カテゴリー

« 「給付金10万円」申請代行を勧誘する不審メール(19日)共同 | トップページ | 救急搬送、受け入れ拒否増加 「疑い」例の扱い苦慮―院内感染懸念・新型コロナ(19日)時事 »

2020年4月19日 (日)

「110番」大幅減 新型コロナ"外出自粛"影響か(19日)共同

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、兵庫県警が4月に受理した110番通報が大きく減っている。4月1~16日の受理件数は前年同期に比べて約3千件、16・5%減少した。外出を控える人が増え、交通事故や路上でのけんかなどのトラブルが減ったとみられる。一方で、消毒液の窃盗被害など、新型コロナに関する通報は徐々に増えている。
 兵庫県内で初の感染者が公表されたのは3月1日。県警通信指令課によると、いたずらや間違い電話を除く3月の有効通報件数(2020年は速報値)は3万948件で、前年比で7・4%減った。
 4月に入ると、減少幅は拡大。16日時点の受理件数は1万4443件で前年同期(1万7290件)より16・5%減となった。政府が緊急事態宣言を出した7日は前年比26・3%減、兵庫県の井戸敏三知事が店舗への休業要請を発表した12日は同35・5%減だった。
 県警は、外出の自粛が浸透し、屋外でのトラブルが減少傾向にあるとみる。中でも、行楽などでの車の利用が控えられ、交通に関する110番は減少が目立つ。4月1~16日は前年同期より1943件も少ない計5374件にとどまった。
 また、路上や店舗でのけんか、口論も減少。今春は花見や繁華街での飲み会が自粛され、飲酒トラブルも少なくなったという。
 一方で、新型コロナに関係する通報は3月が34件、4月は16日までに60件と増え始めた。「アルコール消毒液が盗まれた」「ドラッグストアの行列に割り込まれ、口論になった」といった内容のほか、「病院に行った方がいいか」などと症状を告げる問い合わせもあるという。(岡西篤志)https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202004/0013281083.shtml

« 「給付金10万円」申請代行を勧誘する不審メール(19日)共同 | トップページ | 救急搬送、受け入れ拒否増加 「疑い」例の扱い苦慮―院内感染懸念・新型コロナ(19日)時事 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「給付金10万円」申請代行を勧誘する不審メール(19日)共同 | トップページ | 救急搬送、受け入れ拒否増加 「疑い」例の扱い苦慮―院内感染懸念・新型コロナ(19日)時事 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ