪府内でも4月上旬、置き配を狙った盗難が疑われる相談が2件あった。このうち、府内在住の30代男性は大手インターネット通販で消毒液を購入。宅配業者から「自宅前に消毒液を置いた」と連絡を受けたが、帰宅すると商品はなかったという。
利用者の防犯意識を高める取り組みも始まった。愛知県警は豊川市などで、5月から荷物の置き場所に人目に付きにくい場所を指定したり、早く荷物を引き取ったりするよう求める「置き配の防犯対策」をまとめたチラシを配布している。家屋への不在を知られ空き巣に狙われるリスクも高まるとして、戸締まりの徹底や住宅の防犯対策も促している。
国内の配送事業者も、配送時間の事前通知や写真による配送完了通知などの防犯対策を講じる。
住環境と防犯対策に詳しい奈良女子大の瀬渡章子教授は「新型コロナの影響で在宅中でも置き配を利用する人が増えている」と指摘する。「配達側が配達完了通知を送ってすぐに回収できるようにしたり、一戸建てでも独自の宅配ボックスを置いたりする工夫が必要だ」と呼びかける。

ネット通販が普及する米国でも、置き配の盗難被害が多発している。遠隔操作で玄関ドアの施錠・解錠ができるスマートキーで、不在時に家の中に置き配できるサービスなどが登場しているという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59860640S0A600C2CE0000/

東京の武蔵野中央病院でクラスター 計31人が感染(2日)朝日

武蔵野中央病院(東京都小金井市)は2日、新たに入院患者12人、職員3人の感染が確認されたとホームページで公表した。これで同病院の感染者は患者24人、職員7人の計31人となった。いずれも同じ精神科閉鎖病棟にいた人たちで、他の職員や患者についてもPCR検査の結果待ちという。

 病院によると、この病棟には計62人の患者が入院していた。厚生労働省クラスター班の指導のもと、入院患者全員の発熱調査と、職員全員のPCR検査を実施している。
https://www.asahi.com/articles/ASN624R4BN62UTIL00W.html

黒人男性拘束され死亡、遺族要請の医師も「殺人」と断定(2日)TBS

 アメリカで広がる抗議デモの発端となった、白人の警察官に拘束された黒人男性が死亡した事件で、遺族の要請で検視した医師が死因は窒息で、殺人により死亡したと断定しました。
 この事件は、アメリカ・ミネアポリスで、黒人男性のジョージ・フロイドさんが、白人警官に拘束された後死亡したもので、映像には、フロイドさんが、首を膝で強く圧迫されている様子が映されていました。
 遺族の要請を受けて、検視を行った医師は1日、死因は「機械的な窒息」で、「殺人により死亡した」と発表しました。また、「死因につながる持病はみられなかった」とも指摘しています。
 一方、事件が起きた郡の医師は、「殺人」としましたが、死因については、「心肺停止」としています。事件当初の予備的な検視では、外傷性の窒息や絞殺の痕はないとされていました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3993809.html

あおり運転に5年以下の懲役 改正道交法が成立 (2日)NHK

あおり運転に対して最高で5年以下の懲役を科すなど、罰則を強化した改正道路交通法が、2日の衆議院本会議で可決・成立しました。
2日に可決・成立した改正道路交通法では、これまで法的に定義されていなかった、あおり運転について、通行を妨害する目的で蛇行したり急ブレーキをかけたりする行為と規定し、こうした行為で危険を生じさせると最高で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金を科すなどとしています。
さらに、あおり運転を行うと、行政処分による免許取り消しの対象になり、一定の期間免許を再取得できなくなります。
警察庁によりますと、車間距離を極端に詰めたなどとして検挙されたあおり運転は、去年、全国で1万5065件にのぼり、前の年を2000件余り上回りっています。
改正道路交通法には高齢ドライバー対策も盛り込まれています。
信号無視など、一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに対して、免許の更新時に車を運転して技能を確認する検査を義務づけ、基準に達しない場合は更新を認めないことになりました。今回の改正のうちあおり運転の厳罰化については今月末から、高齢ドライバー対策については再来年の夏までに施行される見通しです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012455061000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

東京 “夜の繁華街”の接待伴う飲食業関係者 コロナ感染増加 (2日)NHK

東京都によりますと、都内で新型コロナウイルスに感染した人のなかで、いわゆる夜の繁華街での接待を伴う飲食業に関わる人が増えているということです。
都によりますと、先月25日までの1週間(5/19~25)で感染が確認された48人のうち、およそ1割の5人が夜の繁華街での接待を伴う飲食業の従業員やその客でした。
その後、1日までの1週間(5/26~6/1)では、感染が確認された90人のうち、およそ3割にあたる26人にのぼったということです。
都によりますと、ガールズバーやホストクラブなどに関わる人が感染するケースが確認されているということです。
また、飲食店で20人から30人が集まって開かれたイベントの参加者が感染したケースもあるということです。
感染の確認は若い世代で目立つということで、例えば、1日夜の繁華街に関係する8人のうち6人は20代でした。
また、都内に複数ある夜の繁華街のうち新宿エリアの飲食店の関係者が多いということです。
都によりますと、店に不特定多数の人が出入りしているため、感染した経路を調べたり、接触した人を特定したりすることが難しいということです。
都の担当者は「緊急事態宣言は解除されているので自粛というわけではないが、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保など、基本的な感染防止対策に努めてもらいたい」と話しています。

小池知事「院内感染と夜の街対策は明確な課題」

都内で新型コロナウイルスの感染が確認された人の中で、いわゆる夜の繁華街での接待を伴う飲食業に関わる人が増えていることについて、小池知事は記者団に対して「ステイホーム週間が終わった後の増加ということだと思う。どのような形で対策をとっていくのか検討しているところだ。院内感染と夜の街の対策は目下、都にとって明確な課題なのでしっかり対応したい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012455051000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

府中市役所参事ら逮捕 官製談合防止法違反容疑―警視庁(2日)時事

 東京都府中市が発注した公共工事をめぐり、特定の会社が落札できるよう便宜を図ったとして、警視庁捜査2課は2日、官製談合防止法違反容疑などで、同市役所参事の塚田雅司容疑者(56)ら6人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060200713&g=soc

「死にたい」コロナ雇い止め、底なし 矢面に立たされる派遣社員ら(2日)共同

 新型コロナウイルスの影響による雇用悪化が底なしの様相を呈している。厚生労働省によると、5月28日時点でコロナ関連の解雇や契約が更新されない雇い止めは見込みを含め九州7県で1356人、全国では1万5千人を超え、派遣社員らがその矢面に立たされている。企業などは休業を経て営業を再開したものの、本来の事業活動レベルには戻っておらず、事態のさらなる深刻化が懸念される。
厚労省によると、解雇や雇い止めは、2月の282人から5月は1万2052人と大幅に増加。九州7県は、福岡447人▽佐賀89人▽長崎276人▽熊本76人▽大分109人▽宮崎62人▽鹿児島297人-だった。宿泊や飲食、製造業が多く、50人規模の大量解雇をした企業もある。
「会社に尽くしてきたのに納得いかない」。派遣社員として九州北部の卸関係会社に勤める40代女性は、6月末での契約終了を突き付けられた。派遣社員は四半期ごとの契約が多く、7月からの四半期は、5月には更新の有無を言い渡す会社が多い。女性もその一人。事務職での契約を3カ月ごとに更新し、次回契約は7月からのはずだった。
 「『もう仕事がない』と派遣先の建設会社から言われ、寮を追い出された」(50代男性)、「仕事がなくなり、ご飯を食べるお金もない。親とも縁が切れていて頼れる人もいない。死にたい」(若い男性)-。失業者らを支援する福岡市の団体にはコロナの影響で職を失った人からの悲痛の声が連日、寄せられている。
続きを読む

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/612953/

「過去にない」異例の夏へ 海水浴場、県内全域で中止に(2日)共同

新型コロナウイルスの影響で、今夏の県内の海水浴場が全域的に中止される方向となった。全国屈指の人気を誇る湘南海岸の藤沢や鎌倉、逗子市なども1日に開設を断念し、「ここまで広域的な中止は過去にない」(県生活衛生課)という異例の夏を迎える。感染防止策の徹底が困難なことなどが理由だが、各海水浴場が定める条例やルールも適応されなくなり、夏の海を無秩序状態にしないための安全対策が急務だ。
 県によると、昨年は県内13市町で25の海水浴場が開かれ、計320万人が来訪した。県は今夏に向け、海の家の完全予約制や海水浴客のソーシャルディスタンス(社会的距離)確保などの感染防止策を求めるガイドラインを示していた。
 すでに公表していた茅ケ崎、三浦市などに加え、1日には藤沢、鎌倉、逗子、横須賀、小田原市なども中止を発表。中止は戦後初という鎌倉市の松尾崇市長は「第2波、第3波も予想される中での安全確保や、ガイドラインに基づいた開設は難しい」、江の島海水浴場協同組合の森井裕幸理事長も「感染拡大リスクを徹底的に抑 るのは困難」と理解を求めた。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-369844.html

東京都、SNSで感染リスク通知 施設来訪時に登録(2日)

東京都は1日、新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性がある人にSNS(交流サイト)やメールで通知する取り組みを始めることを決めた。政府は感染者との接触情報を確認できるアプリの開発を進めており、これと合わせて活用する方針だ。
都有施設や民間施設を訪れた人が、施設内に設置されたQRコードをスマートフォンで読み込み、メールアドレスやSNSのアカウントを登録する方法などを検討している。同じ日時に施設にいた人の感染が確認された場合など、感染リスクが高まったと判断された時にメールやSNSに警戒情報を通知する。
同様の取り組みは大阪府がすでに始めている。
政府は現在、感染者と接触した人を確認し、感染リスクを知らせるスマホ向けアプリの開発を進めている。厚生労働省が民間企業に委託し6月中旬の運用開始を見込む。多くの人が使わないと機能が発揮できないため6割程度の普及を目標としている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59856470R00C20A6CE0000/

コロナ収束願う全国一斉花火で山火事 札幌・藻岩山(2日)朝日

 新型コロナウイルス感染の収束を願って1日午後8時、全国各地で打ち上げられた花火で、札幌市南区の藻岩山から上がった花火の燃えかすが山の中腹に落ち、枯れ草など計320平方メートルが焼けた。札幌市消防局によると、1日午後10時すぎに鎮火した。人に被害はなかった。

 花火を打ち上げたのは北海道北広島市のヤマニ小原煙火。同社によると、午後8時から5分間で、75発を藻岩山スキー場内から打ち上げた。打ち上げ場所の近くに燃えかすが落ちて火が出たため、消火器や水で消火作業をすると同時に、119番通報した。燃えかすが落ちると想定される場所には事前に水をまくなどの対策をとっていたという。

 藻岩山は札幌市南部にあり、山頂からの夜景で知られる人気観光スポット。

 この企画は新型コロナという「悪疫」の退散を祈願し、日本煙火協会の青年部に所属する若手職人らが企画した「Cheer up! 花火プロジェクト」の一環で、全国の花火業者が1日午後8時から一斉に花火を打ち上げていた。

https://www.asahi.com/articles/ASN617RVBN61IIPE03Y.html

新型コロナ 終息願い一斉に花火(2日)NHK

新型コロナウイルスの感染の終息を祈願し、全国の花火業者が1日、各地で一斉に花火を打ち上げました。
この催しは、全国およそ160の花火業者が感染の終息を祈願し、人々を元気づけようと企画したもので、午後8時ごろから各地で一斉に花火が打ち上げられました。
このうち東京・調布市では、小雨の降る中、およそ5分間にわたって花火が夜空を彩りました。
花火の打ち上げは、見物する人が密集するのを防ぐため、場所や詳しい内容を事前に公表せずに行われ、費用はそれぞれの業者が負担したということです。
通りかかった人たちは、花火に気づくと立ち止まって明るく照らされた空を見上げ、スマートフォンで花火の様子を撮影するなどしていました。
花火を見た医療従事者の男性は「早く感染症が終息すればよいと思う。自分も頑張ろうと奮い立つ気持ちになった」と話していました。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200601/1000049679.html

横浜の70代女性 キャッシュカード盗まれる(2日)産経

神奈川県警南署は1日、横浜市南区に住む70代の無職女性が特殊詐欺グループの被害に遭い、キャッシュカード2枚を盗まれたと発表した。
 同署によると、5月28日午前11時ごろ、女性宅に家電量販店の店員と銀行協会の職員を装った男2人から電話があり、「あなた名義のカードを使おうとした女性がいる」「カードの調査のため、口座を教えてください」などと嘘を言われた。さらに同日、自宅に現れた銀行協会の職員を装った別の男から、封筒にカードを入れるよう指示され、目を離した隙に別の封筒にすり替えられ、盗まれた。
 女性は男が立ち去ってから不審に思い、封筒の中身を確認。被害に気付いて親族に電話をかけ、親族が110番通報した。盗まれてから通報までの約1時間半のうちに、2つの口座から現金計100万円が引き出されていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010017-n1.html

年末の郵便局で100万円余の強盗事件 54歳男を逮捕 横浜 (2日)NHK

去年の12月末、横浜市都筑区の郵便局に拳銃のようなものを持って押し入り、現金100万円余りを奪って逃げたとして、54歳の派遣社員の男が強盗の疑いで逮捕されました。男は容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは川崎市宮前区の派遣社員、桂田照彦容疑者(54)です。
警察によりますと、桂田容疑者は去年12月30日、横浜市都筑区東山田町の「横浜東山田郵便局」に拳銃のようなものを持って押し入り、現金100万円余りを奪って逃げたとして強盗などの疑いが持たれています。
当時、郵便局には職員数名がいただけでけが人はいませんでした。
警察は防犯カメラの映像などから、現場から逃走したバイクが付近で乗り捨てられているのを発見し、その後の捜査で桂田容疑者が事件に関わった疑いがあることが分かったということです。
調べに対し「身に覚えがありません」と容疑を否認しているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012454451000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

東京から他県への移動 土日増加 観光やレジャーが戻り始めか (2日)NHK

東京を含むすべての都道府県で緊急事態宣言が解除されて1週間がすぎ、都内からほかの県などに移動する人は増えたのか。携帯電話のビッグデータで分析した結果、東京に住む人でほかの道府県に移動した人は平日よりも土曜日と日曜日に増えていることが分かり、観光などを目的とした移動が戻り始めているものとみられます。 NHKは、NTTドコモが携帯電話の基地局の情報からプライバシーを保護した形で集めたデータをもとに、すべての緊急事態宣言が解除された先月25日からの1週間、都内に住む人でほかの道府県に移動した数が、前の週と比べてどう変化したのか推計し、分析しました。
分析したのは、人の移動がピークを迎える正午から午後4時までの人数です。
その結果、東京からほかの道府県へ移動した人の数の変化は、平日では6%の増加にとどまったのに対して、土日では、その2倍余りの13%の増加となりました。
土日に東京から移動した人の増加率を道府県ごとにみると、高い順に静岡県で19%、茨城県で18%、千葉県と栃木県で17%、山梨県で16%、京都府で15%、奈良県で14%など東京近郊や観光地で増えています。
データからは土日を中心に観光やレジャーなどを目的とした移動が戻り始めていることがうかがえます。
一方、政府は緊急事態宣言の解除のあとも、都道府県をまたぐ移動の自粛は段階的に緩和する方針を示していることなどから、東京からほかの道府県への移動が急激に増えることはなかったとみられます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012454281000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

「コロナ不安で休み」欠席にせず 出席停止扱い可能に―文科省(2日)時事

新型コロナウイルスの影響で休校していた学校が再開される中、文部科学省は1日までに、保護者から「感染が不安で休ませたい」と相談された場合、合理的な理由があれば欠席扱いにしないことを可能とする見解を全国の教育委員会に示した。
加藤厚労相、休業の妊婦に有休を 4閣僚、労使団体と会議

 5月22日に通知したマニュアルでは、まず欠席させたい理由をよく聞き取り、学校の感染防止対策について十分説明するよう要請。その上で、感染経路が不明な患者が急激に増えているなどの事情があれば、入試などに影響する「欠席」ではなく、校長が出席しなくてもよいと認める「出席停止」として扱うことができるとした。
 ぜんそくなど基礎疾患があり、重症化リスクの高い児童生徒などについても、保護者に主治医の見解を確認し、登校すべきでないと判断された場合は出席停止とするよう求めた。
 また文科省は1日付で、「仲の良い友人同士の家庭間の行き来や、家族ぐるみの交流で感染が拡大すると学校の教育活動ができなくなる」として、学校外での行動に保護者の配慮を求める事務連絡を日本PTA全国協議会などに出した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100731&g=soc

コロナ給付金狙い詐欺未遂 容疑で男女逮捕―京都府警(2日)時事

新型コロナウイルス対策として国民に一律10万円が配られる特別定額給付金をめぐり、親族2人分の給付金をだまし取ろうとしたとして、京都府警は1日、詐欺未遂などの疑いで、いずれも京都市右京区の無職寺石諭容疑者(38)と交際相手の無職の女(45)を逮捕した。寺石容疑者は容疑を否認し、女はおおむね認めているという。
コロナ装い持続化給付金申請か 郵便局員ら調査―日本郵政

 逮捕容疑は、滋賀県栗東市に住む女の親族2人の給付金について、女を代理人とする虚偽の申請書を市役所に郵送し、計20万円を女の口座に振り込ませようとした疑い。
 府警によると、今回の給付金を狙った詐欺未遂事件での逮捕は全国で初めてという。府警は寺石容疑者が主導したとみて調べている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100987&g=soc

「育児にイライラ」と殺意供述  栃木・乳児殺人容疑の母親(2日)共同

栃木県佐野市のアパートで2018年、生後2カ月の長男を暴行し死亡させたとして、殺人の疑いで逮捕された無職石橋景子容疑者(41)=群馬県大泉町=が「日々の育児にイライラして長男を殺した」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、寝室で長男を殺害したとみられることも判明。石橋容疑者は「夜泣きがうるさかった」と話しているという。逮捕前の任意の調べには「だっこしていて誤って落とした」と話していたという。
 石橋容疑者の逮捕容疑は18年8月、佐野市の賃貸住宅で長男に暴行を加え、頭蓋骨骨折などによる頭蓋内損傷を負わせ、殺害した疑い。
https://www.47news.jp/national/4870453.html

« 2020年6月 1日 (月) | トップページ | 2020年6月 3日 (水) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ