カテゴリー

« 元交際相手の女性切りつけ、26歳の男逮捕(10日)TBS | トップページ | 都、11日から協力金支給 煩雑手続きに不満の声(10日)日経 »

2020年5月10日 (日)

「休業」貼り紙、でも中は客いっぱい 札幌のパチンコ店(10日)朝日

北海道は10日、休業要請に応じず、開店を続けるパチンコ店6店舗の名称と所在地を公表し、法に基づく、施設使用の停止(休業)を要請した。また、同日の営業が確認できた2店舗に対しては、その前段階に当たる「事前通知」を行った。

 実名は道のホームページ(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/kyuugyouyousei.html別ウインドウで開きます)で公表された。鈴木直道知事は「一部の店舗が営業することにより、感染リスクが拡大することは避けなければなりません」というコメントを出した。

正面入り口は封鎖、脇のドアから出入り

 朝日新聞の取材によると、公表分以外にも同日、営業中の店舗が確認されている。

幌市では複数が営業しており、あるパチンコ店では、表の入り口にはコーンをおいて休業中を装いつつ、脇のドアがあいて、顧客が出入りしていた。中をのぞくと多くの客がパチンコ台に向かっていることが確認できた。翌11日からの休業を宣言しつつ、営業を続ける店もあった。

 札幌市内のあるパチンコ店。三角コーンで閉鎖された正面入り口には「11日~当面の間協力休業とさせて頂きます」という貼り紙。一方で、開け放たれた脇のドアからは、ひっきりなしに客が出入りしていた。ガラス越しに店内をのぞくと、満席に近い盛況ぶりで、空き台を探して歩き回る客の姿も目立った。

客「撤去間近の機種、どうしても打ちたくて…」

 市内の男子大学生は、ネットの掲示板でこの店が昨日営業していたことを知り、今日は開店前から並んだ。「5月末に撤去される台を、最後にどうしても打ちたかった」という。休業要請のことは知っているが「スーパーだって買い物する人で一杯。パチンコが特別危険だとは思わない」と納得していない様子だった。(武田啓亮、松尾一郎)
https://www.asahi.com/articles/ASN5B6JM0N5BIIPE00S.html

« 元交際相手の女性切りつけ、26歳の男逮捕(10日)TBS | トップページ | 都、11日から協力金支給 煩雑手続きに不満の声(10日)日経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元交際相手の女性切りつけ、26歳の男逮捕(10日)TBS | トップページ | 都、11日から協力金支給 煩雑手続きに不満の声(10日)日経 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ