カテゴリー

« 倉庫に男性遺体 腹部から出血―愛媛(27日)時事 | トップページ | 池袋駅近くの路上で女性にわいせつ行為か、チュニジア国籍の男2人を逮捕(27日)TBS »

2020年5月27日 (水)

東京高検 林新検事長が会見「政治と一定の距離保ち職務遂行」 (27日)NHK

緊急事態宣言の中、賭けマージャンをした問題で辞職した東京高等検察庁の黒川前検事長の後任として新しい検事長に就任した林眞琴氏が記者会見し、賭けマージャンの問題について陳謝したうえで、「検察官は政治との一定の距離を保って職務を遂行すべきで、国民の信頼なくして、検察権の行使はできない」と述べました。
林検事長は愛知県出身の62歳。仙台地方検察庁の検事正や法務省の刑事局長、名古屋高等検察庁の検事長などを歴任しました。そして、賭けマージャンの問題で辞職した東京高等検察庁の黒川弘務前検事長の後任として26日付けで新しい検事長に就任しました。
林検事長は27日、就任会見を開き、黒川前検事長の辞職について「検察の基盤である国民の信頼を揺るがす深刻な事態と受け止めている。検事長として国民の皆様に改めておわび申し上げます」と述べました。
そして、「謙虚な姿勢で検察の使命を全うするよう努力し、国民の信頼を取り戻すために努めてまいりたい」と述べました。
また、検察と政治との距離感についての質問に対しては「検察官は政治との一定の距離を保って職務を遂行すべきだ思う。距離が近くなると、国民から何か関係や癒着があるのではないかと、公平らしさが疑われる可能性がある。国民の信頼なくして、検察権の行使はできない」と述べました。
林検事長は、稲田伸夫検事総長が就任から丸2年となる7月までに退官すれば後任の検事総長に就任する可能性があります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200527/k10012447461000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

« 倉庫に男性遺体 腹部から出血―愛媛(27日)時事 | トップページ | 池袋駅近くの路上で女性にわいせつ行為か、チュニジア国籍の男2人を逮捕(27日)TBS »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倉庫に男性遺体 腹部から出血―愛媛(27日)時事 | トップページ | 池袋駅近くの路上で女性にわいせつ行為か、チュニジア国籍の男2人を逮捕(27日)TBS »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ