カテゴリー

« 発信者特定へ制度改正検討 総務相、ネット中傷問題(27日)日経 | トップページ | 首都圏1都3県と北海道 宣言解除後も人出の増加は限定的 コロナ (27日)NHK »

2020年5月27日 (水)

繁華街に人波戻る 対策どこ?懸念の声も―東京・上野(27日)時事

緊急事態宣言の解除を受け、繁華街に人が戻り始めた。飲食店の営業時間が延長された26日、東京都台東区上野では解除を喜ぶ声の一方で、新型コロナウイルスの感染再拡大に対する懸念も聞かれた。
人波消えた若者の街 「自主休業」も多数―売り上げ減、継続か悩み・緊急事態宣言

 JR上野駅近くにある居酒屋「御徒町とら八」の店長白鳥順一さんは午後4時ごろ、丁寧に拭き清めたテーブルに、うれしそうに「予約席」のプレートを置いた。連休明けから時間短縮で営業はしていたが、常連客の足は遠のき、使うのは2カ月ぶりだ。
 予約した近くのアクセサリー店員柳田亮さん(42)は「景気が大変だけど大丈夫だった?」と店長に声を掛けると、「外で飲むと違う」とおいしそうにジョッキを傾けた。短縮営業期間中は仕事があり来られなかったという。
 他の常連客も顔を出し、解除前は閉店時刻だった午後8時を過ぎても席はほぼ埋まっていた。白鳥さんは「元に戻るか不安は消えないけれど、感慨深い。正直に自粛してきた店が報われてほしい」と、しみじみ語った。
 一方、アメ横商店街近くに並ぶ大衆居酒屋は、昼すぎから酒を酌み交わす人で混み合った。ただ、安全対策は見る限り消毒用のアルコールを置くくらいで、肩がぶつかりそうなほど間隔の狭い店も多い。ある店の店員は「正直怖さはある。でも1人でも客を逃がしたくない」と話す。友人3人で飲んでいた江戸川区の接客業の男性は「店に入ったときは『客同士が近すぎる』と気分がなえた。すぐ忘れたけど」と赤い顔。30代のシングルマザーの女性は「解除を聞きすぐ集まろうと誘った。ウェブ飲み会とは違う楽しさで、ストレスが吹き飛んだ」と笑顔を見せた一方、「新型コロナとうまく付き合うことも大切」と、店を出るなり手に消毒薬をすり込んだ。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052600888&g=soc

« 発信者特定へ制度改正検討 総務相、ネット中傷問題(27日)日経 | トップページ | 首都圏1都3県と北海道 宣言解除後も人出の増加は限定的 コロナ (27日)NHK »

東京都関係ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発信者特定へ制度改正検討 総務相、ネット中傷問題(27日)日経 | トップページ | 首都圏1都3県と北海道 宣言解除後も人出の増加は限定的 コロナ (27日)NHK »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ