カテゴリー

« 携帯電話で浴室内を撮影か 熊本県宇城市で盗撮やのぞき被害が多発(1日)西日本 | トップページ | 新型コロナ 感染防止と治安どう両立? 署員半数“離脱”の兵庫県警、対策本格化(1日)産経 »

2020年5月 1日 (金)

酔った副駅長、線路に侵入して電車遅延…同僚は「一般客が立ち入って逃走」と本社報告(1日)読売

 相模鉄道の相鉄線かしわ台駅(神奈川県海老名市)に勤務する50歳代の男性副駅長が、酒に酔って同駅の線路に侵入し、電車を遅らせ、同僚が遅延理由を虚偽報告していたことがわかった。同社は4月27日付で2人を停職処分とした。
 同社によると、副駅長は夜勤明けに飲酒し、4月5日午後5時25分頃、ホームから降りて線路内を歩き、目撃した駅員が非常停止ボタンを押した。電車には最大約6分の遅れが出た。
 業務を引き継いだ別の男性副駅長は「一般客が立ち入って逃走した」と本社に虚偽報告していた。同社の調査に、「事実が判明すれば重い処分が下ると思い、同僚を擁護しようと思った」と説明したといい、線路に立ち入った副駅長は「酒に酔っていて覚えていない」と話しているという。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0501/ym_200501_6067504105.html

« 携帯電話で浴室内を撮影か 熊本県宇城市で盗撮やのぞき被害が多発(1日)西日本 | トップページ | 新型コロナ 感染防止と治安どう両立? 署員半数“離脱”の兵庫県警、対策本格化(1日)産経 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯電話で浴室内を撮影か 熊本県宇城市で盗撮やのぞき被害が多発(1日)西日本 | トップページ | 新型コロナ 感染防止と治安どう両立? 署員半数“離脱”の兵庫県警、対策本格化(1日)産経 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ