カテゴリー

« 第2波阻止へ越県自粛を要請 九州知事会(9日)共同 | トップページ | 検察が自民 河井夫妻を任意聴取 選挙違反事件 (9日)NHK »

2020年5月 9日 (土)

検事長人事問題が再燃 定年延長、野党に賛成論も(9日)時事

黒川弘務東京高検検事長の定年延長問題が8日、再燃した。新型コロナウイルスの感染拡大で、一時下火となったが、与党は同日、検察官を含む国家公務員の定年を延長する関連法案について、衆院内閣委員会で実質審議入りさせ、立憲民主党など野党は反発して欠席した。ただ、野党内には支援を受ける労組の意向を踏まえて賛成論もあり、難しい判断を迫られそうだ。
【点描・永田町】「政権の守護神」定年延長の“怪”

 野党は、黒川氏の定年延長について「検察人事への介入」などと批判してきた。8日の審議をめぐっても、法務委との連合審査で森雅子法相への質疑を求めたが、与党は応じなかった。
 立憲の枝野幸男代表は8日の記者会見で「一般公務員と検察官は人事法体系が違うのに、束ね法案にしたのはむちゃくちゃだ」と指摘。野党側は引き続き、連合審査の実現を求める構えだ。
 ただ、自治労には国家公務員の定年延長への強い期待もある。このため、労組出身の野党幹部は立憲などが賛成するとの見方を示し、「採決時の賛成討論で理由を説明すればいい」と語る。一方、別の幹部は「黒川氏の問題を追及してきたのに、賛成するのは簡単ではない」と漏らす。
 関連法案は、現在60歳の国家公務員の定年を2022年度から段階的に65歳に引き上げる内容。検察官の定年を63歳から65歳に延長する検察庁法改正案も含んでいる。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050801059&g=soc

« 第2波阻止へ越県自粛を要請 九州知事会(9日)共同 | トップページ | 検察が自民 河井夫妻を任意聴取 選挙違反事件 (9日)NHK »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2波阻止へ越県自粛を要請 九州知事会(9日)共同 | トップページ | 検察が自民 河井夫妻を任意聴取 選挙違反事件 (9日)NHK »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ