カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 協力金、追加支給へ 外出自粛、休業要請継続―小池都知事(5日)時事 »

2020年5月 5日 (火)

「人通り少ないのに増えてる…」 宮城県、人出調査に疑問の声(5日)共同

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、宮城県が携帯電話事業者の協力を得て県内13カ所で毎週末に実施する人出調査の結果が各地に波紋を広げている。スマートフォンの位置情報を活用した正確なデータだが、流行前の数値を上回る地域からは「人が出てないのになぜ?」と疑問の声も上がる。調査エリアでの住宅の集積や車の往来など、地域特有の事情を反映しているようだ。
■歓楽街は歴然
 極端な減少が読み取れるのは東北最大の歓楽街、国分町(仙台市青葉区)の夜。普段ならにぎわう金曜日で比べると、表の通り一目瞭然。週を追うごとに減少幅が拡大し、4月24日は1~2月の平均より約7割減った。
 26日(日)午後の松島海岸(松島町)が49.2%、南三陸さんさん商店街(南三陸町)が58.9%など、観光地も減少傾向にある。県震災復興・企画部の志賀慎治次長は「繁華街や観光地の客足は確実に減ったと判断できる」と一定の信頼を寄せる。
 一方で、数値が下がらない地域では、首をかしげる関係者もいる。  日曜昼のJR大河原駅周辺は、1~2月平均を上回る状態が続く。一目千本桜(大河原町、柴田町)の花見客が訪れたとみられる4月5日は約2割上回り、26日も100%を超えた。
■多くの店 休業
 データはスマホの位置情報から調査エリアに1時間滞在した人数を「1人」、30分滞在した人は「0.5人」などと計算する。家で過ごす人、ドライバーも対象に入ることになる。
続きを読む
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200505_13011.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 協力金、追加支給へ 外出自粛、休業要請継続―小池都知事(5日)時事 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 協力金、追加支給へ 外出自粛、休業要請継続―小池都知事(5日)時事 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ