カテゴリー

« 2020年5月27日 (水) | トップページ | 2020年5月29日 (金) »

2020年5月28日 (木)

2020年5月28日 (木)

「コロナで金が必要に」 高齢者からカード詐取、容疑の少年逮捕(28日)産経

埼玉県警春日部署は28日、警察官を装い高齢者からキャッシュカードをだまし取ったとして、詐欺の疑いで、千葉県成田市の無職の少年(19)を緊急逮捕した。容疑を認め「新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなり、金が必要だった」と供述しているという。
 逮捕容疑は、何者かと共謀して、28日午前9時50分ごろから数回、埼玉県春日部市の男性(85)方に「キャッシュカードが犯罪に使われており、確認する必要がある」などと電話し、同日午前11時10分ごろ、男性方で金融機関のキャッシュカード3枚をだまし取ったとしている。
 少年は詐欺グループ内で現金を受け取る役目を担う「受け子」だったとみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280015-n1.html

「給付金早く」とナイフ 銃刀法違反容疑で男逮捕(28日)産経

茨城県警古河署は28日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の特別定額給付金に関し、「早く持ってこい」とナイフなどを持って古河市職員を脅したとして、銃刀法違反(所持)と職務強要の疑いで、古河市中田、無職、坂輪清彦容疑者(47)を逮捕した。署によると容疑を否認している。
 逮捕容疑は25日午後1時35分ごろ、自宅を訪れていた男性職員(44)に果物ナイフとはさみを見せ、給付金を早期に支給するよう脅迫したとしている。
 古河市役所によると、坂輪容疑者は同日午前、「申請してるんだから早く支給してくれ」と来庁。職員2人が説明のため自宅を訪れた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280017-n1.html

暴力団員に名義貸し 神奈川県公安委員会が自営業男性らに勧告(28日)産経

指定暴力団稲川会系構成員に名義貸しをしたとして、神奈川県警暴力団対策課は28日、県公安委員会が県暴力団排除条例に基づき、自営業の男性(46)に利益供与をしないよう、また構成員の無職男(48)に利益供与を受けないよう、それぞれ勧告したと発表した。
 同課によると、男は令和元年9月ごろ、男性に自身が暴力団員のため、スマートフォンの購入ができない旨を説明したうえで、「名義を貸してほしい」などと依頼し、同年10月17日、県内の携帯電話機販売店で自身が使うスマホを男性に契約させた。男は月に1万円を通話料などとして、男性に支払っていたという。2人とも勧告を受け入れている。名義の利用禁止に関して暴排条例の勧告が行われるのは、今回が同県内初。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280018-n1.html

約2800万円を横領 元東邦銀行宇都宮支店行員の男逮捕 (28日)産経

顧客の預金口座から引き出した現金を着服したとして、栃木県警捜査2課と宇都宮中央署は28日、業務上横領の疑いで、元東邦銀行宇都宮支店行員の古張(こばり)卓未容疑者(29)=埼玉県草加市瀬崎=を逮捕した。古張容疑者は「ギャンブルや借金返済に充てていた」と話しているという。
 逮捕容疑は昨年5月22日、宇都宮市の80代男性の普通預金口座から払い戻しを依頼された現金300万円を着服したとしている。
 同課によると、古張容疑者はほかにも昨年2~6月、顧客4人と3法人から計約2500万円を着服したとみられるという。
 昨年7月、顧客から同銀行に「預けた通帳が戻ってこない」と相談があり発覚、翌8月に同銀行は古張容疑者を懲戒免職処分とした。その後同銀行から告訴を受けた県警が捜査を進めていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280019-n1.html

ツイッターで募集”万引少年団” 窃盗などの疑い8人逮捕 福岡県警(28日)西日本

転売目的でサプリメントなどを組織的に万引したとして、福岡県警は28日、窃盗などの疑いで、岐阜県海津市の少年3人=いずれも(19)=と、住所不定、無職亀川泰人容疑者(31)ら24~41歳の男女5人を逮捕したと発表した。亀川容疑者が「融資の相談に乗ります」とツイッターに投稿したのに対し、少年3人が連絡を取って実行犯になったという。
 逮捕容疑は共謀して昨年10~11月、福岡県大野城市や北九州市門司区のディスカウント店などで、サプリメントやプロテイン、健康食品など計59点(計約10万7千円相当)を盗むなどした疑い。少年3人と大阪市西成区の無職男(25)は「金に困っていた」と容疑を認め、亀川容疑者ら男女4人は指示役や転売役で「何も言えない」などと否認しているという。
 少年3人は亀川容疑者らの指示で、レジを通さずに買い物かごごと店外に持ち出す手口で商品を盗んだ。オークションサイトで、販売価格より安く転売していたという。(森亮輔)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/612188/

捜索ルート外でも「念のため」 行方不明の女性を発見(28日)朝日

山口県下関市内で一時行方不明になった60代の女性を発見したとして、長府署は28日、理容業の藤井勇さん(46)=同市豊田町矢田=と、建設業の土井裕二さん(48)=同市豊田町八道=に感謝状を贈った。
署などによると、女性は軽度の認知症で、今月14日夜から15日朝にかけて自宅からいなくなっていた。

 藤井さんと土井さんは、下関市消防団豊田方面隊豊田中分団に所属する。豊田中分団に、女性の捜索依頼があったのは15日午前11時半ごろ。2人は署員らとともに総勢73人で捜索。依頼から約3時間半後、空き家近くの雑木林で倒れている女性を2人が発見した。

 当初、藤井さんと土井さんに割り当てられた捜索ルートは別の区域。一通り回り終えた後、「他の人が見ているだろうが、念のため」と空き家付近を見に行った。

かすかなうめき声に気づいたのは藤井さん。女性を見知っていた土井さんも、その声で確信したという。当時現場周辺は、激しい雨と風が吹いており、女性は話ができないほど衰弱していた。

 土井さんは「ひたすら捜した。救助できてよかった」。藤井さんは「今後も活躍できるよう頑張っていきたい」と話した。(寺島笑花)
https://www.asahi.com/articles/ASN5X6T1SN5XTZNB00F.html

【速報】南青山の事務所に車突っ込む、女性2人がけが(28日)TBS

28日午後3時過ぎ、東京・南青山で乗用車が会社事務所に突っ込み、事務所内にいた女性2人が巻き込まれて、けがをしました。
 白い乗用車の周りに集まる消防隊員たち。ビル1階にある不動産会社の事務所の外壁が壊れ、事務所の内部にガラスや自転車などが散乱しています。
 28日午後3時過ぎ、港区南青山で「事務所に車がバックで突っ込んだ」と110番通報がありました。警視庁によりますと、1階の不動産会社の事務所に乗用車がバックで突っ込み、事務所の中にいた女性職員2人が巻き込まれ、病院に搬送されたということです。2人は軽傷とみられています。
 乗用車を運転していたのは60代の男性で、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということです。不動産会社によりますと、乗用車は、この会社のもので、車検を終えた後、業者が戻しに来ていたということです。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3990267.html

大阪 マンションの部屋から男性が転落死 警視庁が捜査で訪問 (28日)NHK

特殊詐欺事件の捜査で警視庁が大阪市内の高層マンションにいた男を逮捕するため29階の部屋を訪れたところ、別の男性が逃げようとして転落し死亡しました。警視庁は男性の身元の確認を進めるとともに詳しいいきさつを調べています。警視庁によりますと、28日午前11時前、特殊詐欺事件の捜査で大阪・西区南堀江の高層マンションにいる男の逮捕状を持って捜査員8人が29階の部屋を訪ねました。
インターホンで呼びかけても反応がなかったため、ベランダから室内に踏み込んだところ、男と一緒にいた別の若い男性が突然、ベランダに向かって走り出し、そこから転落して死亡したということです。隣接する共有スペースのベランダに飛び移ろうとして、誤って転落したとみられています。室内にいた男はそのまま逮捕されました。
逮捕されたのは住居不詳の曽我文彦容疑者(36)で有料サイトの未納料金の名目で東京都内の被害者から電子マネーのギフト券20万円分をだまし取った詐欺の疑いが持たれています。調べに対して容疑を否認しているということです。
警視庁は「捜査上の問題があったとは考えておらず、今後も適正な捜査を続ける」としていて、死亡した男性の身元の確認を進めるとともに、詳しいいきさつを調べています。

現場近くの住民たちは…

現場近くの事務所にいた25歳の女性は「戸を開けて仕事をしていたらドスンという鈍い音が聞こえた。交通事故が起こったのかと思った」と話していました。
また、近所に住む84歳の女性は「サイレンを鳴らしたパトカーが道路に集まり警察官が大きな声を上げてマンションの高い位置を指さしていた。何が起きたのか全くわからなかった」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012449351000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

東京 小金井の病院 宣言解除後 都内で初のクラスター発生か (28日)NHK

東京 小金井市の武蔵野中央病院で、職員と入院患者合わせて9人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。
都は「緊急事態宣言」の解除後、都内で5人以上のクラスターが発生した初めてのケースとみています。 東京 小金井市にある武蔵野中央病院によりますと、今月21日、職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 この職員は、患者60人余りが入院していた精神科閉鎖病棟の担当で、その後、濃厚接触のあった同じ病棟の職員2人も感染していることが分かりました。
 さらに、発熱などの症状を訴えたこの病棟の患者と職員合わせて16人についてPCR検査を行ったところ、28日、新たに患者5人と職員1人の合わせて6人の感染が、確認されたということです。
 病院は、この閉鎖病棟で集団感染が発生した疑いがあるとみて入院患者の一部を別の病院に転院させたうえで、初診の外来や新たな入院を中止するとともに、ほかの患者や職員の健康状態の確認を続けることにしています。
 東京都は「緊急事態宣言」の解除後、都内で5人以上の感染者、いわゆるクラスターが発生した初めてのケースとみています。
 武蔵野中央病院は「患者の皆様やご家族、地域の皆様にご心配をおかけして申し訳ありません。保健所の指導のもと、細心の注意を払いながらさらなる感染の拡大防止に努めたい」とコメントしています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012449021000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

なんでも相談会を開催 コロナ関連で6月6日―全国の弁護士ら(28日)時事

 新型コロナウイルスの経済への影響を受け、生活が困窮している人を対象とした「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会」が6月6日に開催される。貧困や労働問題などに取り組む全国の弁護士や司法書士、NPO法人の有志らが主催し、相談は無料。
 開催は2回目で、4月18~19日に開かれた相談会では、5009件の相談が寄せられた。休業で収入が激減したり、雇い止めで失業したりした場合に、法律相談や救済制度の助言を行う。
 相談時間は午前10時~午後10時。電話番号はフリーダイヤル(0120)157930。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052801120&g=soc

被害家族を保護対象に、長野県警  暴力団関係者から危害懸念(28日)共同

長野県坂城町の市川武範さんの住宅で26日、長女杏菜さん(22)と次男で高校1年生の直人さん(16)、住所不詳の暴力団関係者小沢翔容疑者(35)=市川さんの長男への傷害容疑で逮捕状=が死亡した事件で、県警が事件前、市川さん家族を小沢容疑者から危害が加えられる恐れのある「保護対象者」に指定していたことが28日、県警への取材で分かった。
 捜査関係者によると、県警は小沢容疑者が長男との間でトラブルのあった市川さん宅を訪れ、杏菜さんと直人さんを殺害し、その後に自殺したとみて調べている。現場の状況から、拳銃が発射されたとみられる。
https://www.47news.jp/national/4857677.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日 単位・レベル)
生活環境の変化も良いが…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200528203001F1015563-1 新型コロナウイルス禍も緊急事態宣言が解除され、世の中は平穏にもどる気配が感じられるが、今後の生活環境の変化が話題になりはじめている。
 企業は元通りには戻らず、在宅勤務の継続などを模索する動きも出ていると言うのだ。こうなると、夫婦間暴力も含めて最も懸念されるのが児童虐待だ。
 令和元年の警視庁管内での児童虐待に関する数字がある。取り扱い件数は5441件で、なんと前年より1152件も増えている。当然、検挙件数も増えて31件増の109件だった。
 被害児童数になると8383人。1日に22人は被害にあっている。うち死者は8人もあった。
 被害児童と虐待者の関係をみると最も多いのは実夫で2446件。前年より402件の増。続いて実母の1833件で同472件、両親による虐待も853件あり、同195件のそれぞれ増加という。テレワークとなれば、最悪の実父が在宅となる。
 虐待の区分は最多が心理的虐待で6018件でなんと前年より1215件も増えている。
 検挙は前年より31件増えているが、傷害が最も多く41件。次いで暴行の40件と続くが、強制性交も9件あり、とても人間社会とは思えない。
 「どうすれば防げるのか」と言っても、これから親としての自覚を持たせようとしても、所詮、人間の屑だから手遅れ。だとすれば、取締を厳しくして罰則の強化しかいな。
   「貴様らそれでも人間か!」と叫びたくなる。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
【お知らせ】 デザインを元に戻しました。

Image271_201912022029011_20200528204001



「コロナで金が必要に」 高齢者からカード詐取、容疑の少年逮捕 (28日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280015-n1.html

受け子リクルーターか カード詐取容疑で女逮捕 警視庁 (28日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280008-n1.html

<top>悪質な副業サイトに注意【暮らしのヒント】 (28日)西日本
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/612006/

★生活保護費不正受給疑い 55歳男逮捕 警視庁 (26日)産経
★“封書詐欺”2590万円だまし取られる (26日)TBS
★特殊詐欺の被害金回収役か 窃盗容疑で男逮捕 警視庁 (25日)産経
★注文していないのに届いたマスク、消費者庁が注意喚起 (23日)TBS
★日本一有名なサラリーマンが地元で詐欺防止の啓発 山口 (23日)朝日
★「コロナの件で給付金が出ます」「振り込むから口座番号を教えてください」 熊本県警人吉署管内で不審電話(21日)西日本
★川崎市の80代男性 現金とカード特殊詐欺被害 (20日)産経
★手に長ネギ入りの袋…特殊詐欺の出し子、買い物中装い犯行か (19日)産経
★特殊詐欺の指示役?現金引き出し容疑の2人逮捕 スタンガン強盗にも関与か 警視庁(18日)産経
★10万円給付金めぐる詐欺に注意(16日) TBS
★1000万円超詐取の疑い 男女2人逮捕 神奈川県警 (14日)産経
★新型コロナ対策の貸付金10万円詐取、容疑の無職男逮捕 (14日)産経

悪質な副業サイトに注意【暮らしのヒント】(28日)西日本

【事例1】「新型コロナウイルスの影響で仕事が減り、副業をネット検索。メールで悩みを聞くと報酬がもらえる副業サイトに登録した。相談したいという人からメールが届き、個人情報を交換しようとして文字化けした。やり直すには『保証金が必要』とサイト側から言われ、複数回カード決済した。支払ったお金は後から返すと言われたが、金額が段々増えて不安」
 【事例2】「新型コロナの影響で失業し、仕事を探していた。会員制交流サイト(SNS)でオンラインビジネスの情報を見つけ、テレビ会議で説明を聞き、サポート料50万円を払って契約した。起業したがサポートしてくれず、うまくいかない」
 自宅待機や営業自粛で、ネットでの副業やオンラインビジネスのニーズが増え、ネット検索やウェブ広告に端を発した相談が急増しています。
 ネット通販には、一定期間に無条件で解約できるクーリングオフ制度はありませんが、電話やテレビ会議で勧誘を受けた場合は対象となることがあります。カード決済した場合は、経緯を文書にまとめてカード会社などに調査依頼する方法もありますが、決済の取り消しは容易ではありません。ウェブ上の甘い勧誘に注意しましょう。https://www.nishinippon.co.jp/item/n/612006/

地区長、摘発に死体のふり? 外出禁止破り知人らと酒盛り―ペルー(28日)時事

【サンパウロ時事】ペルーからの報道によると、南部のアンデス山中の小村タンタラ地区でこのほど、地区長が新型コロナウイルス対策のために実施されている夜間外出禁止令を破って仲間らと酒盛りをした上に、摘発から逃れるためひつぎに隠れて死体のふりをする事件があった。
 RPPラジオなどによると、ハイメ・ウルビナ地区長は18日夜、禁令を無視して自宅外で飲酒していたが、取り締まりの警察が来たため手近にあったひつぎに飛び込んだ。死体のふりをしたが、すぐにばれて連行されたという。目をつむってひつぎに横たわった地区長の写真はインターネットを通じて拡散し、笑いを誘っている。

 当の地区長は禁を破ったことを謝罪した上で、「朝と昼に何も食べておらず、おなかがすいたので何か食べようと出掛けてしまった」と弁解。ただ、写真については同じ日の昼にひつぎ工場を視察した際に撮影されたもので、摘発の場所とは違うと主張。「太った人でもひつぎに入れるかどうか試した」と横たわっていた理由を説明している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052800739&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

東京 新たに15人感染確認 10人台は3日連続 新型コロナ (28日)NHK

東京都の関係者によりますと、28日、都内で新たに15人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。1日の感染の確認が10人台になるのは3日連続です。これで都内で感染が確認された人は、合わせて5195人になりました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012448641000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

「あおり」2類型を「危険運転」に追加 処罰法改正案が衆院通過 (28日)NHK

あおり運転を抑止するため、通行を妨害する目的で、高速道路で走行中の車の前方で停止したり、著しく接近したりして停止させる行為などを「危険運転」と位置づけ、より重い刑罰の対象とする自動車運転処罰法の改正案が、28日の衆議院本会議で全会一致で可決され、参議院に送られました。
改正案では、あおり運転を抑止するため、悪質な運転による交通事故の罰則を重くする、自動車運転処罰法の「危険運転」の規定に2つの類型を追加しています。
新たな2つの類型は、いずれも通行を妨害する目的で、重大な交通の危険が生じることとなる速度で、走行中の車の前方で停止したり、著しく接近したりする行為と、高速道路や自動車専用道路で、同様の行為を行って、走行している車を停止や徐行させることです。
改正案は、28日の衆議院本会議で採決が行われ、全会一致で可決されて参議院に送られました。
改正案は、今の国会で成立する見通しです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012448571000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003

受け子リクルーターか カード詐取容疑で女逮捕 警視庁(28日)産経

 高齢者からキャッシュカードをだまし取ったとして、警視庁王子署は詐欺容疑で、兵庫県西宮市高須町、無職、御神本(みかもと)麻美容疑者(41)を逮捕した。
 逮捕容疑は平成30年5月、預金保険機構職員などになりすまして、東京都大田区の無職の90代女性宅に「口座から10万円が下ろされており、暗証番号を変更するためにカードを回収する」と嘘の電話をかけた上で自宅を訪れ、カード3枚を詐取したとしている。
 王子署によると、御神本容疑者は、自宅を実際に訪れる役割の「受け子」を募集するリクルーターとみられ、受け子の指導や交通費を支給する役割もあったという。調べに対し「身に覚えがない」と容疑を否認している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280008-n1.html

廃ホテル放火容疑で逮捕 少年ら2人、北海道旭川市(28日)産経

北海道警旭川中央署は28日、廃業したホテルに火を付けたとして、非現住建造物等放火の疑いで、職業不詳、熊谷尋椰容疑者(21)=旭川市秋月2条=と、会社員の少年(19)=同市旭町2条=を逮捕した。認否は明らかにしていない。
 逮捕容疑は26日午後10時ごろ、同市神居町富沢の廃業した木造モルタル一部3階建てのホテルに火を付け、焼損させたとしている。けが人はいなかった。
 署によると、現場付近の目撃情報や防犯カメラの映像などから浮上。2人は「ドライブ中に立ち寄った」と供述している。廃業したホテルは心霊スポットとして知られた存在だったという。署は、他にも複数が関与した疑いがあるとみて調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280011-n1.html

ロシア、北朝鮮漁民3千人超拘束 日本海で昨年(28日)共同

【モスクワ共同】ロシア連邦保安局(FSB)のクリショフ国境警備局長はタス通信が27日に報じたインタビューで、昨年1年間に日本海で密漁容疑により拿捕した北朝鮮漁船は計344隻で、拘束した漁民は3754人に上ると明らかにした。2014年からの5年間に拿捕した漁船は計11隻で、拘束者は260人だった。
 ロシアの排他的経済水域(EEZ)での北朝鮮漁船による違法操業を巡っては、昨年9月に取り締まりに当たったロシア国境警備隊員が北朝鮮漁民から銃撃されて負傷。ロシア外務省が北朝鮮の臨時代理大使を呼び出して抗議し、再発防止を求めるなど一時緊迫した。
https://www.47news.jp/news/4855857.html

「気晴らしに」緊急宣言下の首都高暴走 「ルーレット族」送検 (28日)NHK

新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が出されていた先月、東京の首都高速道路で、制限速度を50キロ以上上回るスピードで車を運転したとして、大学生らが書類送検されました。「道路がすいていると思い気晴らしに走りに来た」と供述しているということです。
書類送検されたのは、いずれも東京都内に住む21歳の大学生と22歳の会社員です。
警視庁によりますと、2人は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都に緊急事態宣言が出されていた先月下旬、首都高速道路の都心環状線で制限速度を50キロ以上上回るスピードで、それぞれ乗用車を運転した疑いが持たれています。
2人は都心環状線などをレース場のように走り回る、いわゆる「ルーレット族」で、調べに対して大学生は「外出自粛で道路がすいていると思い気晴らしに走りに来た」などと、供述しているということです。
警視庁によりますと、緊急事態宣言が出されていた先月7日以降、首都高速道路では騒音やあおり運転などに関する通報や苦情が大幅に増えていたということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012448391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

特殊詐欺、カレー具材で偽装か?(28日)西日本

高齢者からキャッシュカードをだまし取る特殊詐欺で現金引き出し役を担う「出し子」が、カレーの具材を入れた買い物袋を手に現れ、摘発される事例が大阪府で相次いだ。買い物帰りの住民を装って地域に溶け込み、職務質問を逃れようとしたと府警はみている。
 府警は今月12日、90代女性らのカード3枚を使って現金計約120万円を引き出したとして、窃盗容疑で京都府の無職少年(19)を逮捕した。現金自動預払機(ATM)近くの防犯カメラに、長ネギがはみ出た買い物袋を持つ少年が写っていた。
 少年のスマートフォンには、カレールーや野菜の購入を促す指示役からのメッセージが残っていた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/611996/

上皇さま、転居以降初めての皇居へ 生物学研究所を訪問(28日)朝日

上皇さまは28日、お住まいの仙洞仮御所(東京都港区)から車で皇居を訪れた。ハゼ科の研究のためで、3月末に転居してから初の皇居訪問となった。新型コロナウイルス緊急事態宣言解除を受け、今後も定期的に皇居・生物学研究所で研究を続けていく。

 上皇さまはこの日午前10時10分ごろ、車で皇居へ。マスク姿で、報道陣らに会釈をした。宮内庁によると、上皇さまは研究に加え、体力維持のためにも皇居に通い、上皇后美智子さまと散策をする予定だ。

 ご夫妻は、仙洞仮御所に転居後間もなく緊急事態宣言が出たため、仮御所内で過ごし、来客との面会も極力控えてきたという。(杉浦達朗、長谷文)

https://www.asahi.com/articles/ASN5X3PSKN5WUTIL04T.html

警察の感染防止対策で約20億円計上(28日)TBS

新型コロナウイルスの感染防止対策として、全国の警察に、感染疑いのある被疑者らを護送するための専用の車などが導入される見通しです。
 警察庁は新型コロナウイルスの感染を防ぐため、今年度の第2次補正予算案に感染防止対策の費用としておよそ20億円を計上しました。
 案では、感染疑いのある被疑者らを警察署から護送するため、車内の前部と後部座席をアクリル板で仕切った専用車両を、全都道府県の警察にあわせておよそ170台導入するということです。
 また、一部の警察署の留置場では、感染疑いのある人のための隔離された部屋や専用のシャワー室を改修して作るほか、感染疑いのある変死体が見つかった現場から遺体を運び出す際には、ファスナー部分の隙間をなくした収容袋などを導入し、感染防止を図るということです。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3989715.html

乗用車とトラック 衝突し炎上(28日)TBS 乗用車とトラック 衝突し炎上 乗用車とトラック 衝突し炎上

27日夜、横浜市緑区で乗用車とトラックが衝突する事故があり、運転手の男性2人がけがをしました。
 激しく燃え上がる炎。27日午後10時ごろ、緑区長津田の国道で乗用車とトラックが衝突する事故がありました。この事故で車両火災が発生し、消防のポンプ車など10台が駆けつけ、火はおよそ30分後に消し止められました。
 警察によりますと、乗用車とトラックをそれぞれ運転していた男性2人がけがをして病院に運ばれたということですが、命に別状はないということです。警察が事故の原因などを詳しく調べています。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3989796.html

少女を誘拐容疑で男逮捕 SNSで知り合い、栃木(28日)産経

栃木県警栃木署は28日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った県内の少女(17)を連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いで、大阪府泉大津市池浦町の外装屋、酒谷卓宏容疑者(21)を逮捕したと発表した。住所と職業はいずれも自称。逮捕は27日深夜。
 逮捕容疑は24日、未成年者と知りながら少女を連れ回したとしている。同署は同日以降の詳しい足取りを調べる。
 署によると、少女の家族が26日に行方不明届を出していた。2人は主に公共交通機関で移動し、27日に長野県内を走る電車内で発見した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280006-n1.html

事件前、県警が家族に避難勧める 暴力団関係者の男が長男に暴行(28日)共同

長野県坂城町の市川武範さんの住宅で長女杏菜さん(22)と次男で高校1年生の直人さん(16)、暴力団関係者の男(35)が死亡した事件で、事件当時、暴力団関係者には市川さんの長男に対する傷害容疑で逮捕状が出されていて、県警が長男を保護した上、家族にも避難を勧めていたことが28日、県警への取材で分かった。
 傷害容疑で逮捕状が出ていて、死亡した暴力団関係者の男は、住所不詳、小沢翔容疑者(35)。
 県警によると、事件当時、市川さんと長男は不在だった。杏菜さんと直人さんが在宅している際に男が訪れ、何らかのトラブルが起き、3人が死亡したとみられる。
https://www.47news.jp/national/4855580.html

両親殺害を数カ月前から計画か 大阪・吹田、放火殺人疑いの次男(28日)共同

 大阪府吹田市で自宅に放火し同居する両親を殺害したとして、現住建造物等放火と殺人の容疑で大阪府警に逮捕された無職の次男(55)が「数カ月前から両親を殺そうと思っていた」と供述していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。
 次男が、無職であることを両親から長年叱責されていたとの趣旨の説明をしていることも判明。「両親を恨んでいた」と容疑を認めており、府警は計画性があったとみて動機を詳しく調べている。一方で言動に不安定な点もあり、捜査関係者によると、大阪地検は刑事責任能力の有無を調べる鑑定留置を近く裁判所に請求する。
https://www.47news.jp/national/4856034.html

ビール園に爆破予告疑い 札幌、43歳男逮捕(28日)産経

北海道警東署は27日、サッポロビール園を爆破するという趣旨のはがきを運営会社に送ったとして、威力業務妨害の疑いで、札幌市西区、無職、三影英明容疑者(43)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年11月26日と27日、同市東区の運営会社にビール園の爆破を予告するはがきを送り業務を妨害したとしている。
 同署によるとビール園は、はがきを受け、2日間臨時休業。同署が園内を確認したが、爆発物は見つからなかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200527/afr2005270036-n1.html

ルーレット族書類送検へ 自粛中、首都高でスピード走行「気晴らし」(28日)産経

首都高速道路の法定速度を大幅に超え走行したなどとして、警視庁が道交法違反(速度超過)の疑いで、東京都内の大学生の男ら4人を近く書類送検する方針を固めたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。首都高を周回して速度を競う「ルーレット族」とみられ、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で外出の自粛が要請される中、「気晴らしに来た」などと容疑を認めているという。
 捜査関係者によると、男らは緊急事態宣言が発令された4月7日以降、首都高環状線で法定速度を50キロ以上超えて走行するなどした疑いがもたれている。
 警視庁の事情聴取に対して、緊急事態宣言で外出自粛が呼びかけられ、「首都高が閑散としていると聞いて走りに来た」「自粛の気晴らしにきた」などと供述しているという。
 昨年後半から同様の違反走行を繰り返していた可能性があり、うち1人は80キロ以上超過して走行していた疑いもあるという。ルーレット族は、法定速度が時速50~60キロの首都高を高速で周回して速さを競うなどしており、時速200キロの猛スピードで危険走行する車や、違法改造車なども存在するという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200528/afr2005280001-n1.html

「感染家族の店」ネットにデマ 捕まったのは知らない男(28日)朝日

店主の家族が新型コロナウイルスに感染したとのうその情報をインターネット上に書き込んだとして、福島県警須賀川署は27日、須賀川市東作、会社員渡辺岳司容疑者(54)を名誉毀損(きそん)と業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「職場のうわさを信じて書き込んだ」と容疑を認めているという。

 県警によると、渡辺容疑者は4月2日~3日、インターネットの掲示板に数回にわたり、市内にある商店の店主の家族が新型コロナウイルスに感染したと虚偽の内容を書き込み、同店の名誉を傷つけ、業務を妨害した疑いがある。同掲示板では感染者の身元を特定しようとする投稿が相次いでいた。店には無言電話や真偽を確かめる電話があったという。

 県警はIPアドレスなどから渡辺容疑者を特定したという。(小手川太朗)

https://www.asahi.com/articles/ASN5W61NTN5WUGTB007.html?iref=comtop_8_08

母親を殺害か、39歳男を逮捕(28日)TBS

 27日午前、石川県小松市の住宅で母親を包丁で刺したとして、39歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。母親はその後、死亡しました。
 逮捕されたのは、東京都中野区の山下信幸容疑者(39)です。山下容疑者は27日午前10時ごろ、石川県小松市にある実家で一人暮らしの母親の充瑠さん(75)を包丁で刺した疑いがもたれています。山下容疑者は住宅近くの公衆電話を使って自ら警察に電話をかけたということです。
 「4人くらいの警察官が取り囲んでいて、男は取り乱した様子もなく、声を荒げることもなく、比較的そのまま対応していた」(目撃した男性)
 その後、母親は死亡し、警察は容疑を殺人に切り替えて動機などを調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3989795.html

新型コロナで内定取り消しの学生ら臨時職員に採用へ 東京の7区 (28日)NHK

新型コロナウイルスの影響で就職の内定を取り消された学生などを支援するため、東京23区のうち7つの区が、こうした人たちを臨時職員として採用することを決めたことが分かりました。
厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めにあった人は、今月25日までに見込みも含めて、全国で1万3300人余りに上るほか、内定を取り消されたり、アルバイト先が休業したりして、生活が困難になった学生も相次いでいます。
NHKが東京23区に取材をしたところ、板橋区、大田区、北区、江東区、墨田区、台東区、それに港区の合わせて7つの区で、こうした人たちを非常勤の臨時職員として採用することを決めたことが分かりました。
荒川区も採用を検討しているということです。
このうち港区では、区内に住む人や通学・通勤している人を対象に、合わせて30人の募集を始めました。
雇用の期間は来年3月末までで、資料作成などの事務や廃棄物の収集などにあたってもらうということです。
港区人事課の太田貴二課長は「内定を取り消された人や離職を余儀なくされた人は、幅広く応募をしてほしい」と話しています。募集を始めた各区は、ホームページで応募に関する詳しい情報を公開しています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012447721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

長野 3人死亡事件 35歳の男が2人を殺害後に自殺か (28日)NHK

長野県坂城町の住宅で男女3人が死亡した事件で、警察は現場の状況などから、35歳の男が住人の男女を拳銃を発砲して殺害したあと自殺を図った疑いがあるとみて調べています。一方、警察はこの家の別の住人に対する傷害事件の容疑者として男の行方を捜査していたということで、詳しいいきさつを調べています。
おとといの夜(26日)長野県坂城町の市川武範さんの住宅で、この家に住む市川さんの長女で飲食店店員の杏菜さん(22)と、次男で高校1年生の直人さん(16)、それに住所・職業不詳の小沢翔容疑者(35)の3人が、頭にけがをして倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。
警察は現場の状況などから、小沢容疑者が拳銃を発砲して2人を殺害したあと自殺を図った疑いがあるとみて調べています。
この事件で警察は小沢容疑者について、市川さんの長男に対する傷害などの疑いで逮捕状をとり、行方を捜査していたことを昨夜(27日)明らかにしました。
警察によりますと長男は小沢容疑者の元妻と同じ職場に勤務していて、今月24日に長野県上田市内で小沢容疑者から暴行を受けてけがをしたとして、翌・25日に警察に被害届を出していたということです。
警察と相談したうえで、長男は自宅とは別の場所に避難していましたが、ほかの家族は警戒の対象にはなったものの避難はしていなかったということです。これについて長野県警は、「結果的にこのような事件になり残念だが、規則にのっとって対応したと認識している」としています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012448051000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

自宅放火疑いで高1逮捕 同居の祖父母らやけど―宮城県警(28日)事態宣言

 宮城県気仙沼市の自宅に放火したとして、県警気仙沼署は27日、現住建造物等放火の疑いで、市内に住む高校1年の男子生徒(15)を逮捕した。「私が火を付けました」と容疑を認めている。
 同署によると、自宅は全焼し、同居する祖父母と母親がやけどで入院したが、いずれも軽傷という。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052701190&g=soc

市川さん長男とトラブルか 死亡の35歳男性―長野県警(28日)時事

 長野県坂城町の市川武範さん方で男女3人が死亡した事件で、市川さんの長男が事件前、死亡した住所、職業不詳の小沢翔さん(35)に殴られるなどの暴行を受けていたことが27日、県警への取材で分かった。県警は小沢さんについて「暴力団関係者」とし、逮捕状を取って行方を追っていたという。
 県警によると、市川さん方は5人暮らしで、武範さんと長男は当時外出していた。妻は無事だったが、長女の杏菜さん(22)と次男で高校1年の直人さん(16)、小沢さんが頭を負傷し、搬送先の病院で死亡が確認された。
 24日深夜から25日未明にかけ、同県上田市のコンビニ駐車場で市川さんの長男が小沢さんに殴打される事件が発生。県警は傷害容疑などで小沢さんの逮捕状を取り、行方を追っていたという。
 現場からは拳銃のようなものが2丁見つかっており、県警は長男と小沢さんの間で何らかのトラブルがあったとみて調べている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052701240&g=soc

筑波大生殺害容疑者の拘束請求退ける 逃亡の恐れなしと判断―チリ最高裁(28日)時事

【サンパウロ時事】フランス東部ブザンソンに留学中の筑波大生、黒崎愛海さん=失踪当時(21)=(東京都出身)が2016年12月に行方不明となった事件で、チリ最高裁は27日、殺人容疑で仏当局への引き渡しが確定している元交際相手ニコラス・セペダ容疑者(29)に対する検察側の拘束請求を退けた。
 最高裁は18日に同容疑者の引き渡しを最終決定。検察側は逃亡防止のため拘束を求めた。最高裁は「(新型コロナウイルス流行を受けて)チリ国境は封鎖されており、出国は不可能だ」などと指摘。逃亡の恐れはないと判断した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052800021&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

検察、自民党本部関係者を聴取 河井案里氏側への1.5億円で(28日)共同

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の陣営による公選法違反事件で、検察当局が党本部関係者を任意で事情聴取したことが27日、関係者への取材で分かった。案里氏が初当選した昨年7月の参院選の公示前、党本部が案里氏側に提供した1億5千万円について、目的や決定者などを確認したとみられる。
 検察当局は、案里氏の夫で前法相の克行氏(57)=自民、衆院広島3区=が地元議員らに現金を配ったとして、公選法違反(買収)の疑いで克行氏を立件する方針を固めている。1億5千万円を使い、広範囲に買収行為をした疑いがあるとみている。https://www.47news.jp/national/4854195.html

« 2020年5月27日 (水) | トップページ | 2020年5月29日 (金) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ