カテゴリー

« 2020年5月31日 (日) | トップページ | 2020年6月 2日 (火) »

2020年6月 1日 (月)

2020年6月 1日 (月)

高齢者からカードだまし取ろうとした疑い 26歳の女逮捕 神奈川県警(1日)産経

高齢者からキャッシュカードなどをだまし取ろうとしたとして、神奈川県警戸塚署は1日、詐欺未遂の疑いで、自称北海道北斗市久根別の風俗店従業員、藤井ありさ容疑者(26)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は氏名不詳者らと共謀のうえ、5月29日から6月1日にかけて、警察官などを装い、横浜市戸塚区に住む70代の無職男性宅に「あなたの口座が不正利用されている。キャッシュカードが必要です」などと嘘の電話をかけ、藤井容疑者自身が男性宅を訪れ、カードなどをだまし取ろうとしたとしている。
 同署によると、男性は電話の内容を不審に思い、5月30日に同署に通報。同署員が警戒していたところ、6月1日午前11時半ごろに藤井容疑者が現れたため、身柄を確保した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010018-n1.html

所持金150円、頼みの生活保護 たらい回しにする役所 有料会員記事 新型コロナウイルス (1日)朝日

新型コロナウイルス感染拡大の影響による失業や収入減によって、「最後の安全網」生活保護を利用する人が急増している。制度で暮らしを立て直す人がいる一方で、窓口の対応が追いつかず、「相談崩壊」を懸念する声も上がる。

生活保護なんて無理だと思っていた」

 5月中旬、生活困窮者支援団体のサポートで保護利用が決まった28歳の男性は、そう振り返った。

 「もう居場所がありません。どうしたらいいでしょうか」。5月3日午前0時過ぎ。支援団体の緊急相談受け付けフォームにメールを送った。所持金は150円。友人のアパートで寝泊まりさせてもらっていたが、感染リスクもあり、もう限界と言われていた。大型連休中で役所も閉まっている。

これでダメならホームレスになるしかない――。祈るような思いだった。

 中国からの輸入貨物を扱う倉庫で日雇いの仕事をしながら、昨年から都内のネットカフェで生活していた。アパートを借りる費用をためるのは難しく、建築関係の住み込みの仕事を探していた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月には仕事が完全になくなった。ネットカフェ代を節約するため、夜通し街を歩いたり、ファミリーレストランで夜を明かしたりする日が増えた。だが、日雇いの仕事を得るための命綱であるスマホの盗難が怖くて、外で眠ることはできなかった。

 事情があって、両親とはもう6年間、音信不通だ。緊急事態宣言でネットカフェも休業となり、友人に助けを求めた。

 その前に、友人に迷惑をかけたくなくて、自分も生活保護が利用できるのか、相談をしようとしたことがある。福祉の担当者に「若いんだからだめだよ」「親もいるんでしょう」と一蹴され、取り付く島もなかった。年齢以外は何も聞かれず、カウンターの席に座ることすらできなかった。

SOSメールの送信先は、生活困窮者支援にあたる「つくろい東京ファンド」(稲葉剛・代表理事)。ニュースで活動を知り、検索して相談フォームを見つけた。その日のうちに返信があり、5月5日には同ファンドの支援協力者である区議会議員と会った。待ち合わせ場所の駅までの電車賃も足りず、乗り越し運賃は区議から改札越しに受け取った。

 当面の食費・宿泊費にあてる緊…残り:1810文字/全文:2716文字

https://www.asahi.com/articles/ASN615SYCN5XULZU001.html?iref=comtop_8_01

「給付金」受注団体“実態不透明”、野党と面会拒否(1日)

 新型コロナウイルス対策としての持続化給付金をめぐり、国の業務委託先である法人の実態が不透明だとして、野党の国会議員らが現地調査を行いました。
 1日に野党側が視察に訪れたのは、広告最大手の電通や、人材サービス大手のパソナなどが設立した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」。新型コロナ問題で売り上げが減った中小企業などに最大200万円が給付される「持続化給付金」をめぐる業務を国から委託されています。
 「協議会」は、この業務を国から769億円で委託されましたが、その大部分を電通に749億円で再委託したことが判明しています。野党側は、「実態が不透明。中抜きではないか」と追及しています。
 「“ペーパー団体”を作って中抜きをしているとすれば、許されざること」(立憲民主党 川内博史衆院議員)
 野党側によりますと、「協議会」は1日の面会要請を「リモートワークのため対応できない」として拒否しました。政府側によりますと、今後も面会に応じることは難しいということです。一方、「協議会」の代表理事はインターネット上で、「持続化給付金事業に関しては、別途、業務執 行および執行責任ともに事務局組織が担っている」と説明し、自らは「今月8日に、任期満了をもって代表理事を辞任する」としています。
 また、国会では政府側が再委託した際の差額「20億円」について、振込手数料に15億6000万円、人件費に1億2000万円などとする内訳を明らかにしました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3993203.html

青森 61歳女性殺害 頭に複数の傷痕 固いもので殴られたか (1日)NHK

先月31日、青森市で61歳の女性が自宅で頭から血を流して死亡しているのが見つかった事件で、頭には固いもので殴られたような傷痕が複数あったことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は殺人事件として1日、司法解剖を行うなど捜査を進めています。
先月31日午後3時ごろ、青森市油川の住宅で、この家に住む無職の佐藤淳子さん(61)が頭から血を流して倒れているのを外出先から帰宅した息子が見つけました。
佐藤さんはその後、死亡が確認され、警察は殺人事件として1日も現場検証を行っています。
警察によりますと、佐藤さんの頭には固いもので殴られたような傷痕があったということですが、その後の調べで頭の傷痕は複数箇所に上ることが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は1日、司法解剖を行って死因などを詳しく調べるとともに、強い殺意があったものとみて捜査を進めています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200601/k10012454201000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

「アサヒカメラ」休刊へ(1日)時事

朝日新聞出版(東京都中央区)は1日、月刊誌「アサヒカメラ」を6月19日発売の7月号で休刊すると発表した。部数低迷や新型コロナウイルス感染拡大の影響で広告費が激減したためという。
 同誌は1926年創刊の国内最古の総合カメラ誌。朝日新聞社と共催の木村伊兵衛写真賞は存続する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100945&g=soc

盗撮動画投稿疑いの男、書類送検 自作のカメラ付き額縁、忘れる?(1日)共同

大阪府警南署は1日、女性との性行為を盗撮し動画共有サイトに投稿するなどしたとして、わいせつ電磁的記録陳列などの疑いで大阪市西成区のアルバイトの男(35)を書類送検した。「2018年秋から約30人の動画を投稿した」と容疑を認めている。動画は販売目的だった疑いがあり、署は18年秋以降、約160万円の販売収入を得ていたとみている。
 署によると、自前の額縁に取り付けたマジックミラーの裏にカメラを固定して盗撮を繰り返していたとみられる。19年7月下旬、ホテルの部屋に盗撮装置として額縁を設置。部屋に置き忘れ、回収のため戻って来た男から署が任意で事情を聴いていた。
https://www.47news.jp/national/4870230.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日 単位・レベル)
火付盗賊改
【治安うんち 】
2009_1228_222559212_20200601203401F1015573-1   それにしても、36人が犠牲になった京アニメ事件も、ようやく事実解明に向けて動き出した。まさに、歴史に残る「放火殺人事件」である。
 先月はこんな事件があった。
★妻の母親宅に放火未遂容疑、小学校教諭逮捕 和歌山(16日)産経
 妻の母親(63)宅に火をつけて燃やそうとした32歳の小学校教諭が和歌山県警に逮捕された事件。
★寝室から油、放火し無理心中か(22日)西日本
奈良県五條市で介護施設職員(32)方で5人の遺体が見つかった放火事件は無理心中。
★大阪の2人死亡民家火災、殺人と放火容疑で次男を逮捕(13日)産経
昔は尊属殺人と言って罪が重かったのだが…
 この放火事件は検挙率がアップし、発生が減少している。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年4月現在の放火の認知件数は262件で前年より36件減少した。
 認知件数のランキングは大阪の35件、東京の26件、愛知の23件、千葉と兵庫の各10件と続いた。
 全体的に減少傾向にあるのに東京が前年同期より10件も増加、愛知も9件増えている。
 一方、検挙率は前年より10ポイントもアップして82.8%。ランキングは和歌山と佐賀、大分が各200%、愛媛と長崎が各150%。東京は100%で、他に100%は13県もあった。中でも埼玉は前年より41.1ポイントもアップして111.1%だった。
 低かったのは広島の22.2%、栃木の42.9%、京都の50.0%、長野の60.0%、愛知の65.2%と続いた。
 それにしても、殺人や強盗同様に怖い事件であり、それが親族間でも発生するなど、まさに「所嫌わず」「人を選ばず」の時代になってしまった。こうなれば火付盗賊改や尊属殺人罪の復活しかないか…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_201912022029011_20200601204501
目黒の土地購入代金7千万円詐取 容疑で地面師4人再逮捕 警視庁 (1日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010006-n1.html

★「非正規」助成金の不正受給横行 申請急増で審査甘く (31日)日経
★コロナで「バイトできず」特殊詐欺「出し子」容疑で逮捕 (29日)産経
★「コロナで金が必要に」 高齢者からカード詐取、容疑の少年逮捕 (28日)産経
★受け子リクルーターか カード詐取容疑で女逮捕 警視庁 (28日)産経
★悪質な副業サイトに注意【暮らしのヒント】 (28日)西日本
★生活保護費不正受給疑い 55歳男逮捕 警視庁 (26日)産経
★“封書詐欺”2590万円だまし取られる (26日)TBS
★特殊詐欺の被害金回収役か 窃盗容疑で男逮捕 警視庁 (25日)産経
★注文していないのに届いたマスク、消費者庁が注意喚起 (23日)TBS
★日本一有名なサラリーマンが地元で詐欺防止の啓発 山口 (23日)朝日
★「コロナの件で給付金が出ます」「振り込むから口座番号を教えてください」 熊本県警人吉署管内で不審電話(21日)西日本
★川崎市の80代男性 現金とカード特殊詐欺被害 (20日)産経
★手に長ネギ入りの袋…特殊詐欺の出し子、買い物中装い犯行か (19日)産経

学校再開 登下校中の子どもが狙われる被害相次ぐ 東京 (1日)NHK

緊急事態宣言が解除され、東京都内の小中学校では、1日から授業が再開されましたが、登下校中に子どもが知らない男に声をかけられたり、手を引っ張られたりする被害が相次ぎ、警視庁が注意を呼びかけています。
都内の公立の小中学校では、1日から授業が再開され、子どもたちがふだんと異なる時間帯に感染に注意しながら少人数で登校する、「分散登校」を行いました。
警視庁によりますと、1日、登下校中の子どもが狙われる被害が相次ぎ、このうち、荒川区西日暮里では、午前8時ごろ、登校中の小学3年生の女の子が知らない男に「かわいいね」と声をかけられたということです。女の子は1人で登校していたということで、走って学校に逃げ込んだということです。声をかけたのは20代の男だったということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200601/k10012453801000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

少年刑務所の同房者に傷害疑い 埼玉、20代受刑者を書類送検(1日)産経

 川越少年刑務所(埼玉県川越市)は1日、同房の受刑者を殴ってけがを負わせたとして、傷害の疑いで、20代の男性受刑者をさいたま地検川越支部に書類送検したと発表した。
 書類送検容疑は1月2日午後0時半ごろ、刑務所の共同房で20代の男性受刑者の顔を殴り、あごの骨折など全治1カ月の重傷を負わせたとしている。容疑を否認しているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010012-n1.html




【速報】東京都で新たに13人感染確認(1日)TBS

新型コロナウイルスについて、東京都で1日、新たに13人の感染が確認されたことがわかりました。
 都内の新規の感染者は先月30日が14人、31日が5人となっていましたが、1日に再び、10人を上回っています。
 これで都内の累計感染者数は5250人、31日までに305人の死亡が判明しています。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3993076.html

目黒の土地購入代金7千万円詐取 容疑で地面師4人再逮捕 警視庁(1日)産経

土地所有者らになりすました地面師グループが、東京・目黒の土地の移転登記に不正に関わっていた事件で、この土地の購入代金7千万円を不動産会社から詐取したとして、警視庁捜査2課は詐欺容疑などで、喜田泰壽(やすとし)容疑者(62)=神奈川県横須賀市=と、秋葉紘子容疑者(76)=東京都豊島区=ら男女4人を再逮捕した。
 捜査2課によると、喜田容疑者は「嘘の取引だと思いながら関わったが、詳細は分からない」と供述している。4人は、この土地と建物について、虚偽の移転登記をしたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用などの疑いで逮捕されていた。
 再逮捕容疑は平成27年5~6月ごろ、目黒区目黒の土地(約400平方メートル)と建物を所有する70代の女性になりすまし、購入を希望した埼玉県草加市の不動産会社から代金7千万円をだまし取ったとしている。
 秋葉容疑者が女性になりすまし、売買契約の場では本人を証明する書類として女性名義の偽造旅券を不動産会社側に示していたという。
 https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010006-n1.html

「コロナで経営行き詰まった」万引きで男逮捕 奈良(1日)産経

奈良県警郡山署は1日、リサイクルショップでキーケースを万引したとして、窃盗の疑いで、堺市南区茶山台、自称塾経営者、渡辺芳成容疑者(54)を逮捕した。転売目的とみられ「新型コロナウイルスの影響で塾の経営が行き詰まった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は5月31日午後6時35分ごろ、奈良県橿原市のリサイクルショップでキーケース1個(販売価格3630円)を盗んだとしている。
 署によると、渡辺容疑者が同県大和郡山市内の系列店で転売しようとした際、店員が系列店で共通に使用されているバーコードが付いたままであることに気付き、機械で読み取ると、まだ販売されていなかったことが分かったため110番した。
 塾はフランチャイズ方式で、渡辺容疑者は本部に納める金が払えなくなったとも供述している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010003-n1.html

駐機場エリアに車で侵入 成田空港、日本人男性(1日)産経

 成田国際空港会社(NAA)は1日、成田空港で同日未明、一般客が立ち入れない制限エリア内に許可を受けていない車両が不法に侵入したと発表した。NAAによると、日本人男性の運転する軽自動車で、事故は起きなかった。千葉県警成田国際空港署が男性から事情を聴いている。
 男性は1日午前0時45分ごろ、貨物北口入り口から貨物エリアに入った。そのまま駐機場のあるエリアまで移動し、約20分後に空港関係者が取り押さえた。

堀を泳いで皇居に侵入、容疑で男を逮捕

https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010008-n1.html

黒川氏の定年めぐる文書「非開示は違法」と提訴(1日)産経

 東京高検の黒川弘務前検事長の定年を延長した閣議決定をめぐり、開示請求した文書を法務省などが開示しなかったのは違法だとして、神戸学院大の上脇博之(ひろし)教授が1日、不開示決定の取り消しなどを求める訴訟を大阪地裁に起こした。
 訴状によると、上脇教授は2月以降、法務省、人事院、内閣法制局のそれぞれに、黒川氏の定年延長に関連する文書を開示請求。3機関は、一部文書が存在しないとして開示を拒んだり、開示した文書についても作成した日付が判然としなかったりしたという。
 提訴後、大阪市内で会見した上脇教授は「定年延長の意思形成過程が不透明すぎる。違法性を裁判で問いたい」と述べた。
 人事院は「訴状が届いていないのでコメントできない」とした。
https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010010-n1.html

マスク高額転売で業者を逮捕 岡山県警、全国初(1日)産経

取得価格を超える価格でマスクを転売したとして、岡山県警倉敷署と同県警生活環境課は1日、国民生活安定緊急措置法違反(衛生マスクの転売の禁止)の疑いで、高松市伏石町のハウスクリーニング会社役員、藤井淳希容疑者(34)を逮捕した。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄で同法が改正され、今年3月15日からマスクの高額転売は禁じられている。同法違反での逮捕は全国で初めて。
 逮捕容疑は今年4月29日、輸入販売業者からマスク7万枚を1枚44円(計308万円)で仕入れて岡山市内で知人の自営業男性(38)に1枚49・5円で1万4千枚(計69万3千円)を転売、同月30日に倉敷市内で別の自営業男性(38)に1枚50・6円で2千枚(計10万1200円)を転売したとしている。
 同署は藤井容疑者の認否を明らかにしていない。4月下旬、「県内の駐車場でマスクを販売している露天商がいる」などと情報提供があり、発覚したという。

https://www.sankei.com/affairs/news/200601/afr2006010009-n1.html

行方不明から53時間後救助 採ったタケノコ食べしのぐ(1日)産経

北海道警せたな署は31日、29日朝に北海道今金町の山に山菜採りに入り行方が分からなくなっていた千歳市の無職男性(81)を救助したと発表した。見つかるまで約53時間が経過していたが、男性は沢の水を飲み、採ったタケノコを食べて飢えをしのいでいたという。けがはなかった。
 署によると、男性は妻と知人男性と3人で、29日午前6時に入山。午前9時半ごろに2人とはぐれ行方不明となり、妻が同日夕方に119番した。
 30、31両日、地元消防やせたな署員らが約100人態勢で捜索。31日午後2時15分ごろに沢にいた男性を防災ヘリが見つけ、つり上げて救助した。
 札幌管区気象台によると、今金町の最低気温は30日が8・5度で、31日は6・3度だった。男性は上着はジャンパーのみの軽装で、「夜は寒かった」と話したという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200531/afr2005310013-n1.html

マイナンバーと口座ひも付け 政府は義務化急ぐ(1日)産経

現金10万円の一律給付にスピード感が欠けていることで、マイナンバー制度の不備が浮き彫りになっている。マイナンバーと預貯金口座のひも付けが義務化されていないのが一因だ。
 政府は今回の10万円給付に際し、申請手続きにはマイナンバーを活用しているが、口座振り込みには活用していない。内閣府の担当者は「ひも付けが進んでいれば、今回使用できた可能性は高い」と話す。
 マイナンバー制度は行政手続きの簡素化を目指し、民主党政権下で増税政策と一体で進められた。平成27年に開始されたが、口座ひも付けの義務化は見送られた。3年後の見直しでもひも付けは任意とされ、新規口座開設者の約2割しか番号登録をしていない。
 背景には各省庁や政財界が消極的だったことがある。財務省は約8億円ともいわれる導入コストを銀行に負わせることを懸念した。「政府に資産状況を管理されるとの誤った認識が広がった」(元財務官僚)こともある。 
 政府は来年の通常国会で、全口座のひも付けを義務化する法整備を目指す。
 制度設計に関わった東京財団政策研究所の森信茂樹氏は、「口座とひも付かないと制度として不十分」と指摘する。政府が把握できるのは口座の存在であって中身ではないとした上で、「図らずもコロナ対策でひも付けのメリットが理解された。政府は誤解を解く努力をし、本来の制度趣旨を全うすべきだ」と語った。(市岡豊大)
https://www.sankei.com/affairs/news/200531/afr2005310014-n1.html

“心霊スポット”で迷惑行為 映画公開でトラブル急増の旧トンネル(1日)西日本

福岡県の久山町と宮若市にまたがる旧犬鳴トンネルに、夜間に訪れる若者の心ない行為のため、住民とトラブルになる事例が相次いでいる。同所を題材にしたホラー映画(2月公開)の影響とみられ、県外ナンバーの車も目立つ。もともと“心霊スポット”として知られた場所で、過去には殺人事件も発生。動画配信や肝試し目的とみられるが、付近にはごみも散乱。侵入防止のためのフェンスを破る悪質な行為もあって、地元が対応に苦慮している。
 「若者らが連日のようにたむろして、ごみを捨てていく。注意しても無視されるし、逆に身の危険すら感じる」。久山町側の住民男性はこう証言する。
 旧トンネルは、県道福岡直方線の新犬鳴トンネル近くにあり、現在は通行できない。周辺の道路に陥没や落石があり、両自治体で入り口に門を設け、侵入を禁じている。監視カメラも設置している久山町側では、ビールの空き缶やペットボトル、たばこの吸い殻など大量のごみが落ちている。トンネルをふさぐブロック塀にもスプレーで落書きが多数見つかっている。
 近くの男性によると、ゴールデンウイークに若者が急増。島根や茨城ナンバーの車もいた。
続きを読む

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/612952/

天皇陛下、保健所からコロナ対応の話聞く 皇室1~7日(1日)朝日

天皇皇后両陛下や皇族方の予定を毎週更新します。皇室の方々は様々な行事や式典、宮中祭祀(さいし)などで多忙な日々を送っています。紙面では掲載しきれない公務も紹介します。

 宮内庁は6月1~7日の予定を発表した。天皇陛下は3日、保健所の関係者から、現場で新型コロナウイルスの対応に当たる保健師らについての話を聞く。

 上皇さまは5月28日、3月末に仙洞仮御所へ転居してから初めて皇居を訪れた。上皇さまは今後、ハゼ科の研究や体力維持のためにも皇居に通い、上皇后美智子さまとも散策をするという。(表記は宮内庁発表に準じます。予定は変更されることがあります)。

残り:92文字/全文:369文字https://www.asahi.com/articles/ASN5Y6DSCN5YUTIL00J.html

神奈川・藤沢市の中古車販売店で火事(1日)TBS

31日未明、神奈川県藤沢市の中古車販売店で火事がありました。
 午前1時すぎ、藤沢市下土棚の中古車販売店で、「車庫が燃えている」と通行人の男性から110番通報がありました。
 消防車など合わせて15台が出動し、火はおよそ30分後に消し止められましたが、乗用車10数台やプレハブ建ての作業場などを含むおよそ40平方メートルが焼けました。出火当時、従業員はおらず、けが人はいませんでした。警察と消防は、出火の原因について詳しく調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3992465.html

東京都 きょうから「ステップ2」 休業要請緩和 新型コロナ (1日)NHK

東京都は、1日から休業要請などの緩和の段階を「ステップ2」に進め、緩和の対象を広げました。今後、感染の推移を見ながら、次のステップに進むかどうか慎重に判断することにしています。
東京都は、1日午前0時から休業要請などの緩和の段階を「ステップ2」に進め、学習塾、劇場や映画館、スポーツジム、それに、百貨店などの小売店も再開できるようになりました。
都内で31日、感染が確認されたのは5人で、6日ぶりに10人を下回りましたが、31日までの1週間のうち5日は2桁の感染が確認されています。
都は、段階的な緩和について「2週間単位をベースに状況を評価して実施する」としつつ、感染が抑えられている状態が続けば、次のステップへの移行を早めることも含めて検討する方針です。
一方で、感染状況が再び悪化したと判断した場合には「東京アラート」を発出して警戒を呼びかけることにしています。
都は、感染の推移を見ながら、カラオケ店や接待を伴わないバーなども緩和の対象に追加される「ステップ3」に進むかどうか、慎重に判断することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200601/k10012452691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

北九州 小学校クラスター発生 市教委が体調確認徹底を通知 (1日)NHK

北九州市では、31日までに同じ小学校に通う5人の児童が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、市は、集団感染が発生したとしています。このほか市内では、別の小中学校でも児童、生徒の感染が確認されていて、市の教育委員会は、小中学校などに対し、児童や生徒の検温や体調確認などを徹底するよう通知しました。
北九州市では、31日新たに12人の感染が確認され、このうち4人は、小倉南区にある守恒小学校の児童です。
この小学校では、先月28日に別の児童の感染が確認されていて、4人と同じクラスであることから、北九州市は、この小学校で集団感染が発生したとしています。
市内の小学校と中学校では、ほかにも合わせて3校で児童・生徒の感染が確認されていて、市の教育委員会はこれらの学校を臨時休校にしています。
このほかの学校については、今のところ休校にする予定はないということですが、児童・生徒の感染確認が相次いでいることを受けて、市の教育委員会は31日夜、小中学校などに対し、児童や生徒の検温や体調確認を徹底するよう通知しました。
北九州市保健福祉局の永富秀樹局長は、「どこでも感染リスクがある状況なので、感染した児童や生徒をはじめ、患者に対して、差別や偏見、いじめなどを行わないようお願いしたい」と呼びかけています。
一方、北九州市で、31日までの9日間に感染が確認された97人のうち34人は感染経路が分かっていません。
こうした状況を踏まえて、福岡県の小川知事は30日、加藤厚生労働大臣に、感染の有無を短時間で調べることができる「抗原検査」の検査キットを福岡県に優先的に供給するよう要請し、県内の感染症指定医療機関などに検査キットが配布されることになりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200601/k10012452891000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

死亡ひき逃げの疑い、タクシー運転手を逮捕 数分後、現場に戻り通報「人だと思わなかった」/上尾署(1日)共同

埼玉県上尾市内で男性をはね現場から立ち去ったとして、上尾署は5月31日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同市柏座4丁目、タクシー運転手の男(79)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前3時15分ごろ、同市今泉の市道で、近くに住む左官業松尾将志さん(30)を車ではね、現場から逃走した疑い。松尾さんは頭を強く打ち、午前4時25分ごろ、搬送先の病院で、死亡が確認された。
 同署によると、現場は一方通行の緩いカーブ。男は事故後、現場から立ち去ったが数分後に戻り松尾さんを発見、110番した。男は仕事を終え、帰宅途中に事故を起こしたとされる。男は容疑を認め「人だと思わなかった。心配になり戻った」と話しているという。
https://www.47news.jp/localnews/4867554.html

続く泥棒、情報源は経済産業省? ソーラーパネル6000枚盗まれる (1日)共同

 ソーラーパネルの盗難が近年、本県や栃木県で相次いでいる。太陽光発電の事業者団体は、発電設備の場所を公表している経済産業省のホームページ(HP)が窃盗犯の情報源になっている可能性を指摘する。(松村真一郎)
 今年の春先、結城市の資材置き場からソーラーパネル六千百九十八枚(約一億二千万円相当)が盗まれた。窃盗の疑いで捜査している結城署によると、盗難に遭ったのは、太陽光発電システム施工会社「アッシュ」(東京都)の茨城物流センター。三月十日、保管していたソーラーパネルが複数のコンテナからなくなっているのに気づき、署に相談。三十一日に被害届を出した。社員は常駐しておらず、二月四日に確認した際は異常がなかった。
 ソーラーパネルは縦二メートル、幅一メートル、厚さ四センチで、一枚当たり二十五キロ。捜査関係者は、複数犯が転売目的で、何度かに分けて運び出したとみている。
 近くに住む三十代男性は「事件前から、早朝や夜遅くまで作業している人がいたから、パネルを運んでいても、それが作業をしているのか盗んでいるかなんて分からない」と証言した。近所の八十代女性は「近くでこんなことが起きるなんて気持ちが悪い」と眉をひそめた。
 結城市のケースだけではない。二〇一四年には、大子町の太陽光発電所の建設現場で約五百三十枚が盗まれた。栃木県那須町では昨年春、建設現場で千七百七十二枚が盗まれていたことが分かっている。
 事業者団体「太陽光発電事業者連盟」の谷口洋和(ひろかず)代表理事によると、国内外に転売する目的で盗まれていると考えられ、施工前に保管されているソーラーパネルが被害に遭う事例が多い。
 経済産業省資源エネルギー庁は、事業計画の認定を受けた太陽光を含む再生可能エネルギーの発電設備の住所や事業者名をHPで公表している。「発電所以外の資材置き場などは想定していない」としているが、結城市で今回盗難に遭った資材置き場の住所も掲載されていた。
 資源エネルギー庁新エネルギー課の梶(かじ)直弘総括補佐は「事業者側からすると、そこまで公表すべきなのかという批判はあるかと思うが、長期安定的に発電するために、情報を周知して地域の理解を得る観点から公開している」と説明する。こうした経産省の対応に対し、谷口氏は「公表された住所は、泥棒の情報源になりかねない。HPで誰でも見られる状態は問題だ」と警鐘を鳴らす。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/32332?rct=ibaraki

住宅の2階に乗用車が突っ込む  和歌山、堤防の上から20m(1日)共同

 31日午前1時半ごろ、和歌山市園部の紀の川の堤防上にある丁字路交差点で、乗用車がガードレールやフェンスを突き破り、交差点から約20メートル離れた堤防下の住宅の2階に突っ込んだ。当時、住宅は無人で、乗用車の同市の男性(48)が病院へ搬送されたが、命に別条はなかった。
 和歌山東署によると、男性は紀の川に架かる橋を渡った後、丁字路交差点を曲がらず直進して、堤防下の住宅に突っ込んだ。事故の理由について「覚えていない」と話している。
 近所のパートの女性(33)は「ドーンと音がしてからサイレンが鳴った。表に出たら車が突っ込んでいて驚いた」と話した。
https://www.47news.jp/national/4866981.html

« 2020年5月31日 (日) | トップページ | 2020年6月 2日 (火) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ