カテゴリー

« コロナ禍、善意の情報発信が裏目 デマ拡散で行政も振り回され(10日)産経 | トップページ | 西村再生相、34県「多くが解除視野」 緊急事態宣言、警戒地域一部でも(11日)時事 »

2020年5月11日 (月)

「うるさい、早く降りろ」バスに不慣れな母子に…運転手が浴びせた暴言(11日)共同

那覇バスの60代の男性運転手が乗客に「うるさい、早く降りろ」などの暴言を吐いたとして、同社は10日までに「接客業として不適切な対応や発言があった」と認め、乗客とその家族に謝罪した。
乗客は「お前、障がい者か」と非難する言葉もあったとしているが、同社は本紙の取材に「障がい者を非難する言葉は確認できなかった」と説明している。

お前、障がい者か

 乗客の50代女性によると、女性と中度の知的障がいがある息子(18)が6日午後、就職が決まった息子の通勤の練習で市内線の路線バスに乗車した。
 乗車時の支払いにもたついた際、運転手から「分からないなら聞けばいいだろう」「いいから座れ」と強い口調で言われた。降車時、運転手に名前を尋ねると「うるさい、早く降りろ」「お前、障がい者か」との言葉を吐かれたという。

バス不安がる息子

 同日中に家族からの苦情を受け、同社は音声記録を確認。暴言を認め、その場で謝罪し、7日にも営業所長らが謝罪した。同社担当者は「運転手には強く注意した。今後、このようなことがないよう社員教育を徹底していく」と説明した。
 女性は「息子は後日、バスに乗るのを不安がっていた。僕が乗りたいって言ったのがいけなかったのかなと後悔していた」と沈痛な表情で話し、「みんなが安心して乗れるよう対応を改善してほしい」と訴えた。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569574

« コロナ禍、善意の情報発信が裏目 デマ拡散で行政も振り回され(10日)産経 | トップページ | 西村再生相、34県「多くが解除視野」 緊急事態宣言、警戒地域一部でも(11日)時事 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍、善意の情報発信が裏目 デマ拡散で行政も振り回され(10日)産経 | トップページ | 西村再生相、34県「多くが解除視野」 緊急事態宣言、警戒地域一部でも(11日)時事 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ